マレーシアで食べる美しき伝統菓子のKuih(クエ)

マレーシア伝統菓子のKuih(クエ)

マレーシアで食べるべき代表的デザートと言えば、Cendol(チェンドル)、Ais Kacang(アイスカチャン)、そしてKuih(クエ)

Kuih(クエ)には、プラナカンの人々に伝わるNyonya Kuih(ニョニャクエ)のほか、中華系やマレー系など様々なものがあります。

この記事では蒸して作るタイプのKuih(クエ)を中心に、マレーシアの伝統菓子ついてご紹介します。

マレーシア伝統菓子のKuih(クエ)とは?

アンクークエをはじめとするマレーシアのKuih(クエ)

KuihまたはKuehと表記されるクエ。

漢字にすると「粿」という文字が使われ、クエは福建語の発音がもとになっている言葉になります。

Kuih(クエ)はマレーシアだけではなく、インドネシアやシンガポールをはじめとした東南アジア諸国にも類似したものがあり、それぞれ同じ名前のもの・異なる呼び名を持つものなど様々です。

Kuih(クエ)に使われる定番素材

Kuih(クエ)のベースに使われているものは…

  • 米粉
  • もち米
  • もち粉
  • タピオカ粉
  • ココナッツ

…などなど。

フレーク状のココナッツ

ココナッツはココナッツミルクやココナッツクリーム以外に、すりおろされたフレーク状のココナッツ(Grated Coconut)もよく使われています。

タピオカフラワー

タピオカ粉(タピオカフラワー)。

つなぎとして使ったり、独特の弾力を出したい時に使う素材です。

クエではありませんが、タピオカミルクティーのタピオカパールを作る時に使う材料でもあり、タピオカパールのモチモチ感はこのタピオカフラワーによるものになります。

上記のほか、ニョニャクエに使われている定番の素材について、いくつかピックアップして以下に紹介します。

Pandan(パンダン)

ニョニャクエの色づけや香りづけに使われる定番素材の一つ、パンダン

フレッシュなパンダンリーフから抽出液を作る方法
自家製パンダンジュース(抽出液)の作り方

パンダンという植物の葉(Pandan Leaf・パンダンリーフ)を細かく刻んで水を加えてブレンダーにかけ、漉して抽出たものが緑色のパンダンジュース(パンダン抽出液)。

これを色づけに使います。

スーパーなどで人工的なパンダン抽出液も販売されていますが、人工的なものは色味が不自然に明るいケースが多く見た目ですぐにわかる上、自然な製法で作ったパンダンジュースの方が香りが格段に良いです。

香りづけに使う時は、パンダンの葉をキュッと結び、ココナッツミルクなどの素材と一緒に煮込んで使用します。

ココナッツライスのNasi Lemakを作る時の香りづけにも使われる素材です。

Butterfly Pea(バタフライピー)

バタフライピーフラワー

青色の色づけに使われているものがバタフライピー(蝶豆)

近年はインスタ映えするようなカラフルなドリンクに使われていることが多い素材ですが、マレーシアでは昔からご飯やお菓子の色づけに使われているポピュラーな素材です。

Gula Melaka(グラマラッカ)

Gula Melaka(グラマラッカ)

ニョニャクエにはグラマラッカというココナッツパームシュガーを使うことが定番です。

独特のコクを持つ甘みが特徴です。

バナナリーフ(バナナの葉)

バナナリーフ

バナナリーフ(バナナの葉)はKuih(クエ)の中に直接入れる素材ではありませんが、Kuih(クエ)の下に敷いて蒸したり、包んだりとベーキングペーパーや包装紙のように使われているものになります。

バナナリーフに包まれたニョニャクエ

こんな風にKuih(クエ)を包んで使います。

Kuih(クエ)の種類

ここではマレーシアにある代表的なKuih(クエ)をピックアップの上、ご紹介します。

紅龜粿(Ang Ku Kueh)

紅龜粿(アンクークエ)

中華系のKuih(クエ)に分類される紅龜粿(アンクークエ)

紅龜粿を直訳すると、赤い亀のお菓子

亀の甲羅をかたどった紅龜粿(アンクークエ)は長寿や繁栄など縁起の象徴であり、お供え物や慶事に用いられています。

また、赤ちゃんが生まれて1ヶ月たった時(満月/マンユエ)のお祝いとして、アンクークエを配るという伝統もあります。

中国南部の福建省を起源とする伝統菓子で、台湾・マレーシア・シンガポールなどでも広く親しまれています。

アンクークエという発音は中国福建省南部で使われている閩南語がもとになっていて、言語学的に閩南語に分類される台湾の台湾語やマレーシアやシンガポールで使われている福建語も同じ発音でアンクークエと呼んでいます。

オレンジ色の紅龜粿(アンクークエ)

オレンジ色の紅龜粿(アンクークエ)も一般的です。

赤い紅龜粿(アンクークエ)の色づけには着色料が使われているケースが多いものの、オレンジ色の紅龜粿(アンクークエ)はマッシュしたオレンジ色のさつまいもを生地に練りこみ、オレンジの色味を出しています。

赤やオレンジの紅龜粿(アンクークエ)のフィリングには緑豆(ムング豆)のペーストが使われているケースが大半です。

もっちりとした食感の柔らかい生地に緑豆の優しい甘さの餡が美味しいお菓子になっています。

ミニサイズの紅龜粿(アンクークエ)

紅龜粿(アンクークエ)には様々なカラーのものがあります。

中のフィリングには小豆やピーナッツなどが使われているものもあります。

紅龜粿(アンクークエ)の型

紅龜粿(アンクークエ)は上記の中央にあるような型(モールド)を使って成型します。

餡を生地で包んだ後に木製の型にギュギュッと押し込んで成型、それをバナナの葉の上に置き、数分間蒸すと紅龜粿(アンクークエ)が完成します。

Kuih Talam(クエ タラム)

ニョニャクエのKuih Talam(クエタラム)

Kuih Talam(クエ タラム)はパンダンベースのレイヤー(緑)とココナッツミルクベースのレイヤー(白)の2層で構成されているお菓子です。

白いレイヤーの部分は単純に甘いだけではなく塩気が効いていて、味のアクセントになっています。

シンプルに美味しい一品です。

Seri Muka(スリ ムカ)

ニョニャクエのKuih Seri Muka(クエ スリ ムカ)

上記で紹介したKuih Talam(クエ タラム)に類似したものがSeri Muka(スリ ムカ)

緑の部分はパンダンが使われているという共通点がありますが、違いは白い部分。

Seri Muka(スリ ムカ)の白い部分にはココナッツミルクを加えたもち米が使われています。

Kuih Talam(クエ タラム)が全体的にプルプルとした食感であることに対し、Seri MukaSeri Muka(スリ ムカはどっしりとしたもち米の歯ごたえを感じることができるお菓子になっています。

もち米を意味するPulutという言葉を使い、Pulut Seri Mukaと呼ばれることもあります。

Kuih Bingka Ubi(クエ ビンカ ウビ)

Kuih Bingka Ubi

キャッサバをすりおろし、それにタピオカスターチ・ココナッツミルク(ココナッツクリーム)・卵・砂糖・塩少々を加えてオーブンで焼き上げるタピオカケーキのKuih Bingka Ubi(クエ ビンカ ウビ)/ Kuih Bingka Ubi Kayu(クエ ビンカ ウビ カユ)

クエの多くは蒸して作られることが多いものの、Kuih Bingka Ubi(クエ ビンカ ウビ)はオーブンで焼いて作られているところがポイントで、表面上部に茶色の焼きあとが見られるところが特徴です。

柔らかいモチモチ感というよりは弾力のあるモチモチ感が特徴で、クセのない優しい味のお菓子です。

タピオカの原料となるキャッサバの根茎(芋)
Cassava(キャッサバ)

ちなみにこちらがキャッサバ。

キャッサバの根茎はタピオカの原料になり、ここからタピオカ粉(タピオカフラワー)が作られています。

キャッサバはマレー語でUbi Kayu(ウビカユ)と呼ばれています。

キャッサバから手作りしたKuih Bingka Ubi(クエビンカウビ)
生のキャッサバからクエビンカウビを作る工程

Kuih Bingka Ubi(クエ ビンカ ウビ)は生のキャッサバがあれば自宅でも簡単に作ることができます。

キャッサバを手で擦り下ろすのは少し大変なので、私はフードプロセッサを使っていますが、キャッサバの皮を剥いて中央の硬い芯を取り除きパパッと摺り下ろし、それにココナッツミルク(ココナッツクリーム)・砂糖・塩・卵を入れてよくかき混ぜ、あとはオーブンに入れて焼くだけです。

香りづけのために、生地を混ぜる時にパンダンリーフも入れています。(パンダンは焼く時に取り出します。)

上記は普通の白いキャッサバで作ったものですが、黄色いキャッサバ(Yellow Cassasva)を使うと、もっと鮮やかな色味が出ます。

所要時間は1時間程度で調理プロセスもシンプルなので、キャッサバがあればぜひ自家製のクエビンカを作ってみてください。

Ondeh-Ondeh / Onde-Onde(オンデ オンデ)

Ondeh-Ondeh(オンデ オンデ)

グラマラッカ(ココナッツパームシュガー)を包んだ緑色の生地を丸め、お湯の中で茹でたものにココナッツフレークをまぶして作られるOndeh-Ondeh(オンデ オンデ)

生地はもち粉またはライスフラワーとタピオカ粉をミックスしたものにパンダンジュースを加えて色づけして作られています。

上記の画像にあるオンデオンデは白ごまがついていますが、ココナッツフレークだけのものが一般的です。

パームシュガーが溢れるOndeh-Ondeh(オンデオンデ)

お湯でボイルすることによって生地の中に包んだグラマラッカが溶け、口に入れた時にジュワッとパームシュガーが溢れ出す…これがOndeh-Ondeh(オンデ オンデ)の特徴です。

Kuih Dadar(クエ ダダー)

Kuih Dadar(クエダダー)

Kuih Ketayap、Dadar gulung、Kuih tayapと呼ばれることもあるKuih Dadar(クエダダー)。

半分にカットしたKuih Ketayap

パンダンを使ったモチモチ食感の緑色のクレープ生地に、グラマラッカをミックスしたココナッツフレークを包み込んでいます。

Kuih Lapis(クエ ラピス)

Kuih Lapis(クエラピス)

Layer(層)という意味を持つLapis(ラピス)。

英語でLayer Cake(レイヤーケーキ)と呼ばれるKuih Lapis(クエ ラピス)はココナッツミルクベースのケーキです。

一層ずつ蒸して層を重ねて作りあげられています。

Pulut Kaya(プルッ カヤ)/ Pulut Tai Tai(プルッ タイタイ)

Pulut Tai Tai(プルッタイタイ)

バタフライピーで色づけしたもち米のケーキにココナッツジャムのKaya(カヤ)をつけていただくPulut Kaya(プルッカヤ)

Pulut Tai Tai(プルッ タイタイ)やPulut Tekanと呼ばれることもあります。

パンダン入りのKayaが使われたPulut Tai Tai

上記の画像の矢印の先にあるように、Pulut Kaya(プルッ カヤ)/ Pulut Tai Tai(プルッ タイタイ)はKaya(カヤ)をのせて一緒にいただきます。

Kuih Sago Lapis(クエ サゴ ラピス)

Kuih Sago Lapis(クエ サゴ ラピス)

サゴヤシから採れるデンプン質のSago(サゴ)を使ったケーキがKuih Sago(クエ サゴ)。

Sagoを意味するマレー語のSaguという言葉を使って、Kuih Saguと呼ばれることもあります。

小さなパールのようなサゴパールを使って作られるKuih Sago(クエ サゴ)は、プチプチとした食感が特徴のお菓子です。

一般的なKuih Sago(クエ サゴ)は赤や緑など単色のものにココナッツフレークをまぶしたものになりますが、上記の画像にあるKuih(クエ)は上層にバタフライピー、中層にココナッツ、下層にグラマラッカが使われた3層構造になっているKuih Sago Lapis(クエ サゴ ラピス)になります。

サゴ

こちらが原材料のサゴ。

Pulut Inti(プルッ インティ)

Pulut Inti(プルッインティ)

もち米にグラマラッカを加えたココナッツフレークをトッピングしたPulut Inti(プルッインティ)

通常はバナナリーフに包んで販売されています。

Kuih Koci(クエ コチ)

バナナリーフで包まれたKuih Koci

Kuih Koci(クエ コチ)

Kuih Kociはもち粉ベースの生地に、グラマラッカをミックスしたココナッツフレークのフィリングを包み込んで蒸したものです。

中はこんな風になっています。

Kuih Koci Hitam

こちらはKuih Koci Hitam

黒を意味するHitamという言葉が使われているように、Kuih Koci Hitamには黒もち米が使われています。

Kuih Koci Santan(クエコチサンタン)

ココナッツミルクを使ったKuih Koci Santan(クエコチサンタン)

個人的に大好きなクエの一つです。

Kuih Kosui(クエ コスイ)

Kuih Kosui(クエコスイ)

タピオカ粉と米粉をベースに作られるKuih Kosui。

ブラウンカラーとグリーンカラーのKuih Kosuiがあり、ブラウンカラーはGula Melakaの色味、グリーンカラーはパンダンの色味を活かしたものになっています。

どちらもココナッツフレークをのせていただく形が定番です。

年糕(ニェンガオ)

年糕(ニェンガオ)

春節(旧正月)に食べるKuih(クエ)と言えば、年糕(ニェンガオ)

マレーシアでは蒸した年糕(ニェンガオ)に塩を少し加えたフレーク状のココナッツでまぶして食べたり、さつまいもやタロイモのスライスと一緒にして揚げ物にしていただく形が一般的です。

Kuih(クエ)はマレーシアのどこで食べることができる?

市場や屋台街のホーカーセンターの一角で販売していたり、専門店があったり、色々なところで購入することができますが、いくつかおすすめのスポットを紹介します。

旅行者の方がアクセスしやすい場所にあるお店も紹介していますが、私自身が心から美味しいと感じているお店はMoh Teng Pheow Nyonya Koayと莉儿( Li Er)

どちらもペナン島にあるお店です。

ペナンの老舗、Moh Teng Pheow Nyonya Koay

Moh Teng Pheow Nyonya Koay

ペナンで一族三世代、80年以上の歴史を持つMoh Teng Pheow Nyonya Koay。

昔ながらの伝統の味を守っている、老舗として有名なお店です。

♥Moh Teng Pheow Nyonya Koayの詳細はこちら↓↓↓

ペナンのMoh Teng Pheow Nyonya Koay(莫定標娘惹粿廠)のニョニャクエ

Moh Teng Pheow Nyonya Koay|創業80年以上の老舗が守り続けるペナン伝統ニョニャクエ

繊細さを感じることができる莉儿( Li Er)

莉儿(Li Er Cafe)の店舗

同じくペナンにある莉儿( Li Er)というニョニャクエ専門店も非常におすすめです。

莉儿(Li Er Cafe)のニョニャクエプラッター

その見た目や味から、非常に丁寧な仕事ぶりをしていることが伝わる、そんなKuih(クエ)を作っています。

店員さんの対応もフレンドリーで、旅行者の方にも使いやすいお店です。

♥莉儿( Li Er)の詳細はこちら↓↓↓

莉儿(Li Er Cafe)のニョニャクエ

莉儿 Li Er|ニョニャクエが美味しい!ペナンで伝統菓子を食べたい時におすすめのお店

上記のほかにも、ペナンには市場で販売しているクエにも非常に美味しいものがたくさんあります。Batu Lanchang MarketやPulau Tikus Marketで販売されているクエが有名です。

便利なロケーションにあるNyonya Colors(ニョニャカラーズ)

マレーシアにあるNyonya Colors(ニョニャカラーズ)のお店

マレーシアを訪れる旅行者の方が一番使いやすいお店と言えば、Nyonya Colors(ニョニャカラーズ)

クアラルンプール のスリアKLCCやMid Valley(ミッドバレー)のThe Gardens、Nu Sentralなど、主要ショッピングモールに入店しています。

クアラルンプール国際空港の第二ターミナル(klia2)に隣接したショッピングモールのgateway@klia2にも店舗があります。

マレーシアにあるNyonya Colors(ニョニャカラーズ)で販売されているKuih(クエ)

Kuih(クエ)のほか、食事メニューもあります。

美味しさのレベルは上記2店に及ばないものの、店舗の立地が良く手軽にKuih(クエ)を試すことができるという意味において便利です。

♥ニョニャカラーズの詳細はこちら↓↓↓

クアラルンプールにあるNyonya Colors(ニョニャカラーズ)

【Nyonya Colors】ニョニャカラーズで食べるクエ&ローカルグルメ

Nyonya Heritage

クアラルンプールのBrickfields(ブリックフィールズ)でクエを販売しているNyonya Heritage。

お持ち帰り専用ですが、KLセントラル駅から徒歩ですぐの場所にあるので、旅行者の方もアクセスしやすい場所にあります。

色々なクエがあります。

Nyonya Colors(ニョニャカラーズ)のクエに使われているパンダンの緑の色合いと比較して、Nyonya Heritageのクエはより自然な色味でホームメイド感があるところが良いな…と感じている部分です。

Nyonya Heritageで販売されているモチモチ食感のさつまいもボール(炸番薯球)。

Nyonya Heritageの芋头糕(タロイモケーキ)

芋头糕(タロイモケーキ)。

甘いタイプのタロイモケーキではなく、塩っぱい系のテイストでチリソースにつけていただきます。

Nyonya Heritageの芋头糕は非常に美味しいです。

Nyonya Heritageの南瓜餅などsavoury系統メニュー

ほかにもパンプキンケーキ(南瓜糕)、ビーフン&ミー炒め(炒米粉面)などがあり、Savoury系統のメニューは美味しいものが多いです。

Nyonya HeritageのBubur Chacha(ボボチャチャ)

また、Nyonya HeritageはBubur Chacha(ボボチャチャ)もおすすめです。

Nyonya Heritageは日曜日が定休になっているので、訪問する時は曜日に注意してください。

ちなみに、Nyonya Heritageの横にあるピサンゴレンのお店も有名で、このお店のピサンゴレンや年糕も美味しいです。

♥ロケーション&詳細はこちら↓↓↓

マレーシアのPisang Goreng(ピサンゴレン)

ピサンゴレン|クアラルンプールで食べるサクサク揚げバナナ

ICC Pudu

ICC Puduで販売されているKuih(クエ)

クアラルンプールを訪れる旅行者の方でPuduエリアに足を運ぶ予定がある…という方は食事がてらICC Puduにあるお店をのぞいてみても良いかもしれません。

各種Kuih(クエ)の販売をしているお店がICC Puduの中にあります。

ミニサイズの紅龜粿(アンクークエ)の詰め合わせがあり、少量のKuih(クエ)を試してみたい時に便利です。

上記のお店で販売されているアンクークエは美味しいです。

住所:Jalan Kijang, Pudu, 55100 Kuala Lumpur

まとめ:優しい味わいのマレーシアのKuih(クエ)

優しい味わいが特徴のマレーシアのKuih(クエ)。

Kuih(クエ)自体には今回紹介していないものも含め、まだまだ色々なものありますが、Kuih Talam、Kuih Bingka Ubi、Pulut Tai Tai、Ondeh-Ondehあたりは定番のKuih(クエ)としておすすめです。

日本円にして数十円程度で食べることができるものがほとんどであるため、是非Kuih(クエ)を試してみてください。

以上、マレーシアの伝統菓子、Kuhi(クエ)についての紹介でした!

♥チェンドルが美味しいお店の情報はこちら↓↓↓

penang road famous teochew chendulのチェンドル

ペナン発祥チェンドルの名店|Penang Road Famous TeoChew Chendul

♥パンダンアイスクリームが美味しいお店の情報はこちら↓↓↓

青青(Pandan Republic)の看板メニューになっているパンダンココナッツアイスクリーム

【青青Pandan Republic】マレーシアのローカル食材を活用したユニークなカフェ


運動不足が気になる人おすすめ!
便利なオンラインサービス

自宅でプロのヨガレッスンを受けることができるオンラインフィットネスのSOELU(ソエル)。
インストラクターとオンラインで繋がり、臨場感あるヨガレッスンを月額980円(税抜)から受けることができます。
100円で30日レッスン受け放題の詳細はこちら


ABOUT US

エル
海外在住歴約10年。 留学、海外インターンシップ、海外勤務で欧米やアジアなど数カ国に在住。国際結婚したのち台湾へ。 現在はマレーシアでの生活をメインに、マレーシアと台湾を行ったり来たりして生活しています。