【粿條湯とは】ライスヌードルを使ったペナン定番の麺料理

マレーシアの粿條湯(Kuey Teow Th'ng/Koay Teow Th'ng)

マレーシアのペナンで定番の粿條湯(Kuey Teow Th’ng)。

クリアスープを使った粿條湯は、そのシンプルな優しい味が身体に染みわたるスープ麺です。

この記事では粿條湯の概要について紹介します。

粿條湯(Kuey Teow Th’ng/Koay Teow Th’ng)とは

ペナンの粿條湯(Kuey Teow Th'ng)

粿條湯は「粿條」と「湯」という2つの漢字で成り立っている言葉で、粿條はライスヌードルの名称、湯はスープを意味します。

ペナンで定番のスープ麺

鶏肉やフィッシュボール、フィッシュケーキが具材になった粿條湯(Kuey Teow Th'ng)

粿條湯は、ペナンのコピティアムやホーカーセンターで定番のクリアスープ系麺料理の1つになります。

クアラルンプールにも粿條湯のお店はありますが、ペナンと比較して、どのコピティアムやホーカーセンターにもあるというものではなく、全体数として少なめです。

クアラルンプールでクリアスープ系の麺料理というと、豬肉粉板麺の方が定番です。

粿條ってどんなライスヌードル?

粿條湯(Kuey Teow Th'ng)に使われているライスヌードルの粿條(Kuey Teow)

お米が原材料になっているライスヌードルの粿條。

お米を粉末にしたものに水を加え、器に入れて平たく薄い形状にして蒸し、あとは細い麺状にカットして作られています。

小麦粉を使った麺とは異なる風味を持ち、ほんのりとしたお米の香りを持つところが特徴です。

ペナンと粿條

粿條の発祥地は中国南部

主に福建系の人や潮州系の人の食べ物として知られています。

そのため、中国南部台湾のほか、福建系や潮州系の人が多い東南アジア諸国でも食べられていて、福建系の人が多いペナン島で粿條湯が定番料理になっていることも、粿條の起源に関わっています。

ポイント

粿條をスープに入れたものが粿條湯、中華鍋で香ばしく炒めたものが炒粿條になります。

炒粿條もペナン名物として知られています。

グルテンフリーの粿條

世界的なトレンドとして、グルテンフリーの商品が注目を集めていますが、小麦粉を使っていないお米ベースの粿條もグルテンフリーの麺類に分類されます。

ビーフンのほか、ベトナムのフォーなどもグルテンフリーのライスヌードルになります。

粿條湯のスペルと発音

粿條湯は、

  • Koay Teow Th’ng
  • Kuey Teow Th’ng
  • Kway Teow Th’ng

…などと綴られることが多く、これらのスペルは閩南語(福建語)で粿條湯を発音する時の音がベースになっています。

発音について

粿條は日本語(カタカナ)でクエティオウクイティオと表現されていることもありますが、粿條湯の発音はクエ ティアウ タンという音が近いです。

Th’ngの音はtの音よりもややdの音よりの、tとdの中間音になりますが、タンと言っても通じます。

ローカルの人は標準中国語読みではなく福建語読みする

粿條湯は標準中国語で発音すると、グオティアオタン(ピンインはGuǒ tiáo tāng)になりますが、ローカルの人は福建語の発音でクエティアウタンと呼ぶことが一般的です。

また、漢字表記については、繁体字の粿條湯のほか、簡体字の粿条汤という表記が使われることもあります。

ちなみに、「粿」という文字は伝統菓子のクエに使われる漢字になります。

❤︎クエの詳細はこちら↓↓↓

マレーシアの伝統菓子(クエ)の種類と特徴

粿條湯に使われる具材

粿條湯の具材のフィッシュボールとフィッシュケーキ

粿條湯に使われるメインの具材は、

  • フィッシュボール
  • フィッシュケーキ

…になります。

フィッシュケーキはないこともありますが、フィッシュボールは大定番で、お店で手作りした新鮮なフィッシュボールを使っているケースもあります。

そのほかの具材としては

鶏肉を使っていることもありますが、ペナンの粿條湯に使われていることが多いものは豚肉

スライスした豚肉を使っていることが多いです。

また、粿條湯の具材に、レバーや豬血を加えていることもあります。

鴨肉を使った鴨肉粿條湯

一部のお店は、粿條湯に鴨肉を使っていて、鴨肉を使った粿條湯は「鴨肉粿條湯」として販売されています。

鴨肉を使ったものは少し高めの価格になっています。

野菜

ペナンの粿條湯(Kuey Teow Th'ng)
レタスを添えた粿條湯

粿條湯はシンプルな麺で、麺に加える野菜はあまり多くないものの、青ネギのほかレタスを添えることもあります。

味の決め手となるクリアスープ

粿條湯の美味しさを大きく左右するスープ

スープベースは鶏がベースになっていることが多いものの、鶏+豚でスープストックを作ったり、鴨肉を使った粿條湯を販売しているお店では鴨肉で出汁をとっていることもあります。

さらに、フライドガーリックや油で揚げたポークラードをスープに加えて、クリアスープの旨みを高めることもよくあります。

まとめ

ホッとする優しい味を持つ粿條湯。

あっさりしたものが食べたいという時におすすめのグルメです。

以上、マレーシアの粿條湯についての紹介でした!

❤︎あっさり味の麺料理としては板麺も美味しいです↓↓↓

マレーシアの板麺(パンミー)

運動不足が気になる人おすすめ!
便利なオンラインサービス

自宅でプロのヨガレッスンを受けることができるオンラインフィットネスのSOELU(ソエル)。
インストラクターとオンラインで繋がり、臨場感あるヨガレッスンを受けることができます。

❤︎トライアルレッスンの詳細はこちら↓↓↓