9/15発売!Etvos(エトヴォス)のベストセラーがつまった新お試しセットの詳細はこちら

人気朝食スポットの阿榮哥海南茶もある!【ICC Puduで楽しむグルメ特集】

阿榮哥海南茶(Ah Weng Koh Hainan Tea )とICC Puduで楽しむグルメ

クアラルンプールのICC Pudu

阿榮哥海南茶(Ah Weng Koh Hainan Tea )の海南茶やカヤトーストなどをはじめ、マレーシアの定番ローカルグルメが揃っている場所です。

この記事では阿榮哥海南茶(Ah Weng Koh Hainan Tea )を中心に、ICC Puduで食べるおすすめローカルグルメについてご紹介します。

クアラルンプールのICC Puduはどんな場所?

ICC Puduの建物

複合商業施設のICC Pudu(アイシーシー プドゥ)。

ICCはIntegrated Commercial Complexの頭文字を取ったものになります。

地下に市場、地上1階にフードコートがあり、非常に多くのお店がICC Puduのテナントとして入っています。

Tun Razak Exchange(TRX)開発による移転

ICC Puduに入っているテナントの多くは、かつてImbi Market(インビマーケット)<別名、Pasar Baru Bukit Bintang>で営業していたお店になります。

Imbi Market(インビマーケット)があった場所は、現在のTun Razak Exchange(TRX)エリア。

Puduから見えるTun Razak Exchange(TRX)のThe Exchange 106
Puduから見えるThe Exchange 106

新しい金融エリアとして開発が進められているTRXは、ICC Puduからそれほど遠くない距離にあります。

Imbi Market(インビマーケット)にあったお店はTRX開発プロジェクトに伴う立ち退き要請を受け、移転先として準備されたICC Puduに移ってきた…という歴史があります。

Imbi Market(インビマーケット)にあったお店がICC Puduに移転したのは2016年になります。

移転の多い歴史を持つImbi Market(インビマーケット)

TRXがあるエリアからICC Puduに移転する数十年以上前にも、Imbi Market(インビマーケット)は開発の影響を受けた移転を数回経験しています。

Imbi Market(インビマーケット)としてImbi(インビ)エリアで営業する前は、Pasar Bukit BintangとしてBukit Bintang(ブキッビンタン)エリアで営業していた…という歴史を持ちます。

具体的なロケーションは、現在Fahrenheit88がある場所およびLot10がある場所になります。

ICC PuduにはImbi Market(インビマーケット)時代からの、また古いものではPasar Bukit Bintang時代からの美味しいものがたくさんある場所である…と言えます。

❤︎Fahrenheit88のそばにあるPavilionの詳細はこちら↓↓↓

Pavilion(パビリオン)

❤︎Lot10の詳細はこちら↓↓↓

マレーシアのクアラルンプールにあるLOT10にオープンしたドンキホーテ

ローカルの人に愛される阿榮哥海南茶(Ah Weng Koh Hainan Tea )

阿榮哥海南茶(Ah Weng Koh Hainan Tea )の店舗外観

ICC Pudu入口のすぐ近くのロケーションにあり、ICC Puduに来たら立ち寄るべき名物店とも言える場所が阿榮哥海南茶(Ah Weng Koh Hainan Tea )

創業1964年

Pasar Bukit Bintang時代から営業しているお店で、クアラルンプールにおける海南茶のパイオニアとして知られています。

阿榮哥海南茶(Ah Weng Koh Hainan Tea )の創業者は、中国・海南島出身の陳澤佳さん。

現在も、2代目・3代目と一族による経営が続いています。

阿榮哥海南茶の海南茶ってどんなもの?

阿榮哥海南茶(Ah Weng Koh Hainan Tea )のコーヒーとアイス海南茶
Kopi O(左)と海南茶(右)

阿榮哥海南茶(Ah Weng Koh Hainan Tea )の海南茶はコーヒーと紅茶にエバミルクをミックスした飲み物になります。

インド産の紅茶の茶葉、アラビカ種とロブスタ種をブレンドしたコーヒーを使って作られています。

Ah Weng Koの海南茶は鴛鴦茶やCham(チャム)とどう違う?

コーヒーとミルクティーをミックスした飲み物は海南茶以外にも存在し、例えばコーヒーと複数の茶葉をブレンドした紅茶にエバミルクと砂糖を入れて作る香港の鴛鴦茶、コーヒーと紅茶にコンデンスミルク(+エバミルク)を入れて作るマレーシアのCham(チャム)

阿榮哥海南茶の海南茶は、創業者である陳澤佳さんが独自のブレンドで創りあげたものであり、鴛鴦茶でもCham(チャム)でもない…阿榮哥海南茶公式サイトに記載されています。

クアラルンプールにあるKopitiam(コピティアム)のなかには、海南茶=Chamとして販売しているお店も多く、阿榮哥海南茶の海南茶も実際のところは、鴛鴦茶やCham(チャム)に似ていると言えます。

ただ、阿榮哥海南茶(Ah Weng Koh Hainan Tea )の海南茶はコーヒーよりも茶葉のテイストが強く、茶葉の香りをしっかりと感じることができるところが特徴であると感じています。

ICC PuduにあるWang Fatt Hainan Coffee

ICC Puduには阿榮哥海南茶(Ah Weng Koh Hainan Tea )以外にも海南茶を販売しているお店がいくつかあるので、比較をしてみても良いかもしれません。

上記画像の旺發海南茶檔(Wang Fatt Hainan Coffee)のドリンクも美味しいです。

お土産にできる海南茶&ミルクティー商品も販売

阿榮哥海南茶(Ah Weng Koh Hainan Tea )の海南茶やミルクティー商品

海南茶が有名な阿榮哥海南茶(Ah Weng Koh Hainan Tea )は、インスタントの海南茶やミルクティーなど、独自メニューの商品化もしています。

店内で販売しているほか、公式サイトからもオンライン購入が可能です。

阿榮哥海南茶の人気メニュー

阿榮哥海南茶(Ah Weng Koh Hainan Tea )で人気の3点セットは…

  1. 海南茶
  2. カヤトースト
  3. ハーフボイルドエッグ(半熟に茹でた卵、温泉卵のようなもの)

カヤトーストをハーフボイルドエッグにディップして食べつつ、コーヒーや紅茶、ミルクティーなどのドリンクを飲む…という形がローカルの定番スタイルです。

また、阿榮哥海南茶(Ah Weng Koh Hainan Tea )にはドリンク・パン・卵以外にも、豬腸粉やNasi Lemakなどのメニューもあります。

ドリンク

阿榮哥海南茶(Ah Weng Koh Hainan Tea )の海南茶

看板メニューの海南茶。

阿榮哥海南茶(Ah Weng Koh Hainan Tea )のTeh C(テーシー)

阿榮哥海南茶(Ah Weng Koh Hainan Tea )のTeh Cもおすすめです。

Teh Cは紅茶にエバミルクと砂糖を加えたドリンクです。

しっかりした甘みが欲しい時はコンデンスミルク入りのTehという選択肢もありますが、しつこい甘さがなく滑らかな口あたりのTeh Cはおすすめです。

個人的には阿榮哥海南茶(Ah Weng Koh Hainan Tea )のドリンクのなかでは、海南茶よりもTeh Cの方が好きです。

阿榮哥海南茶(Ah Weng Koh Hainan Tea )のKopi(コピ)

Kopi(コピ)。

コンデンスミルク入りのコーヒーになります。

阿榮哥海南茶(Ah Weng Koh Hainan Tea )のKopi Peng(コピアイス)

アイス入りのKopiであるKopi Peng。

上記で紹介したドリンク以外にも、Kopi C、Teh O、Teh O Peng、Teh Limau、Milo、Barley など、Kopitiam(コピティアム)で定番の色々なドリンクがあります。

❤︎KopiやTehの詳細はこちら↓↓↓

マレーシアのTeh Tarik(テータリッ)
シールドパックになった阿榮哥海南茶(Ah Weng Koh Hainan Tea )のドリンク

阿榮哥海南茶(Ah Weng Koh Hainan Tea )でドリンクを持ち帰りにする時やデリバリーで注文すると、上記画像のようにしっかりシールドされた状態にしてくれます。

カヤトースト&カヤバン

阿榮哥海南茶(Ah Weng Koh Hainan Tea )のカヤトースト1セット
Kaya Butter Toast

Kaya Butter Toast(カヤバタートースト)。

カヤとバターを挟んだトーストです。

トーストしたパン以外に、蒸したパンを使ったKaya Butter Steam Breadもあります。

阿榮哥海南茶(Ah Weng Koh Hainan Tea )のKaya Butter Bun
Kaya Butter Bun

阿榮哥海南茶(Ah Weng Koh Hainan Tea )ではカヤトーストよりもKaya Butter Bun(カヤバターバン)の方がおすすめです。

ふかふかで美味しい阿榮哥海南茶(Ah Weng Koh Hainan Tea )のカヤバン

カヤバタートーストとの違いはパンの種類だけで、カヤバタートーストと同じようにカヤとバターをサンドしています。

Bunも蒸したものがあります。

阿榮哥海南茶(Ah Weng Koh Hainan Tea )のKaya

カヤは購入することもできます。

カヤの価格はRM5。

パンダンの香りがしっかりある美味しいカヤです。

パンメニューについては、パンにピーナッツバターを塗ったPeanut Butter Toast(ピーナッツバタートースト)もあります。

腸粉

阿榮哥海南茶(Ah Weng Koh Hainan Tea )の豬腸粉
Curry Cheong Fun

カレーソースベースの腸粉。

阿榮哥海南茶(Ah Weng Koh Hainan Tea )のカレー腸粉は、カレーソースがさらっとしておいて美味しいです。

マレーシアにある豬腸粉(チーチョンファン)は香港スタイル、KLスタイル、ペナンスタイルなど、色々なチーチョンファンがあるので、人によって好みもあると思いますが、あっさりしていて朝食に食べるにはちょうど良い腸粉です。

Nasi Lemak(ココナッツライス)

阿榮哥海南茶(Ah Weng Koh Hainan Tea )のNasi Lemak Bungkus
Nasi Lemak Bungkus

Nasi Lemakもおすすめメニューの1つです。

阿榮哥海南茶(Ah Weng Koh Hainan Tea )のNasi Lemak

サンバルはかなり辛めですが、ココナッツライスの香りが良く美味しいです。

Nasi Lemakに関しては、フライドチキンがセットになったNasi Lemak + Fried Chickenのほか、チキンルンダンがセットになったNasi Lemak+Rendang Chicken、サンバルソトン(サンバルというチリソースでイカを調理したもの)がセットになったNasi Lemak+Sambal Sotongがあります。

ICC Puduで楽しむそのほかのグルメ

ICC Puduに入っている飲食店

ICC Puduにはワンタンミー、カリーミー、チキンライス、ココナッツライス(Nasi Lemak)、板麺、クエ、点心、チーチョンファン、粽など、様々なグルメが揃っています。

Sisters Crispy Popiah

ICC Puduで販売されている薄餅(ポピア)

クアラルンプールで薄餅(Popiah)が美味しいお店として有名なSisters Crispy Popiah

Imbi Market(インビマーケット)時代から有名なお店になりますが、フランチャイズ化していることから、現在はクアラルンプールの主要ショッピングモールで見かけることが多いお店です。

一般的な薄餅(Popiah)とは異なり、クリスピーな食感を持つユニークな薄餅(Popiah)になっています。

阿福釀豆腐腸粉(Ah Fook Yong Tau Fu Cheong Fun)

ICC PuduにあるAhHook YongTaufu CheongFun

釀豆腐と腸粉を一緒に食べることができるお店が阿福釀豆腐腸粉(Ah Fook Yong Tau Fu Cheong Fun)

釀豆腐と腸粉はそれぞれ別の料理として食べる形が一般的ですが、阿福釀豆腐腸粉(Ah Fook Yong Tau Fu Cheong Fun)ではこの2つの料理を一緒に楽しむことができます。

釀豆腐は好きな素材を選ぶことができるので、注文する時にトングを使って欲しいものをお皿に乗せてお店の人に渡します。

Imbi Pasar Mee Halia

ICC PuduにあるImbi Pasar Mee Haliaの姜酒米
姜酒米

Imbi Pasar Mee HaliaもImbi Market(インビマーケット)時代から営業を続けているお店で、姜酒米と魚頭米を販売しています。

黄酒鶏包

ICC Puduにある黄酒鸡包

お店で作った出来立てを販売している黄酒鶏包も人気です。

黄酒鶏包のほかにも、叉焼包など色々な点心を販売しています。

ニョニャクエのお店

ICC Puduにあるクエを販売するお店

ICC PuduにはKuih(クエ)を販売しているお店がいくつかありますが、中央にあるお店が品揃えと味の面でおすすめです。

このお店の紅龜粿(アンクークエ)は美味しいです。

❤︎クエの詳細はこちら↓↓↓

マレーシア伝統菓子のKuih(クエ)

寬記炸年糕(Imbi Kuih Bakul)

ICC PuduにあるKush Bakulを販売しているお店

春節に欠かせないお餅の年糕(ニェンガオ)

中国を起源とする食べ物ですが、マレーシアの中華系の人々にとっても旧正月に欠かせないアイテムの1つです。

年糕はお供えものとして捧げたのち、蒸すまたは揚げていただきます。

ICC Puduにある寬記炸年糕では、揚げた年糕を販売しています。

さつまいもとタロイモでサンドして揚げた
年糕

上記画像の炸年糕は、年糕を紫さつまいもとタロイモでサンドした三層(トリプル)のものになります。

炸年糕は優しい味がする美味しい食べ物です。

上記で紹介したお店以外に、Ann Nasi LemakMadam Eng Curry Meeのお店もICC Puduにあるお店のなかで有名です。

森記 Sam Kee (Joe) Wanton Meeについて

ICC Puduで販売されているワンタンミー

阿榮哥海南茶(Ah Weng Koh Hainan Tea )の近くで営業していたワンタンミーのお店、森記(祖)雲吞麵 / Sam Kee(Joe) Wanton Mee。

有名なお店であったものの、2019年末にICC PuduからCheras(チェラス)に移転しています。

ただ、ワンタンミーを販売するお店はICC Puduのなかにいくつかあるので、ワンタンミーが食べたいという時も心配ありません。

ICC Puduのロケーション

住所:Jalan Kijang, Pudu, 55100 Kuala Lumpur, Wilayah Persekutuan Kuala Lumpur

朝から営業していますが、昼過ぎには閉店してしまうので、営業時間に注意してください。

ICC Puduの入口

阿榮哥海南茶(Ah Weng Koh Hainan Tea )はICC Puduの入口のすぐそば、入口右手側にあります。

駐車場はICC Puduの上階にあり、多くの駐車スペースがあります。

ICC Puduに入っているお店のなかには、Grab Foodやfoodpandaなど、デリバリーに対応しているお店もあるのでオンラインで注文が可能です。

阿榮哥海南茶(Ah Weng Koh Hainan Tea )もGrab Foodなどで注文できます。

まとめ

ICC Puduは多くのローカルグルメを楽しむことができる場所です。

とにかくたくさんのものがあるため、ふらっと立ち寄ってみて、気になるものを試してみると面白いと思います。

以上、ICC Puduについての紹介でした!

❤︎KLで有名なそのほかのコピティアム詳細はこちら↓↓↓

Yut Kee Restaurantの海南チキンチョップ
クアラルンプール郊外にある人気コピティアムの【Thong Kee Cafe】コーヒーとクロワッサンカヤバターが美味しい溏記海南室(Thong Kee Cafe)
Ho Kow Hainam Kopitiam(何九海南茶店)の新店舗

❤︎Puduは美味しいものがたくさんあるエリアであるため、ローカルB級グルメを楽しむ場所としておすすめです↓↓↓

Heun Kee Claypot Chicken Riceのクレイポットチキンライス

運動不足が気になる人おすすめ!
便利なオンラインサービス

自宅でプロのヨガレッスンを受けることができるオンラインフィットネスのSOELU(ソエル)。
インストラクターとオンラインで繋がり、臨場感あるヨガレッスンを受けることができます。

❤︎トライアルレッスンの詳細はこちら↓↓↓