使い心地は想像以上!Etvosのベストセラーがつまったお試しセットの詳細はこちら>>

Pandan Leaf(パンダンリーフ)とは?マレーシア料理&デザートのエッセンスとなる葉

マレーシアの料理やお菓子の香りづけと色づけに使うPandan Leaf(パンダンリーフ)/ニオイタコノキの葉

マレーシアの料理やお菓子作りに使われるPandan Leaf(パンダンリーフ)

一見、何の変哲もない普通の葉っぱに見えますが、香りづけと色づけに使われる優しい香りを持つ葉で、伝統的な料理からケーキやお菓子などの各種デザートにも活用される素材です。

この記事ではPandan(パンダン)について紹介します。

Pandan Leaf(パンダンリーフ)とは?

パンダンリーフ

学名はPandanus amaryllifolius。

英語ではScrewpine(スクリューパイン)、またはPandanという言葉を使って、Pandan Leaf(パンダンリーフ)や複数形でPandan Leaves(パンダンリーブス)と呼ぶ形も一般的です。

なお、マレーシアでは単純にPandan(パンダン)と呼んでいます。

Pandanus amaryllifoliusは日本語でニオイタコノキ

縦に長い葉が特徴で、東南アジアの料理やお菓子に使われていることが多い素材になります。

パンダンはどんな香り?

Pandan Leaf(パンダンリーフ)は、ほんのりとした優しい香りを持ちます。

強い香りはなく、ふんわりとした香りを与えてくれるので、料理やお菓子作りの隠し味的な働きをしてくれます。

パンダンのような香りがするココナッツがある

本題から逸れますが、マレーシアにはPandan(パンダン)のような香りがするココナッツがあり、このタイプのココナッツはパンダンココナッツと呼ばれています。

パンダンココナッツはほかのココナッツにはない独特の清涼感があり、パンダンが使われているわけではないのにパンダンの味がする…そんな不思議なココナッツです。

❤︎ココナッツの詳細はこちら↓↓↓

マレーシアのココナッツ

パンダンはどこで購入できる?

マレーシアにおいて、市場スーパーでフレッシュなPandan Leaf(パンダンリーフ)を購入することができます。

小分けにしたパンダンは日本円にして数十円という価格で販売されています。

また、マレーシアの園芸ショップに行くと、鉢植えのPandan(パンダン)が購入可能です。

道端に生えているPandan(パンダン)の葉

あまり手をかけなくても勝手に育っていく扱いやすい植物で、植木を庭で育てているローカルの人も多く、路上で雑草のように生えていることが多い植物でもあります。(バナナの木ほど多くないものの、割と色々なところに生えています。)

冷凍や乾燥パンダンについて

フレッシュなパンダンが手に入らない地域では、冷凍のパンダンを購入できるケースがあります。

また、乾燥させたパンダンもありますが、香りが劣化するため、フレッシュなパンダンが手に入らない時は乾燥させたパンダンよりも冷凍したものを購入する方がおすすめです。

Pandan Leaf(パンダンリーフ)の使い方

Pandan(パンダン)の使い方は、

  1. 香りづけ
  2. 色づけ

…この2通りです。

パンダンの使い方①:香りづけ

香りづけに使うために葉をクルッと結んだPandan(パンダン)

Pandan Leaf(パンダンリーフ)を香りづけに使う時は、葉をクルッと結び、そのまま鍋などに入れます。

香りづけに使ったあとはパンダンを取り出します。

パンダンの使い方②:色づけ(天然着色料)

Pandan(パンダン)の葉から抽出したパンダンジュース
パンダン抽出液

Pandan Leaf(パンダンリーフ)を色づけに使う時は、葉をブレンダーにかけて天然色素を抽出します。

簡単に作ることができるパンダン抽出液

Pandan(パンダン)の葉

まずは、Pandan Leaf(パンダンリーフ)を水でよく洗い、葉についている砂や汚れをしっかり落とします。

細かくカットしたPandan(パンダン)の葉

次にハサミを使ってPandan Leaf(パンダンリーフ)を細かくカット。

水を加えてブレンダーにかけたPandan(パンダン)

細かくカットしたパンダンをブレンダーのなかに入れ、少量の水を加えた上で、ブレンダーで攪拌します。

乳棒と乳鉢を使う伝統的な方法もありますが、ブレンダーを使う方がずっと簡単です。

ブレンダーで攪拌したPandan(パンダン)を漉しているところ

しっかり攪拌したら、茶こしなどを使って漉します。

この時にスプーンなどを使ってグッと押しつけるようにすると、しっかり抽出できます。

後片付けが楽なので茶こしを使っていますが、布巾も使えます。

フレッシュなパンダンの葉から作った天然色素のパンダン抽出液(パンダンジュース)

これで天然色素のパンダン抽出液(Pandan Extract/Pandan Juice)が完成です。

マレーシアのスーパーでは市販のパンダンエキスが販売されていますが、パンダンリーフされあれば簡単に天然着色料を作ることができるので、手作りがおすすめです。

パンダンが使われているマレーシアの食べ物

「こんなとこにも、あんなとこにも」…というくらい、色々な料理やお菓子に使われているPandan(パンダン)。

Pandan Leaf(パンダンリーフ)が具体的にどんなマレーシアの料理やお菓子に使われているのかについて、いくつか紹介します。

Nasi Lemak(ココナッツライス)

Pandan Leaf(パンダンリーフ)を香りづけに使っているマレーシアのNasi Lemak

Pandan(パンダン)が使われている代表的な料理と言えば、ココナッツライスのNasi Lemak

お米にココナッツミルクを加えて作るマレーシアの国民食とも言えるローカルグルメで、ご飯の香りづけにPandan Leaf(パンダンリーフ)を使います。

ココナッツミルク、パンダン、レモングラス、生姜を入れて炊くココナッツライスのNasi Lemak

洗ったお米に、ココナッツミルク、水、Pandan Leaf(パンダンリーフ)、生姜、レモングラス、塩などを入れて炊くだけで作ることができる香りの良いご飯がNasi Lemakです。

Pandan Leaf(パンダンリーフ)の活用方法のなかで、一番簡単な使い方です。

❤︎Nasi Lemakの詳細はこちら↓↓↓

マレーシアのNasi Lemak(ナシレマ/ナシルマ)

Kuih(クエ)

Pandan(パンダン)を使ったマレーシアのKuih(クエ)
パンダンを使ったクエ

伝統菓子のKuih(クエ)にもPandan Leaf(パンダンリーフ)は欠かすことのできない定番の素材です。

Kuih TalamSeri MukaOndeh-Ondehなど、緑色が象徴的なクエの色づけに使われています。

また、ココナッツミルクやグラマラッカと一緒に煮込むなど、クエに使用する素材の香りづけにも多用しています。

不自然に明るい緑色は市販の着色料を使っていることがあるものの、優しい緑色をしたクエにはPandan(パンダン)の葉から抽出した天然色素を使っているケースが多いと言えます。

❤︎クエの詳細はこちら↓↓↓

マレーシアの伝統菓子(クエ)の種類と特徴

Kaya(カヤ)

Pandan Kaya(パンダンカヤジャム)
Pandan Kaya

ココナッツジャムのKaya(カヤ)にもPandan(パンダン)が使われています。

風味づけだけに使うレシピと色づけに使うレシピがありますが、緑色をしたKaya(カヤ)はパンダン抽出液が色づけに使われています。

❤︎カヤの詳細はこちら↓↓↓

マレーシアで購入するカヤ(ココナッツジャム)のおすすめのお店

Cendol(チェンドル)

パンダンが使われているCendol(チェンドル)

マレーシアで人気のデザートのCendol(チェンドル)

緑色をしたゼリーの色づけにPandan(パンダン)を使うほか、ココナッツパームシュガーのGula Melaka(グラマラッカ)シロップの風味づけにもパンダンを使います。

❤︎チェンドルが美味しいお店の詳細はこちら↓↓↓

チェンドル(Cendol)が美味しいマレーシアのKwong Wah Ice Kacang

スープ系デザート

パンダンリーフを使っているマレーシアのスープ形デザート

Bubur Cha Cha(ボボチャチャ)Bubur Pulut Hitam(ボボプルッヒタム)Tangyuan(タンユエン)など、スープ系伝統デザートにもPandan Leaf(パンダンリーフ)が使われています。

スープベースの香りづけに使うことがメインですが、マレーシアの湯圓(タンユエン)はスープの風味づけと団子の色づけにパンダンを使うことがよくあり、ほかの中華圏で一般的な湯圓とは異なる南洋ならではのユニークなレシピになっています。

❤︎ボボチャチャの詳細はこちら↓↓↓

マレーシアのBubur Cha Cha(ボボチャチャ)

❤︎タンユエンの詳細はこちら↓↓↓

中国や台湾など中華圏で冬至や元宵節に食べる湯圓(タンユエン)

伝統ビスケットやお餅

パンダンリーフを使ったマレーシアのクッキーや年糕

チャイニーズニューイヤー(春節)に食べるマレーシアの伝統的なクッキーやお菓子、お餅の香りづけにもPandan(パンダン)が使われていることが多いです。(ただ、必ず使われているというわけではなく、パンダンを使っていないケースもあります。)

伝統的なクッキーであれば、Kuih KapitKuih Bangkit

Kuih Bahuluについては、パンダンを風味づけに使うほか、パンダンで色づけした緑色の商品もあります。

年糕(Niangao)は中華圏で春節に食べるお餅として知られていますが、マレーシアの伝統的な年糕のなかには香りづけにパンダンリーフを加えて作られているものもあり、マレーシア特有の伝統レシピとして知られています。

❤︎春節に食べるクッキーの詳細はこちら↓↓↓

マレーシアの春節(中国旧正月)チャイニーズニューイヤーに食べるクッキー

❤︎年糕の詳細はこちら↓↓↓

マレーシアの年糕(ニェンガオ)

パンダンシフォンケーキ 

Pandan Chiffon Cake(パンダンシフォンケーキ)

マレーシアでPandan(パンダン)が使われたケーキと言えば、パンダンシフォンケーキが一般的です。

パンダンの香りがふわっと漂うふかふかで美味しいケーキです。

マレーシアのパン屋さんで販売されているパンダンシフォンケーキ

パンダンシフォンケーキは昔からあるものなので、おしゃれなベーカリーやカフェだけではなく、昔ながらのローカル感溢れるパン屋さんでも販売されていることが多いケーキです。

上記画像のシフォンケーキはホールでRM6.50、日本円にして200円前後で購入できます。

Pandan Cake(パンダンケーキ)

シフォンケーキではないパンダンを使ったケーキもあります。

Pandan Roll(パンダンロールケーキ)

ロールケーキのスポンジ生地にパンダンで色づけした緑色のパンダンロールケーキも、マレーシアでは一般的です。

マレーシアのIKEAで販売されているPandan Cheese Cake(パンダンチーズケーキ)

マレーシアのIKEAで期間限定(2022年4月1日〜2022年5月31日)で販売されているPandan Cheese Cake(パンダンチーズケーキ)。

安くて美味しいマレーシアのIKEAで販売されているCurry Puff(カリーパフ/カレーパフ)

パンケーキ

Pandan Pancake(パンダンパンケーキ)

パンダンを使ったパンケーキを販売しているカフェもあります。

上記画像のパンダンパンケーキに添えられているシロップはメープルシロップではなく、Gula Melaka(グラマラッカ)のシロップで、南洋テイスト溢れるパンケーキになっています。

❤︎パンダンパンケーキが美味しいお店の詳細はこちら↓↓↓

パンケーキが美味しいクアラルンプールのカフェのYellow Brick Road

アイスクリーム(ソフトクリーム)

パンダンソフトクリーム

パンダンのソフトクリームも美味しいです。

❤︎パンダンソフトクリームが美味しいお店の詳細はこちら↓↓↓

青青(Pandan Republic)の看板メニューになっているパンダンココナッツアイスクリーム

まとめ

マレーシアの料理とお菓子に必要不可欠なPandan Leaf(パンダンリーフ)。

色々な形で活用できる素材です。

以上、Pandan(パンダン)についての紹介でした!


運動不足が気になる人おすすめ!
便利なオンラインサービス

自宅でプロのヨガレッスンを受けることができるオンラインフィットネスのSOELU(ソエル)。
インストラクターとオンラインで繋がり、臨場感あるヨガレッスンを受けることができます。

❤︎トライアルレッスンの詳細はこちら↓↓↓