【マレーシアの旧正月に食べるクッキー特集】美味しくて手が止まらないお菓子&スナック

マレーシアの春節(中国旧正月)チャイニーズニューイヤーに食べるクッキー

春節(中国旧正月)を祝う文化を持つ国や地域は中国以外にもたくさんあり、華人が多いマレーシアでも春節は重要な祝祭日の1つとして位置づけられています。

春節が近くと、真っ赤なデコレーションが施され、正月用の音楽が高らかに流れ、市場はお正月用の食材を大量に買い込む人で賑わいをみせます。

春節に定番の食べ物は色々なものがありますが、クッキーをはじめとしたお菓子も欠かすことのできないアイテムです。

この記事ではマレーシアの春節(中国旧正月)に食べるクッキー(ビスケット)&お菓子の種類と特徴について紹介します。

マレーシアの春節に食べるクッキーやお菓子

マレーシアで販売されている春節(旧正月)用のクッキー&ビスケット

春節(中国旧正月)前になると、スーパー、ショッピングモール、市場、コピティアムなどで数々のクッキーやスナック菓子が山積みになって販売されるようになります。

これらのお菓子は、お正月の間に自宅を訪れる客人に振る舞ったり、自分たちで食べたり、一部のクッキーは神様やご先祖様にお供えするものもあります。

マレーシアで販売されている春節(中国旧正月)に食べるクッキー

大抵は赤い蓋のプラスチック容器に入れて販売されています。

春節(中国旧正月)用のパッケージに入ったクッキー

「福」のマークをつけて販売されているケースも多いです。

春節に食べるクッキーはお店で購入する人もいれば、家庭で手作りする人もいます。(ただ、非常に手間がかかるクッキーもあるので、簡単に作れるものは手作りして、手間がかかるものは購入する…という家庭もあります。)

クッキーの価格

マレーシアにおける一般的な春節用のクッキー商品の価格はRM20〜RM30程度。

(為替レートにもよりますが、日本円に換算すると600円〜900円前後)

ショッピングモール内で販売されているブランド店の商品で綺麗にパッケージされているものは、RM40以上など価格が高くなりますが、シンプルなプラスチックの容器に入っている一般的な商品は手頃な値段で購入できます。

以下にマレーシアの春節で定番のクッキー(ビスケット)の種類について紹介します。

Pineapple Tarts(パイナップルタルト)

パイナップルタルト

定番人気はパイナップルタルト

しっかりとしたバター(またはマーガリン)の風味に甘酸っぱいパイナップル餡(パイナップルジャム)が美味しいお菓子です。

❤︎パイナップルタルトの詳細はこちら↓↓↓

マレーシアのパイナップルタルト

Kuih Kapit(クエカピッ)

マレーシアの春節(中国旧正月)に食べるkuih kapit

サクサク食感のKuih Kapit(クエカピッ)

英語ではLove Letters(ラブレター)と呼ばれています。

マレーシアの旧正月に欠かせない伝統的なビスケットの1つです。

❤︎Kuih Kapitの詳細はこちら↓↓↓

マレーシアのKuih Kapit(クエカピッ)ラブレタークッキー

Kuih Bangkit(クエバンキッ)

マレーシアのkuih bangkit

口のなかに入れると溶けるような食感を持つKuih Bangkit(クエ バンキッ)

独特の食感と口溶け感が、ほかのクッキーにはないKuih Bagnkitの特徴です。

タピオカ粉(またはサゴフラワー)やココナッツミルクを使って作られる素朴な味のお菓子です。

白色だけではないKuih Bangkit

黄色っぽい色をしたKuih Bangkit

Kuih Bangkitには白いクッキーのほか、普通のクッキーのような色味のKuih Bangkitもあります。

茶色いKuih Bangkit
白くないKuih Bangkit

また、Kuih Bangkit用の型(モールド)は花や魚(金魚)など様々なものがあり、クッキーの形状もバラエティに富みます。

Peanut Cookies(ピーナッツクッキー)

マレーシアの春節(中国旧正月)に食べるアーモンドクッキー

中国語で花生餅と呼ばれるピーナッツクッキーも旧正月によく食べます。

香ばしく、ホロホロとした食感のお菓子です。

Peanut Candy(ピーナッツキャンディー)花生糖

また、ピーナッツを使ったお菓子には花生糖(Peanut Candy)もあります。

Kuih Bahulu(クエバフル)

Kuih Bahulu
Kuih Bahulu

Kuih Bahulu(クエ バフル)は小麦粉、砂糖、卵、ベーキングパウダーを使って作るエッグスポンジケーキです。

中華系の人がチャイニーズニューイヤーで食べるほか、マレー系(イスラム系)の人はハリラヤで食べることが多く、マレーシアのフェスティブシーズンに定番のお菓子です。

半分にカットしたKuih Bahulu

Kuih Bahuluを作る型(モールド)には花・魚・貝殻など、様々な形状のものがあります。

魚の形をしたKuih Bahulu

春節によく使う有名な中国の成語の1つとして、

「年年有餘(Nián nián yǒuyú)」

…という言葉があります。

余りある、またはゆとりある暮らすことができることを願って使う言葉で、余りを意味する餘(yú)の発音が中国語の魚(yú)の発音と同じであることから、魚は縁起物とされています。

そのため、春節(旧正月)には魚の形をしたKuih Bahuluも目にするようになります。

Honeycomb Cookies(ハニーコムクッキー)

Honeycomb Cookies

蜂の巣のような形をしたHoneycomb Cookies(ハニーコムクッキー)<またはBeehive Cookies>。

中国語では蜂巢餅蜂窩餅、マレー語ではKuih Loyangと呼んだり、花のような形状からKuih Ros(Kuih Rose)と呼ばれることもあります。

蜂の巣や花の形をしたHoneycomb Cookies

クッキーと呼ばれているものの、実際は油で揚げたスナック菓子です。

マレーシアのハニーコムクッキーはココナッツミルクや米粉を使って作られている、甘くてサクサク食感のお菓子になります。

類似したお菓子はヨーロッパやインドなど、世界の色々なところにあります。

Dragon Cookies(ドラゴンクッキー)

龍餅(ドラゴンクッキー)
ドラゴンクッキー(手前)

たっぷりのバター(またはマーガリン)を使って作るDragon Cookies(ドラゴンクッキー)

龍のように見える形状から、ドラゴンクッキーと名づけられているお菓子で、中国語で龍餅と呼んでいるバタークッキーになります。

ウネウネとした形は、時に青虫や毛虫のようにも見えることもあります。

Kuih Dahlia(クエ ダリア)

Kuih Dahlia(semperit)
Kuih Dahlia/Semperit

バタークッキーの上に、ドライチェリーを乗せたKuih Dahlia(クエ ダリア)

ダリアの花のように見えることからKuih Dahliaと名づけられたお菓子で、バタークッキーの1種になります。

ハリラヤをはじめ、旧正月などマレーシアのフェスティブシーズンによく見かけるクッキーです。

別名でKuih Semperitと呼ばれることもあります。

Arrowhead Chips(アローヘッドチップス)

arrowhead chips(アローヘッドチップス)

クッキーのような焼き菓子だけではなく、油で揚げたチップス系のスナック菓子も春節のお菓子としてよく食べます。

チップス系の定番はArrowhead Chips(アローヘッドチップス)

慈菇(Arrowheadアローヘッド)クワイ
慈菇(Arrowhead)/クワイ

Arrowhead(アローヘッド)は中国語で慈菇と呼ばれる植物で、日本語ではクワイと呼ばれています。

慈菇をスライスして油で揚げたチップスがArrowhead Chipsで、普通のポテトチップスよりも美味しいです。

ポテトチップス

また、普通のポテトチップスを食べることもあります。

チップス系ではレンコンのチップスもあります。

Muruku(ムルク)

スナック系のお菓子では、上記で紹介したチップスのほか、Muruku(ムルク)もあります。

Muruku(ムルク)はインド発祥のスナック菓子ですが、マレーシアで広く食べられていて、旧正月に食べるスナック菓子の1つとして購入する家庭も少なくありません。

チャイニーズニューイヤーに用いるお餅やお菓子

祭祀の際に、神様やご先祖様へのお供えものに使う定番のお餅やお菓子がいくつかあります。

例えば…

  • 紅龜粿
  • 發粿(發糕)
  • 年糕

發粿(發糕)<簡体字では发粿または发糕>は蒸して作るお菓子で、ケーキが膨らんでパカッと割れた形状が特徴の蒸しケーキです。

中国語の新年の挨拶で「新年快樂!恭喜發財!」というフレーズが定番ですが、「發」は「發財」をはじめ縁起の良い言葉とされ、發粿(發糕)が春節に用いられる理由もその縁起の良い意味にあります。

お供えに使われる明るいピンク色をした發粿(Huat Kuih)

發粿(發糕)にはいくつかのカラーがありますが、お供えにはピンクで色づけしたものをよく使います。

上記画像の粿(發糕)は食べる用ではなく、お供え用のものになります。

❤︎アンクークエの詳細はこちら↓↓↓

マレーシアの紅亀粿(アンクークエ)

❤︎年糕の詳細はこちら↓↓↓

マレーシアの年糕(ニェンガオ)

元宵節に食べる湯圓(タンユエン)

元宵節に食べる湯圓(湯円)タンユエン

元旦(旧暦の1月1日)から数えて15日目にあたる、旧暦1月15日は元宵節と呼ばれています。

年が明けてからはじめてむかえる満月の日となり、チャイニーズニューイヤーの終わりとなる区切りの日になります。

一般的に中華系の人々は元宵節に湯圓(または元宵)というお餅のデザートを食べます。

湯圓自体は元宵節のほか、冬至に欠かせない食べ物です。

❤︎湯圓の詳細はこちら↓↓↓

中国や台湾など中華圏で冬至や元宵節に食べる湯圓(タンユエン)

ペナンのプラナカン&福建の人はボボチャチャを食べる

ペナンでは元宵節のことを福建語で十五暝(Chap Goh Meh・ジャップゴーメー)と呼んでいて、ペナンのプラナカンや福建系の人は十五暝(Chap Goh Meh)に湯圓ではなくBubur Cha Cha(ボボチャチャ)というココナッツミルクベースのデザートを食べるユニークな習慣があります。

❤︎ボボチャチャの詳細はこちら↓↓↓

マレーシアのBubur Cha Cha(ボボチャチャ)

まとめ

お皿に盛ったチャイニーズニューイヤー用のクッキーやお菓子

マレーシアの春節(旧正月)に食べるお菓子は中国系のものから、西洋の影響を受けたもの、プラナカン、マレー、インドなど、多民族国家であるマレーシアらしい様々なルーツをもつバラエティ豊かなお菓子があります。

また、パイナップルタルトのように比較的年中手に入れやすいものから、春節の時期にならないとあまり見かけないものまで色々なものがあります。

  • Kuih Kapit
  • Kuih Bangkit
  • ピーナッツクッキー

…このあたりは旧正月の時期に出回る特別なお菓子であり、昔から食べられている伝統的なクッキーであるため、機会があれば購入してみることをおすすめします。

特にKuih Kapitはおすすめです。

以上、マレーシアの春節(中国旧正月)に食べるお菓子についての紹介でした!

❤︎クエの詳細はこちら↓↓↓

マレーシアの伝統菓子(クエ)の種類と特徴

運動不足が気になる人おすすめ!
便利なオンラインサービス

自宅でプロのヨガレッスンを受けることができるオンラインフィットネスのSOELU(ソエル)。
インストラクターとオンラインで繋がり、臨場感あるヨガレッスンを受けることができます。

❤︎トライアルレッスンの詳細はこちら↓↓↓