【マレーシア観光おすすめモデルコース】充実した旅にするためのアイディア集

マレーシア観光おすすめモデルコース

マレーシアに個人旅行する時に、

「どの都市を訪れ、何日間滞在すべき?」
「どんなモデルコースがおすすめ?」

…という疑問が湧き、旅の計画に悩むことがあるかもしれません。

この記事では、マレーシア観光のおすすめモデルコースについて紹介します。

ABOUT US
エル
海外在住歴10年以上。 留学、海外インターンシップ、海外勤務で欧米やアジアなど数カ国に在住。 台湾在住を経て、現在はマレーシアでの生活をメインにしています。

マレーシア観光に何泊&何日間必要?

マレーシア観光のおすすめモデルコースを紹介する前に、

「マレーシアに何泊すれば良いの?」
「何日間の滞在がおすすめ?」

…というスケジュール面について簡単に紹介します。

焦らずじっくりとマレーシア観光を楽しみたい場合、

  • 1都市訪問の場合:トータル5日間
  • 2都市訪問の場合:トータル8日間

…程度のスケジュール確保することを推奨します。

ざっくり言うと、1週間近い期間がおすすめです。

1週間の旅程をおすすめする理由

日本とマレーシアの位置関係を示す地図とフライト

日本⇄マレーシア(クアラルンプール)のフライトは、直行便利用で7時間前後の飛行時間になります。

日本のどの空港から出発するのかにより所要時間は異なりますが、直行便利用でもフライト自体に半日以上の時間を費やすことになり、さらに空港までの移動時間や待ち時間、マレーシアに到着してからホテルへの移動時間を考慮すると、移動自体に丸1日必要になります。

帰路も同じで、フライトによって機内泊というケースもありますが、基本的には最終日は移動に1日費やすことになります。

ポイント!

1週間(7日間)の旅程を組んでいても、少なくとも移動に2日間使うので、実質は5日程度しかマレーシアで過ごす時間がなく、慌てずに観光するにはこのくらいのスケジュールがおすすめです。

3泊4日程度の短い旅程でも大丈夫?

かなりタイトですが、1都市のみという旅行プランであれば可能です。

この場合、おすすめの旅先はクアラルンプール

日本⇄クアラルンプールへの直行便利用であれば、トータル4日間(マレーシアで2泊+機内1泊)でも何とかいけます。

まずは行き先を決める

マレーシア観光のモデルコース

マレーシアの人気旅行先は、

  • クアラルンプール
  • ペナン島
  • ランカウイ島
  • マラッカ
  • コタキナバル

イポーなどの観光スポットもありますが、基本的には上記都市から興味がある場所を選ぶ形がおすすめです。

それぞれの都市の特徴は、以下の記事で紹介しています。

マレーシア人気都市とアクティビティリスト

【2都市滞在・8日間】おすすめモデルコース

マレーシア観光のおすすめモデルコースは、2都市訪問

2つの都市に滞在することで、マレーシアの異なる地域の特徴を垣間見ることができます。

ここではマレーシア航空または日本航空(JAL)利用、成田発⇄クアラルンプールのフライトを想定したモデルコースを提案します。

  • 行きのフライト:午前中に成田発、夕方にクアラルンプール着
  • 帰りのフライト:クアラルンプール深夜発(機内泊)、翌日早朝に成田着

関空を利用する場合も、大体同じようなスケジュールになりますが、成田を利用する時より飛行時間が少しだけ短くなります。

クアラルンプール3泊+ペナン島3泊

クアラルンプールとペナン島の観光モデルコース

はじめてマレーシア観光をする時におすすめのモデルコースが、クアラルンプール+ペナン島の2都市滞在

Day1(日本→クアラルンプール)
Day2(クアラルンプール)
Day3(クアラルンプール)
Day4(クアラルンプール→ペナン島)
Day5(ペナン島)
Day6(ペナン島)
Day7(ペナン島→クアラルンプール)
  • ペナン島→クアラルンプール国際空港へ✈︎
  • 深夜便で日本へ✈︎(機内泊)
Day8(機内→日本)
  • (朝)日本着

もしビーチでのんびり過ごしたい場合は、クアラルンプール滞在を減らして、バトゥフェリンギ滞在を延ばしてみてください。

8日間の日程を確保することが難しい場合は、クアラルンプールのDay3とペナンのDay6を削って、全部で6日間の日程にアレンジしても○です。

クアラルンプールで何する、どこ行く?やるべき10のこと
ペナンで何する、どこ行く?するべき10のアクティビティ

クアラルンプール3泊+ランカウイ島3泊

クアラルンプールとランカウイ島の観光モデルコース
Day1(日本→クアラルンプール)
  • 日本→クアラルンプール✈︎
Day2&3(クアラルンプール)
Day4(クアラルンプール→ランカウイ島)
Day5(ランカウイ島)
Day6(ランカウイ島)
Day7(ランカウイ島→クアラルンプール)
  • (午前または午後)ランカウイ島→クアラルンプール国際空港へ✈︎
  • (午後)深夜便で日本へ(機内泊)✈︎
Day8(機内→日本)
  • (朝)日本着

ホリデーシーズンはケーブルカーがすごく混み合うことが多いので、ケーブルカーに乗りたい時は平日利用の方がおすすめです。

クアラルンプール観光に興味がない場合は、ランカウイ滞在のみにする形もおすすめです

ランカウイ島で何する、どこ行く?10のやるべきこと

【2都市滞在・5日間】おすすめモデルコース

「あまり長い休みは取れない…でも2都市に滞在したい」というケースにおすすめの5日間の短めモデルコースについて紹介します。

クアラルンプール3泊+マラッカ日帰り

クアラルンプールとマラッカの観光モデルコース
Day1(日本→クアラルンプール)
Day2(クアラルンプール)
Day2(クアラルンプール⇄マラッカ)
Day4(クアラルンプール)
Day5(機内→日本)
  • (朝)日本着

クアラルンプールから日帰りできるマラッカ

クアラルンプール市内中心部からマラッカに向かう途中に、ピンクモスクに立ち寄る現地オプショナルツアーもあるので、ピンクモスクにもマラッカにも興味がある場合は、このツアーを利用すると効率良くまわることができます。

>>ピンクモスク+マラッカ日帰りツアー詳細はこちら

クアラルンプール2泊+マラッカ1泊

Day1(日本→クアラルンプール)
Day2(クアラルンプール→マラッカ)
Day3(マラッカ→クアラルンプール)
Day4(クアラルンプール)
  • (終日)クアラルンプール観光
  • 深夜便で日本へ(機内泊)✈︎
Day5(機内→日本)
  • (朝)日本着

現地オプショナルツアーはマラッカ日帰りが多いものの、マラッカの街をじっくり観光したい場合は、マラッカに1泊する旅程を立ててみても良いかもしれません。

この場合、マラッカ⇄クアラルンプール貸切送迎を利用すると便利です。

マラッカで何する、どこ行く?やるべき10のこと

【1都市滞在・6日間】おすすめモデルコース

クアラルンプール、ペナン島、ランカウイ島の1都市滞在もおすすめですが、ここではコタキナバル観光のモデルコースについて紹介します。

コタキナバル4泊

クアラルンプールとコタキナバルの観光モデルコース
Day1(日本→コタキナバル)
  • 日本→クアラルンプール経由でコタキナバルへ✈︎
Day2(コタキナバル)
Day3(コタキナバル)
Day4(コタキナバル)
Day5(コタキナバル→クアラルンプール)
Day6(機内→日本)
  • (朝)日本到着

コタキナバルがあるボルネオ島はマレー半島よりも日本寄りの位置にあるため、直行便が利用できるのであれば、直行便利用の方が早いです。

以前は日本-コタキナバルの直行便があったものの、現在のところ日本からの直行便は再開していないようで、クアラルンプールを経由していく形になります。(2024年5月現在の情報に基づきます)

マレーシア航空や日本航空(JAL)を利用する場合、成田-クアラルンプール-コタキナバルのフライトは朝出発で同日中にコタキナバル到着することができます。

1日がかりのフライトで疲れるため、日本からコタキナバルに遊びに行く時はゆったりとしたスケジュールを組む形がおすすめです。

ちなみに、クアラルンプールからコタキナバルまでの飛行時間は、2時間30分〜2時間40分程度になります。

サバ州のコタキナバルで何する、どこ行く?観光アクティビティリスト

【4日間だけ!】時間がな人向けの短期観光モデルコース

クアラルンプールのモデルコース
Day1(日本→クアラルンプール)
Day2(クアラルンプール)
Day3(クアラルンプール)
Day4(機内→日本)
  • (朝)日本着

ピンクモスクがあるプトラジャヤは、クアラルンプール市内とクアラルンプール国際空港の中間にある都市になります。

フライトの前に市内からクアラルンプール国際空港に向かう途中で立ち寄ることも可能です。

ただ、最終日のホテルチェックアウト後はスーツケースを持っての移動になると思うので、大きな荷物がある時はピンクモスク観光をDay2に持ってくる方が楽です。

この場合、Day3はチェックアウト後にホテルに荷物を預かってもらい、クアラルンプール市内観光を楽しんだのち、夕方頃に荷物を受け取って空港に向かう形が良いかもしれません。

チェックイン前に空港周辺で時間を潰したい時は、クアラルンプール国際空港ターミナル2に隣接した商業施設のgateway@klia2がおすすめです。

ターミナル1を利用する人もKLIAトランジット(電車)を使えば、ターミナル2駅に簡単にアクセスすることができます。(KLIAエクスプレスではなく、KLIAトランジットに乗車することを間違えないように注意してください)

KLIAエクスプレス(KLIA Express)

マレーシア観光に関するよくある質問【Q&A】

マレーシア観光中の服装は?

普通に観光する分にはTシャツ+サンダルなどのラフな格好で全く問題ありませんが、室内はエアコンで寒いことがあるので、羽織ることができる長袖を1枚持っていくことをおすすめします。また、イスラム教の宗教施設(モスク)に入る場合は肌の露出がご法度になり、短パンやミニスカートでは入ることができません。(観光客が多いモスクでは観光客向けにガウンの貸し出しを行なっています)

マレーシアのベストシーズンはいつ?

基本的にはいつ訪れても良い国です。ただ、マレーシアでスキューバダイビングやシュノーケルなどのマリンスポーツを行う場合はモンスーンの時期を避けることをおすすめします。(レダン島などはモンスーンの時期はリゾート自体が閉鎖されます)

マレーシアを訪れるベストシーズン
マレーシアの通貨は?

リンギットになります。

マレーシアの通貨のRinggit(リンギット)
マレーシアの両替はどこがおすすめ?

レートが良いのは市中にある両替商です。

マレーシアで両替したい時におすすめの両替所と為替レートの見方&計算方法
マレーシア旅行の持ち物は?

一般的な海外旅行と同じ持ち物でOKです。基本的に夏服を持っていく形になるので、荷物がかさばることはないはずです。

マレーシア旅行の持ち物リスト

まとめ

マレーシアはのんびり過ごすことができる旅先なので、1週間程度のゆったりとしたスケジュールで旅を楽しむ形が一番おすすめです。

「どこに行こうかな?」と迷った時は、クアラルンプール+ペナン島の組み合わせがおすすめです。

以上、マレーシア観光のおすすめモデルコースについての紹介でした!

マレーシアでどこ行く、何する?と迷った時のすべきアクティビティリスト
マレーシア旅行の基本情報&知っておくと良いこと
シェアしてくれると嬉しいです↓↓↓

夏休みはどこ行く?

もうすぐやって来る夏休み。

宿泊費が高騰する連休は、早めのホテル予約がおすすめです。



✔︎台湾旅行を計画している人へ↓


✔︎マレーシア旅行を計画している人へ↓