使わなきゃ損!台湾旅行にお得なサービスはこちら>>

【ブキッビンタン観光】見所&おすすめスポットをマップつきで解説

クアラルンプールのBukit Bintang(ブキッビンタン)観光情報

クアラルンプールの繁華街として知られる、Bukit Bintang(ブキッビンタン)

この記事では、ブキッビンタンの見所とおすすめスポットなどの観光情報を地図つきで紹介します。

Bukit Bintangとは?

Bukit Bintang(ブキッビンタン)は、クアラルンプール中心部にあるエリアになります。

ブキッビンタンには、

  • ショッピングモール
  • アロー通り(夜市)
  • パブやバー

…などがあることで有名で、基本的には買い物飲食、そしてナイトライフを楽しむ場所になります。

ブキッビンタンの意味は?

Bukit Bintangはマレー語で、

  • Bukit=丘
  • Bintang=星

…を意味します。

直訳すると星の丘

Bukit Bintangは、かわいらしい意味を持つ言葉になります。

Bukit Bintangの歴史

Bukit Bintang(ブキッビンタン)は、マレーシアの実業家であり富豪として有名な、故・楊忠禮(Yeoh Tiong Lay/ヨー・ティオンレイ)氏の提唱により再開発が進められたエリアになります。

楊忠禮氏率いるYTL Corporationがデベロッパーとなり、1980年代に一連の開発事業が行われ、Lot10などが誕生しました。

1990年にオープンしたLot10は、YTLコーポレーションが所有するショッピングモールになります。

地図で見るブキッビンタンの観光スポット

クアラルンプールのブキッビンタンのイメージマップ(地図)

ショッピングモールのパビリオンがブキッビンタンのアイコンで、その前にあるJalan Bukit Bintang(ジャラン ブキッビンタン)が、このエリアのメインストリートになります。

濃い緑はMRTの駅、薄緑はモノレールの駅です。

上記イメージマップの黄色で色づけしている箇所は、全てショッピングモールになり、

  • パビリオン
  • スターヒル
  • ファーレンハイト88
  • Lot10/伊勢丹
  • スンガイワンプラザ
  • プラザロウヤット
  • ベルジャヤタイムズスクエア

…があります。

さらに、ベルジャヤタイムズスクエアの奥には、ららぽーとBBCC(ブキッビンタンシティセンター)が位置しています。

ブキッビンタンのそばにあるImbi(インビ)

Imbi(インビ)に非常に近い場所にあるブキッビンタン。

スターヒルの裏側にある通りがJalan Imbi(ジャランインビ)で、Jalan Imbi以降のエリアはインビになります。

上記画像はJalan Imbiから見える風景で、高いビルはTRX(Tun Razak Exchange)。

TRXは新しい金融街として開発が進められているエリアになります。

ブキッビンタンで何する?観光スポット情報

ショッピングスポットが多いBukit Bintang(ブキッビンタン)は、基本的に買い物を楽しむ場所になります。

ここでは、代表的なショッピングモールを中心に、ブキッビンタンの観光情報のポイントを紹介します。

パビリオンKL

パビリオン

マレーシア随一のショッピングスポットのパビリオン(Pavilion KL)。

ブキッビンタン観光のハイライトとなるものがパビリオンKLで、ここだけで十分というくらいショップが充実している場所です。

パビリオンKLの前にある噴水

パビリオン前にある噴水

多くの人が行き交う賑わいのあるエリアになります。

クアラルンプールのPavilion(パビリオン)

ファーレンハイト88

ファーレンハイト88

ユニクロやCharles & Keith(チャールズアンドキース)などがテナントとして入っているファーレンハイト88(fahrenhei 88)。

テナントの種類や充実度はパビリオンと比較して見劣るため、ふらっと立ち寄るくらいが良いかもしれません。

なお、ファーレンハイト88とパビリオンは地下通路で繋がっていて、地上に出ることなく地下からアクセスすることも可能です。

Lot10

Lot10

Lot10伊勢丹

Lot10にはドンキがあるほか、地下には有名なフードコートがあります。

モノレールの駅とつながっているLot10

Lot10はモノレールやMRTのBukit Bintang駅と非常に近い場所にあり、モノレールの駅とは連絡通路のブリッジで繋がっています。

マレーシアのクアラルンプールにあるLOT10にオープンしたドンキホーテ

スターヒル

スターヒル

パビリオンKLができる前は、ブキッビンタン随一のショッピングモールだったスターヒル(The Starhill)。

英語のStarhillは星の丘という意味で、Bukit Bintangを英語にしたものになります。

スターヒルのなかには、各種アパレル店や飲食店のほか、ホテルのJWマリオットが入っています。

スターヒルのなかにある誠品書店

2022年12月、スターヒルに誠品書店が東南アジア第1号店をオープンしたことで話題になりました。

文具コーナーでは台湾雑貨などの取扱があるほか、マレーシアブランドのBingkaの取扱もあります。

マレーシアでかわいい雑貨を販売するBingka KL

プラザロウヤット

Plaza Low Yat

電子機器をはじめとするIT関連のお店がたくさんあるプラザロウヤット(Plaza Low Yat)。

アロー通り(夜市)

アロー通り

クアラルンプールで最も有名な夜市があるジャランアロー(Jalan Alor)。

明記焼魚(Meng Kee Grill Fish)の店先で焼いているサテー

サテーを焼いているお店があったり…

明記焼魚(Meng Kee Grill Fish)の店先で作っているチキンウィング

チキンウィングを焼いているお店があったり、様々なお店が一つのストリートにオープンして、賑わいをみせます。

昼間のアロー通り

ジャランアローは夕方以降に賑わう場所で、朝はひっそりとしています。

クアラルンプールのJalan Alor(アロー通り)のグルメと観光情報

チャンカットブキッビンタン

パブやバーが多いチャンカットブキッビンタン

アロー通りのすぐ近くにあるチャンカット ブキッビンタン(Changkat Bukit Bintang)。

チャンカットブキッビンタンのパブで飲んでいる人々

パブやバーなどが多い場所で、夜は非常に賑やかです。

マッサージ店が多いチャンカットブキッビンタン

また、チャンカットブキッビンタンには、マッサージ店が多いエリアでもあります。

アロー通り寄りのチャンカットブキッビンタンにマッサージ店が軒を連ねています。

テンカットトンシン

アロー通りの近くにあるテンカットトンシン(Tengkat Tong Shin)という通りには、昔ながらのコピティアムがあります。

アロー通りにあるお店は夜から営業を開始する店舗が多いものの、Tengkat Tong Shinにあるお店は朝から昼にかけて営業しているお店が多いので、朝ごはんやランチを食べたい時に利用できます。

Kam Fatt Restaurant

甘發茶樓(Kam Fatt Restaurant)は、一般的なコピティアムよりも少しだけおしゃれになったお店で、カレーラクサやアッサムラクサ、カヤトーストなどのローカルフードを提供しています。

ストリートアート

アロー通りにあるストリートアート

Changkat Bukit Bintang(チャンカットブキッビンタン)から、奥に入った路地裏に広がるストリートアート

ジャランアローのストリートアート

ただ、路地裏のやや小汚いところにあるので、時間をかけてアート観賞するような場所ではなく、パパッと通り過ぎる程度になります。

ペナンにあるような見応えのあるストリートアートではないので注意してください。

ベルジャヤ タイムズ スクエア

Berjaya Times Square(ベルジャヤタイムズスクエア)

モノレールのImbi駅のすぐ近くにあるベルジャヤ タイムズ スクエア(Berjaya Times Square)。

ベルジャヤタイムズスクエアのなかには、屋内アミューズメントパークがあることで有名です。

ららポートBBCC

ららぽーとBBCC

Bukit Bintangエリアの端にある、ららぽーとBBCC

ららぽーとBBCCは、ブキッビンタンエリアの端にあり、最寄駅はHang Tuah駅になります。

ブキッビンタンへの行き方(アクセス方法)

モノレールまたはMRTのBukit Bintang駅が最寄駅になります。

モノレール

モノレールのBukit Bintang駅

こちらはモノレールのBukit Bintang駅。

クアラルンプールのモノレール

モノレールはこのように街中を走っています。

MRT

MRTのブキッビンタン駅

こちらはMRTのBukit Bintang駅の出口。

ブキッビンタンの最寄駅の位置を示す地図

MRTの出口はいくつかあり、目的地に応じて出口を使い分けると便利です。

例えば、Lot10に行くならD出口、アロー通りに行くならA出口の利用が便利です。

KLCCエリアからブキッビンタンにアクセスする場合

KLCCエリアからウォークウェイを使って、ブキッビンタンに徒歩でアクセスすることもできます。

KLCC側はコンベンションセンター付近、ブキッビンタン側はパビリオンのLevel 3からウォークウェイを利用することができます。

KLCCとブキッビンタンのアクセスができる歩道橋のKLCC-Bukit Bintang Walkway
クアラルンプールのKLCC観光

まとめ

多くの観光客が集まるBukit Bintang(ブキッビンタン)。

パビリオンで買い物や食事を楽しんだり、アロー通りに繰り出して夜市のお店をのぞいてみたり、色々な楽しみ方ができる場所です。

以上、クアラルンプールのBukit Bintang(ブキッビンタン)観光情報についての紹介でした!

Bukit Bintang(ブキッビンタン)のホテル
クアラルンプール観光おすすめモデルコース
シェアしてくれると嬉しいです↓↓↓

春休み&GW旅行に備えよう!

混み合う連休は早めのホテル予約がおすすすめです。