使わなきゃ損!台湾旅行にお得なサービスはこちら>>

【マレーシア・ペナン島観光特集】世界遺産の街歩き、豊かな自然とビーチリゾート滞在を楽しむためのガイド

マレーシア・ペナン島のおすすめ観光スポット

ユネスコ世界文化遺産として登録されたジョージタウンに、ユネスコ生物圏保存地域に指定されたペナンヒルがあるマレーシアのペナン島

「東洋の真珠」(the Pearl of the Orient)と形容されるペナン島は、歴史ある街並みと豊かな自然溢れる環境に恵まれた魅力的な場所です。

この記事ではジョージタウンを中心に、ペナン島のおすすめの観光スポット情報をまとめて紹介します。

マレーシア・ペナン島の由来と概要

ペナン島の観光スポット情報に触れる前に、ペナン島の概要について簡単に紹介します。

ペナン島(Pulau Pinang)の由来

ペナン島の由来になっている檳榔(ビンロウ)の木
Pokok Pinang(檳榔の木)

マレー語でPulau Pinang(プラウ・ピナン)と呼ばれるペナン島。

Pulau Pinangは、

  • Pulau(プラウ)=島
  • Pinang(ピナン)=檳榔

…という2つの言葉で構成される言葉です。

Pinang(ピナン)は、檳榔びんろうの木を意味するPokok Pinang(Pokok=木、Pinang=檳榔)という言葉が元になっていて、Pulau Pinangを直訳すると「檳榔の島」。

これがペナン島の語源になります。

檳榔びんろうは椰子の一種の種子で、中国語でBīnláng(ビンラン)と呼ばれています。

ペナン州の旗

ペナンのシンボルである檳榔の木は、ペナン州の旗や同州のエンブレムにも採用されています。

ペナンを意味する中国語の名前

その昔、中国語で檳榔嶼と呼ばれていたペナン島。

嶼(屿)は小さな島を意味する言葉で、檳榔嶼は「檳榔の島」という意味になります。

なお、現在の中国語表記は檳城(簡体字表記は槟城)になります。(ピンインはBīn chéng)

ペナンをPrince of Walesと名づけたフランシス・ライト

ペナン島の歴史を語る上で、重要な人物はFrancis Light(フランシス・ライト)

1786年にペナン島に上陸したフランシス・ライトは、島をPrince of Wales Island(プリンスオブウェールズ アイランド)と名づけたことで知られています。

ジョージ3世にちなんで名づけられた州都のジョージタウン

フランシス・ライトがペナン上陸後、すぐに築いた要塞がFort Cornwallis(フォート コーンウォリス)で、その周辺に形成した街を当時のイギリス国王であったジョージ3世にちなんでGeorgetown(ジョージタウン)と名づけました。

これがペナン州の州都であるジョージタウン(中国語表記は喬治市)になります。

ペナンはどんなところ?その魅力とは?

ペナン島の魅力を挙げるとキリがないものの、代表的なポイントを挙げると、

  • 歴史ある街並みと建造物
  • 豊かな自然
  • ビーチリゾート
  • グルメ天国
  • プラナカン(ババニョニャ)文化

…このあたりになります。

山あり海あり、そして歴史ある街並みが広がるグルメ天国、これがペナンです。

ペナン島で食べるべきおすすめ料理

また、ペナン島には古い時代に中国の福建省から移住した人が多く、福建の言葉や文化、そして伝統が今も色濃く残っているところもその特徴です。

さらに、イギリスの統治下にあった歴史に加え、プラナカンの文化が根づいているところもペナンのユニークな側面であると言えます。

ペナンの治安は良い?

マレーシアのなかでも、ペナンは治安が良い都市として知られています。

ただ、あまりにも無防備でいるとスリやひったくりなどの犯罪に巻き込まれないとは言えないので、どこにいても貴重品に気をつけることをおすすめします。

ペナン島の地図と主要観光スポットマップ

ペナン州はマレー半島側にあるエリアで構成されていますが、ペナン観光のメインは島側になります。

島をざっくりとエリアに分けると、

  • Georgetown
  • Gurney&Pulau Tikus
  • Tanjung Tokong&Tanjung Bungah
  • Batu Ferringhi
  • Teluk Bahang&Penang National Park
  • Balik Pulau
  • Bayan Lepas&Gelugor
  • Jelutong
  • Air Itam&Farlim

…に分類することができます。

観光客が足を運ぶことが多い主要エリアは、

  • ジョージタウン(Georgetown)
  • ガーニー(Gurney)
  • バトゥフェリンギ(Batu Ferringhi)
  • ペナンヒル(Penang Hill)

…になり、はじめてペナン島を訪れる時は、これらのエリアに焦点を当てる形がおすすめです。

ポイント
  • ジョージタウン:ユネスコに登録された世界遺産の街並みが広がるペナンの中心部
  • ガーニー:ガーニーベイ、ショッピングモールや有名な屋台街(ホーカーセンター)がある場所
  • バトゥフェリンギ:ビーチリゾートエリア
  • ペナンヒル:自然に触れることができるエリア

世界遺産の街、ジョージタウンの観光スポット

ペナン島のジョージタウン観光スポット

ペナンの州都であるGeorgetown(ジョージタウン)

ペナン島観光の中心と言える場所が世界文化遺産に認定されたジョージタウンで、多くの観光スポットがあります。

ジョージタウンの地図と主要観光スポット

ジョージタウンの主要観光スポットをまとめてみたものがこちら。

ペナン島・ジョージタウンの観光マップ(地図)

古くから街の中心部であった場所であることから、歴史ある建築物が多いエリアになります。

以下にジョージタウンの主要観光スポットを中心に、ペナン観光スポットの概要について紹介します。

>>トライショー巡るペナンの世界遺産ツアー詳細はこちら

壁画(ストリートアート)

ペナンのジョージタウンにある壁画

ジョージタウン観光の定番人気は壁画

著名なアーティストのものから無名アーティストのものまで、数多くの壁画がジョージタウンの街に描かれています。

ペナンのストリートアート(boy on a bike)

プラナカンマンション

ペナンプラナカンマンション

ペナンのPeranakan(プラナカン)について学びたい時におすすめのスポットが、ペナンプラナカンマンション

豪華なプラナカンのアンティークコレクションが揃っている場所です。

Pinang Peranakan Mansion(ペナンプラナカンマンション)

チョンファッツィ・マンション

ペナンのブルーマンション

通称、ブルーマンションと呼ばれるCheong Fatt Tze Mansion(チョンファッツィマンション)

チョンファッツィマンションもプラナカン文化を学ぶことができる場所です。

>>ブルーマンション見学ツアーの予はこちら

ペナンのブルーマンション(Cheong Fatt Tze Mansion)

どちらも甲乙付け難い良さがあるので、時間が許す限り、双方のマンションに足を運ぶことをおすすめします。

ただ、観光日程にあまり余裕がなく、どちらか1つだけを選ばないといけないという場合、個人的にはブルーマンションの方がおすすめです。

ブルーマンションはガイドさんの説明が秀逸で、話す内容も興味深いものがあります。(ガイドの言語は英語になります。)

ただ、ハッと目を引くプラナカンの豪華なコレクションが揃っているのはペナンプラナカンマンションになるので、プラナカンのアンティーク品に興味がある場合はペナンプラナカンマンションに足を運ぶ方が良いと思います。

興味深いことに、ペナンプラナカンマンションもチョンファッツィ・マンションも、プラナカンの要素を存分に取り入れた邸宅ですが、元々の主人あるじはプラナカンではないという共通点があります。

クーコンシー

Khoo Kongsi(クーコンシー)

邱(クー)一族のクランハウスである邱公司(クーコンシー)

ペナンの福建5大姓(苗字)である、邱(Khoo/クー)・謝(Cheah/チャー)・林(Lim/リム)・陳(Tan/タン)・楊(Yeoh/ヨー)のうち、邱公司は謝公司と並び最大級の規模を誇るクランハウスとして知られています。

邱公司(クーコンシー)の敷地内には小さな博物館があり、一族の祖先の歴史、及び中国の福建省からペナンに渡ってきた一族がどのようにしてコミュニティを築いてきたのかなど、クランハウスの成り立ちを学ぶことができる場所にもなっています。

ペナンにあるクーコンシー(龍山堂邱公司)

クランジェッティー

ペナンのクランジェッティー

水上集落があるクランジェッティー

最大規模の水上集落である姓周橋(チュージェッティー)のほか、林(Lim/リム)、李(Lee/リー)、陳(Tan/タン)、楊(Yeoh/ヨー)一族などの水上集落があり、これらを総称してClan Jetties(クランジェッティー)と呼んでいます。

クランジェッティーは、19世紀頃にWeld Quay(ウェルドキー)で働く中華系労働者の居住地として形成された場所で、かつて取り壊しの危機に面していたものの、ジョージタウンが世界文化遺産に認定されてからは、観光スポットの1つとして多くの旅行者が足を運ぶ場所になっています。

ペナンのクランジェッティーの1つのChew Jetty(チュージェッティー)
埋め立て地として作られたペナンのWeld Quay(ウェルドキー)

エスプラネード

海岸沿いにあるエスプラネード

海岸線沿いにある遊歩道や芝生が広がる公園などがあるエスプラネード

このエリアは1876年にフランシス・ライトが上陸した場所として知られ、要塞のほか、タウンホールシティホールがあります。

ペナンのEsplanade(エスプラネード)とPadang Kota Lama(パダンコタラマ広場)

シティホール

ペナンのCity Hall

イギリスに統治されていた歴史を持つペナンには、様々なコロニアル様式の建築物があります。

シティホールもその1つで、すぐ横にはタウンホールがあります。

コーンウォリス要塞

エスプラネードに隣接する場所に形成されたコーンウォリス要塞

要塞のなかには大砲や弾薬庫、チャペルなどがあります。

ペナン島のコーンウォリス要塞(Fort Cornwallis)

クイーンビクトリア・メモリアル時計台

Queen Victoria Memorial Clock Tower(クイーンビクトリアメモリアル時計台)

要塞の近くにそびえ立つクイーンビクトリア・メモリアル時計台

ビクトリア女王の在位60周年を記念して、ペナンの富豪が建てた歴史ある時計台になります。

ペナンのQueen Victoria Memorial Clock Tower(クイーンビクトリアメモリアル時計台)

コムタ

ペナン島にあるKomtar(コムタ)

複合施設のKomtar(コムタ)

1980年代に作られた高層ビルで、ペナン州の行政オフィスを中心に、バスターミナルやリテールストアなどが入っています。

TOPがあるペナン島にあるKomtar(コムタ)

Komtar(コムタ)はかつて繁栄していた過去を持つ一方、現在は廃れてきている感が正直否めません。

しかしながら、ガラス張りのスカイウォークをはじめ、インドアテーマパークのThe TOPなど、近年新たに作られたアトラクションもあり、現在もペナンのアイコンと言える存在感を示すビルになります。

>>ザ・トップペナン展望台入場券の予約はこちら

ハーモニーストリート

ペナンのStreet of Harmony

‘Street of Harmony’という異名を持つ、ジョージタウンにあるJalan Masjid Kapitan Keling

教会、モスク、中国寺院、インド寺院が連なっている通りで、どれも200年近くまたは200年以上の歴史を持つ、ペナンで最も古いと言われる宗教施設がある場所になります。

Jalan Masjid Kapitan Kelingの近くには、リトルインディア(インド人街)があります。

ペナンのハーモニーストリートにあるSri Maha Mariamman Temple

ペナンヒル

ペナンヒルのケーブルカー乗り場

ユネスコの生物圏保存地域(Biosphere Reserve)に登録されたペナンヒル

ペナンヒルへのアクセスはケーブルカー(Funicular)が便利ですが、周辺にトレッキングコースがたくさんあるため、ハイキングでアクセスすることも可能です。(トレッキングコースはAir Itam側やペナン植物園側など、色々なところにあります。)

ハイキングに興味がある人へのアドバイス

ペナンヒルへのハイキングは、トレッキングが好きな人や、体力に自信のある人にのみおすすめします。(私自身、Air Itam側からペナンヒルに登った時は3時間以上かかり、かなり辛いと感じました。)

行きはハイキング、帰りはケーブルカーというコースも可能ですが、行きも帰りもケーブルカー利用が無難です。

ペナンヒルにあるthe habitat penang hill

ケーブルカーでペナンヒルに登ったところにあるThe Habitat Penang Hill

the habitat penang hillのCanopy Walk

ペナンの豊かな自然に触れることができるスポットです。

ペナンヒルから見える眺め

ペナンヒルから見える市街地の眺め。

>>ザ ハビタットペナンヒル入場チケットの詳細はこちら

植物園

ペナン植物園(Botanical Garden Penang)

ちょっとした散策をしたい時におすすめのスポットはペナン植物園

ペナン植物園もユネスコの生物圏保存地域の指定エリアに含まれていて、緑溢れる場所になっています。

また、植物園周辺にはペナンヒルへのトレッキングコースの入口がいくつかあるほか、ペナン植物園の近くには、ペナンヒルへのジープサービスがあります。

ペナン植物園(ボタニカルガーデン/ボタニックガーデン)

極楽寺

ペナンの極楽寺

ペナンヒルの近くにある極楽寺

巨大な観音菩薩のほか、様々な寺院があるお寺です。

ライトアップされたペナンの極楽寺

春節に行われる極楽寺のライトアップは壮観です。(ただ、お参りする現地の人で非常に混み合う場所なので、春節に極楽寺に行く時は渋滞を覚悟して足を運んでください)

ペナンにある極楽寺(Kek Lok Si Temple・ケックロックシー)

バトゥフェリンギ

ペナンのBatu Ferringhi Beach(バトゥフェリンギビーチ)

ペナンのリゾート地として有名なBatu Ferringhi(バトゥフェリンギ)

夕暮れ時のペナンのBatu Ferringhi Beach(バトゥフェリンギビーチ)

バトゥフェリンギは海の透明度が高いわけではないので、泳ぐよりもビーチリゾートの雰囲気を楽しむ場所になります。

一部のマリンアクティビティも可能ですが、夕暮れ時にビーチに座って、のんびりする…というような時間の過ごし方がおすすめです。

付近にはナイトマーケットがあります。

ガーニーベイ【NEW!】

ガーニーベイ

ガーニーエリアで進められている開発プロジェクトにより誕生したGurney Bay(ガーニーベイ)

2024年2月初めに、第1フェーズで完成したエリアがオープンし、多くの人が足を運んでいます。

日中はすごく暑いものの、夜は気持ち良く散歩できます。

ペナン島のGuney Bay(ガーニーベイ)

ガーニードライブ

ペナン島の屋台街のGurney Drive(ガーニードライブ)

ペナンを代表する屋台街のGuney Drive(ガーニードライブ)

将来的には、上記で紹介したガーニーベイに移転する予定になっています。

ガーニードライブ以外にも、Red Garden、New Lane、Presgrave Street、Pulau Tikus、The Jetty Food Courtなど、色々なホーカーセンターがありますが、ガーニードライブは観光客が多めのホーカーセンターになります。

レッドガーデンホーカーセンター

ストレーツキー

ペナン島のStraits Quay(ストレーツキー)

Tanjung Tokong(タンジュン・トコン)にあるStraits Quay(ストレーツ・キー)

埋め立てにより作られた場所で、モールやサービスアパートメントがあります。

E&O(Eastern & Oriental)グループがStraits Quay(ストレーツ・キー)のデベロッパーになっていて、ここ過去10年間において、着々と開発が進んでいるエリアになります。(なお、ガーニーベイの開発もE&Oグループが担っています)

なお、ジョージタウンエリアにあるE&Oグループが経営するイースタン アンド オリエンタル ホテルは、ペナンの人気宿泊施設になります。

Straits Quay(ストレーツキー)に停泊しているヨット

ストレーツキーにあるマリーナエリアにはヨットが停泊していて、地中海のような雰囲気があるエリアになります。

海沿いにウォーキングを楽しむこともでき、エスプラネードとは異なる雰囲気を持つ心地良い場所です。

エントピア

ペナンのエントピアにいる蝶

Teluk Bahangにあるエントピア(バタフライファーム)

蝶をはじめとする昆虫に興味がある人や子供が楽しめる場所です。

>>エントピアの割引チケット詳細はこちら

ペナン島のEntopia(エントピア)バタフライファーム

エントピアのすぐ近くにEscapeがあるので、身体を動かすことが好きなアクティブな人は足を運んでみても良いかもしれません。

>>エスケープ入園チケット詳細はこちら

トロピカルスパイスガーデン

様々なハーブやスパイスがあるトロピカルスパイスガーデン

エントピアと同じTeluk Bahangにある施設です。

ペナンのTropical Spice Garden(トロピカルスパイスガーデン)

Balik Pulau

のどかな雰囲気溢れるBalik Pulau

Balik Pulauで有名な食べ物はSiam Laksa(シャムラクサ)やナツメグ

また、ドリアン農園が多いことでも知られています。

ペナンにある有機栽培のドリアン農園の石屋榴槤園(Durian Rumah Batu, Stone House Plantation)

ペナン島へのアクセス方法

ペナン島へのアクセス方法は、飛行機や自動車のほか、バスや鉄道にフェリーを組み合わせる形など色々な方法がありますが、旅行者の人に便利な交通手段は飛行機になります。

飛行機の場合

ペナン島の空の玄関であるペナン国際空港

Bayan Lepasにある空港は、国際線と国内線の双方が乗り入れています。

マレーシアの首都であるクアラルンプールからペナンへの飛行時間は約1時間、シンガポールからペナンは約1時間30分になります。

自動車を運転して行く場合

ペナン島には自動車でアクセスすることもできます。

クアラルンプールからペナン島までの距離は355km程度あり、所要時間は運転速度により変わりますが、ノンストップで運転して高速利用で約4時間〜4時間半です。

ただ、途中で休憩を挟むと、5時間以上かかることが一般的ですが、ローカルの人はクアラルンプールとペナン間は車移動する人が多いです。

また、ホリデーシーズンは渋滞することが多く、事故があったりすると、渋滞するので、もっと時間がかかります。

島と半島を繋ぐ橋

車でペナン島にアクセスする場合、島とマレー半島と島を繋ぐ橋を利用する形になります。

ペナンブリッジ
ペナンブリッジ

橋は2つあり、最初に作られた橋(First Bridge)はPenang Bridge(ペナンブリッジ)、2つ目の橋(Sultan Abdul Halim Muadzam Shah Bridge)は、通称でSecond Bridge(セカンドブリッジ)と呼ばれています。

ペナンブリッジ(橋)から見えるジョージタウンの街並み
ペナンブリッジから見えるジョージタウンの街並み

1985年にペナンブリッジ、2014年にセカンドブリッジが完成しました。

鉄道でアクセスする場合

マレー鉄道のETS(Electric Train Service)が利用可能です。

クアラルンプールの駅(KL Sentral駅)からペナンまで、停車駅が一番少ないETSの電車(プレミアム)の利用で、4時間15分かかります。

ただ、ペナンの駅は半島側のButterworth(バタワース)にあるため、島へアクセスするには駅(Penang Sentral)からフェリーを乗り継ぐか、あるいは車を利用する形になります。

一言アドバイス

ETS自体の乗り心地自体は悪くないものの、長時間車内にいるとエアコンで身体が冷えるため、何か羽織ることができるものを一枚持って乗車することをおすすめします。

また、長時間の乗車は割と疲れるので、イポーなどで下車して、のんびり旅を楽しむ形もおすすめです。

バス利用について

クアラルンプールからバスを利用する場合も、ペナンの終着駅はバタワース側にあるPenang Sentralになります。

なお、バス利用の場合、クアラルンプールからペナンのバタワースまで4時間40分〜5時間程度の所要時間になります。

まとめ

ペナン島には色々なエリアに様々な観光スポットがありますが、定番の観光エリアはジョージタウンペナンヒルバトゥフェリンギになり、

世界遺産の市街地、自然、ビーチリゾート

…こんな異なる滞在スタイルを楽しむ形がおすすめです。

アトラクション的な観光スポットに行きたい場合は、The TOPのほか、ペナン3Dトリックアートミュージアム上下逆さま博物館などがありますが、世界遺産の歴史あるスポットをまわり、ビーチでのんびりするという過ごし方が特におすすめです。

以上、ペナンの観光特集でした!

エリア別マレーシアのペナン島のおすすめホテル
シェアしてくれると嬉しいです↓↓↓

春休み&GW旅行に備えよう!

混み合う連休は早めのホテル予約がおすすすめです。