使わなきゃ損!台湾旅行にお得なサービスはこちら>>

ペナンのストリートアートを楽しみたい人へ【見所解説&ロケーション情報】

ペナンのストリートアート(boy on a bike)

2008年、ユネスコの世界文化遺産として登録されたペナンのジョージタウン

歴史ある古い建物と改築されたリノベカフェ&ホテルが立ち並び、古き良き時代の面影を残しつつ、モダンなエッセンスが絶妙にミックスされた独特の魅力を放つ素敵なエリアです。

そんなジョージタウンの観光の目玉と言えばフォトジェニックなストリートアート

この記事では世界遺産エリアにあるストリートアートの見所とロケーションについて紹介します。

ペナン(ジョージタウン)のストリートアートとは?

ペナンのジョージタウンで人気のストリートアートと言えば、英語でMural(ミューラル)と呼ばれる壁画。(数々の壁画をまとめてMuralsミューラルズと呼んでいます。)

世界文化遺産エリアにある古い建物や壁に描かれた壁画がペナン随一の観光スポットになっています。

多くの観光客を惹きつけるペナンストリートアートの火付け役になったのは、リトアニア出身のアーティストであるErnest Zacharevicさん

彼が描く「世界観」が多くの人々を魅了し続けています。

George Town Festivalとストリートアートの関係

ジョージタウンは2008年にマラッカと共にユネスコ世界文化遺産に登録された街であり、世界遺産登録記念を祝う祭典として2010年から毎年George Town Festival(ジョージタウンフェスティバル)が開催されています。

Ernest Zacharevicさんは、2012年に開催された同フェスティバルにペナン市議会によって招待され、そこで数々の壁画を描きました。

この時に描かれたストリートアートが瞬く間に人気となり、現在に至ります。

ペナン以外にも、イポーやクチンなどマレーシアの他の都市をはじめ、世界中にErnest Zacharevicさんの作品があります。

❤︎Ernestさんがイポーに描いた作品の詳細はこちら↓↓↓

イポーのストリートアート"Art of OldTown"の見所

ストリートアートの見所はErnest Zacharevicさんによる壁画

ジョージタウンのストリートアートには、Ernest Zacharevicさん以外のアーティストが手がけた壁画から、落書き程度のようなものまで多種多様なものがありますが、一番の見所ポイントはErnest Zacharevicさんによる壁画

マレーシアのローカルの人々の何気ない生活の光景の一部を切り取った光景をモチーフにしていることが多く、とても味のある素敵なアートになっています。

自転車に乗る子供たち

謝公司(Cheah Kongsi)が所有する敷地の壁に描かれたペナンのストリートアート(Kids on Bicycle)

Ernest Zacharevicさんが手がけたペナンのウォールアートの中でも特に有名な作品Little Children on a Bicycle(Kids on Bicycle)

謝公司(Cheah Kongsi)が所有する敷地の壁に描かれたストリートアートになります。

Ernest Zacharevicによるペナンストリートアート(little children on a bicycle)
Little Children on a Bicycle / Kids on Bicycle

楽しそうに自転車を運転するお姉ちゃんと、後方でお姉ちゃんの腰にしがみつく弟である男の子の表情がたまらなくかわいい壁画です。

実際のモデルになった子供たちを動画で見たことがあるのですが、既に大きくなっているものの、壁画に描かれた当時の面影があり、とってもかわいらしい子供たちでした。

  • ロケーション:Armenian Street(アルメニアンストリート)
  • 周辺にある目印となる建物:Cheah Kongsi(チャーコンシー)

Cheah Kongsi(チャーコンシー)を正面から見た時に向かって左手側にある通りがArmenian Streetです。

バイクに乗る少年

Ernest Zacharevicによるペナンストリートアート(boy on a bike)
Boy on a Bike / Old Motorcycle

バイクにまたがる少年を描いたBoy on a Bike(Old Motorcycle)

こちらも自転車に乗る子供たちの壁画と並ぶ人気のフォトスポットで、いつも人集りができています。

  • ロケーション:Ah Quee Street(アキーストリート)
  • 周辺にある目印となる建物:Cheah Kongsi(チャーコンシー)

Cheah Kongsi(チャーコンシー)を正面から見て向かって右側にある通りがAh Quee Streetになります。

ちなみに、Ah Quee Street(Lebuh Ah Quee)は、鄭景貴(Chung Keng Quee)から名づけられた通りで、鄭景貴はペナンプラナカンマンションの主人あるじであったことでも知られています。

❤︎ペナンプラナカンマンションの詳細はこちら↓↓↓

Pinang Peranakan Mansion(ペナンプラナカンマンション)

男の子とペットの恐竜

Ernest Zacharevicによるペナンストリートアート(Little Boy with Pet Dinosaur)
Little Boy with Pet Dinosaur

小さな男の子がペットの恐竜と散歩をしているところを描いたLittle Boy with Pet Dinosaur

Little Boy with Pet DinosaurとBoy on a Bikeのストリートアート

上記で紹介したバイクにまたがる少年のすぐ隣にあります。

  • ロケーション:Ah Quee Street(アキーストリート)
  • 周辺にある目印となる建物:Cheah Kongsi(チャーコンシー)

バイクに乗る少年&男の子とペットの恐竜、自転車に乗る子供たちの壁画はCheah Kongsi(チャーコンシー)を挟む形で位置しているため、Cheah Kongsi(チャーコンシー)の建物を起点として動くとわかりやすいはずです。

❤︎チャーコンシーの詳細はこちら↓↓↓

ペナン島の世徳堂謝公司(Seh Tek Tong Cheah Kongsi)

椅子に乗って手を伸ばす子供(椅子に乗った男の子)

Ernest Zacharevicによるペナンストリートアート(reaching-up)
Reaching Up / Boy on Chair

椅子の上に乗って手を伸ばす男の子が描かれた作品のReaching Up(Boy on Chair)

こちらも人気の壁画で行列ができていることがよくあります。

  • ロケーション:Cannon Street(キャノンストリート)
  • 周辺にある目印となる建物:Khoo Kongsi(クーコンシー)

Khoo Kongsi(クーコンシー)のすぐ側にあります。

Khoo Kongsi(クーコンシー)は、邱(Khoo)一族とコミュニティの歴史を学ぶことができる場所になっています。

❤︎クーコンシーの詳細はこちら↓↓↓

ペナンにあるクーコンシー(龍山堂邱公司)

客待ちするトライショーの運転手

rnest Zacharevicによるペナンストリートアート(The Awaiting Trishaw Pedaler)
The Awaiting Trishaw Paddler / Trishaw Man

客待ちするトライショーのおじさんを描いたThe Awaiting Trishaw Paddler (Trishaw Man)

かなり大きなサイズの壁画で、実際に目にするとその大きさに圧倒されます。

  • ロケーション:Penang Road(ペナンロード)
  • 近くにある目印となる建物:Hotel Malaysia、Cheong Fatt Tze Mansion(ブルーマンション)、レッドガーデン

Red Garden Hawker Centre(レッドガーデンホーカーセンター)があるRed Garden Genius Car Parkingという駐車場の横にあるビルに壁画があります。

❤︎レッドガーデンの詳細はこちら↓↓↓

レッドガーデンホーカーセンター

また、ブルーマンションもすぐそばにあります。

❤︎ブルーマンションの詳細はこちら↓↓↓

ペナンのブルーマンション(Cheong Fatt Tze Mansion)

ブルーの服を着た女の子(カンフーガール)

Ernest Zacharevicによるペナンストリートアート(Little Girl in Blue)
Little Girl in Blue / Kungfu Girl

ブルーの洋服(パジャマ)を着た女の子が両手を使って自分自身の体を持ち上げているところを描いたLittle Girl in Blue(Kungfu Girl)

別名でクンフーガール(カンフーガール)と呼ばれることもあります。

トライショーのおじさんの壁画と同じく、巨大な作品になっています。

  • ロケーション:Muntri Street(ムントゥリーストリート)
  • 近くにある目印となる建物:Star Lodge(ホステル)とGoldsmiths Guild(Penang Ta Kam Hong)

Penang Ta Kam Hongとペナンのストリートアート

壁画の手前にある建物がGoldsmiths Guild(Penang Ta Kam Hong)です。

亀に乗る女の子

Chulia Mansion Hotelの壁に描かれたErnest Zacharevicさんのストリートアート
Girl on a Turtle / The Turtle Rider

2015年に描かれたGirl on a Turtle(The Turtle Rider)

Chulia Mansion Hotelの壁に描かれたストリートアートは、Ernest Zacharevicさんとアルゼンチン出身のアーティストであるMartin Ronさんとのコラボ作品になっていて、壁画の下部に両者のサインがあります。

  • ロケーション:Chulia Street(チュリアストリート)
  • 近くにある目印となる建物:Chulia Mansion HotelやYeng Keng Hotel Penang

Chulia Mansion Hotelの対面にはYeng Keng Hotel Penangがあるので、これも目印になります。

Chulia Mansion Hotelに描かれたストリートアート

Girl on a Turtle / The Turtle Riderが描かれた反対側の壁にも、別のアーティストによるストリートアートが描かれています。

Julia Volchkovaさんが手がける壁画

ロシア出身のアーティスト、Julia Volchkovaさんが手がける壁画も要チェックです。

漁師

Julia Volchkovaさんが手がけるFishermanのストリートアート
Fisherman

Stewart Laneにある漁師を描いたストリートアート。

あまり目立たないところにありますが、上記で紹介したクンフーガールがあるMuntri Street(ムントゥリーストリート) からLove Laneに向かって歩いて行くと見つけやすいです。

  • ロケーション:Stewart Lane(スチュワートレーン)
  • 近くにある目印となる建物:-

祈りを捧げるインド人の女性

Julia Volchkovaさんが描いたインド人の女性のストリートアート
Indian Woman

一度見たら忘れない、そんな強い印象を与えるこちらのストリートアート。

木の下で祈りを捧げる女性を描いたJulia Volchkovaさんの壁画

本物の木を活用して、その中に女性を描いています。

自然とストリートアートが一体化した、特別な作品であると感じています。

  • ロケーション: Lumut Lane
  • 近くにある目印となる建物:-

漁師のストリートアートと同じように、こちらのストリートアートも少し見つけにくい場所にあります。

方向としてはKhoo Kongsi(クーコンシー)の近くにあり、Reaching Up / Boy on Chairのストリートアートから徒歩で3分程度です。

漁師@Balik Pulau

Balik PulauにあるJulia Volchkovaさんが描いた漁師のストリートアート
Wrinkled Old Fisherman

ペナン島のBalik PulauにあるストリートアートのWrinkled Old Fisherman

Balik Pulauはジョージタウンから少し距離があるため、Balik Pulauを訪れる機会がある時にふらっと立ち寄る形がおすすめです。

  • ロケーション: Balik Pulau
  • 近くにある目印となる建物:-

一言メモ

Julia Volchkovaさんが手がけた作品はクアラルンプールにもあり、マレーシアのチョコレートブランドのBeryl’s(ベリーズ)がチャイナタウンで経営するBeryl’s Lot18の壁に大きなストリートアートが描かれています。

❤︎Beryl’s Lot18の詳細はこちら↓↓↓

クアラルンプールのチャイナタウンにあるBeryl's Lot18(JALAN PANGGONG OUTLET)

動物愛護を目的に描かれたストリートアート

ジョージタウンのストリートアートには、猫をモチーフに描かれたものが多いという特徴もあります。

これはジョージタウンフェスティバル2013年の「101 Lot Kittens」というプロジェクトの一環として、ASA(Artists for Stray Animals)によって描かれたものになります。

見捨てられた動物たちに対して愛護が必要であるという警笛を鳴らすメッセージを含むアートになります。

ここでは代表的な作品を取り上げて紹介します。

巨大な猫(スキッピー)

ペナンのウォールアート(Skippy)
Skippy / Skippy Comes to Penang

Skippy(スキッピー)という名前の猫が描かれたウォールアート。

生まれつき足の病気を抱え、かつてランカウイのクアタウンで捨て猫として彷徨っていたSkippy(スキッピー)。

ランカウイでBON TON(ボントン)リゾートを経営する傍ら、動物のシェルターを持ち愛護活動をするNarelle McMurtrieさんが保護した猫が描かれています。

そんな背景から、同壁画には「Skippy Comes to Penang」というタイトルがついています。

Narelle McMurtrieさんは歴史ある建物を保全し、新しいものに作り変える手腕の持ち主として非常に有名な方です。

例えば、ペナンの人気カフェの1つとして有名なCHINA HOUSE(チャイナハウス)は、Narelle McMurtrieさんが手がけたものになります。

謝公司(チャーコンシー)の対面、ビーチストリートにあるリノベカフェのチャイナハウスはオープン当初から高い人気を誇っています。

  • ロケーション:Gat Lebuh Armenian
  • 周辺にある目印となる建物:Cheah Kongsi(チャーコンシー)

❤︎ボントンリゾートランカウイの詳細はこちら↓↓↓

BON TON RESORT LANGKAWI(ボントンリゾートランカウイ)

Narelle McMurtrieさんが手がける自然いっぱいのリゾートホテルは興味深い体験ができる場所になっています。

ブルースリーとカンフーキャット

ペナンのウォールアート(ブルースリー)
Bruce Lee & Kungfu Cat / The Real Bruce Lee Would Never Do This

ブルースリーカンフーキャットと戦っているところを描いた作品のBruce Lee & Kungfu Cat

本物のブルースーは猫にキックすることはないだろう…ということから、”The Real Bruce Lee Would Never Do This”という名称もついています。

  • ロケーション:Ah Quee Street(アキーストリート)
  • 周辺にある目印となる建物:Cheah Kongsi(チャーコンシー)

バイクに乗った少年、男の子とペットの恐竜の壁画があるすぐ近くにあります。

少し奥に入った通りにあるので見つけにくいかもしれませんが、バイクに乗った少年を右手側にAh Quee Streetを歩き、男の子とペットの恐竜を越えたすぐ横にある通路を右に曲がっていくとブルースリーの壁画があります。

謝公司(チャーコンシー)内にある壁画

Cheah Kongsiの敷地内に描かれた壁画
Cats & Humans Happily Living Together

ペナンの華人コミュニティの中で深く信仰されている大伯公(Tua Pek Kong)にまつわる儀式の様子が描かれたストリートアートのCats & Humans Happily Living Together。

これも101 Lot Kittensプロジェクトにより手がけられたものであることから、人間の代わりに猫たちを描いたユニークな壁画になっています。

  • ロケーション:Cheah Kongsi(チャーコンシー)内
  • 周辺にある目印となる建物:Cheah Kongsi(チャーコンシー)

Cheah Kongsi(チャーコンシー)の内部にある壁に描かれています。

ビーチストリートに面したゲートに近くにあります。

招き猫

ペナンのウォールアート(猫)
Love Me Like Your Fortune Cat

招き猫に囲まれた猫という構図になっている壁画です。

Skippyと同じ通り、Gat Lebuh Armenianにあります。

その他のアーティストによるおすすめウォールアート

Ernest ZacharevicさんやJulia Volchkovaさん以外のアーティストによって描かれた作品の中にも素晴らしいものがたくさんあります。

その中から人気の壁画を紹介します。

ブランコに乗る兄妹

ペナンのウォールアート(ブランコに乗る子供たち)
Brother and Sister on Swing

ブランコに乗る兄妹を描いた壁画。

  • ロケーション:Gat Lebuh Chulia
  • 周辺にある目印となる建物:The Postcard Shop

豆乳を購入する子供たち

ペナンのウォールアート(豆乳のお店)
SUSU SOYA

豆乳を販売するおばさんと購入する子供たちを描いた壁画。

上記で紹介したブランコの壁画と同じ並びにあります。

  • ロケーション:Gat Lebuh Chulia
  • 周辺にある目印となる建物:The Postcard Shop

バスケットボールして遊ぶ子供たち

ペナンのストリートアート(バスケットボールをする子供たち)
Children Playing Basketball

バスケットボールをする子供たちの壁画。

  • ロケーション:Gat Lebuh Chulia
  • 周辺にある目印となる建物:The Postcard Shop

ブランコと豆乳の壁画から見てGat Lebuh Chuliaを挟んだ反対側にあります。

すぐ近くにTHE LEGEND NYONYA HOUSEというニョニャ料理を提供するレストランがあります。

その他のウォールアート

他にもたくさんのウォールアートがあります。

ペナンのストリートアート(オランウータン)

オランウータンの壁画。

ペナンのウォールアート(壁を押す男の人たち)

こちらは何かを押す男の人たち。

ペナンのウォールアート(会話する人たち)

トライショーでパンやお菓子を販売するRoti Man(ロティマン)を描いたストリートアート。

ペナンのウォールアート(物を取ろうとしている女の人)

線香を持っている女性。

ペナンのストリートアート(窓から手を伸ばす子供たち)

窓から手を伸ばして包子を欲しがる子供たち。

ペナンのウォールアート(ハンモックで寝る人)

こちらは水上集落であるChew Jetty(姓周橋)にある壁画です。

❤︎姓周橋の詳細はこちら↓↓↓

ペナンのクランジェッティーの1つのChew Jetty(チュージェッティー)
ペナンのウォールアート(七輪と女の子)

Kuih Kapit(別名でラブレター)と呼ばれる薄いビスケットを炭火で焼いているところを描いた壁画。

Kuih Kapitを焼く時に使う実物の型(モールド)が使われています。

❤︎Kuih Kapitの詳細はこちら↓↓↓

マレーシアのKuih Kapit(クエカピッ)ラブレタークッキー

壁画は他にもまだまだあります。

ペナンのウォールアート(女の子とボトル)
ペナンのウォールアート(ハンバーガーと男の人)
ペナンのウォールアート(福建語を教えると話している男の子)

こちらは福建語で「KAH LU KONG HOKKIEN(教你講福建)」と男の子が話しかけているところを描いた壁画です。

福建語で、Kahは教える、Luはあなた、 Kongは話す、Hokkienは福建(ホッケン)という意味があります。

ペナンの中華系の人々の間では福建語が広く使われています。

ジョージタウンのワイヤー(針金)アート

ジョージタウンにはウォールアートの他、Steel-Rod Scruptureと呼ばれるワイヤーアート(針金アート)があり、こちらも人気です。

ワイヤーアートには英語で説明がついていて、一つ一つのワイヤアートをじっくり見てみると、ペナンの文化や人々、歴史について学ぶことができるようになっています。

ペナンの針金アート(Nasi Kandar)

例えば、上記画像のワイヤーアートは、ペナン発祥のNasi Kandar(ナシカンダー)をモチーフにしたものです。

Nasi Kandar(ナシカンダー)は、Mamak(ママッ)と呼ばれるマレーシアのインド系イスラム教徒の人々を起源とする食文化で、ペナンにはNasi Kandarのお店がたくさんあります。

❤︎ナシカンダーの詳細はこちら↓↓↓

マレーシアのペナンを起源とするNasi Kandar(ナシカンダー/ナシカンダール)
ペナンの針金アート(bengali)

こちらはBenggali(バンガリ)という言葉について説明したワイヤーアート。

ケースの中に入っているものはペナンで有名なRoti Benggali(ロティバンガリ)というパンで、ペナンで食べるカヤトーストによく使われているパンになります。

❤︎バンガリブレッドの詳細はこちら↓↓↓

ペナンのカヤトーストに使われていることが多いパンのBenggali Bread(Roti Benggali/ロティバンガリ)
ペナンの針金アート

他にも色々なワイヤーアートがあるので、是非じっくり見てみてください。

ストリートアートの場所を把握するための地図(マップ)

ペナンのストリートアート(壁画)の地図(イメージマップ)

上記で紹介したストリートアートのうち、ジョージタウンにある主要な壁画の位置情報をまとめてみたものが上記のイメージマップになります。

赤丸はErnest Zacharevicさんの作品がある場所、緑色はそのほかのアーティストによる壁画がある場所になります。

ペナンのアルメニアンストリート周辺にある人気ストリートアートロケーションマップ
人気ストリートアートのロケーションマップ

特に有名な壁画が多いアルメニアンストリート(Lebuh Armenian)周辺に焦点をあてて、ストリートアートの位置関係をまとめてみたものが上記のイメージマップ。

  1. 自転車に乗る子供たち
  2. バイクにまたがる少年
  3. 少年とペットの恐竜
  4. ブルースリー
  5. 大伯公を担ぐ猫たち
  6. 椅子に乗る少年
  7. スキッピー
一言アドバイス

観光日程にあまり余裕がない時は、①②③④⑥の壁画をチェックする形がおすすめです。

また、Cheah Kongsi(チャーコンシー)Khoo Kongsi(クーコンシー)Yap Kongsi(ヤップコンシー)などの建物を目印にするほか、Lebuh Armenian、Lebuh Ah Quee、Lebuh Cannonなどの通りの名前と位置をざっと把握しておくと効率良くストリートアート観賞ができると思います。

世界遺産エリアにあるストリートアート巡りをする時のTIPS

上記で紹介したウォールアート&ワイヤーアートは時間をかければ歩いて回ることも可能ですが、日中は日差しが強く気温も高いため、ストリートアート巡りはかなり体力を消耗します。

そんな時はトライショーを使った観光がおすすめです。

ペナンのトライショー

こちらがトライショー。

ジョージタウンエリアに行くと客待ちをしているトライショーがたくさんいるので、価格交渉の上、世界遺産エリアをまわってもらうと楽です。

また、見たい壁画がある場合は事前に行きたいスポットを伝えておくと連れて行ってもらうことができます。

トライショーのほかに自転車をレンタルすることもできますが、自分たちで道を調べる手間がかかるので、楽な手段を選択したい場合はトライショーの方がおすすめです。

>>トライショー利用ペナンの世界遺産巡りの詳細はこちら

まとめ:ペナン観光にストリートアート巡りははずせない!

ペナンのストリートアートは一見の価値があるものです。

ペナンに遊びに来たら、是非世界遺産巡り&ストリートアート巡りを楽しんでください。

以上、ペナンのストリートアートの見所解説&ロケーション情報についての紹介でした!

❤︎ペナン観光情報はこちら↓↓↓

マレーシア・ペナン島のおすすめ観光スポット

❤︎ストリートアートがデザインされたお土産の情報はこちら↓↓↓

ペナンで販売されているノートとポーチ

❤︎クアラルンプールで楽しむストリートアートはこちら↓↓↓

クアラルンプールのチャイナタウンにある鬼仔巷(Kwai Chai Hong)
シェアしてくれると嬉しいです↓↓↓

春休み&GW旅行に備えよう!

混み合う連休は早めのホテル予約がおすすすめです。