トーストボックス|マレーシアにもある!シンガポール発カヤトーストのお店

マレーシアにあるToast Box(トーストボックス)

カヤトーストと南洋コーヒーを提供するToast Box(トーストボックス)

シンガポールの企業が展開するコーヒーチェーンは、マレーシアにもたくさんの店舗があり、様々な場所で楽しむことができます。

この記事では、Toast Box(トーストボックス)の概要とマレーシアの店舗情報について紹介します。

シンガポール発!Toast Boxとは?

Toast Boxの店舗

創業2005年

Toast Box(トーストボックス)は、シンガポールをベースにするBreadTalkグループ傘下のブランドになります。

海外展開も積極的に行っていて、マレーシアインドネシア台湾香港に進出しています。

トーストボックスのコンセプト

トーストボックス公式サイトでは、

Contemporary Coffee Chain(コンテンポラリーコーヒーチェーン)

…という言葉を使って同社の特徴を表現しています。

昔ながらのコピティアムのカヤトーストやコピを現代的な空間で提供する…というもので、簡単に言うとショッピングモールなどの清潔感のある環境で伝統の味を顧客に届けるというコンセプトを意味します。

実際に、マレーシアやシンガポールにある一般的なコピティアムは、良い意味でも悪い意味でも独特のローカル感がありますが、トーストボックスをはじめとするチェーン展開しているコーヒーショップは綺麗なお店が多いです。

マレーシアのコーヒーショップのKopitiam(コピティアム)

トーストボックスのメニュー

トーストボックスのメニュー

看板メニューはカヤトーストコピ

上記メニューの価格情報は少し前のもので、年々値上げされています。

2023年現在、カヤバタートーストやコピはRM6に近い値段になっていて、いずれも日本円で180円程度です。

ドリンク、トースト、卵(ハーフボイルドエッグ)のセット価格は、RM12.90(日本円で387円)です。

ただ、今後も値上がりすることが見込まれるので、参考価格としてください。

トーストボックスのナシレマ

トーストボックスで販売されているココナッツライスのNasi Lemak。

カリーチキンやシンガポールラクサなど、ほかのフードメニューもあります。

トーストボックスのコピとカヤトースト

トーストボックスのコピ

南洋コーヒーのKopi(コピ)

トーストボックスが特に強いこだわりを持っているメニューで、上質な豆を選別し、独自のブレンドで作られています。

また、各店舗には“Kopi Master”(コピマスター)と呼ばれるバリスタ的な店員さんがいて、コーヒーの抽出を担当しています。

また、トーストボックスでは、コーヒーの新鮮なアロマを引き出すために、店舗ごとに豆をその場で挽いています

Toast Box(トーストボックス)のYuan Yang。

こちらはYuan Yang

Yuan Yangは香港でよく飲まれている鴛鴦茶のことで、コーヒーと紅茶を混ぜ合わせた飲み物になります。

マレーシアでは、Cham(チャム)という呼称がよく使われています。

マレーシアのドリンクのTeh Tarik(テータレ/テータリッ)
Toast Box(トーストボックス)のカヤバタートースト

Toast Box(トーストボックス)のもう1つの看板メニューのカヤバタートースト

厚めにスライスしたバターと甘味の強いカヤがトーストボックスのカヤバタートーストの特徴です。

トーストメニューには、

  • Butter(バター)
  • Kaya Butter(カヤバター)
  • Peanut Butter(ピーナッツバター)
  • Traditional Kaya(トラディショナルカヤ)
  • Butter Sugar(バターシュガー)

…があり、バターとカヤがセットになった定番のトーストが食べたい時は、Kaya Butterを注文するようにしてください。

カヤジャムだけで良いという場合は、Traditional Kayaを注文すればOKです。

また、パンの種類はTraditionalThickがあり、Traditionalは一般的なパン、Thickは厚切りのパンになります。

マレーシアのカヤトーストの種類と美味しい食べ方

朝食セットがおすすめ

Toast Box(トーストボックス)のカヤトーストセット

ドリンク、トースト、ハーフボイルドエッグのセットがおすすめです。

Toast Box(トーストボックス)のハーフボイルドエッグ

こちらはハーフボイルドエッグ。

器に割り出したハーフボイルドエッグ

トロトロっとした温泉卵になります。

ハーフボイルドエッグにカヤバタートーストを浸しているところ

ハーフボイルドエッグのなかにパンを浸して食べると美味しいです。

マレーシアの温泉卵のHalf Boiled Egg(ハーフボイルドエッグ)

トーストボックスのカヤジャム

トーストボックスのカヤ

トーストボックスでは、カヤジャムを販売しています。

自宅用にカヤを購入したい時に便利です。

マレーシアで購入するカヤ(ココナッツジャム)のおすすめのお店

マレーシアの店舗ロケーション

ここではクアラルンプールやその近郊都市にある便利な店舗について紹介します。

Pavilion KL

クアラルンプールのパビリオンにあるToast Box(トーストボックス)

パビリオンKLのフードコートのFood Republicにトーストボックスの店舗があります。

Food Republicはトーストボックスと同じBreadTalkグループのブランドになります。

パビリオンクアラルンプールにあるフードコートのFood Repiblic(フードリパブリック)

クアラルンプールのショッピングモール内だと、ミッドバレーにもトーストボックスがあります。

マレーシアのクアラルンプールにあるMid Valley Megamall(ミッドバレーメガモール)

クアラルンプール国際空港

KLIA2にあるトーストボックの店舗

クアラルンプール国際空港(KLIA2)に隣接したショッピングモールのgateway@klia2にも店舗があります。

クアラルンプール国際空港ターミナル2(KLIA2)に隣接したショッピングモールのgateway@klia2

トーストボックスとオールドタウン比較

マレーシア最大のコーヒーチェーン、オールドタウンホワイトコーヒー

オールドタウンは、3 in 1というインスタントのホワイトコーヒーを開発したことで有名ですが、店舗で提供されるホワイトコーヒーもインスタントの味がします。

コーヒーの味に関しては、お店で豆をグラインドして新鮮な状態で提供しているトーストボックスの方が美味しいと感じています。

マレーシアのOldTown white Coffee(オールドタウンホワイトコーヒー)

まとめ

シンガポールのカヤトーストが有名なチェーン店というと、日本にも進出済みのヤクンカヤトーストが有名ですが、トーストボックスも知名度が高くよく知られています。

以上、トーストボックスについての紹介でした!

カヤトーストとコピが美味しいクアラルンプールのコピティアム(コーヒーショップ)
シェアしてくれると嬉しいです↓↓↓

夏休みはどこ行く?

もうすぐやって来る夏休み。

宿泊費が高騰する連休は、早めのホテル予約がおすすめです。



✔︎台湾旅行を計画している人へ↓


✔︎マレーシア旅行を計画している人へ↓