使わなきゃ損!台湾旅行にお得なサービスはこちら>>

【Laksamラクサムとは?】クランタン&トレンガヌ生まれの白いラクサ

マレーシア東海岸のトレンガヌやクランタンで有名なLaksam(ラクサム)

マレーシアの東海岸で親しまれているLaksam(ラクサム)

この記事では、白いラクサのLaksam(ラクサム)について紹介します。

Laksam(ラクサム)とは?

Laksam(ラクサム)

クランタン州トレンガヌ州など、マレーシアの東海岸で定番のLaksam(ラクサム)

ラクサの1種であるものの、クアラルンプールで見るようなカレーラクサとは異なり、白っぽい見た目をしているところが特徴です。

普通のラクサにはない旨味を持つ特別なラクサになります。

Laksam(ラクサム)の材料と特徴

Laksam(ラクサム)に使われる材料
  • スープベースにココナッツミルクを使う
  • トッピングにUlam(ウラム)を使う
  • クルクル巻いたフラットヌードルを使う

…という点がLaksam(ラクサム)の大きな特徴です。

特徴①:魚とココナッツミルクベースのスープ

魚とココナッツミルクベースのLaksam(ラクサム)のスープ

Laksam(ラクサム)のスープは、魚とココナッツミルクがベースで、酸味づけにAsam Kepingが使われています。

また、スープベースにはブラックペッパーも加えられているほか、サンバルブラチャンが添えられているので、これらも味のアクセントになり味を引き締めています。

特徴②:Ulam(ウラム)のトッピング

Laksam(ラクサム)に使われるハーブ類のUlam

Laksam(ラクサム)には、Ulam(ウラム)と呼ばれるハーブや野菜などの“サラダ”をトッピングに加えます。

特に、トーチジンジャーフラワーラクサリーフ(ベトナミーズコリアンダー)を使うところが特徴で、これらが香りに良さに繋がっています。

ラクサムに使われるウラムは、Nasi Kerabu(ナシクラブ)やNasi Ulam(ナシウラム)に似ているところがあり、ハーブをたくさん使ったマレーシアの料理が好きな人は、Laksam(ラムサム)の味が好きになるはずです。

バタフライピーをマレーシアの青いご飯のNasi Kerabu(ナシケラブ/ナシクラブ)

特徴③:クルクル巻いたフラットヌードル

お米で作られるクルクルっと巻かれたLaksam(ラクサム)

Laksam(ラクサム)に使う麺自体の名称がラクサム。

主に米粉を使って作られるお米ベースの麺で、薄く伸ばした生地を蒸して、最後にクルクルと巻いて作られています。

作り方は腸粉に類似しているところがあります。

Laksam(ラクサム)の味

全体的にとてもまろやかな味で、一般的なラクサにはない甘みと旨味があります。

  • 魚の旨味
  • ハーブ類の香り
  • サンバルの旨味
  • ブラックペッパーのピリ辛感

…これら全てが絶妙に絡まっています。

サンバルブラチャンを加えますが、ほかのラクサのような辛さはなく、かなりマイルドです。

まとめ

クアラルンプールにあるお店でLaksam(ラクサム)を食べた時はあまり美味しいと思わなかったものの、トレンガヌのお店のラクサムを食べた時は、感動するほど「美味しい!」と感じました。

クランタンやトレンガヌに行く機会があれば、ぜひ現地で食べてみてください。

以上、マレーシアの東海岸で有名なLaksam(ラクサム)についての紹介でした!

ラクサとは?地域によって異なるマレーシアのLaksaの種類と特徴
シェアしてくれると嬉しいです↓↓↓

春休み&GW旅行に備えよう!

混み合う連休は早めのホテル予約がおすすすめです。