使い心地は想像以上!Etvosのベストセラーがつまったお試しセットの詳細はこちら>>

焼包が美味しいマレーシアの焼包王(Shao Bao King)

焼包が美味しいマレーシアの焼包王(Shao Bao King)

叉焼(チャーシュー)を生地に包んで焼き上げる焼包(Shao Bao)

サクサクの生地とろとろの叉焼餡が美味しいマレーシア定番のスナックです。

この記事では焼包のほか、カヤパフやエッグタルトなどの美味しい焼き菓子を販売するマレーシアの焼包王(Shao Bao King)について紹介します。

マレーシアの焼包王(Shao Bao King)

焼包王(Shao Bao King)の店舗で販売されているエッグタルトや焼包

クアラルンプールやスランゴールを中心に展開する烧包王(Shao Bao King)

焼き立ての美味しいスナック&お菓子を販売しているお店です。

1つあたりRM2程度(日本円で60円前後)で購入できるものが多く、手頃な価格帯になっています。

焼包王のメニューとおすすめ

焼包王(Shao Bao King)の看板商品の焼包とエッグタルトとカヤパフ

焼包王(Shao Bao King)の看板メニューは、

  1. 脆皮燒包(クリスピー焼包)
  2. 加央角(カヤパフ)
  3. 蛋撻(エッグタルト)

…の3つです。

上記のほか、餐包、肉干餅、椰撻、豆沙餅も販売しています。

脆皮焼包(Crispy Shao Bao)

焼包王(Shao Bao King)の焼包

焼包王(Shao Bao King)で購入する一番のおすすめは脆皮焼包(Crispy Shao Bao)

叉焼餡が美味しい焼包王(Shao Bao King)の焼包

外側の生地はサクサククリスピー、なかには美味しい叉焼餡が入っています。

焼包は点心で一般的な蒸して作るふかふか生地の叉焼包(チャーシューバオ)をオーブンでサクサクに焼き上げたもの…というイメージです。

焼包王(Shao Bao King)の焼包の生地は油っぽさがなく、叉焼餡の甘みもちょうど良く、生地と餡のバランスが良いです。

ちなみに、マレーシアのNegeri Sembilan州のSerembanが焼包の地として有名で、芙蓉燒包として知られています。(芙蓉はSerembanの漢字表記になります。)

加央角(Kaya Puff)

焼包王(Shao Bao King)のカヤパフ

焼包王(Shao Bao King)のKaya Puff(カヤパフ)も美味しいです。

カヤパフも焼包と同じようにマレーシアの様々なところで購入できるもので、お店によって生地の食感やカヤの美味しさが微妙に異なります。

焼包王(Shao Bao King)のカヤパフはカヤ(ココナッツジャム)が美味しく、生地に軽さがあります。

❤︎カヤの詳細はこちら↓↓↓

マレーシアで購入するカヤ(ココナッツジャム)のおすすめのお店

蛋撻(Egg Tart)

焼包王(Shao Bao King)のエッグタルト

焼包王(Shao Bao King)のエッグタルト

カスタードが滑らかに仕上がっています。

エッグタルトは点心のレストランで定番のメニューで、マレーシアには美味しいものがたくさんあります。

❤︎ポルトガル式のエッグタルトが美味しいお店の詳細はこちら↓↓↓

富興點心(Restoran Foo Hing Dim Sum House)のポルトガル式エッグタルト

そのほかのメニュー

上記で紹介した看板メニュー以外にも、色々な商品があります。

餐包

焼包王(Shao Bao King)の餐包(ポークバン)

パン生地(Bun)で餡を包んで焼き上げた餐包

半分にカットした焼包王(Shao Bao King)のポークバン
Pork Bun(ポークバン)

内側のパン生地はふかふかしています。

餐包には豚肉を使ったPork Bunと鶏肉を使ったChicken Bunの2種類の商品があります。

肉干餅

焼包王(Shao Bao King)の肉干餅(ドライミートビスケット)

ドライミートを使ったビスケットの肉干餅

半分にカットした焼包王(Shao Bao King)の肉干餅(ドライミートビスケット)

ビスケット生地には強いサクサク感があります。

椰撻(ココナッツタルト)

焼包王(Shao Bao King)のココナッツタルト

ココナッツフレークを使ったココナッツタルト

半分にカットした焼包王(Shao Bao King)のココナッツタルト

ココナッツの優しい香りがするタルトです。

❤︎ココナッツの詳細はこちら↓↓↓

マレーシアのココナッツ

焼包王(Shao Bao King)のロケーション

焼包王(Shao Bao King)の商品はクアラルンプールやスランゴールにあるKopitiam(コピティアム)などで販売されていることが多く、色々な場所で購入できますが、ここでは2つの店舗をピックアップして紹介します。

ICC Pudu

ICC Puduにある焼包王(Shao Bao King)の店舗

便利なロケーションにある店舗はICC Puduにあるお店。

ICC Puduの通りにある焼包王(Shao Bao King)の店舗
ICC Puduの通路にある焼包王の店舗

ICC Puduの奥の方に店舗があるほか、入口近くにある通路にも小さな店舗があります。

ICC Puduにある焼包王(Shao Bao King)で販売されているエッグタルト・カヤパフ・ココナッツタルト

各種スナック&お菓子の販売をしています。

❤︎ICC Puduの詳細はこちら↓↓↓

阿榮哥海南茶(Ah Weng Koh Hainan Tea )とICC Puduで楽しむグルメ

志昇茶餐室(Chow Yang Kopitiam)

プタリンジャヤのSS2にある志昇茶餐室(Chow Yang Kopitiam)

Petaling Jaya(プタリン・ジャヤ)のSS2にある志昇茶餐室(Chow Yang Kopitiam)

SS2 Chow Yang Kopitiamにある焼包王(Shao Bao King)の店舗

志昇茶餐室の一角にある焼包王(Shao Bao King)の店舗では、商品を販売する傍ら、店内で製造もしているので、オーブンから取り出した焼き立てを食べることができます。

志昇茶餐室はクアラルンプール市内中心部から少し離れていますが、志昇茶餐室をはじめ周辺にあるコピティアムや飲食店は美味しいお店が多いグルメスポットになっています。

志昇茶餐室のロケーションはこちら↓↓↓

まとめ

焼包王(Shao Bao King)の看板商品である焼包カヤパフエッグタルトはどれもマレーシアで定番のスナック&お菓子です。

クアラルンプールのチャイナタウンをはじめ、広東系の人が多いエリアでは大抵どこでも食べることができるものですが、お店によって油っぽさや重たさが気になるケースもあります。

焼包王(Shao Bao King)で販売されているスナック&お菓子は仕上がりが軽やかである点が特徴で、この点がおすすめポイントです。

以上、焼包王(Shao Bao King)についての紹介でした!

❤︎マレーシアの伝統菓子の詳細はこちら↓↓↓

マレーシアの伝統菓子(クエ)の種類と特徴

❤︎KLチャイナタウンにある伝統中華菓子店の詳細はこちら↓↓↓

マレーシア・クアラルンプールのチャイナタウンで中華菓子を販売する鳳凰餅家(Fung Wong Biscuit)

運動不足が気になる人おすすめ!
便利なオンラインサービス

自宅でプロのヨガレッスンを受けることができるオンラインフィットネスのSOELU(ソエル)。
インストラクターとオンラインで繋がり、臨場感あるヨガレッスンを受けることができます。

❤︎トライアルレッスンの詳細はこちら↓↓↓