9/15発売!Etvos(エトヴォス)のベストセラーがつまった新お試しセットの詳細はこちら

【マレーシアのトロピカルフルーツ特集】南国果物の種類と旬の時期

マレーシアで購入できるトロピカルフルーツ(南国フルーツ)の種類と一覧

日本ではなかなかお目にかかることがないトロピカルフルーツが豊富なマレーシア。

大抵のフルーツはどれも手頃な価格のものが多く、まさにフルーツ天国です。

年中食べることができるものから、旬の時期だけ市場に出回るものまで様々なものがあります。

この記事ではマレーシアで購入できる南国フルーツの詳細についてご紹介します。

マレーシアで購入できる南国フルーツの種類&一覧

マレーシアで購入できるトロピカルフルーツ(南国果物)一覧

熱帯や亜熱帯気候で育つ色鮮やかな果物。

マレーシアで購入できるトロピカルフルーツには、マレーシア原生のものから海外原生のものまで様々なものがあります。

それぞれの果物の詳細は、のちほど紹介します。

マレーシアで食べるべき!ローカルフルーツの旬の時期

旬を持つ果物のなかで、マレーシアで食べるべきフルーツはドリアン・マンゴスチン・ランブータン・マンゴー

あとはドゥク・ランサ・ドコンもおすすめです。

マレーシア原産果物の旬の時期一覧
ローカルフルーツの旬の時期イメージ

ドリアン、マンゴスチン、ランブータン、ドゥク&ランサの旬はほぼ同じで、年に2回。

メインシーズンは6月〜8月です。(その年によって7月〜9月くらいになることもあります。)

この時期は市場やスーパー、そして露店でも様々なローカルフルーツを目にする機会が多くなり、一層華やぎます。

また、メインシーズンと比較すると量は少なくなりますが、11月下旬または12月〜1月ごろにかけても旬の時期があります。

以下に各フルーツの概要について紹介します。

ドリアン

ドリアン
  • 英語名:Durian
  • 中国語名:榴槤(Liúlián)
  • マレー語名:Durian

「フルーツの王様」と形容されるドリアン。

強烈なにおいを放つことから毛嫌いされるケースがあるものの、好きな人はとことんその豊かな香りと味の虜になる魅惑的な果物です。

価格はピンキリで、1キロあたり日本円で数千円する高額なものから、数百円程度で購入できる手頃な価格のものまで様々です。

どこで購入するか、どの品種のどんなグレードのドリアンを購入するのかにより価格幅があり、同じシーズン中でもドリアンの供給量により価格が頻繁に変動します。

旬の時期
メインシーズンは6月〜8月。11月〜1月ごろにも旬があるものの、メインシーズンと比較して量は少なめ。

❤︎ドリアンの品種詳細はこちら↓↓↓

マレーシアのドリアン

マンゴスチン

甘くて美味しいマンゴスチン
  • 英語名:Mangosteen
  • 中国語名:山竹(Shānzhú)
  • マレー語名:Manggis

「果物の女王」と呼ばれるものが南アジア原生のマンゴスチン。

ドリアンは好き嫌いが大きく分かれる果物ですが、「果物の女王」であるマンゴスチンは万人受けする果物です。

マンゴスチンはあまり日持ちしないので、購入したらできるだけ早めに食べ切ってしまうことをおすすめします。

旬の時期
メインシーズンは6月〜8月。12月〜1月ごろにも小シーズンあり。

真っ赤!色落ちしにくいマンゴスチンの皮

マンゴスチンの果皮

マレーシアのホテルで客室への持ち込みを禁止していることが多い果物は、一般的にドリアンとマンゴスチン。

ドリアンは強烈な香りから客室への持ち込みを禁止しているホテルが多いものの、マンゴスチンはシーツやタオルなどに色が移ると落としにくいという点から持ち込みの制限をしているケースがよくあります。

❤︎マンゴスチンの詳細はこちら↓↓↓

マンゴスチンの食べ頃と食べ方

ランブータン

マレーシアのランブータン
  • 英語名:Rambutan
  • 中国語名:紅毛丹(Hóngmáodān)
  • マレー語名:Rambutan

マレー語で髪を意味するrambutという言葉が由来になっている果物がランブータン。

もじゃもじゃとした毛を彷彿とさせる見た目が特徴です。

ランブータンは龍眼やライチと同じムクロジ科に属し、果実を口にした時の感覚もどこか似ているものがあります。

旬の時期
メインシーズンは6月〜8月。11月〜1月にも小シーズンあり。

❤︎ランブータンの詳細はこちら↓↓↓

ランブータン(Rambutan)の種子

マンゴー

マレーシアで販売されているマンゴー
  • 英語名:Mango
  • 中国語名:芒果(Mángguǒ)
  • マレー語名:Mangga

様々な種類のマンゴーがあります。

アップルマンゴー(愛文)

日本でよく知られているマンゴーはアップルマンゴー

ローカル産の人気高級マンゴー

マレーシア産のHarum Manis Mango(ハルマニスマンゴー)
マレーシア産のハルマニスマンゴー

マレーシアで栽培されているマンゴーにはChokananやMasmudaなど様々な品種がありますが、最も有名なマンゴーと言えば、Harumanis/Harum Manis(ハルマニス)

実際口にしてみると、ほかのマンゴーよりも甘みと香りが強い…と感じています。

❤︎ハルマニスマンゴーの詳細はこちら↓↓↓

マレーシアのHarum Manis Mango(ハルマニスマンゴー)

スーパーで目にするマンゴーの品種と価格

マンゴーには旬があるものの、マレーシアのスーパーで販売されているマンゴーには輸入品が多く、1年を通じて購入が可能です。

輸入品のマンゴーはタイからのものが多い…という印象があります。

マンゴー

スーパーでよく目にするマンゴーは…

Mango Susu、Golden Phoenix Mango、Mango Gold Lily(Golden Lily)、Farlan Mangoなど。

Golden Phoenix Mango(ゴールデンフェニックスマンゴー)はマレーシアで育てられた商品もありますが、Mango Susu(マンゴースス)やFarlan Mango(ファーランマンゴー)、Gold Lily(ゴールドリリー)やRainbow Mango(レインボーマンゴー)はタイからの輸入品がほとんどです。

安いものはMango Susu(マンゴースス)、Gold Lily(ゴールドリリー)は高めの価格になっていることが多いものの、1キロあたりの価格は日本円にして数百円程度です。

マレーシアのスーパーで販売されているマンゴーと値段

スーパーの場合、マンゴーススはRM8〜9/kg程度、マンゴーファーランはRM12〜14/kg程度、ゴールデンフェニックスはRM20/kg前後、ゴールドリリーはRM25〜30/kgあたりの価格帯で販売しています。

日本円にすると、1キロあたりの価格は200円〜770円程度(2021年1月22日の為替レート、1MYR=25.64円で換算した場合)というイメージですが、価格は変動する上、エリアやスーパーによっても価格が異なるので、参考価格としてください。

また、市場や露店では1キロあたりRM5〜6や3キロでRM10などもっと安く購入できることもあります。

手作りしたマンゴーラッシー

マンゴーはそのまま食べる形が一番美味しいと感じていますが、ブレンダーでピューレ状にしたマンゴーにプレーンヨーグルトを加えてマンゴーラッシーにしても美味しいです。

インド料理を作った時に一緒に作って飲んだり、プレーンヨーグルトが余っている時によく作っています。

マンゴーラッシーはインド料理のレストランでよく提供されているドリンクですが、自宅で簡単に作れます。(ただ高いマンゴーを使うともったいないので、安いマンゴーで作る形がおすすめです。)

旬の時期
ハルマニスの収穫時期は4月〜6月。スーパーには輸入もののマンゴーも多く、1年を通して購入が可能。

ランサ / ドゥク / ドコン

マレーシアのランサ・ドゥク・ドコン
  • 英語名:Lanzones
  • 中国語名:-
  • マレー語名:Langsat / Duku / Dokong

東南アジア原生の果物であるLangsat(ランサ)Duku(ドゥク)、Dokong(ドコン)

ドリアン・マンゴスチン・ランブータンといった認知度の高いマレーシアのトロピカルフルーツと比較して、Langsat(ランサ)・ Duku(ドゥク)・Dokong(ドコン)という名前は聞いたことがない人の方が多いかもしれません。

さっぱりした甘さを持つ、とても美味しい果物です。

Duku・Langsat・Dokongも、ドリアンやマンゴスチンのようにシーズナルな果物なので、旬の時期に食べたい果物です。

ただ、どれもあまり日持ちせずいたみやすいので、一度に大量購入するよりも購入してから数日間内で食べ切れる分だけを都度購入する買い方がおすすめです。

旬の時期
メインシーズンは6月〜8月。11月〜2月ごろにも小シーズンあり。

❤︎Duku・Langsat・Dokongの特徴&違いはこちら↓↓↓

マレーシアのLandsat(ランサ)・ Duku(ドゥク)・Dokong(ドコン)の違い
マレーシアのスーパーで販売されている龍眼(ロンガン)

ちなみに上記画像は龍眼

ランサやドゥクはセンダン科に属する一方、龍眼はライチ&ランブータンと同じムクロジ科の植物の果実になります。

❤︎龍眼の詳細はこちら↓↓↓

龍眼(リュウガン/ロンガン)

ジャックフルーツ(パラミツ)

木になっているジャックフルーツ
  • 英語名:Jackfruit
  • 中国語名:波罗蜜(Bōluómì)、または菠蘿蜜
  • マレー語名:Nangka

ジャックフルーツ(パラミツ)はインドやスリランカが原産であると言われるフルーツです。

マレー語でNangka(ナンカ)と呼ばれている果物で、一度見たら忘れられないようなインパクトのある大きさがあります。

少しドリアンに似ているところがありますが、別のものになります。

ジャックフルーツはとにかく大きいので、ジャックフルーツをそのままの状態で販売しているケースはあまりなく、小分けにパックされたものがスーパーで販売されているケースが多いです。

ジャックフルーツ

ドリアンほど強烈な香りではありませんが、ジャックフルーツも独特の香りを放ちます。

味も食感もドリアンのようなクセはなく、甘くて食べやすい果物です。

コパラミツ

cempedak(チェンパダ )
Cempedak
  • 英語名:(英語でもマレー語のままCempedakと呼ぶ)
  • 中国語名:小波罗蜜(Xiǎo bōluómì)、または小菠蘿蜜、榴梿蜜(Liú lián mì)
  • マレー語名:Cempedak

ジャックフルーツ(Nangka)に非常に似た果物にCempedakというものがあります。

Cempedakは東南アジア原産の果物で、ジャックフルーツと比較すると、大きさはCempedakの方がやや小さめで、ねっとりとした食感をしています。

Cempedakは手頃なサイズ感のものもあるので、露店やスーパーでそのままの状態で販売されています。

Cempedakはそのまま食べるほか、衣をつけて揚げ物にして食べる形も定番です。

旬の時期
ジャックフルーツは1年を通じて購入が可能。Cempedakには旬がありメインは7月〜9月頃。11月〜2月にもシーズンあり。

❤︎Cempedakの詳細はこちら↓↓↓

マレーシアのcempedak(チェンパダ ・コパラミツ)

サワーソープ(サワーソップ)

Soursop
  • 英語名:Soursop
  • 中国語名:紅毛榴蓮(Hóngmáo liúlián)
  • マレー語名:Durian Belanda / Durian Mekah

見た目はドリアンに少し似ているところがあるSoursop。

中米や南米を原産とするSoursopですが、マレーシアでも栽培されているので、市場やスーパーで目にします。

半分にカットしたSoursop

Soursopは熟したものをそのまま食べても美味しいものの、ジュースにしても美味しくいただくことができます。

また、Soursopは抗酸化物質を豊富に含むことから、一部の人に注目されている果物でもあり、Soursopの葉をお茶にして飲んでいる人もいますが、科学的根拠が乏しいということでその効果を疑問視している専門家もいます。

旬の時期
1年を通じて購入が可能。

釈迦頭(しゃかとう)/ バンレイシ

釈迦頭
  • 英語名:Custard Apple / Sugar Apple
  • 中国語名:蕃荔枝(Fānlìzhī)
  • マレー語名:Buah Nona

仏像の頭のように見えることから釈迦頭として親しまれている果物です。

釈迦頭(アップルカスタード)

釈迦頭(しゃかとう)はSoursopと同じバンレイシ科の植物で、クリームのような独特の食感と強い甘みが特徴です。

赤釈迦頭(red custard apple)レッドアテス

果皮が赤っぽい紫色をした赤釈迦頭(レッドアテス)もあり、緑色の果皮をした一般的な釈迦頭と比較して珍しいものになります。

半分に割った赤釈迦頭(red custard apple)レッドアテス

フローラルで蜜のような香りに加え、砂糖のような甘さとカスタードのような食感があり、釈迦頭を一口食べてみると「カスタードアップル」や「シュガーアップル」と名付けられた理由がわかります。

旬の時期
1年を通じて購入が可能。

また、釈迦頭とチェリモヤをかけあわせた品種がアテモヤになります。

ポメロ(ブンタン)

文旦(ポメロ)
  • 英語名:Pomelo / Shaddock
  • 中国語名:柚子(Yòuzi)
  • マレー語名:Limau Bali(またはLimau TambunやLumau Abongなど)

東南アジア原生のポメロ。

グレープフルーツの「祖先」と言われる果物です。

マレーシアにはポメロの産地が色々なところにあり、なかでもイポー(Ipoh)が有名で、Tambun Pomeloが人気の品種になっています。(Tambunはペラ州にある地名で、ポメロの産地として有名な場所です。)

マレーシアの高速サービスエリアで販売されているポメロ

ポメロの産地に近い場所にある高速のサービスエリアでもポメロを販売している光景をよく目にします。

文旦(ポメロ)の皮

分厚い皮のなかにはグレープフルーツに近い見た目をした果実が入っています。

文旦(ポメロ)の果実

グレープフルーツほどの酸味がなく、あっさりした甘さを持つポメロ。

品種によって、白っぽい果肉、赤っぽい(オレンジ色)の果肉を持つものなど様々です。

台湾においてポメロは文旦という呼称で親しまれている果物で、日本ではザボン、ボンタン、ブンタンなどと呼ばれています。

旬の時期
8月〜10月。1月〜3月。通常、中秋節や春節の時期を前に目にすることが多くなる果物。

❤︎文旦の詳細や食べ方はこちら↓↓↓

台湾の文旦(ぶんたん)・ポメロ・柚子

レンブ

レンブ(Jambu Air)
  • 英語名:Rose Apple / Wax Apple / Honey Apple
  • 中国語名:蓮霧(Liánwù)
  • マレー語名:Jambu Air / Jambu Madu

シャリシャリとした瑞々しい食感を持つレンブ。

マレー半島原産のフルーツです。

その味は水分多め&糖度控えめの梨というイメージで、非常にあっさりしたテイストで、さらっと食べることができます。

レンブはパイナップル・Jicama(ヒカマ)・きゅうりなどの食材とプローンペーストをミックして作るペナンスタイルのRojak(ロジャッ)にもよく使われている素材です。

旬の時期
3月〜5月。8月〜11月ごろ。ただし、タイやインドネシアからの輸入品もあり、旬の時期以外でも購入可能。

チク(サポディラ・サポジラ)

普通のCiku(チク)とCiku King
  • 英語名:Sapodilla
  • 中国語名:人心果(Rénxīnguǒ)
  • マレー語名:Ciku

メキシコ原生と言われるチク。

大きなサイズのCiku Kingというものもあります。

その樹皮にラテックスを含むチクはチューインガムの原料としても知られています。

皮をむいて半分にカットしたチク(Ciku)

チクは一見「これ果物なの?」という風貌をしていますが、皮を剥いてみるとなかには深い甘みを持つ果実があります。

味は少しだけ琵琶や柿に似ていて、完熟したチクは黒糖のような濃厚な甘さがあります。

熟したチクは非常に美味しいものの、熟していないチクは非常に強い苦味を持つため、食べるタイミングに注意が必要です。

以前、少し青い状態で食べたことがあるのですが、苦い上、ラテックス(ゴム)のようなベタつく汁が出て喉が締めつけられるような感覚になり、とても飲み込めるようなものではなく、ちょっとしたトラウマ体験だったので、しっかり熟したものを食べることをおすすめします。

旬の時期
年に2回収穫の時期があるものの、1年を通してスーパーでよく見かける。

スネークフルーツ

スネークフルーツ
  • 英語名:Snake Fruit
  • 中国語名:蛇皮果(Shé pí guǒ)
  • マレー語名:Salak

インドネシア原生、東南アジアの様々な国で栽培されている、ヤシ科のスネークフルーツ。

鱗状になっている皮が蛇に似ていることからSnake Fruit(スネークフルーツ)と名づけられています。

ちょっと怖い見た目をしていますが、コリコリとした食感があり、甘くてフローラルな味と香りを持っています。

パッションフルーツ

パッションフルーツ
  • 英語名:Passion Fruit
  • 中国語名:百香果(Bǎixiāngguǒ)
  • マレー語名:-

甘酸っぱくて、コリコリとした歯応えのある食感を持つパッションフルーツ。

アメリカ大陸を原生とする果物です。

そのまま食べても美味しいものの、ヨールグルトに入れたり、パッションフルーツ・オリーブオイル・アップルビネガー・蜂蜜・塩胡椒を合わせて作るサラダドレッシングといったアレンジ方法もおすすめです。

ゴールデンパッションフルーツ
ゴールデンパッションフルーツ

パッションフルーツには皮が黄色味をおびたゴールデンパッションフルーツもあります。

ゴールデンパッションフルーツの方がやや甘くて美味しいと感じています。

旬の時期
1年を通じて購入可能。

アンブラ

アンブラ(kedondong)
  • 英語名:Ambarella
  • 中国語名:広東語で沙梨と呼ばれている
  • マレー語名:Kedondong

甘みがなく淡白、歯応えのある食感を持つアンブラ。

そのまま食べることもできますが、マレーシアにおいてアンブラはそのまま食べるよりもジュースとして口にする機会の方が多いです。

Ambra Assam Boi Juice(アンブラプラムジュース)
アンブラサワープラムジュース

それがアンブラサワープラムジュース。

マレーシアで定番の飲み物で、asam boi(酸梅・サワープラム)を加えていただく形が一般的です。

アンブラジュースは酸味があるものの、飲みやすいように砂糖が加えられています。

さっぱりしているので、脂っこい食事をする時に組み合わせる形がおすすめです。

旬の時期
1年を通じて購入が可能。

❤︎アンブラジュースのほか、ドリンクの詳細はこちら↓↓↓

マレーシアのTeh Tarik(テータリッ)

パパイヤ(パパイア)

パパイヤ(パパイア)
  • 英語名:Papaya / Pawpaw
  • 中国語名:木瓜(Mùguā)
  • マレー語名:Betik

メキシコ南部をはじめ、アメリカ大陸が原生と考えられているパパイヤ。

台湾では木瓜牛奶(パパイヤミルク)として、様々なドリンクスタンドや夜市で販売されている定番のドリンクですが、マレーシアではパパイアミルクはそれほどポピュラーではありません。

旬の時期
1年を通して購入が可能。

ドラゴンフルーツ(ピタヤ)

赤と白のドラゴンフルーツ
  • 英語名:Dragon Fruit / Pitaya
  • 中国語名:火龍果(Huǒlóngguǒ)
  • マレー語名:Buah naga

サボテン科に属する植物の果実であるドラゴンフルーツ(ピタヤ)。

メキシコや中南米原産の果物ですが、マレーシアでも栽培されています。

コロンと丸みを帯びた形状は赤のドラゴンフルーツシュッと細長い形をしているものが白のドラゴンフルーツになります。

赤の方が甘みが強く、白いドラゴンフルーツはあっさりした甘みを持っています。

レッドドラゴンフルーツはパイナップル、キウイ、レモンなど酸味のあるものと組み合わせてスムージーにすると美味しいです。

エクアドル産のイエローピタヤ
エクアドル産のイエローピタヤ

ピタヤには赤と白以外に、イエローピタヤと呼ばれる黄色いものもあります。

マレーシアのスーパーなどで取り扱っているドラゴンフルーツは赤または白が大半ですが、エクアドルなど南米産のイエローピタヤを販売しているお店も一部あります。

旬の時期
赤と白のドラゴンフルーツは1年を通じて購入が可能。

タマリンド(アッサムジャワ)

タマリンド(アッサムジャワ)
  • 英語名:Tamarind
  • 中国語名:羅望子(Luówàngzǐ)
  • マレー語名:Asam Jawa

アフリカの熱帯エリアが原産とされ、世界の熱帯エリアおよび亜熱帯エリアで栽培されているタマリンド。

普通に食べる果物ではありませんが、インド料理に加え、マレーシアの料理に欠かせない食材がタマリンドの果実です。

Asam Laksa(アッサムラクサ)、Asam Pedas(アッサムプダス)、Asam Prawn(アッサムプローン)、Acar(アチャー)をはじめ様々な料理の酸味づけに使います。

また、チャツネを作ったり、スパイスでカレーを作る際に、トマトの酸味が足りないな…という時に味のアクセントとして使うこともできます。

マレーシアのスーパーでは生のタマリンドのほか、外皮を取り除いた種つきのもの、さらにそこから種を取り除いたペースト(ピューレ)状のアッサムジャワが販売されています。

旬の時期
1年を通じて購入が可能。(タマリンドペーストがスーパーで販売されている)

アッサムラクサはペナンで食べる方がおすすめですが、クアラルンプールエリアで食べるなら、下記の記事で紹介しているお店がおすすめです↓↓↓

AH CHENG LAKSAのアッサムラクサ

ココナッツ(ヤシの実)

ココナッツジュース
  • 英語名:Coconut
  • 中国語名:椰子(Yēzi)
  • マレー語名:Kelapa

ココナッツオイル・ココナッツジュース・ココナッツミルク・ココナッツフレークなど、様々な形で活用されるココナッツ(ヤシの実)。

ココナッツジュース(ココナッツウォーター)

熟していないココナッツはココナッツジュースとして飲んだり、白い部分のコリコリした固形胚乳をそのまま食べます。(スプーンでくり抜いて食べることができます。)

ココナッツジュースは飲食店で提供されているほか、市場や露店、スーパーでも購入できます。

スーパーで販売されているココナッツジュース
スーパーで販売されているココナッツジュース

冷蔵庫でキンキンに冷やして飲むココナッツジュースは最高に美味しいです。

一方、熟したココナッツはココナッツミルクとして活用され、ココナッツミルクはカレーやココナッツライスのNasi Lemakなどの料理、クエ(ローカルのお菓子)に使われます。

❤︎ココナッツの詳細はこちら↓↓↓

マレーシアのココナッツ

旬の時期
1年を通じて購入が可能。

スターフルーツ

スターフルーツ
  • 英語名:Star Fruit / Carambola
  • 中国語名:楊桃(Yángtáo)
  • マレー語名:Belimbing

カットすると断面が星に見えるスターフルーツ。

「甘くて美味しい!」というよりも、どちらかと言うと淡白で酸味を持ちます。

そのまま食べることができるほか、ホーカーセンターなどに行くと、スターフルーツジュースとして提供しているところもあります。

旬の時期
4月〜6月、10月〜12月ごろ。

グアバ

グアバ
  • 英語名:Guava
  • 中国語名:芭樂(Bālè)
  • マレー語名:Jambu Batu

メキシコ南部や中央アメリカや南アメリカの北部、カリブ海原産だと言われているグアバ。

熱帯や亜熱帯エリアで栽培されているトロピカルフルーツです。

グアバは皮ごと食べることができます。

グアバにはピンク色をしたピンクグアバもあり、ジュースにすると美味しいです。

マレーシアには珍しいグアバとして、白でもピンクでもない赤いグアバのRed Malaysian Guavaもあります。

旬の時期
ピークは1月〜3月および10月〜12月であるものの、1年を通じて購入が可能。

バナナ

マレーシアのバナナ
  • 英語名:Banana
  • 中国語名:香蕉(Xiāngjiāo)
  • マレー語名:Pisang

色々な種類のバナナがあり、そのまま食べるものから料理用のバナナもあります。

Pisang Goreng(ピサンゴレン)に使われるバナナには、Pisang RajaやPisang Abu、Pisang Tandukなど色々なものがありますが、甘みの強いPisang Raja(ピサンラジャ)を使ったピサンゴレンが美味しいと感じています。

❤︎Pisang Rajaを使ったピサンゴレンが食べれるお店の詳細はこちら↓↓↓

マレーシアのPisang Goreng(ピサンゴレン)
旬の時期
1年を通じて購入が可能。

スイカ

Black Beauty Watermelon(ブラックビューティーウォーターメロン)
  • 英語名:Watermelon
  • 中国語名:西瓜(Xīguā)
  • マレー語名:Tembikai

原産はアフリカであると考えられているスイカ。

マレーシアにおいて様々な品種が栽培されています。

また、マレーシアのスイカはとても安いので、フレッシュフルーツジュースに使われる定番の果物です。

上記画像のスイカはBlack Beauty Watermelon(ブラックビューティーウォーターメロン)。

中国語で黑美人西瓜と呼ばれているもので、一般的なスイカと比較して黒色が強めの濃い緑色をしていて、やや小ぶりでラグビーボールのような楕円形をしているところが特徴です。

一般的なスイカとブラックビューティーウォーターメロンの比較

左側が一般的なスイカ、右側にあるものが黑美人西瓜。

旬の時期
1年を通じて購入が可能。

パイナップル

マレーシアで販売されているパイナップル
  • 英語名:Pineapple
  • 中国語名:マレーシアでは黄梨(Huánglí)<*台湾では鳳梨、中国&香港では菠蘿と呼ぶ>
  • マレー語名:Nanas

パイナップル=Dole(ドール)というイメージがあるものの、マレーシア産のパイナップルにはSarawakJosapineをはじめ色々な品種があります。

旬の時期
1年を通じて購入することが可能。

そのほかのフルーツについて

中国原生のライチ

ランブータンと同じムクロジ科に属するものの、マレーシアの気候がライチの栽培に適していないことから、ライチと言うとスーパーで販売されている缶詰商品が主流です。

ライチの缶詰
ライチの缶詰

春節の時期あたりになると、中国からの輸入ものの生のライチを見かけることがあります。

オーストラリア産のライチもあります。

まとめ:南国フルーツが安くて美味しいマレーシア

旬の時期に食べる果物の美味しさは格別です。

特に6月〜8月は、マレーシアならではの南国フルーツがたくさん登場する時期で、美味しい旬の果物が堪能できる楽しいシーズンになります。

以上、マレーシアの果物についての紹介でした!

❤︎マレーシアのスーパーの詳細はこちら↓↓↓

マレーシアのスーパー

運動不足が気になる人おすすめ!
便利なオンラインサービス

自宅でプロのヨガレッスンを受けることができるオンラインフィットネスのSOELU(ソエル)。
インストラクターとオンラインで繋がり、臨場感あるヨガレッスンを受けることができます。

❤︎トライアルレッスンの詳細はこちら↓↓↓