9/15発売!Etvos(エトヴォス)のベストセラーがつまった新お試しセットの詳細はこちら

【コパラミツ】ジャックフルーツみたい?!Cempedakの食べ方

マレーシアのcempedak(チェンパダ ・コパラミツ)

ジャックフルーツ(パラミツ)によく似た果物のCempedak(コパラミツ)

見た目や香りはジャックフルーツに類似しているところがあるものの、Cempedak(チェンパダ)はジャックフルーツとは異なる味と食感を持つ果物です。

この記事ではCempedakの概要と食べ方についてご紹介します。

コパラミツ(Cempedak)とは?

マレーシアで購入したコパラミツ・cempedak(チェンパダ)

東南アジア原産のCempedak(チェンパダ)。

マレーシアのほか、タイやインドネシアなど東南アジア諸国で親しまれている果物です。

ジャックフルーツ(パラミツ)と同属の植物になり、パラミツよりやや小さいサイズであることから、日本語でコパラミツと呼ばれています。

ちなみに、ジャックフルーツ(パラミツ)の中国語名は波罗蜜菠蘿蜜

一方、Cempedak(コパラミツ)は中国語で小波罗蜜小菠蘿蜜(または榴槤蜜)。

中国語でも「小」というサイズ感を表す文字を使ってCempedakを表現しています。

Cempedakの発音

Cempedakをそのまま読むとチェンぺダックになりますが、語尾のkの音は発音しません

マレー語であるCempedakの発音をカタカタで表現すると、チェンパダ(チェンパダッ)、チェンペダ、チャンパダ…などになりますが、日本語の母音にはない音があるのでどれも正確とは言い難いものの、強いて言えばチェンパダ(チェンパダッ)という音が本来の発音に近いです。

コパラミツの果皮はベタベタする

ベタベタするコパラミツcempedak(チェンパダ)の果皮

Cempedak(チェンパダ)の果皮の表面はベタベタしています。

一旦素手で果皮を触ると、手洗いしてもしばらくネチネチ感が取れないくらい、べたつきます。

また、Cempedak(チェンパダ)の表面はゴツゴツしているように見えますが、ドリアンのように鋭いトゲがあるわけではないので、素手で触っても痛くありません。

コパラミツ・cempedak(チェンパダ )に入れた切り目から見えるチェンパダの実

Cempedak(チェンパダ)の実。

オレンジ色のコパラミツ・cempedak(チェンパダ)の実

黄色のほか、オレンジ色のCempedak(チェンパダ)もあります。

Cempedak(チェンパダ)の実のなかには種が入っています。

コパラミツの味(美味しい?まずい?)

コパラミツ・cempedak(チェンパダ )の実

Cempedak(チェンパダ)はどんな味?

…と聞かれた時に、その味を表現することは難しいものがありますが、ジャックフルーツ+バナナ+マンゴー+ドリアンをかけ合わせたような果物です。

食感はドリアンのようなねっとり感、ジャックフルーツのような花の蜜を思わせるフローラルな香り、完熟した甘みの強いバナナとマンゴーをミックスした濃厚な味…です。

そして蜂蜜のような強い甘みを持ちます。

Cempedakは中国語で榴槤蜜と呼ばれることもあり、ドリアンを意味する「榴槤」、蜂蜜を意味する「蜜」という言葉が使われている通り、ドリアンのような食感を持つ蜂蜜のように甘い果物…とも言えます。

また、Cempedak(チェンパダ)は繊維質が多めで、生のまま食べる時は少し食べにくいと感じることがあります。

ジャックフルーツ(パラミツ)とコパラミツの違い

ジャックフルーツ(パラミツ)
ジャックフルーツ

ジャックフルーツと似ていると言われるCempedak(チェンパダ)ですが、明確な違いは大きさ(サイズ)。

世界最大の果実と言われるジャックフルーツは、大きいもので長さ70cmになるものもあり、とにかく巨大な果物です。

一方、Cempedak(チェンパダ)は15cm程度の小さなものから30cm程度のサイズ感で、ジャックフルーツと比較すると全体的に小さいサイズになります。

コパラミツ・Cempedak(チェンパダ )とジャックフルーツ(パラミツ)の比較
チェンパダとジャックフルーツの比較

食感に関しては、ジャックフルーツはベタつくことなくしゃっきりしている一方、Cempedak(チェンパダ)はねっとりした食感が特徴です。

甘みに関しては、Cempedak(チェンパダ)の方が上で、濃厚な甘みを持っています。

コパラミツ(チェンパダ)の食べ頃と見分け方

熟して黄色味がかった色をしているコパラミツ・cempedak(チェンパダ )

指で軽く「コンコン」と果皮を叩いて確認する方法もありますが、簡単な食べ頃の見分け方(チェックポイント)は、

  1. 果皮の色味
  2. 感触
  3. 香り

…この3つです。

Cempedak(チェンパダ)は熟すと果皮が緑色から黄色っぽく変化します。

そのため、果皮の色味が緑色がかった黄色になっていたら、熟しているサインになります。

また、Cempedak(チェンパダ)は熟すと表面が柔らかくなり、フローラルな香りを発するようになるので、感触と香りをチェックしてみてください。

コパラミツの食べ方(皮の切り方&剥き方)

コパラミツ・cempedak(チェンパダ )の食べ方(開け方&切り方)

Cempedak(チェンパダ)の食べ方はあまり難しくなく、包丁を使って切れ目を入れて開けるだけです。

深く切れ込みを入れると、なかに入っている実までカットしてしまうため、あまり深く切れ込みを入れる必要はありません。

切れ込みを入れたら、あとは切れ込みに沿って、手を使って割るようにして開けます。

少し力がいりますが、ドリアンほどかたくないので、開けるのは簡単です。

コパラミツ・cempedak(チェンパダ )を開けたところ

切れ目に沿って開けたら、そのまま開けることができるところまで皮を押していきます。

両方の皮を180度のラインにもっていくイメージです。

コパラミツ・cempedak(チェンパダ )の実がついている軸

Cempedak(チェンパダ)の内部にがあるので、この軸を果皮から取り出すように優しく引っ張っていきます。

コパラミツ・cempedak(チェンパダ )の実を取り出したところ

軸を取り出した後の果皮。

皮から取り出したコパラミツ・cempedak(チェンパダ )

軸を引っ張ると、上記画像のように軸つきのCempedak(チェンパダ)丸ごと取り出すことができます。

軸から実を取って、タッパーなどの保存容器に入れて完了です。

果皮から取り出した後のCempedak(チェンパダ)は冷蔵庫で保存します。

マレーシアで定番の食べ方はCempedak Goreng

マレーシアのcempedak goreng(チェンパダ ゴレン)
Cempedak Goreng(チェンパダ ゴレン)

マレーシアにおいて、Cempedak(チェンパダ)はフレッシュな状態でそのまま食べる…という方法以外に、衣をつけて油で揚げるCempedak Goreng(チェンパダ ゴレン)が定番人気です。

サクサクの衣に、Cempedak(チェンパダ)の果肉の甘みの強いねっとりした食感がマッチして、非常に美味しいです。

種まで食べることができるコパラミツを揚げたcempedak goreng(チェンパダ ゴレン)
種まで食べることができるCempedak Goreng

生のCempadakの種は食べれませんが、油で揚げたCempedak Goreng(チェンパダ ゴレン)は種まで食べることができます。

Cempedak Goreng(チェンパダ ゴレン)は自宅でも作れますが、揚げバナナのPisang Goreng(ピサンゴレン)を販売しているお店で購入する形が簡単です。

チェンパダの旬の時期になると、普段ピサンゴレンを販売しているお店がCempedak Goreng(チェンパダ ゴレン)を売り出すようになります。

ピサンゴレンはいつでも食べることができますが、Cempedak Goreng(チェンパダ ゴレン)は旬の時期だけ食べることができるものであるため、ちょっとした特別感があります。

❤︎ピサンゴレンの詳細はこちら↓↓↓

マレーシアのPisang Goreng(ピサンゴレン)

種に火を通すと食べることができる

コパラミツ・cempedak(チェンパダ )の種
火を通す前のチェンパダの種

Cempedak Goreng(チェンパダ ゴレン)は種まで食べることができる…と記載しましたが、生のCempedak(チェンパダ)を購入した時も、残った種をオーブンやエアフライヤー(ノンフライヤー)に入れて火を通せば食べることができます。

オーブンでローストしたコパラミツ・cempedak(チェンパダ)の種
火を通した後のチェンパダの種

火を通したCempedak(チェンパダ)の種は、ホクホクとした甘み控えめの栗のような食感になります。

例えるなら、栗よりも菱角の味と食感にすごく似ています

菱角
菱角

菱角が好きという場合は、Cempedak(チェンパダ)の種も美味しいと感じるはずです。

コウモリのような黒い食べ物の菱角(リンジャオ)

Cempedakは”花びら”も食べることができる

コパラミツ・cempedak(チェンパダ )を取り出した後の果皮と軸

実を取り除いたあとのCempedak(チェンパダ)。

もう食べるところはないように思えますが、実を覆い囲むようにある「花びら」の部分も食べることができます。

コパラミツ・cempedak(チェンパダ )の実のほかに食べることができる部分

これが「花びら」のような部分。

全て食べることができるわけではなく、熟した部分を食べます。

コパラミツ・cempedak(チェンパダ )で作ったサラダ

「花びら」の部分はそのまま食べても美味しいものの、個人的に好きで作っている簡単なアレンジとしてはサラダ

マンゴーサラダのような感覚で食べることができます。

バジルやミントなどのハーブ、そしてバルサミコ酢ベースのドレッシングとよく合います。

上記画像にあるピンク色のものはペナンアッサムラクサなどに使う素材のジンジャーフラワー。

Cempedak(チェンパダ)をサラダとして食べる時は、アクセントとしてジンジャーフラワーを入れても美味しいです。

食べにくい?そんな時はペーストに(アレンジレシピ)

コパラミツ・cempedak(チェンパダ )のペースト
ペースト状にしたCempedak

Cempedak(チェンパダ)は繊維質が多いため、生の状態で食べる時は飲み込みにくい…と感じることがあるかもしれません。

そんな時は種を取り出した上でハンドブレンダーを使ってペーストにすると、口あたりが滑らかになり食べやすくなります。

コパラミツ・Cempedak(チェンパダ )のペーストで作ったオートミール
オートミール+Cempedakペースト

このペーストをオートミールに添えたり、プレーンのヨーグルトにかけて食べたり、お菓子作りにも活用できます。

Lassi(ラッシー)にしても美味しい

cempedak(コパラミツ )で作ったLassi(ラッシー)
Cempedak Lassi

Cempedak(コパラミツ)のペーストに、プレーンヨーグルトと牛乳を加えて作るLassi(ラッシー)もアレンジレシピとしておすすめです。

マンゴーラッシーバナナラッシーのように美味しく飲むことができます。

プレーンヨーグルトを加えることでCempedak(コパラミツ)の甘さが中和されるので、Cempedak(コパラミツ)が甘過ぎる…と感じた時のおすすめアレンジレシピです。

ブレンダーのなかに氷を入れて、シェイク風にしても美味しいです。

ケーキやアイスクリームにしても美味しい

コパラミツ・Cempedak(チェンペダ)のペーストで作ったケーキ
Cempedakを使った焼き菓子

購入したものの消費しきれない…というケースが多いCempedak(チェンパダ)。

そんな時はお菓子作りに活かす方法もおすすめです。

ペースト状にしたCempedak(チェンパダ)を使い、バナナケーキのような感覚で、焼き菓子にしても割と美味しく食べることができます。

Cempedak(チェンパダ)自体の甘みがかなり強いので、砂糖なしで甘いケーキに仕上がります。

ただ、香りが強いので、バナナケーキよりも味に癖がある仕上がりになります。

アイスクリームにしても美味しいです。

まとめ

Cempedak(チェンパダ)はやや癖のある果物ですが、フローラルな香りと濃厚な甘さが魅力のフルーツです。

丸ごと1つ購入するには量が多い…という場合は、Cempedak Goreng(チェンパダ ゴレン)から試してみる形がおすすめです。

以上、マレーシアのCempadak(チェンパダ)についての紹介でした!  

❤︎トロピカルフルーツ特集はこちら↓↓↓

マレーシアで購入できるトロピカルフルーツ(南国フルーツ)の種類と一覧

運動不足が気になる人おすすめ!
便利なオンラインサービス

自宅でプロのヨガレッスンを受けることができるオンラインフィットネスのSOELU(ソエル)。
インストラクターとオンラインで繋がり、臨場感あるヨガレッスンを受けることができます。

❤︎トライアルレッスンの詳細はこちら↓↓↓