ペナンの福建麺ホッケンミー/蝦麺プローンミーとは?

ペナン福建麺(ホッケンミー)/蝦麺(プローンミー)

ペナンを代表するグルメの福建麺(ホッケンミー)

蝦麺(プローンミー)とも呼ばれる福建麺は、エビの旨みが凝縮したスープが美味しい麺料理です。

この記事では、クアラルンプールの福建麺(福建炒麺)との違いにも触れつつ、ペナンの福建麺/蝦麺について紹介します。

ペナンの福建蝦麺とは?

福建蝦麺

ペナンの福建麺(Hokkien Mee/ホッケンミー)

蝦麺福建蝦麺などの呼称があるほか、英語ではPrawn Mee(プローンミー)という表現が使われています。

福建蝦麺という表記を使っているペナンにあるホッケンミーのお店

ペナンにある福建麺のお店の看板では「福建蝦麺」という名称を使っていることが多いものの、ペナンのローカルの人は、シンプルに「福建麺(ホッケンミー)」と呼ぶことが一般的です。

ホッケンミー(プローンミー)に使われる具材

ペナン福建麺(ホッケンミー)/蝦麺(プローンミー)の具材

ペナン福建麺(ホッケンミー)に使われる具材は、

  • エビ
  • 豚肉のスライス
  • 空芯菜
  • もやし
  • 茹で卵
  • フライドシャーロット

…が定番です。

麺には、唐辛子ペーストのSambal Sauce(サンバルソース)が添えられていて、これで辛さの調整をすることができます。

福建麺(ホッケンミー)の美味しさの決め手はスープ

エビの出汁が効いているペナン福建麺(ホッケンミー)

福建麺(ホッケンミー)の美味しさを決めるスープ

福建麺(ホッケンミー)のスープは、海老と豚がベースになっています。

補足

ハラールの飲食店で提供される福建麺は、豚肉が使えないことから鶏肉を使っていますが、一般的な福建麺は骨付きのバラ肉(スペアリブ)を出汁に使っています。

ペナンの福建麺(プローンミー)

スープベースのなかでも重要なポイントとなるのが海老の出汁

海老の頭と殻の部分を出汁に使います。

海老が入っているペナン福建麺(プローンミー)

美味しい福建麺は、エビの旨みをしっかり感じることができるテイストに仕上がっています。

ペナン福建麺のデフォルトはビーフンミー

ビーフンミーを使っているペナン福建麺

福建麺(ホッケンミー)は、

  • 米粉(Bihun/ビーフン)
  • 麺(Mee/ミー)

…という2種類の麺を使うことが一般的です。

米粉(Bihun)はライスヌードル、麺(Mee)はイエローヌードルになります。

通常はこの2種類の麺をミックスした、ビーフンミーがデフォルトです。

そのため、注文時に「ビーフンミー?」とお店の人に聞かれることが多く、これはビーフンとミーをミックスして作って良いか確認する質問になります。

もちろん、ビーフンのみ、ミーのみという注文も可能なので、好みに合わせて麺を選ぶことができます。

福建麺(蝦麺)に使う麺のユニークなバリエーション

ビーフンミーが福建麺(蝦麺)の基本ではあるものの、お店によって選べる麺の種類に色々なバリエーションがあるケースがあります。

インスタント麺

インスタント麺が使われたペナン福建麺(ホッケンミー)

Maggi Mee(マギーミー)などのインスタント麺を使った福建麺(蝦麺)。

滷麵と福建麺のミックス

ペナン福建麺と滷麵(Lor Mee/ローミー)をミックスした麺

ペナンにある福建麺を販売しているお店のなかには、福建麺と一緒に滷麵(Lor Mee/ローミー)を販売していることが割と多い傾向にあります。

このタイプのお店では、福建麺と滷麵をミックスして注文できるケースがあり、双方の美味しさを堪能することができます。

雲呑麺の麺を使った福建麺(蝦麺)

雲呑麺の麺を使ったペナンホッケンミー

福建麺(蝦麺)と雲呑麺を一緒に販売しているお店では、雲呑麺に使う麺を福建麺(蝦麺)に入れて注文できます。

ただ、どちらかと言うと福建麺と滷麵の組み合わせの方が数としては多めで、福建麺と雲呑麺のケースは少なめ…という印象があります。

クアラルンプールのホッケンミー(福建炒麺)との違い

クアラルンプールの福建麺
金蓮記の福建麺

ペナンで「福建麺」というと、スープ麺の蝦麺を意味しますが、クアラルンプールでは、上記画像にある福建炒麺を指すことが一般的です。

福建炒麺は、ダークソイソースなどを使って炒める麺料理になります。

ペナンの福建麺とクアラルンプールの福建麺、どちらも「福建麺」という同じ言葉を使っていますが、それぞれ異なる料理になります。

クアラルンプールの金蓮記(Kim Lian Kee)

金蓮記(Kim Lian Kee)

クアラルンプールで福建炒麺が有名なお店と言えば、金蓮記(Kim Lian Kee)

創業1927年の金蓮記(Kim Lian Kee)は、福建省からクアラルンプールに移住した王金蓮(Ong Kim Lian)さんが開いたお店で、福建炒麺は王金蓮さんが考案したと言われる料理になります。

クアラルンプールのチャイナタウンにあるお店が有名です。

❤︎チャイナタウンの詳細はこちら↓↓↓

クアラルンプールのチャイナタウン(Petaling Street)

クアラルンプールにおけるペナン福建麺の呼び方

クアラルンプールでは、ペナン福建麺のことをHar Mee(ハーミー)と呼ぶことが一般的です。

Har Mee(ハーミー)の、Har(ハー)は広東語で蝦を発音した時の音になります。(ちなみに、標準中国語での蝦麺の発音はXiā miànになります。)

また、クアラルンプールでペナン福建麺であることを強調する場合は、ペナンを意味する中国語の「檳城」という言葉をつけて、檳城福建麺檳城蝦麺(簡体字の場合の表記は槟城虾面)などの表記が使われていることが多いと言えます。

まとめ

美味しい福建麺(ホッケンミー)のお店が多いペナン。

ペナンで食べる蝦麺(プローンミー)は格別に美味しいので、ペナンを訪れる機会があれば、ぜひ現地で食べてみてください。

以上、ペナンの福建麺/蝦麺についての紹介でした!


運動不足が気になる人おすすめ!
便利なオンラインサービス

自宅でプロのヨガレッスンを受けることができるオンラインフィットネスのSOELU(ソエル)。
インストラクターとオンラインで繋がり、臨場感あるヨガレッスンを受けることができます。

❤︎トライアルレッスンの詳細はこちら↓↓↓