使わなきゃ損!台湾旅行にお得なサービスはこちら>>

【Kuih Kapit】軽やかでサクサク!マレーシアのラブレタークッキー

マレーシアのKuih Kapit(クエカピッ)ラブレタークッキー

ココナッツミルクと卵の優しい味がするマレーシアのKuih Kapit

紙のように薄い生地が特徴の軽やかなサクサク&ホロホロ食感のクッキーです。

この記事ではマレーシアのKuih Kapit(別名:ラブレタークッキー)について紹介します。

マレーシアのKuih Kapit(クエカピッ)

サクサク&ホロホロ食感のマレーシアのKuih Kapit(クエカピッ)ラブレタークッキー

米粉やタピオカ粉に、ココナッツミルク、卵、砂糖を加えて作るクッキーのKuih Kapit

クッキーを口に入れると、サクサクの生地がホロホロッと崩れ落ちる繊細な食感を持つお菓子です。

マレーシアにおいて、Kuih Kapit(クエカピッ)は春節(旧正月)の時期に食べるクッキーの1つとして知られています。

Kuih Kapitの語源と発音(クエカピッまたはクエカピット?)

Kuih KapitのKuih(クエ)は福建語や潮州語の「粿」が元になっている言葉でスナックやお菓子を意味します。(マレー語でも同じ意味でクエという言葉を使います。)

Kapit(カピッ)は、プレス(Press)するという意味を持つマレー語で、生地を型に入れ押し挟んで作るKuih Kapitの製造方法から名付けられた名称になります。

Kapitの発音については、カピッまたはカピットになりますが、日本語でカピットという時のように、はっきり「ト」と発音するのではなく、tの音は軽く発音するイメージです。

カピッという音の方が近いかもしれません。

マレーシアのKuih Kapitの起源

Kuih Kapitの起源はオランダマラッカを植民地化していた17世紀頃。

オランダのウエハースのレシピを元に、米粉やタピオカ粉、ココナッツミルクなどマレーシアのローカル素材を活用してKuih Kapitが作られるようになった…という説が有力です。

❤︎マラッカの歴史を学びたい時におすすめのスポットはこちら↓↓↓

マラッカのStadthuys(スタダイス)

インドネシアやフィリピンにもKuih Kapitに類似したお菓子がある

マレーシアではKuih Kapitという呼び名が一般的ですが、Kuih SepitやKuih Belandaなどという名称もあります。

Kuih BelandaのBelandaはマレー語やインドネシア語でオランダを意味します。

インドネシアやフィリピンなどにも、Kuih Kapitに類似したお菓子があり、インドネシアではKue Semprongと呼ばれています。

フィリピンのお菓子はスペインのBarquilloというエッグロールが元になっていて、スペインがフィリピンを植民地化していた時に伝わったと言われています。

Kuih Kapitがラブレターと呼ばれる理由

マレーシアにおいて、Kuih Kapitは英語でLove LettersまたはLove Letter Cookies(Love Letter Biscuits)と呼ばれることも一般的です。

その昔、恋人たちがKuih Kapitのなかに恋心を綴ったメモ(ラブレター)を入れ、愛を伝えるやりとりをする道具として使っていたため、ラブレターと呼ばれるようになったという言い伝えがあります。

恋人たちが恋文を入れて使っていたマレーシアのKuih Kapit(クエカピッ)ラブレタークッキー

現在ではラブレターを入れる…という習慣はありませんが、恐らくKuih Kapitの隙間に小さなメモを入れていたのでは…と思います。

フォーチュンクッキー
フォーチュンクッキー

小さな紙切れが入っているクッキーと言えば、Fortune Cookies(フォーチュンクッキー)を思い浮かべる人がいるかもしれません。

ただ、Kuih Kapitとフォーチュンクッキーは異なるものになります。

フォーチュンクッキーはおみくじが入っているビスケットで、アメリカの中華レストランで提供されることが多いクッキーですが、その起源は日本であると言われています。

伝統的なKuih Kapitの作り方

Kuih Kapit専用の型(モールド)に生地をつけて焼き、温かいうちに折りたたんで作ります。

ペナンにあるKuih Kapitのストリートアート

上記画像はペナンにあるストリートアートの1つで、Kuih Kapitを焼いている様子を表した壁画になります。(上記の壁画には本物の型が使われています。)

子供が手にしているものがKuih Kapitの型(モールド)で、片方の型の表面に生地をつけたのち、もう片方の型で生地をプレスして焼き上げていきます。

❤︎ペナンのストリートアートの詳細はこちら↓↓↓

ペナンのストリートアート(boy on a bike)

炭火を使う伝統製法

伝統的な製法では炭火を使います。

今でも伝統製法にこだわって炭火を使って作られているKuih Kapitがあります。

扇状のKuih Kapit(クエカピッ)ラブレタークッキー
扇状のKuih Kapit

焼き上げたKuih Kapitは、型から外したのち、熱いうちに半分に扇の形に折り畳みます。

葉巻の形をしたロール型のKuih Kapitもある

Kuih Kapitの主要な形態は扇状ですが、葉巻状のものもあります。

イメージとしては香港やマカオなどによくあるエッグロールや、日本のお菓子で言うとヨックモックのシガールのような形状です。

まとめ

軽やかな食感のKuih Kapit。

小麦粉やバターを使ったお菓子のような重たさがなく、ココナッツミルクと卵の風味を堪能できる美味しいクッキーです。

以上、マレーシアのKuih Kapitについての紹介でした!

❤︎お正月のお菓子特集はこちら↓↓↓

マレーシアの春節(中国旧正月)チャイニーズニューイヤーに食べるクッキー

❤︎伝統菓子の詳細はこちら↓↓↓

マレーシアの伝統菓子(クエ)の種類と特徴
シェアしてくれると嬉しいです↓↓↓

クリスマス&年末年始はもうすぐ!


agodaならお得な料金でホテル予約ができます。