自宅で簡単に取り組める!【オンラインフィットネス特集】>>

スタダイスStadthuys|マラッカの歴史と民族について学ぶことができる博物館

マラッカのStadthuys(スタダイス)

マラッカのオランダ統治時代に作られたStadthuys(スタダイス)

かつてオランダ総督官邸および行政活動を行う市政府(役場)として機能していた場所ですが、現在は博物館としてマラッカの歴史や民族について包括的に学ぶことができるスポットになっています。

一つ一つの展示物にじっくり目を通していると、「一日過ごせるのでは…」と思うくらい情報量が多く、数々の国による占領・統治という激動の歴史、そしてマラッカのユニークな文化や民族についてたっぷり学ぶことができます。

この記事ではスタダイスの概要・歴史、および博物館の見所についてご紹介します。

スタダイス(Stadthuys)の概要

マラッカにあるStadthuys(スタダイス)と時計台

オランダ広場にある時計台の後方にどっしりと構えるスタダイス(Stadthuys)

 

スタダイス(Stadthuys)の意味

「Stadthuys」という単語を見ると、「何て読むの?」「何語?」と疑問に持つ方が大半であると思います。

Stadthuysはオランダ語になり、英訳するとTown Hall(タウンホール)City Hall(シティホール)、つまり行政機関である市役所(役場)を意味します。

 

もともとは赤レンガ色ではなかった

赤レンガ色のStadthuys(スタダイス)の階段

スタダイス(Stadthuys)の象徴である赤レンガ色。

しかしながら、これは1820年代に塗りかえられたものとされています。

もともとは白色だった建物を特徴的な赤色に塗りかえたのち、スタダイス(Stadthuys)は“Red Building(レッドビルディング)”としても知られるようになりました。

ちなみに、スタダイス(Stadthuys)のすぐ近くにあるキリスト教会も、建立時はホワイトカラーだったと言われています。

 

♥キリスト教会の詳細はこちら↓↓↓

マラッカのキリスト教会(Christ Church Melaka))

本当は真っ白だった!マラッカのキリスト教会【概要&アクセス情報】

スタダイス(Stadthuys)の歴史

スタダイス(Stadthuys)の博物館にあるスタダイスの概要

スタダイス(Stadthuys)の歴史について、博物館内に展示されている情報をもとに紹介します。

 

オランダ領時代に作られたスタダイス(Stadthuys)

スタダイス(Stadthuys)が建設されたのは1650年代

当初は4階建てのつくりで、18世紀初頭までオランダ総督が実際に暮らした官邸であり、1824年まではオランダの行政オフィスとして使われていました。

*Wikipediaの記述によるとスタダイス(Stadthuys)の建設年は1650年になっていますが、博物館内にある概要には1650sとなっているため、ここでは1650年代としています。

 

イギリス領時代にも行政センターとして使われた

英蘭協定によりマラッカの主権が正式にオランダからイギリスに渡った1824年以降も、イギリスによって行政センターとして使われていたスタダイス(Stadthuys)。

イギリス統治時代には何度か建物の改築が行われたものの、オランダの建築様式(大きな窓やドアがあるレンガ作りの壁など)はそのまま残されることになりました。

 

スタダイス(Stadthuys)が博物館へ

イギリスによる海峡植民地化や第二次世界大戦を経て、マラヤ連邦が独立したのが1957年。

1979年まではスタダイス(Stadthuys)が州政府のセンターとして使われていたものの、1982年に博物館化されています。

 

マレーシア政府による保全・修復工事

1985年からはマレーシア政府によるスタダイス(Stadthuys)の保全工事が実施され、4年という月日をかけてスタダイス(Stadthuys)の修復を行っています。

この時にいくつかの井戸が見つかったほか、アンティーク品も発見されています。

 

博物館の入場料金

スタダイス(Stadthuys)の階段を登った先にチケットカウンターがあるので、こちらでチケットを購入することができます。

 

入場料金

Stadthuys(スタダイス)にある博物館の料金表

入場料金は以下の通り。

  • 大人:RM12.00
  • 子供(7-12歳):RM6.00
  • 6歳以下は無料

マレーシア人(My Kad保有者)は別料金が適用され、大人はRM6.00、子供はRM3.00になります。

(*料金は2019年10月時点の情報に基づきます。)

 

入場料に含まれるもの

スタダイス(Stadthuys)があるエリア一帯は博物館群になっていて、以下の博物館やギャラリーで構成されています。

  • History & Ethnography Museum
  • Cheng Ho Gallery
  • Museum of Literature
  • Education Museum
  • Democratic Government Museum
  • Governors Museum

入場料金には上記の博物館とギャラリーが含まれています。

 

館内のフロアマップ

Stadthuys(スタダイス)にあるHistory & Ethnography Museumのフロアマップ

こちらはメインミュージアムにあたるHistory & Ethnography Museum(歴史&民族誌博物館)のフロアマップ。

 

Stadthuys(スタダイス)にある博物館のセクション詳細

Section 1〜Section18で構成されています。

Section1のイントロダクションからはじまり、陶磁器・武器・オランダ総督オフィス・伝統楽器やマレー音楽などのテーマに基づいた展示コーナーのほか、各占領時代の歴史について学ぶことができるセクションがあります。

 

博物館の見所ポイント

博物館はかなり大きく、展示物も多いので、丁寧に見てまわるとかなり時間がかかります。

「博物館の中はどうなってるの?」という疑問を持つ方のために、ここではHistory & Ethnography Museumの中で、個人的に見所ポイントだと思うスポットを取り上げて紹介します。

 

オランダ領時代に作られたとされる排水システム

Stadthuys(スタダイス)にあるオランダ統治時代に使われていた排水システムの展示物

博物館の入口そばにあるこちらの展示物。

スタダイス(Stadthuys)の旧地下排水システムの一部です。

マレーシア政府による保全工事中、セメント床を除去した際に偶然発見されたものになります。

興味深いのは、この排水システムがオランダによりスタダイス(Stadthuys)建設時に既に作られていたという事実。

スタダイス(Stadthuys)周辺にある排水システムはイギリス統治時代やその後に作られたものであると考えられていて、オランダ統治時代には排水システムはなかったのでは?と思われていましたが、実際にはオランダ統治時代に既に存在していたということを証明するものになっています。

 

マラッカにおける占領の推移を示す展示物

Stadthuys(スタダイス)内にある博物館のフロア

博物館の入口そばにあるイントロダクションのコーナー。

 

Stadthuys(スタダイス)の博物館にあるマラッカを占領した歴史を示す展示物

マラッカにおける統治の歴史について、ビジュアルで学ぶことができるようになっています。

 

Stadthuys(スタダイス)の博物館にあるポルトガル人の銅像

1511年〜1641年はポルトガルの時代。

 

Stadthuys(スタダイス)の博物館にあるオランダ人の銅像

1641年〜1824年はオランダ。

 

Stadthuys(スタダイス)の博物館にあるイギリス人の銅像

1824年〜1957年はイギリス。

第二次世界大戦中は日本が一時占領していた時期もあります。

1957年8月31日はマラヤ連邦の独立記念日として知られ、イギリス連邦から独立を果たしています。

 

Stadthuys(スタダイス)の博物館にある日本人の銅像

戦時中の1942年〜1945年は日本が占領しています。

 

マラッカで発掘された様々な陶磁器

博物館の入口のすぐそばにあるセクションは陶磁器についての展示コーナーになります。

マラッカで見つかった様々な国の陶器が展示されています。

 

Stadthuys(スタダイス)の博物館に展示されているプラナカン陶磁器

鮮やかなカラーが特徴のプラナカンの陶磁器。

 

♥プラナカンの食器に興味がある方はこちら↓↓↓

マラッカで販売されているプラナカンデザインの食器

【プラナカン食器&雑貨】心踊る!マラッカで購入する美しき伝統工芸品

 

Stadthuys(スタダイス)の博物館に展示されている日本の焼き物

日本の陶磁器。

上記のほかにも明や清時代の中国陶磁器、ベトナム、ペルシャ、オランダなどの陶磁器も展示されています。

これらの展示物はマラッカが交易の中心地であったことを示すものになっています。

 

各統治時代の歴史について学ぶセクション

Stadthuys(スタダイス)にあるイギリス領時代の展示コーナー

History & Ethnography Museumには、マラッカ王国時代・ポルトガル占領時代・オランダ占領時代・イギリス占領時代・日本占領時代という各時代に分けた歴史セクションがあります。

興味のあるコーナーをじっくり見てみる形がおすすめです。

 

Stadthuys(スタダイス)にある日本領時代の展示コーナー

こちらは日本占領時代のコーナー。

 

鄭和(Cheng Ho)&マラッカのエンリケのコーナー

建物の3階、Section18は鄭和(Cheng Ho)とマラッカのエンリケ(Panglima Awang)に関わる展示コーナーになっています。

 

鄭和(Cheng Ho)ギャラリー

Stadthuys(スタダイス)にある鄭和(Cheng Ho)の展示コーナー

7回に渡る大航海を果たした中国・明時代の武将、鄭和(Cheng Ho)

1回目の航海で鄭和(Cheng Ho)がマラッカに寄港したのち、マラッカ王国は明の皇帝に朝貢するようになり、両国の関係が密接になりました。

マラッカ王国と中国を結ぶ架け橋となった鄭和(Cheng Ho)は、マラッカの歴史を語る上で欠かすことのできない重要人物になります。

 

Stadthuys(スタダイス)の中庭

鄭和(Cheng Ho)ギャラリーの側にある中庭。

 

Stadthuys(スタダイス)の中庭にある鄭和(Cheng Ho)の像

こちらにも鄭和(Cheng Ho)の像があります。

 

Enrique of Malacca(Panglima Awang)

Stadthuys(スタダイス)にあるEnrique of Malacca(Panglima Awang)の展示コーナー

Enrique of Malacca(マラッカのエンリケ)はマラッカ出身の男性で、ポルトガル占領時代にフェルディナンド・マゼランに奴隷として捕らえられ、マゼランに従い世界一周を果たした人物として知られています。

Enrique of Malacca(マラッカのエンリケ)は、マレー語でPanglima Awangと呼ばれています。

 

民族の文化について学ぶセクション

交易の地として栄えた歴史を持つマラッカ。

ポルトガル・オランダ・英国などの占領の歴史や、世界の様々な場所から商人が交易のために訪れたマラッカは、様々なルールを持つ人々が暮らす独特のコミュニティを形成した場所としても知られています。

多様性溢れるマラッカのコミュニティの特徴を表したものがこちらの展示物。

Stadthuys(スタダイス)の博物館にあるマラッカの民族について紹介する展示コーナー

向かって一番左にいる男性はマレー系になりますが、その隣から…

  1. ポルトガル(Portuguese Community)
  2. 中国(Chinese Community)
  3. インド(Indian Community)
  4. チッティー(Chitty Community)
  5. ババニョニャ(Baba Nyonya Community)

…という異なる民族コミュニティを表現しています。

同セクションにはマレー系やポルトガル系など、それぞれの婚姻の様子を示す展示物もあります。

 

プラナカンについて学ぶセクション

Stadthuys(スタダイス)の博物館に展示されているプラナカンのブライダルベッド

こちらはプラナカンのブライダルベッド。

婚礼に使用される部屋がどのように準備されるのか、どのような儀式をするのかについて、ベッドの横にある説明書きに紹介されています。

非常に面白い内容になっているので、プラナカン文化に興味がある方は是非チェックしてみてください。

 

Stadthuys(スタダイス)の博物館に展示されているプラナカンの雑貨類

向かって左側にあるものはBakul Sia(Sia Busket)と呼ばれるバスケット。

主にプラナカンの婚姻儀式に用いられるもので、伝統菓子のニョニャクエ(Nyonya Kuih)をはじめ、ウェディングギフトを入れて持ち運ぶためのバスケットとして使われています。

 

Stadthuys(スタダイス)の博物館に展示されているプラナカンのリビングルーム

こちらはプラナカンのリビングルームを再現したものになります。

 

プラナカンについて興味がある場合は、ペナンのプラナカンマンションまたはマラッカのババニョニャヘリテージ博物館に足を運ぶことをおすすめします。

♥プラナカンマンションの詳細はこちら↓↓↓

Pinang Peranakan Mansion(ペナンプラナカンマンション)

【ペナンプラナカンマンション】ババニョニャ文化を学ぶことができる博物館

上記の記事の中でプラナカンの定義について紹介しています。

 

♥ババニョニャヘリテージ博物館の詳細はこちら↓↓↓

ババニョニャヘリテージ博物館(Baba & Nyonya Heritage Museum)

【ババニョニャヘリテージ博物館】一族の華麗な暮らしぶりを肌で感じることができる場所

 

マレー伝統様式の住居

Stadthuys(スタダイス)の博物館に展示されているマレー伝統様式の住居

Melaka House(マラッカハウス)というセクションでは、マレー伝統様式の住居が展示されています。

 

ベーカリー

Stadthuys(スタダイス)の博物館に展示されているオランダベーカリー

Section12にあるDutch Bakeryと呼ばれるベーカリー。

オランダ統治時代に使われていたスタダイス(Stadthuys)のパン屋さんになります。

 

そのほかの博物館

Stadthuys(スタダイス)の近くにあるMelaka Literature Museum

Melaka Literature Museum(Museum of Literature)。

Education Museumも近くにあります。

 

マラッカのGovernors Museum

こちらはセントポール教会の近くにあるGovernors Museum。

Democratic Govvernment Museumについては、セントポール教会に続くセントポールヒルの階段の上にあります。

 

♥セントポール教会の詳細はこちら↓↓↓

マラッカにあるセントポール教会とフランシスコ・ザビエル像

マラッカのセントポール教会|見晴らしの良い丘に凛と佇む神聖なる史跡

スタダイス(Stadthuys)のロケーション

住所:Jalan Gereja, Bandar Hilir, 75000 Melaka

時計台やキリスト教会のすぐ近くにあるので、見逃すことはないはずです。

 

まとめ:マラッカの歴史と民族について理解できる学びの場

スタダイス(Stadthuys)はマラッカの歴史や民族について理解することができる学びの場として非常に優れています。

ただし、限られた時間の中で全ての博物館をまわろうとするとかなり大変なので、時間にあまり余裕がない場合は、History & Ethnography MuseumとCheng Ho Galleryを中心に見学する形がおすすめです。

近くにあるキリスト教会やセントポール教会の観光と組み合わせて足を運んでみてください。

 

以上、マラッカのスタダイス(Stadthuys)についての紹介でした!

 

♥マラッカ観光特集&モデルコースはこちら↓↓↓

マラッカ観光特集

【マラッカ観光特集】麗しの古都・世界遺産の街歩きを楽しむためのガイド


おうち時間を楽しみたい人におすすめ!
便利なオンラインサービス

自宅でプロのヨガレッスンを受けることができるオンラインフィットネスのSOELU(ソエル)。
ヨガ初心者にも経験者にもおすすめすることができる充実した内容になっています。
月額480円(税抜)からはじめることができる新コースが登場しています!
>無料体験レッスンの詳細はこちら


カテゴリーで検索