【ブルーマンションinペナン】吸い込まれるようなインディゴブルーに魅せられて

ペナンのブルーマンション(Cheong Fatt Tze Mansion)

ペナンの世界遺産エリアにおいて、圧倒的存在感を放つブルーマンション(Cheong Fatt Tze Mansion)

「東洋のロックフェラー」と称される中国出身の大富豪、Cheong Fatt Tzeにより建立されたその色鮮やかなインディゴブルーの建物はペナンを訪れる多くの人々を魅了しています。

この記事ではCrazy Rich Asians(クレイジー・リッチ)をはじめ、様々な映画の撮影舞台としても使用されているブルーマンションの歴史&見所ポイント、見学ツアーの詳細についてご紹介します。

ブルーマンション(Cheong Fatt Tze Mansion)の概要

ブルーマンション(Cheong Fatt Tze Mansion)の外観全体像

正式名称はCheong Fatt Tze Mansion(チョンファッツィー マンション)

その外観から別名でBlue Mansion(ブルーマンション)とも呼ばれています。

中国南部の伝統建築をベースにした折衷スタイルの建築物

ブルーマンションは中国南部の伝統建築様式をベースに、所々に西洋の建築エッセンスを取り込んだ折衷スタイルの建築物になっています。

中央にあるメインの建物を挟むように左右にサイドウィングがあり、敷地内には5つの中庭があります。

インドネシアのメダンにある邸宅との関係

インドネシアのメダンにも5つの中庭を持つブルーマンションと同じ規模の中国建築様式の豪邸があります。

Tjong A Fie Mansionとして知られる邸宅は、ペナンのブルーマンションをモデルとして建てられたものであると言われ、Cheong Fatt Tze(チョンファッツィー)の親族でありビジネスパートナーである張阿輝(Chang A Fei)の自宅だった場所になります。

ペナンとメダンの邸宅は中国国外に現存する5つの中庭を持つ折衷スタイルの中国建築様式の邸宅として、その建築物の価値が評価されています。

ブルーマンションが撮影場所になった映画

代表的な作品は以下の通り。

  • Indochine(1992)
  • The Red Kebaya(2006)
  • Road to Dawn(2007)
  • The Blue Mansion(2009)
  • The Ghost Bridge(2017)
  • Crazy Rich Asians(2018)

新しいところで言うと、Crazy Rich Asians(クレイジー・リッチ)

»クレイジー・リッチ!(字幕版)

後半のクライマックスとも言えるシーンでブルーマンションが撮影場所に使用されています。

クレイジー・リッチを見ておくと、ブルーマンション観光がずっと楽しくなるので、まだ見たことがない方は映画をチェックすることをおすすめします。

日本で見るのであれば、U-NEXTAmazonプライムビデオの利用が便利です。

ブルーマンションを訪れた著名人

マハティール首相をはじめとした政治家のほか、ペナン生まれの著名人であるJimmy Choo(ジミーチュウ)氏やTan Twan Eng氏、そのほか多くのセレブリティがブルーマンションを訪れています。

Tan Twan Eng(陳團英)さんはThe Garden of Evening Mists(夕霧花園)の著者であり、阿部寛さんも出演されている映画が話題になっています。

Cheong Fatt Tze(チョンファッツィー)について

豪邸の主人(あるじ)がどんな人物であったのか?

これを把握することも、ブルーマンションについて理解を深める上で非常に重要であるため、建物について触れる前に邸宅を建立した人物、Cheong Fatt Tze(チョンファッツィー)についてさらっと紹介します。

Cheong Fatt Tze(チョンファッツィー)

1840年に中国広東省の大埔で客家(ハッカ)系の家庭に生まれたCheong Fatt Tze(チョンファッツィー)。

漢字表記は張弼士

張弼士を北京語ベースの発音にするとZhang Bishiになるため、説明書きの中にはZhang Bishiという表現が使われていることもあります。

実業家として頭角を表したのち、政治家としてもキャリアを広げた人物です。

中国から南洋へ

ブルーマンション(Cheong Fatt Tze Mansion)内に展示されているチョンファッツィーについての概要

1851年の太平天国の乱、1856年に勃発したアロー戦争(第二次アヘン戦争)により社会情勢が不安定になったことを受け、Cheong Fatt Tze(チョンファッツィー)は10代半ばで故郷の中国を離れ、南洋に移り住みます。

「東洋のロックフェラー」という異名を持つCheong Fatt Tze(チョンファッツィー)ですが、裕福な家庭に生まれたわけではなく、幼少期から働かざるを得ない環境で育ちました。

そんな彼は中国を離れたあと、インドネシアのジャカルタで働きはじめ、やがて貿易業で着々と富を築きあげます。

ジャカルタからメダンに移ったのち、ペナンをビジネスの拠点としたのは1886年以降のことです。

中国を代表するワインメーカーの張裕(Changyu)

ブルーマンション(Cheong Fatt Tze Mansion)内に展示されている張裕(Changyu)ワインの説明書き

創業1892年、中国を代表する山東省煙臺市に本部を構えるワインメーカーの張裕(Changyu)

Cheong Fatt Tze(チョンファッツィー)は張裕(Changyu)を創業した人物でもあり、中国初のヴィンヤードを作りました。

歴史的人物との交流

歴史的人物とは孫文

中華民国が建国される辛亥革命前、孫文はペナン島に何度か足を運び、現地に数ヶ月滞在していました。

Cheong Fatt Tze(チョンファッツィー)は同じ客家系である孫文がペナンに亡命した際にシェルターを与え、政治活動の金銭的な支援もしていました。

また、孫文は山東省煙臺市にある張裕(Changyu)にも招かれています。

♥ペナンにある孫文ゆかりの地についてはこちら↓↓↓

ペナンにあるSun Yat Sen Museum Penangの内部

Sun Yat Sen Museum Penang|マレーシアで辿る孫文の軌跡

様々な社会貢献

1904年には東南アジアにおける初の中華系学校であるChung Hwa Confucian High Schoolをペナンに作っています。

また、ペナンの極楽寺(Kek Lok Si Temple)の主要な寄付者としても知られています。

♥極楽寺(Kek Lok Si Temple)の詳細はこちら↓↓↓

ペナンにある極楽寺(Kek Lok Si Temple・ケックロックシー)

ペナンの極楽寺(Kek Lok Si Temple)観光ガイド【見所&行き方】

ブルーマンションの歴史

インディゴブルーのブルーマンション(Cheong Fatt Tze Mansion)

Cheong Fatt Tze(チョンファッツィー)がペナンを商業の拠点にした19世紀後半に建立されたブルーマンション。

中央に位置するメインの建物は商業の場として使われたほか、Cheong Fatt Tze(チョンファッツィー)やその家族が暮らす場所や祖先を祭る場所として使用されていました。

Cheong Fatt Tze(チョンファッツィー)が寵愛した7番目の妻の家

ブルーマンション(Cheong Fatt Tze Mansion)に展示されているチョンファッツィーの7番目の妻

ブルーマンションの主人(あるじ)であるCheong Fatt Tze(チョンファッツィー)に加え、マンションで暮らしていた主要人物がTan Tay Poh

8人いたCheong Fatt Tze(チョンファッツィー)の7番目の夫人で、寵愛を一身に受けていた人物です。

Cheong Fatt Tze(チョンファッツィー)没後 -荒廃化へ-

1916年にCheong Fatt Tze(チョンファッツィー)が亡くなったのちは、家族や親族が暮らしていましたが、適切な修繕が加えられず、次第に荒廃化します。

1989年にCheong Fatt Tze(チョンファッツィー)の最後の息子が亡くなったことを受け、1990年になると豪邸が売りに出されます。

邸宅を取り壊して新たな土地の開発を考えるデベロッパーたちが目をつけるも、歴史的遺産の保全を推進する人々で構成された地元の団体がブルーマンションを購入、修繕活動に取り掛かります。

ブルーマンション購入に手をあげた人々のうち、キーパーソンとなるのがマレーシア出身のLaurence Loh(ローレンス・ロー)さんです。

ブルーマンションとLaurence Loh(ローレンス・ロー)

ブルーマンションがデベロッパーの手に渡り取り壊されてしまうことを危惧し、いち早く行動を起こしたのが現在のオーナーである建築家のLaurence Loh(ローレンス・ロー)さん。

修復プロジェクトで指揮を取り、6年以上という月日をかけてブルーマンションを当時の状態に戻しました。

修復のための科学的分析力や職人による修復技術や手法などが高い評価を受け、ブルーマンションはUNESCO(ユネスコ)のHeritage Awards(UNESCO 2000 Asia-Pacific Awards for Cultural Heritage Conservation )でMost Excellent Projectに選ばれているほか、数々の賞を受賞しています。

ブルーマンションと風水・東洋の折衷

ブルーマンション(Cheong Fatt Tze Mansion)の正面玄関

Cheong Fatt Tze(チョンファッツィー)が邸宅を建立した19世紀後半にペナンで人気があった建築スタイルはAnglo-Indian(アングロ・インディアン)様式。

しかしながら、Cheong Fatt Tze(チョンファッツィー)が愛したのは中国の建築様式であったことから、折衷スタイルでありながらもベースは中国建築になっています。

福建省から職人を呼び寄せ、風水の巨匠を招いて自宅の設計をしました。

風水の要素

ブルーマンション(Cheong Fatt Tze Mansion)のメインエントランス

メインホールから風水の要素が満載になっています。

左右対称に並べられた椅子やテーブル、そして向かい合う鏡。

ブルーマンション(Cheong Fatt Tze Mansion)のメインエントランスに飾られた鏡や椅子

メインホールにはマザーオブパール(真珠層)を使った家具が設置されています。

ブルーマンション(Cheong Fatt Tze Mansion)のセントラルコートヤード

中央に位置する中庭、セントラルコートヤード(Central Courtyard)

風や水の流れ、そして「気(Qi)」の流れが集まる風水的な中央にあたるのはまさにこの位置になり、セントラルコートヤードは風水の要素である水・金・木・火・土を取り入れた造りになっています。

Crazy Rich Asiansの麻雀のシーンで使われた場所でもあり、人気の撮影スポットになっています。

吹き抜けデザインのブルーマンション(Cheong Fatt Tze Mansion)のセントラルコートヤード

吹き抜けの造りになっていることから、雨が降ると「床が水浸しになるのでは?」と疑問に感じることがあるかもしれません。

ここにも風水の要素が取り入れられています。

ブルーマンション(Cheong Fatt Tze Mansion)のセントラルコートヤードの天井部分

雨はお金の象徴であり、雨が降ることで家の中に「お金」が溢れる状態になる…

こんな理由から吹き抜けの造りになっています。

ガイドさんの説明によると、ブルーマンションの正面入口は海に面し、建物の後方は山に面する位置にあり、ここにも風水的な観点が取り入れられています。

風の流れの良さに加え、後方に山があることは「保護」を意味するそうです。

西洋の要素

ブルーマンション(Cheong Fatt Tze Mansion)の2階部分に見られる鋳鉄

邸宅を建築するにあたり、最高の素材を使うことにこだわったCheong Fatt Tze(チョンファッツィー)は、遠くはスコットランドのGlasgow(グラスゴー)から資材を取り寄せました。

ブルーマンションの至るところに西洋のエッセンスを見つけることができます。

ブルーマンション(Cheong Fatt Tze Mansion)の内部に使われたステンドグラス

アール・ヌーヴォー様式のステンドグラス。

ブルーマンション(Cheong Fatt Tze Mansion)の天井部分のデザインとランプ

天井から吊るされたランプ。

ブルーマンション内にある展示物

2階エリアに様々な展示物があります。

天然染料のインディゴブルー

インディゴ染料を使って塗装されたブルーマンション(Cheong Fatt Tze Mansion)の壁

ブルーマンションの象徴であるインディゴブルー

現代において「インディゴ」と言うと、合成されたものが主流になっていますが、元々はIndigofera arrectaやIndigofera tinctoriaという植物から採取される世界で最も古くから使用されている天然染料の一つとして知られています。

ブルーマンション建設当時に使われていたインディゴブルーは英国を介しインドから輸入されたもので、天然染料のインディゴに石灰を混ぜて作られています。

ブルーマンション(Cheong Fatt Tze Mansion)内に展示されているインディゴの染料

修繕工事の時に使われたインディゴの染料や石灰ペーストが展示されています。

Chien Nien

ブルーマンション(Cheong Fatt Tze Mansion)の屋根に施されたChien Nien

ブルーマンションの屋根に施されている一際目立つ装飾。

Chien Nien(剪粘)と呼ばれる中国南部(福建や潮州)を起源とするアートワークになります。

Chien Nienを英訳するとCut & Pasteという意味になり、その言葉通り陶器の破片をつなぎ合わせて立体化する手法を用いています。

ブルーマンション(Cheong Fatt Tze Mansion)に展示されているChien Nianに使われたお碗

修繕工事中にChien Nienに使われた青・緑・赤のカラフルな陶器が展示されています。

Cheongsam

ブルーマンション(Cheong Fatt Tze Mansion)に展示されているチョンサム

ブルーマンション内に展示されている数々のCheongsam(チョンサム)。

Cheong Fatt Tze(チョンファッツィー)の義理の娘にあたるThong Siew Meeが所有していたものになります。

麻雀や風水の羅盤

ブルーマンション(Cheong Fatt Tze Mansion)に展示されている麻雀牌

豪邸から見つかった麻雀のセットや風水の羅盤、そろばん、タイプライターなども展示されています。

麻雀セットは竹と象牙で作られています。

見学時間(ガイドツアー)の詳細

ブルーマンション(Cheong Fatt Tze Mansion)の見学ツアーに参加している人々

ホテルの宿泊客ではない一般向けに見学ツアーが毎日実施されています。

  • 入場料金:RM17(大人)/ RM8.5(子供)
  • 見学ツアー所要時間:45分間

ホテル宿泊客のプライバシー保護の観点から、ブルーマンション内全てのエリアの見学ができるわけではなく、メインホール・セントラルコートヤード、2階の展示エリアなど見学エリアが限定されています。

45分間、ガイドさんがしっかりと説明してくれます。

ツアー実施時間

  • 月〜金:11:00・14:00・15:30(英語解説)
  • 土&日:11:00・14:00(英語解説)/ 12:00・15:30(中国語解説)

ブルーマンションのゲート前に以下の張り紙があり、上記で紹介している詳細はそこに掲示されている情報をもとにしています。

ブルーマンション(Cheong Fatt Tze Mansion)の見学ツアー時間の詳細と入場料金についての張り紙

2019年3月以降に更新された情報になります。

ブルーマンション公式サイトの情報によると、日本語でのツアーもアレンジ可能となっていますが、事前に手配が必要になるため、必要に応じて問い合わせをしてみてください。

宿泊施設(ホテル)

ブルーマンション(Cheong Fatt Tze Mansion)のホテル施設

ブルーマンションを存分に楽しみたい人はホテルに滞在する選択肢もあります。

客室は全部で18室、4つのコンセプトに基づいたお部屋から選ぶことができます。

>>ホテルの宿泊料金をチェックしてみる

The Bar

ブルーマンション(Cheong Fatt Tze Mansion)にあるThe Bar

ブルーマンション内にあるバーの入口。

ブルーマンション(Cheong Fatt Tze Mansion)のセントラルコートヤードにある朝食エリア

セントラルコートヤードにある朝食スペース。

ブルーマンション(Cheong Fatt Tze Mansion)の朝食メニュー

宿泊者用の朝食メニュー。

レストランIndigoで楽しむランチ&ディナー

ブルーマンション(Cheong Fatt Tze Mansion)のレストラン(Indigo)のメニュー

ブルーマンション内にはIndigo(インディゴ)というレストランもあります。

レストランの予約は公式サイトからオンラインでも受け付けています。

お土産ショップ

ブルーマンション(Cheong Fatt Tze Mansion)で販売されているお土産

お土産ショップもあります。

Batikを使った雑貨類のほか、ポストカードやバッグ類などが販売されています。

お土産ショップは見学ツアーの際に立ち寄ることができます。

ロケーション

住所:14, Leith St, Georgetown, 10200 George Town, Penang

Leith Streetと呼ばれる通りにあります。

位置的にはE&Oホテルの近くにあり、E&Oホテルから徒歩で5分程度です。

また、ブルーマンションの対面にはThe Edisonというホテルがあるほか、隣にはフードコートのレッドガーデンがあります。

♥レッドガーデンの詳細はこちら↓↓↓

レッドガーデンホーカーセンター

レッドガーデン|ロケーション良し!観光ついでに立ち寄りやすいペナンのホーカーセンター

Jalan Penangに面したレッドガーデンの駐車場からはErnest Zacharevicさんによって描かれたトライショーの有名なストリートアートを見ることができるので、ブルーマンション観光をする時はレッドガーデンやストリートアートの撮影とセットにすることをおすすめします。

♥ストリートアートの詳細はこちら↓↓↓

ペナンのストリートアート(boy on a bike)

ペナンのストリートアートを楽しみたい人へ【見所解説&ロケーション情報】

まとめ

Chien Nianが施されたブルーマンション(Cheong Fatt Tze Mansion)

ペナンを代表する観光スポットのブルーマンション。

  • Cheong Fatt Tze(チョンファッツィー)がどのような人物であったのか?
  • ブルーマンションがどんな場所であったのか?
  • 修復工事におけるその道のプロフェショナルたちの情熱

こんな点を学ぶことができる場所になっています。

歴史的価値のある美しい建物を単純に見てまわる…だけでなく、その背後にあるストーリーや歴史、建築物を守ろうとした人々の熱い思いを感じぜすにはいられない、そんな学びの多い場所です。

ペナン観光の際には是非足を運んでみてください。

以上、ブルーマンションについての紹介でした!

♥ペナンプラナカンマンションの詳細はこちら↓↓↓

Pinang Peranakan Mansion(ペナンプラナカンマンション)

【ペナンプラナカンマンション】ババニョニャ文化を学ぶことができる博物館


運動不足が気になる人おすすめ!
便利なオンラインサービス

自宅でプロのヨガレッスンを受けることができるオンラインフィットネスのSOELU(ソエル)。
インストラクターとオンラインで繋がり、臨場感あるヨガレッスンを月額980円(税抜)から受けることができます。
100円で30日レッスン受け放題の詳細はこちら


ABOUT US

エル
海外在住歴約10年。 留学、海外インターンシップ、海外勤務で欧米やアジアなど数カ国に在住。国際結婚したのち台湾へ。 現在はマレーシアでの生活をメインに、マレーシアと台湾を行ったり来たりして生活しています。