9/15新発売!Etvosベストセラー&新保湿ケア商品がセットになったトライアルキットの詳細はこちら

ムルデカ広場@クアラルンプール|マラヤ連邦の独立を象徴する場所

クアラルンプールにあるDataran Merdeka(ムルデカ広場・ムルデカスクエア)

1957年のマラヤ連邦独立。

これは1963年のマレーシア成立の礎となる歴史的ターニングポイントとして位置づけられています。

マラヤ連邦の独立に関連する重要な場所と言えば、独立広場として知られるムルデカ広場(ムルデカスクエア)

この記事ではクアラルンプールのムルデカ広場(ムルデカスクエア)の概要についてご紹介します。

ムルデカ広場(ムルデカスクエア)の概要

Merdeka Square

マレーシアのクアラルンプールにあるムルデカ広場(ムルデカスクエア)。

マレー語でDataran Merdekaと呼ばれている場所になります。

Dataranは広場、Merdekaは独立を意味し、その言葉通り「独立広場」という意味になります。

95mのフラッグポールがそびえ立つ場所

Dataran Merdeka(ムルデカ広場)にあるフラッグポール

ムルデカ広場(ムルデカスクエア)にある象徴的なフラッグポール。

95mの高さを誇ります。

マラヤ連邦の旗がはじめて掲揚された場所

1957年8月31日、イギリスからの独立を果たしたマラヤ連邦。

8月31日に日付が変わったその瞬間の午前12時1分、イギリスの国旗(ユニオンジャック)が降ろされ、マラヤ連邦の旗がはじめて掲揚された場所がムルデカ広場(ムルデカスクエア)になります。

Dataran Merdeka(ムルデカ広場)にあるマラヤ連邦の独立日にマラヤの旗が掲揚されたことを説明する紹介文

ムルデカ広場(ムルデカスクエア)にも、

THIS IS WHERE THE FLAG OF THE FEDERATION OF MALAYA WAS RAISED FOR THE FIRST TIME TO REPLACE THE UNION JACK AT 12.01 AM 31ST. AUGUST, 1957.

…と刻まれています。

独立宣言&セレモニーはスタジアムで行われた

ムルデカ広場の旗の下にあるマラヤの独立を宣言するTunku Abdul Rahman

マラヤ連邦の独立を祝うセレモニーはムルデカ広場(ムルデカスクエア)ではなく、クアラルンプールのチャイナタウンに近い場所にあるムルデカスタジアムで1957年8月31日の朝に行われています。

マラヤ連邦の初代首相であるTunku Abdul Rahmanが独立を宣言し、スタジアムに集まった群衆の前で「Merdeka!」と叫ぶ姿は歴史的瞬間として刻まれています。

かつてPadangと呼ばれていたムルデカスクエア

Dataran Merdeka(ムルデカ広場)の芝生
ムルデカ広場とロイヤルスランゴールクラブ

広々とした土地に青々とした芝生が広がるムルデカ広場(ムルデカスクエア)。

ムルデカ広場(ムルデカスクエア)と呼ばれるようになったのは1989年のことで、それまではPadangや、Selangor Club(スランゴールクラブ)があったことからSelangor Club Padangと呼ばれていた場所になります。

Padangはマレー語でフィールド(field)を意味します。

イギリス統治時代に作られたフィールド

ムルデカ広場(ムルデカスクエア)があるフィールドは、イギリスがマラヤを統治していた1880年代に作られたものになります。

1880年、Selangor(スランゴール)の州都をKlang(クラン)からクアラルンプールに移した際に、行政事務局や警察本部がBukit Amanに作られました。

Bukit Amanはクアラルンプール植物園のすぐ近くにあるエリアで、現在もBukit Amanにはマレーシア連邦警察本部があります。

ムルデカ広場(ムルデカスクエア)がある場所は、当初はParade Groundと呼ばれ警察の訓練スペースとして使われていましたが、のちに土地をならし、クリケットをはじめとするスポーツができるフィールドになりました。

Dataran Merdeka(ムルデカ広場)から見えるSultan Abdul Samad Building
ムルデカ広場から見えるSultan Abdul Samad Building

Bukit Amanに設置された行政事務局は、利便性を考慮してのちにムルデカ広場(ムルデカスクエア)の前に移転することになります。

これが1897年に完成したSultan Abdul Samad Buildingです。

❤︎Sultan Abdul Samad Buildingの詳細はこちら↓↓↓

クアラルンプールにあるSultan Abdul Samad Building(スルタン・アブドゥル・サマド・ビル)

ムルデカスクエアのロケーション&行き方

住所:Jalan Raja, City Centre, 50050 Kuala Lumpur, Wilayah Persekutuan Kuala Lumpur

最寄駅はMasjid Jamek駅。

徒歩でアクセス可能です。

まとめ

ムルデカ広場(ムルデカスクエア)の周辺には、Sultan Abdul Samd Buildingのほか、Masjid Jamekや国立繊維博物館、KLシティギャラリーなど、歴史ある建物が多い場所です。

これらの観光スポットと一緒に見てまわる形がおすすめです。

以上、ムルデカ広場(ムルデカスクエア)についての紹介でした!

❤︎ムルデカ広場周辺の観光スポット情報はこちら↓↓↓

クアラルンプールのマジジッド・ジャメ周辺を散策する観光特集

運動不足が気になる人おすすめ!
便利なオンラインサービス

自宅でプロのヨガレッスンを受けることができるオンラインフィットネスのSOELU(ソエル)。
インストラクターとオンラインで繋がり、臨場感あるヨガレッスンを受けることができます。

❤︎トライアルレッスンの詳細はこちら↓↓↓