1時間待ちが当たり前?!基叔云吞面家(Kei Suk Wantan Mee)

クアラルンプールのPuduにある基叔云吞面家(Kei Suk Wantan Mee)のワンタンミー

クアラルンプールにある基叔云吞面家(Kei Suk Wantan Mee)

長い待ち時間が発生する雲呑麺(ワンタンミー)の有名店として知られています。

この記事では基叔云吞面家(Kei Suk Wantan Mee)のワンタンミーについて紹介します。

基叔云吞面家(Kei Suk Wantan Mee)

基叔云吞面家(Kei Suk Wantan Mee)の店舗外観

クアラルンプールのPudu(プドゥ)にある基叔云吞面家(Kei Suk Wantan Mee)

店名にある基叔(Kek Suk)は、かつてお店を切り盛りしていた店主の愛称で、基叔(Kek Suk)が作る雲呑麺が多くのお客さんを魅了していました。

基叔(Kek Suk)は90歳を超えていたこともあり、数年前に引退してしまったものの、現在も同店のワンタンミーを求めて、多くのお客さんが朝から順番待ちをする人気店になります。

基叔云吞面家の叉焼雲呑麺

基叔云吞面家(Kei Suk Wantan Mee)のドライチャーシューワンタン麺

叉焼雲呑麺(チャーシューワンタンミー)。

基叔云吞面家(Kei Suk Wantan Mee)の叉焼雲呑麺

基叔云吞面家(Kei Suk Wantan Mee)の叉焼(チャーシュー)は、脂身がやや多めのジューシータイプです。

基叔云吞面家(Kei Suk Wantan Mee)の雲呑麺

麺にはコシがあります。

ソースに加えているラードがやや多めであるため、油っぽさが強めという印象を持つ雲呑麺です。

基叔云吞面家(Kei Suk Wantan Mee)の雲呑

スープと雲呑は美味しいです。

基叔云吞面家の水餃麺

基叔云吞面家(Kei Suk Wantan Mee)の水餃麺

基叔云吞面家(Kei Suk Wantan Mee)には、水餃子もあります。

水餃麺に使われている雲呑の麺

水餃子だけの注文のほか、麺を加えた水餃麺を注文することもできます。

基叔云吞面家(Kei Suk Wantan Mee)の水餃子

雲呑と同じように、水餃子も美味しいです。

1時間程度の待ち時間を覚悟する必要がある

雲呑麺自体は調理時間が短く、ぱぱっと提供される料理であるため、一般的に長い待ち時間が発生することはありません。

しかしながら、基叔云吞面家(Kei Suk Wantan Mee)では、長い待ち時間が必至です。

私自身、はじめて基叔云吞面家に足を運んだ時は40分待ちと言われて諦め、その次に行った時はお昼前に売り切れ、そして3回目に朝一番で行き、1時間以上待ってやっと食べることができました。

(いずれも土曜日に試してみたもので、平日の混み具合は不明です。)

開店前からお客さんが席で待っている

朝の7時過ぎには、テーブルで開店を待っているお客さんがいます。

私が朝の7時20分に到着した時には、既に半分くらいのテーブルが埋まっていて、7時50分頃には満席になっていました。

この時点で、お店の人はワンタンを作ったりするなど、開店準備をしています。

8時少し前から注文を取りはじめる

7時50分頃になると、ようやくお店の人が各テーブルをまわり注文を聞きにきます。

開店前にテーブルに座った順番をお店の人が記憶しているようで、先に着席したお客さんから料理の提供が開始されます。

私は7時20分に到着、注文をとってもらったのが8時過ぎ、料理がテーブルに配膳されたのが8時30分頃だったので、合計80分待ちました。

(はじめから長い待ち時間を覚悟していたので、長時間待つことができましたが、待ち時間が発生することを知らない状態で行くと、我慢できない長さかもしれません…。)

飲み物が先に注文できる

基叔云吞面家(Kei Suk Wantan Mee)内で注文したドリンク

同じコピティアム内には飲み物を提供しているお店があり、ドリンクの注文は基叔云吞面家(Kei Suk Wantan Mee)の開店前から可能です。

座席を確保したら、飲み物を注文して、のんびり待つ形になります。

ここのKopi(コピ)が意外と美味しいです。

相席が当たり前

多くのお客さんで混み合う基叔云吞面家(Kei Suk Wantan Mee)では、相席が当たり前になっています。

2人掛けの席に2人で座っている分には問題ありませんが、例えば4人掛けのテーブルを2人で利用していると、相席になる可能性が高いです。

Kei Suk Wantan Meeのロケーション

住所:Jalan Brunei, Pudu, 55100 Kuala Lumpur, Wilayah Persekutuan Kuala Lumpur

最寄駅はPudu駅になります。

まとめ

基叔云吞面家(Kei Suk Wantan Mee)のワンタンミーは、美味しい・美味しくないで言えば、「美味しい」と言うことができます。

ただ、1時間程度待つ価値があるか問われると、少し疑問が残り、待ち時間の長さはやはりネックです。

長い待ち時間が発生するワンタンミーのお店として本記事で取り上げてみたものの、どうしても基叔云吞面家(Kei Suk Wantan Mee)のワンタンミーを食べてみたい!という強い興味&関心がある人以外には、おすすめできないお店だと感じました。

もし、基叔云吞面家(Kei Suk Wantan Mee)に行ってみたいという場合は、長い待ち時間を覚悟して足を運ぶようにしてください。

以上、基叔云吞面家(Kei Suk Wantan Mee)についての紹介でした!

❤︎雲呑麺の詳細はこちら↓↓↓

マレーシアの雲呑麺(ワンタンミー)

❤︎KLの雲呑麺特集はこちら↓↓↓

クアラルンプールにある雲呑麺(ワンタンミー)の有名店&美味しいお店
シェアしてくれると嬉しいです↓↓↓

夏休みはどこ行く?

もうすぐやって来る夏休み。

宿泊費が高騰する連休は、早めのホテル予約がおすすめです。



✔︎台湾旅行を計画している人へ↓


✔︎マレーシア旅行を計画している人へ↓