使わなきゃ損!台湾旅行にお得なサービスはこちら>>

【K88 Foodcourt】ローカルグルメが堪能できるクアラルンプールのホーカーセンター

クアラルンプールにあるホーカーセンターのK88 Food Court

ローカルグルメを堪能することができる屋台街、ホーカーセンター(Hawker Centre)

数多くの選択肢の中から好きなものを選べる楽しさがある場所です。

ホーカーセンター自体は至るところにありますが、この記事ではクアラルンプールにあるK88 Foodcourtというホーカーセンターについて紹介します。

マレーシアのローカルグルメが堪能できるK88 Foodcourt

K88 Foodcourt

クアラルンプールのOld Klang Road (オールドクランロード)にあるK88 Foodcourt

Foodcourt(フードコート)という名称がついているものの、実際のところはオープンスペースに屋台が立ち並んでいるホーカーセンターと言えます。

多くのローカルのお客さんで賑わうK88 FoodCourt

夕方になると多くの人で賑わい、ローカルのお客さんがワイワイ食事を楽しんでいます。

K88 Foodcourtにある屋台

K88 Foodcourtにある屋台

マレー、中華、インド料理のほか、タイや西洋料理など多岐に渡ります。

K88 Food CourtにあるUncle Soon Fried Rice

香ばしく仕上げる炒飯が美味しいUncle Soon Fried Rice

サテー、肉骨茶(バクテー)、豬腸粉(チーチョンファン)などのお店もあります。

K88の小籠包

小籠包も食べることができます。

K88 Foodcourtで食べるグルメ

ここからはK88 Foodcourt内にあるお店をいくつか取り上げて紹介します。

板麺(パンミー)&伊麺(イーミー)

K88 Foodcourtにある板麺と伊麺の屋台

板麺(パンミー)&伊麺(イーミー)を販売するお店。

K88 Foodcourtにある板麺や伊麺のメニュー

板麺(パンミー)伊麺(イーミー)は、それぞれスープ(Soup)または汁なし(Dry)から好きなものを選ぶことができます。

板麺(パンミー)に関しては幅広麺と細麺から選択が可能であるほか、スパイシーな麻辣(マーラー)や辣椒(ラージャオ)というフレーバーもあります。

クアラルンプールにあるK88 Foodcourtのスープ板麺(パンミー)

スープ板麺。

お店には小型の製麺機があり、フレッシュな状態で麺を提供してくれます。

❤︎パンミーの詳細はこちら↓↓↓

マレーシアの板麺(パンミー)
K88の伊麺

伊麺(イーミー)も美味しいです。

オタオタ

蒸したオタオタ

Otak-Otak(オタオタ)のお店はすごくおすすめです。

焼いたオタオタと蒸したオタオタがあり、どちらも美味しいです。

❤︎オタオタの詳細はこちら↓↓↓

マレーシアのOtak-otak(オタオタ)

ペナン蝦麵(プローンミー)

K88 Foodcourtにある雲呑麺とペナンホッケンミーの屋台

上記で紹介した板麺(パンミー)と同じ並びにある檳城蝦麵(ペナン プローンミー)もおすすめです。

K88 Foodcourtで販売されているペナンプローンミー

蝦麵(プローンミー)。

ペナンで食べるものの方が美味しいですが、悪くない味です。

❤︎プローンミーの詳細はこちら↓↓↓

ペナン福建麺(ホッケンミー)/蝦麺(プローンミー)
K88 Foodcourtにある雲呑麺のメニュー

檳城蝦麵(ペナン プローンミー)の隣にある雲呑麺(ワンタンミー)のお店も割と美味しいです。

炒粿條

K88 Foodcourtにある炒粿條の屋台

炒粿條のお店もおすすめです。

K88 Foodcourtで販売されている炒粿條

粿條というライスヌードルを炒めて作られた炒粿條。

❤︎炒粿條の詳細はこちら↓↓↓

ペナン名物の炒粿條(チャークイティオ)
一言メモ

SatayOtak-Otakのお店もおすすめです。

炒河粉などの炒め物料理全般を販売しているお店の麺料理も美味しいです。

K88 Foodcourtでの注文方法

一般的なホーカーセンターの注文方法と同じで…

  • 空いている席に座る
  • ドリンクを注文
  • 食べ物は各屋台に行って直接注文
  • 支払いはドリンクや料理がテーブルに配膳された時に行う

…という形になります。

座席につくと、飲み物の注文を担当している人がテーブルまで来てくれるので、好きなドリンクを注文します。

マレーシアのホーカーセンターで注文したスイカジュース

K88のドリンクには大と小のサイズがあり、注文時に「Besar? Kecil?」と聞かれます。

Besarは大サイズ、Kecilは小サイズの意味ですが、英語でBigまたはSmallと言っても大丈夫です。

大サイズはジョッキ並に大きいので、通常は小サイズでも十分な量があります。

また、K88は中華系のホーカーセンターであるため、アルコールも提供されています。

❤︎マレーシアのドリンクについてもっと知りたい!という方はこちら↓↓↓

マレーシアのドリンクのTeh Tarik(テータレ/テータリッ)

屋台に行って注文する時は、お店の方にテーブル番号を伝える必要があるので、自分が座っている座席番号をチェックすることを忘れないようにしてください。

K88 Foodcourtにあるテーブル席の番号

こんな風に各テーブルに番号が振り分けられています。

ロケーション

住所:Lot 14(459) & Off Jalan Mukim, 6, Jalan Kangkong, Taman Goodwood, 58200 Kuala Lumpur

K88 Foodcourtには、活気づく夕方以降の訪問がおすすめです。

電車でのアクセスが難しいため、 車が必要になります。

KLセントラル駅からは車で10分〜15分程度KLCCやBikit Bintang(ブキッビンタン)エリアからは車で20〜30分程度かかります。(渋滞がない場合)

KLCCやBikit Bintangなどの中心部に滞在予定の方で、クアラルンプール滞在が1日または2日だけと短期の場合は移動時間がもったいないので、わざわざK88 Foodcourtまで足を運ぶよりも、中心部にあるお店で食事をする方が良いと思います。

ただ、マレーシア旅行のリピーターの方でJalan Alor(アロー通り)のような観光地化された場所以外で食事がしたいという時、または長期滞在で時間に余裕がある時であれば、K88 Foodcourtはおすすめです。

まとめ:K88はローカル感がありつつ使いやすいホーカーセンター

K88 Foodcourtは車がないと不便なロケーションにあるものの、適度なローカル感がありつつ使いやすいホーカーセンターです。

グルメの選択肢も多いため、クアラルンプールでちょっとしたホーカーセンター体験をしてみたいという時に足を運んでみてください。

以上、K88 Foodcourtについての紹介でした!

シェアしてくれると嬉しいです↓↓↓

春休み&GW旅行に備えよう!

混み合う連休は早めのホテル予約がおすすすめです。