運動不足が気になる人へ【オンラインフィットネス特集】

【IKEAのバッグ特集】どれが使いやすい?特徴&使い心地を徹底比較

IKEA(イケア)のキャリーバッグ比較

IKEA(イケア)のバッグには、定番人気の青バッグのほか、ちょっとおしゃれなトートバッグやエコバッグなど、様々な商品があります。

どれもびっくりするほど安い価格であるものの、頑丈で汚れに強い便利なアイテムです。

この記事では私が実際に愛用しているIKEA(イケア)のバッグの特徴と使い心地についてご紹介します。

IKEA(イケア)のバッグの種類

  • バッグ
  • キャリーバッグ
  • エコバッグ
  • トートバッグ
  • 保冷バッグ
  • バックパック&メッセンジャーバッグ
  • キャビンバッグ

…などなど。

口コミで人気の定番バッグは、やはり青バッグ

色々なサイズの商品があります。

定番の青バッグのFRAKTA(フラクタ)

IKEA(イケア)FRAKTA(フラクタ)のLサイズキャリーバッグ
  • 商品名:FRAKTA(フラクタ)のキャリーバッグ
  • 価格:99円(Lサイズ / Mサイズ)
  • 基本素材:ポリプロピレン
  • 最大荷重:25kg

はじめてIKEA(イケア)の店舗でお買い物する人がレジ前で購入することの多い、定番中の定番とも言えるバッグがFRAKTA(フラクタ)

リピーターの人はこのバッグをIKEA(イケア)でお買い物する時に持参して、エコバッグとして使うケースが多く、私もIKEA(イケア)に足を運ぶ時は必ず持っていくバッグです。

LサイズとMサイズがあり、どちらも同じ価格で販売されています。

76LサイズのIKEA FRAKTA(フラクタ)バッグ

 FRAKTA(フラクタ)にはトロリー用のキャリーバッグもあります。

ファスナーつきの76LサイズのIKEA FRAKTA(フラクタ)バッグ

容量は76Lとかなり大きめサイズで、ファスナーつきであるところが特徴です。

実際に使ってみて、ファスナーつきは便利だなと感じています。

IKEA(イケア)FRAKTA(フラクタ)のトロリー用バッグ

別売のトロリーにセットして使うことができるほか…

バッグパックにできる76LサイズのIKEA FRAKTA(フラクタ)バッグ

バックパックのように背負って使うことも可能です。

FRAKTA(フラクタ)の耐久性について

FRAKTA(フラクタ)の最大荷重は25kg。

今まで「破れた…」ということはなく、かなりタフです。

3年以上使い込んだFRAKTA(フラクタ)のバッグの表面

上記画像は3年以上使っているFRAKTA(フラクタ)のキャリーバッグ。

割と重たいものを入れて使っているので、表面が薄くなってきている部分もありますが、穴があくということはなく、今でも現役で活躍しています。

エコバッグとして使いやすいBRATTBY(ブラットビー)

IKEA(イケア)のBRATTBY(ブラットビー)のバッグ
  • 商品名:BRATTBY(ブラットビー)のバッグ
  • 価格:79円
  • 素材:ポリプロピレン100%

FRAKTA(フラクタ)のキャリーバッグよりも小ぶりなBRATTBY(ブラットビー)のバッグ。

IKEAロゴがかわいいKLAMBY(クラムビー)

IKEA(イケア)のKLAMBY(クラムビー)のバッグ
  • 商品名:KLAMBY(クラムビー)のバッグ
  • 価格:199円
  • 素材:ポリプロピレン100%

IKEA(イケア)のロゴが入ったKLAMBY(クラムビー)

比較的新しい商品で、人気アイテムになっています。

マレーシアで販売されているIKEA(イケア)のKLAMBY(クラムビー)のバッグ

日本で販売されているKLAMBY(クラムビー)のバッグには「www.IKEA.jp」という表記がありますが、私はマレーシアで購入したので、マレーシアを示す「my」が記載されたバッグになっています。

ただ、本来は「www.IKEA.com.my」と印刷されるはずが、タイポ(誤植)で「www.IKEA.co.my」になってしまったというもので、誤植の商品が限定品として販売されています。

失敗した時などに「ああっ!」「あらまぁ」という意味合いで使うマレー語に、Alamak(アラマッ)という言葉がありますが、誤植版のKLAMBY(クラムビー)のバッグも、ちょっとした失敗を絡めて”Alamak Bags”として販売されています。

同様のケースはシンガポールやタイでも発生していて、それぞれ「www.IKEA.co.sg」「www.IKEA.co.th」という誤植版が販売されています。

EFTERTRÄDA(エフテルトレーダ)のトートバッグ

IKEA(イケア)のEFTERTRÄDA(エフテルトレーダ)のトートバッグ
  • 商品名:EFTERTRÄDA(エフテルトレーダ)のバッグ
  • 価格:499円(IKEA Familyメンバー価格)、599円(通常価格)
  • 素材:綿100%

新しいEFTERTRÄDA(エフテルトレーダ)コレクションも人気です。

IKEA(イケア)EFTERTRÄDA(エフテルトレーダ)トートバッグのバーコードデザイン

トートバッグ。

内ポケットがついているので、小物を入れたい時に便利なつくりになっています。

普段使いに違和感がないバッグです。

IKEA(イケア)のEFTERTRÄDA(エフテルトレーダ)シリーズ

EFTERTRÄDA(エフテルトレーダ)シリーズには、タオルや水筒、Tシャツ、パーカー商品もあります。

そのほかのバッグ

KNÖLIG(クノーリグ)のバッグ

ミニミニサイズのKNÖLIG(クノーリグ)。

小物入れに便利なバッグです。

❤︎詳細&活用方法はこちら↓↓↓

IKEA(イケア)KNÖLIG(クノーリグ)のバッグ

【KNÖLIGクノーリグ】小さくてかわいいIKEAミニバッグの使い方

定番の青バッグよりもおしゃれなデザインになっているFISSLA(フィスラ)シリーズやSKRUTTIG(スクルッティグ)シリーズもあります。

IKEA(イケア)らしい青バッグが嫌だ…という場合は、これらのシリーズのアイテムを選んでも良いと思います。

IKEA(イケア)KNALLA(クナラ)のバッグ

ジッパーつきのKNALLA(クナラ)のバッグも、アイディア次第で色々な使い道があります。

収納に利用できる大きめバッグとしては、透明バッグのDIMPA(ディムパ)も人気です。

IKEA(イケア)バッグの特徴と比較

IKEA(イケア)キャリーバッグ比較

ここからは私が実際に使っている…

  • MサイズのFRAKTA(フラクタ)
  • BRATTBY(ブラットビー)
  • KLAMBY(クラムビー)

…の3種類のバッグをピックアップのうえ、それぞれの特徴や使い心地について比較をしながら紹介します。

KNÖLIG(クノーリグ)も使っていますが、ここでは買い物用にエコバッグとして使用することを前提にしているため、比較から除外しています。

また、LサイズのFRAKTA(フラクタ)を使っていたこともありますが、かなり大きいサイズであることから、エコバッグというよりはキャンプや海水浴などのイベントの時など特定のシーンで使うことの方が多いと思うので、今回の比較から外しています。(ただ、たくさんの荷物を運ぶ時に、頑丈で汚れても良いバッグとしては便利なアイテムです。)

同様の理由から、76LのFRAKTA(フラクタ)のバッグも比較から除外しています。

BRATTBY(ブラットビー)とMサイズのFRAKTA(フラクタ)

IKEAの青バッグ、BRATTBY(ブラットビー)とFRAKTA(フラクタ)の比較
BRATTBY(左)とMサイズのFRAKTA(右)

まずは青バッグの比較。

小ぶりサイズのBRATTBY(ブラットビー)と大きめサイズのFRAKTA(フラクタ)。

2種類の取手が便利

FRAKTA(フラクタ)もBRATTBY(ブラットビー)も2種類の取手があります。

IKEAのFRAKTA(フラクタ)の長い取手

長い取手。

IKEAのFRAKTA(フラクタ)の短い取手

短い取手。

サイズ比較

IKEAのFRAKTA(フラクタ)とBrattby(ブラットビー)の大きさ比較

全体的にFRAKTA(フラクタ)の方が大きいものの、底(マチ)の部分はどちらもほぼ同じサイズで約18cmです。

IKEA(イケア)のBRATTBY(ブラットビー)とFRAKTA(フラクタ)のバッグサイズ

IKEA(イケア)の青バッグでちょっとわかりにくいのはサイズ(寸法)

特に横幅。

例えば、IKEA公式サイトに記載されているMサイズのFRAKTA(フラクタ)の寸法は45x18x45cm。

底の部分をベースに計測すると横幅は約45cmですが、バッグを平らにして広げた時の一番長い横幅の寸法は約63cmもあります。

このため、実際にFRAKTA(フラクタ)のバッグを手にした時に「大きい!」と感じることがあるはずです。

BRATTBY(ブラットビー)も同じように、横の長い部分は44cm程度あります。

(ただ、寸法には若干誤差があるので、参考程度にしてください。)

BRATTBY(ブラットビー)とKLAMBY(クラムビー)

IKEAのBRATTBY(ブラットビー)とKLAMBY(クラムビー)

BRATTBY(ブラットビー)とKLAMBY(クラムビー)は、どちらも日常使いしやすいサイズ感です。

取手の部分の長さが異なるため、肩にかけて使うならBRATTBY(ブラットビー)の方が使い勝手が良いと言えます。

KLAMBY(クラムビー)も肩にかけて使うことができますが、例えば冬など厚めの洋服を着込んでいる場合は、肩にかけにくい…ということがあるかもしれません。

BRATTBY(ブラットビー)とKLAMBY(クラムビー)のマチ比較

高さのあるKLAMBY(クラムビー)。

4個セットになったティッシュ箱が入るくらいの高さがあります。

マチに関しては、BRATTBY(ブラットビー)の方がやや大きめです。

MサイズのFRAKTA(フラクタ)とKLAMBY(クラムビー)

FRAKTA(フラクタ)とKLAMBY(クラムビー)のマチ比較

どちらも40cm以上の高さがあり、縦長のものを入れるには余裕のあるサイズ感です。

FRAKTA(フラクタ)の方が横幅が大きく、容量も大きいため、たくさんモノを入れるのであれば、FRAKTA(フラクタ)の方が便利です。

折りたたみサイズ比較

折りたたんだIKEA(イケア)のキャリーバッグ
BRATTBY(左)FRAKTA(中央)KLAMBY(右)

どのバッグもコンパクトに折りたたむことができます。

上記画像は簡単にぱぱっと折りたたんだ状態のもので、さらに折り込んで小さくすることも可能です。

【結論】普段使いに適したバッグはこれ!

IKEAのBrattby(ブラットビー)

私がちょっとした買い物に使いやすいと感じているバッグはBRATTBY(ブラットビー)

急にコンビニやスーパーに寄ってバッグが必要になる…など、いざという時のためにハンドバッグのなかに入れて持ち歩いています。

食品をつめたIKEAのBRATTBY(ブラットビー)
食材を入れたBRATTBY

BRATTBY(ブラットビー)は1人暮らしで1〜2日分の買い物程度ならちょうど良いサイズ感だと思います。

牛乳パックやペットボトルは余裕で縦置きできる高さがあります。

普段、1週間分の食材をまとめ買いしているので、メイン使いしているエコバッグはIKEA(イケア)ではない大きめサイズのものを使っていますが、BRATTBY(ブラットビー)のバッグはメインのエコバッグに入りきらないものを入れるサブバッグ、または卵やパンなど割れやすいものや崩れやすいものを入れる専用バッグにしています。

同じサイズのFISSLA(フィスラ)もかわいいです。

FRAKTA(フラクタ)は普段の買い物には大き過ぎる?

食材のまとめ買いをする時に、大容量のFRAKTA(フラクタ)のバッグは使えないの?と感じることがあるかもしれません。

普段のまとめ買いでもちょっと大き過ぎる…と感じているので、いつも以上にたくさんの量の食材を買い込みたいという時にしか使っていません。

古着を入れたFRAKTA(フラクタ)のバッグを持ち運んでいるところ
古着を入れたMサイズのFRAKTA

FRAKTA(フラクタ)のバッグはスーパーで使うエコバッグというよりも、いらなくなった洋服をリサイクルに出す時に使ったり、重たいものを運ぶ時、またはレジャーで使っています。

ランドリーバッグとしての用途も便利です。

BRATTBY(ブラットビー)と同じように、汚れが気にならず、汚れたとしても水でバシャバシャ洗って、すぐに乾くところが気に入っています。

FRAKTA(フラクタ)のMサイズバッグは2つ持っていて、1つは車のなかに置き、もう1つは自宅に置いて、ここぞという時に使えるようにしています。

まとめ

FRAKTA(フラクタ)もBRATTBY(ブラットビー)もKLAMBY(クラムビー)もゴワゴワする手触りであるため、さらっとしたエコバッグが好きという人にはガサつきが気になるかもしれませんが、プチプラ価格のエコバッグとしては非常に優秀です。

以上、IKEA(イケア)のバッグについての紹介でした!

IKEA(イケア)の人気おすすめ商品

IKEA歴10年以上の私が解説|買うべきおすすめ人気商品【ランキングつき】


運動不足が気になる人おすすめ!
便利なオンラインサービス

自宅でプロのヨガレッスンを受けることができるオンラインフィットネスのSOELU(ソエル)。
インストラクターとオンラインで繋がり、臨場感あるヨガレッスンを月額1,078円から受けることができます。
1ヶ月間トライアルの詳細はこちら