選べる楽しさ満載!IKEA 365+のふた付き保存容器

IKEA365+のふた付き保存容器

保存容器・食器・グラス・フライパンなど、様々なキッチンアイテムを抱えるIKEA 365+シリーズ

同商品ラインの中でも人気のアイテムが保存容器。

容器のサイズやふたを自由に組み合わせて使うことができる

…こんな斬新的なコンセプトがもとになっている商品で、私自身も買い増しを繰り返し、普段の生活の中で愛用しているアイテムの1つです。

この記事ではIKEA 365+シリーズのふた付き容器の詳細についてご紹介します。

素材が豊富なIKEA 365+のふた

IKEA 365+シリーズのふた

IKEA 365+のふたの素材は以下の通り。

  1. プラスチック
  2. シリコン
  3. ガラス

(*一部の形状&サイズの容器はふたの選択肢が限られているものもあります。)

ふたの価格は材質やサイズによって異なり、IKEA(イケア)での販売価格帯は100円〜400円

 

IKEA 365+シリーズのシリコン製ふた

シリコン製のふた。

シリコーンゴムが使われていることから、このままオーブンやレンジに入れて使うことができます。

また、繰り返し使うことができるので、サランラップやアルミホイルを使うよりも環境に優しい点もシリコン製ふたの魅力です。

 

IKEA 365+シリーズのプラスチック製のふた

プラスチック製のふた。

ふた製品の中で最も安い素材になります。

 

IKEA 365+の保存容器の形状とサイズ

容器の素材はプラスチックまたはガラス。

形状は丸形・正方形・長方形。

容量は400ml・450ml・600ml・750ml・1L・1.2L・1.4L・1.7L ・1.8L・2L ・3.1L ・3.3L・ 4.2L・5.2L・10.6Lとバリエーション豊富です。

 

プラスチック素材の長方形の容器。

プラスチック製の容器はサイズバリエーションがガラス製よりも充実しています。

一番大きな容量の10.6Lのサイズがあるのもプラスチック製の容器になります。

 

円柱になっている丸型タイプの保存容器。

 

こんな形の容器もあります。

 

容量3.3Lの大型ガラス容器。

IKEA 365+ふた付き保存容器のレビュー

ここからは私が実際に普段の生活の中で愛用しているアイテムについてレビューします。

 

長方形のガラス容器+プラスチック製のふた

数年前にはじめて購入したものは長方形タイプの保存容器。

作り置きしたものや余ったおかずを入れて、主に冷蔵庫の中で使っています。

同じ形のものを複数購入して使っていますが、冷蔵庫の中がすっきり見えるのでおすすめです。

また、ガラス容器はレンジやオーブンでの温めに使えます。(耐熱温度100℃)

 

正方形↓↓↓

丸型↓↓↓

 

丸型のガラス容器+プラスチック製のふた

シリアル入れに使っている縦長の丸型容器。

容量は1.7L。

手作りしたミューズリーを入れて使っています。

IKEA(イケア)での販売価格はふたが100円、容器が399円で合計499円。

正方形のガラス容器+竹製のふた

正方形の保存容器も使い勝手が良いです。

容量は1.2L。

主に穀物・豆類・ナッツ類など、常温保存できるアイテムの収納に使っています。

また、手作りしたピザ生地の余りを入れて冷蔵保存に使うこともありますが、容器に深さがあり割と何でも入れることができるので便利です。

IKEA(イケア)での販売価格は竹のふたが300円、容器が299円で合計599円。

丸型のガラス容器+竹製のふた

この形もお気に入りです。

保存容器以外に、そのまま食卓に並べて使う形もおすすめです。

容量は600ml。

IKEA(イケア)での販売価格は竹のふたが300円、容器が249円で合計549円。

 

こんな風に乾物を収納する時に使っています。

中身がはっきり見える上、すっきり収納できる点が気に入っています。

 

竹のふたとガラス容器の組み合わせはおすすめですが竹製のふたは価格が少し高めなので、ふたをプラスチック製にすると少し安くなります。

使用していて気になる点

色々な形状のものを使っていて気づいたことがあります。

同じ365+シリーズの保存容器でも「これは買って良かった」「これはここがちょっと…」というものがあるので、簡単に紹介します。

 

ふたが閉めにくいものがある

四角形のふたを使っている時に、ふたの開閉がしづらいと感じることがあります。(全ての商品ではなく、ごく一部の商品です。)

 

例えば、上記画像のようににパチンとロックする部分が1ヶ所だけしっかりと閉じることができないというケースがあります。

IKEA(イケア)公式サイトでも、ふたが閉めにくいというレビューをしている人がいますが、恐らく同じようなケースだと考えられます。

 

しっかり閉まらない時は…

  1. ふたと容器本体がずれていないか確認(正しい位置にないとしっかり閉まらない)
  2. ふたを閉める時に、左右均等に同じ力をかけるようにする

…こんな点に注意してみてください。

特に②の部分が重要で、両手を使って左右から同じように力をかけて閉めることで、パチっとしっかり閉めることができるようになりました。

ふたを閉める時に片方だけに力が偏っていたり、片側だけ閉めようとすると、「閉まらない…」というケースに繋がると実体験から感じています。

また、口コミの中にはふたが硬いというコメントもあります。

確かにふたは若干固めですが、しっかり密閉できているので、不満は感じていません。

このあたりは個人によって感じ方が異なると思うので、気になる方はIKEA(イケア)のお店で確認してから購入することをおすすめします。

ちなみに、上記で紹介した商品は容量4.2Lのプラスチック製容器です。

ふたが少しだけ硬いと感じることがあるものの、お米の保存に使ったり、保存容器としては気に入っています。

 

竹のふたや丸型の形状の方が開けやすい

竹のふたはプラスチックのふたのようにパチンとロックするデザインではなく、もっとシンプルな構造になっていて、開閉が楽です。

 

力を入れることなく、ふたの開閉ができます。

 

また、同じプラスチックでも四角よりも丸型のふたの方が開閉が楽だと感じています。

開閉する時にロックする部分の面積が小さいものの方が開け閉めが簡単という印象があります。

IKEA 365+の長方形と丸型のプラスチックふた

例えば、右側にある丸型のふたと左側にある長方形のふた。

ロック部分の面積が小さい丸型のふたの方が長方形のふたよりも開閉が簡単です。

あくまで個人的な感想に基づくものですが、開閉時に力を加える部分が小さいほど、開閉が楽なのかな…と感じています。

 

まとめ

IKEA 365+シリーズのガラス保存容器は冷蔵庫でもレンジ&オーブンでも使える汎用性の高さが魅力です。

ふただけ、容器だけ…という単品購入ができるので、例えばふたの汚れや消耗(特にふたパッキン部分)が気になれば、新しいふたを購入して、容器は使い続けることができるという柔軟性も気に入っています。

以上、IKEA 365+シリーズの保存容器についての紹介でした!

 

♥IKEA 365+保存容器の収納にはIKEAのワゴンがおすすめです↓↓↓

IKEAのRÅSKOG(ロースコグ)ワゴン

【IKEAのワゴン】RÅSKOG(ロースコグ)の活用方法と組み立てガイド

♥ガラスウェア特集はこちら↓↓↓

IKEAのグラスウェア

【IKEAのガラスウェア】デザイン性と機能性を兼ね備えた優秀なモノたち

♥IKEAのキッチンアイテム特集はこちら↓↓↓

IKEA(イケア)のキッチンアイテム

レビューあり!IKEAで購入して良かったキッチン用品

♥IKEAのおすすめアイテム特集はこちら↓↓↓

IKEA(イケア)の人気おすすめ商品

IKEA歴10年以上の私が解説|買うべきおすすめ人気商品【ランキングつき】


運動不足が気になる人おすすめ!
便利なオンラインサービス

自宅でプロのヨガレッスンを受けることができるオンラインフィットネスのSOELU(ソエル)。
インストラクターとオンラインで繋がり、臨場感あるヨガレッスンを月額980円(税抜)から受けることができます。
100円で30日レッスン受け放題の詳細はこちら


ABOUT US

エル
海外在住歴約10年。 留学、海外インターンシップ、海外勤務で欧米やアジアなど数カ国に在住。国際結婚したのち台湾へ。 現在はマレーシアでの生活をメインに、マレーシアと台湾を行ったり来たりして生活しています。