自宅で簡単に取り組める!【オンラインフィットネス特集】>>

大きさに圧倒!ペナンの巨大コンテナアート【2020年5月までの期間限定】

ペナンのPenang International Container Art Festival (PICAF)用に描かれたコンテナアート

ペナン観光で高い注目を集めるストリートアート。

SNS映えするフォトジェニックな壁画が人気を博している中、新しい”アート”が注目を集めています。

その名はコンテナアート

巨大で迫力満点のコンテナアートは、ジョージタウンの世界遺産エリアに点在する壁画とは一味違う芸術作品になっています。

この記事では期間限定で展示されているペナンのコンテナアートの詳細についてご紹介します。

ペナンのコンテナアートとは

ペナンの最新アートとして注目を浴びているコンテナアートは、Penang International Container Art Festival (PICAF) ・ペナンインターナショナルコンテナアートフェスティバルというイベントの一環として、2020年5月末までの期間限定で展示されているものになります。

 

ペナンのコンテナアートに使用されている輸送用コンテナ

輸送用コンテナを組み合わせ、巨大キャンバスにして描かれたコンテナアート。

マレーシアのローカルアーティストロシア、カナダ、ウクライナなど海外のアーティストたちがコンテナのキャンバスに巨大なアートを描いています。

 

コンテナアートのロケーション情報

コンテナアートはペナン島だけではなく、マレー半島(本島)にあるButterworth(バタワース)を含め、ペナン州全体に広く分布しています。

具体的なロケーション情報は以下の通り。

  1. Prangin Mall(George Town)
  2. Karpal Singh Drive(Jelutong)
  3. Kampung Terang(Balik Pulau)
  4. Dataran Pemuda Merdeka (Butterworth)
  5. Aspen Vision City(Batu Kawan)

ペナン島内にあるコンテナアートは①〜③、④と⑤はメインランド(本島)側にあります。

 

イメージマップで見るコンテナアートのロケーション情報

全部で5箇所に点在しているペナンのコンテナアート。

それぞれの位置関係を地図(イメージマップ)にしてまとめてみたものがこちら。

ペナン州のコンテナアート位置情報イメージマップ
コンテナアートのイメージマップ

右側にある黄色の部分がマレー半島、左側にある島がペナン島(Pulau Pinang)になります。

同じペナン州と言っても、展示場所が点在していることがわかります。

またBalik Pulauにある③のコンテナアートはペナン島内にあるものの、中心部のGeorgetown(ジョージタウン)から距離があります。

④のコンテナアートはペナンブリッジの近く、⑤のコンテナアートはセカンドブリッジの近くにあります。

ここではペナン島内にある①〜③のコンテナアートについて紹介します。

 

Prangin Mallにあるコンテナアート

Sasha Korbanさんが手がけたトライショーを運転する人を描いたペナンのコンテナアート

トライショーに乗った男性を描いたPrangin Mallの前にあるコンテナアート。

ウクライナ出身のアーティスト、Sasha Korbanさんが手掛けた作品になります。

 

Bibichunさんが手がけたBatikを作る女性を描いたペナンのコンテナアート

トライショーのコンテナアートの裏に描かれた作品がこちら。

ペナンのジョージタウンをベースに活動するローカルアーティスト、Bibichunさんが手がけたもので、マレーシアのBatik Artistの父として知られる故Chuah Thean Tengさんをトリビュートした作品になります。

伝統衣装のKebaya(クバヤ)を着た女性がBatikにペインティングしているところを描いたもので、ユニークな文化を次の世代に伝承するという意味合いを持つ作品です。

 

Prangin Mallにあるコンテナアートのロケーション情報

ペナンのジョージタウンにあるPrangin Mall

Prangin Mallの目の前、Jalan Dr Lim Chwee Leongという通りに面した場所にあります。

 

Komtar(コムター)の近くにあるため、この近辺に滞在予定の旅行者の方は徒歩でアクセス可能です。

 

Karpal Singh Driveにあるコンテナアート

Julia Volchkovaさんが手がけたペナンのコンテナアート

世界的に著名なアーティスト、ロシア出身のJulia Volchkovaさんが描いた作品がこちら。

Julia Volchkovaさんの壁画はジョージタウンエリアやBalik Pulauにもあり、どれも一度見たら忘れない、そんな深い印象を放つ独特の世界観を持っています。

 

Kenji Chaiさんによって描かれたペナンのコンテナアート

Julia Volchkovaさんの作品の反対側に描かれたアート。

サバ州・Sandakan出身のローカルアーティストであるKenji Chaiさんが手がけた作品です。

 

Karpal Singh Driveにあるコンテナアートの近くにある歩行者優先の標識

ちなみに…コンテナアートのすぐ近くにある歩行者優先の標識のイラストもかわいいです。

 

Karpal Singh Driveにあるコンテナアートのロケーション情報

JelutongにあるKarpal Singh Driveの標識

ジョージタウンから見て南部に位置するJelutongのKarpal Singh Driveという海岸線の近くにあります。

 

JelutongのKarpal Singh Driveから見えるペナンブリッジ

コンテナアートからはペナン島と本島を結ぶペナンブリッジが見えます。

 

JelutongのKarpal Singh Driveにあるマクドナルド

コンテナアートのすぐ近くにマクドナルドがあるので、これが目印になります。

 

Karpal Singh Drive周辺は観光客が多いジョージタウン中心部とは異なり、落ち着いて開放的な雰囲気が漂っています。

 

Balik Pulauにあるコンテナアート

Marat Danilyanさんによって描かれたコンテナアート

ロシア出身のアーティスト、Marat Danilyanさんによって描かれたコンテナアート。

 

Leonard SiawさんとAries Kong(Jagung)さんによるペナンのコンテナアート

反対側に描かれたアートはSarawak(サラワ)州出身のアーティスト、Leonard SiawさんAries Kong(Jagung)さんのコラボ作品になります。

稲やドリアンを持った農家の人々が描かれていて、農業従事者への敬意を示した作品になっています。

Balik Pulauは田園が広がるエリア、Balik Pulauおよびその近くにあるTeluk Bahangはドリアン農園があるエリアとして非常に有名です。

 

Balik Pulauにあるコンテナアートのロケーション情報

ペナン島のBalik Pulauにある田んぼ

ペナン島の西側にあるBalik Pulau。

Balik PulauのコンテナアートがあるエリアはKampung Terangと呼ばれる場所にあります。

ペナン島内でも中心部からかなり距離があり、コンテナアートを探すだけでも結構大変です…。

 

 

まとめ:期間限定のアートを楽んでみるのも○

コンテナアートは一つ一つの作品が離れた場所にあることから、世界遺産エリアにあるストリートアート(壁画)のように徒歩で巡るということが難しい面があります。

ペナン観光の日程に余裕がない場合は、ジョージタウンエリアにある従来のストリートアートとPrangin Mall前にあるコンテナアートだけに絞ることをおすすめします。

ただし、コンテナアートの目的がパブリックアートを通じ、これまで注目されなかったペナンのほかのエリアにも光を当てるという狙いがあることから、時間に余裕のある方、車が自由に使える方、こんな方はペナンのコンテナアート巡りはおすすめです。

 

以上、Penang International Container Art Festival (PICAF)についての紹介でした!

 

♥ペナンのストリートアートの詳細はこちら↓↓↓

ペナンのストリートアート(boy on a bike)

ペナンのストリートアートを楽しみたい人へ【見所解説&ロケーション情報】


おうち時間を楽しみたい人におすすめ!
便利なオンラインサービス

自宅でプロのヨガレッスンを受けることができるオンラインフィットネスのSOELU(ソエル)。
ヨガ初心者にも経験者にもおすすめすることができる充実した内容になっています。
月額480円(税抜)からはじめることができる新コースが登場しています!
>無料体験レッスンの詳細はこちら


カテゴリーで検索