使わなきゃ損!台湾旅行にお得なサービスはこちら>>

【Roti Jalaとは?】マレーシアの黄色いクレープのロティジャラ

マレーシアのRoti Jala(ロティジャラ)

イエローカラーのクレープのようなRoti Jala(ロティジャラ)

朝食や軽食に食べられているマレーシアの食べ物になります。

この記事では、マレーシアのRoti Jala(ロティジャラ)の特徴について紹介します。

マレーシアのRoti Jala(ロティジャラ)とは?

Roti Jala(ロティジャラ)

鮮やかな黄色が特徴のRotil Jala(ロティジャラ)

  • 小麦粉
  • ターメリック
  • ココナッツミルク

…などをミックスしたものを生地のベースとし、フライパンで焼くパンケーキ(クレープ)です。

黄色い色味はターメリックパウダーによるものになります。

Roti Jalaは「網のパン」を意味する

網のような見た目のRoti Jala(ロティジャラ)

Roti Jala(ロティジャラ)は、RotiとJalaという2つの単語で構成されている言葉になります。

  • Roti(ロティ)=パン
  • Jala(ジャラ)=

…という意味があり、Roti Jalaを直訳すると網のパン

Roti Jala(ロティジャラ)には、やや厚めの生地タイプと薄めの生地タイプがあり、厚めのものはパンケーキ薄めのものはクレープに近い食べ物になります。

インドの料理が元になっている?

マレーシアのRoti Jala(ロティジャラ)は、インドPutu Mayam(プトゥマヤム)がベースになっていると言われています。

南インドからマレー半島に移住したインド系の移民たちにより、マレーシアにPutu Mayamが伝わり、それにアレンジを加えて誕生したものがRoti Jala(ロティジャラ)であるという起源説が有名です。

Putu Mayam

こちらがPutu Mayam

Putu Mayamは、米粉(ライスフラワー)を使って作られる南インドを発祥とする料理で、英語でString hoppers(ストリング・ホッパー)と呼ばれています。

押出し機を使って麺状にするPutu Mayamの製法がRoti Jala(ロティジャラ)のベースになっていると考えられています。

Putu MayamにないRoti Jalaの特徴

マレーシアのRoti Jala(ロティジャラ)には、

  • 小麦粉を使う
  • ターメリックを加える
  • 焼く

…というPutu Mayamにはない特徴があります。

両者の違いを完結にまとめると、

  • Putu Mayam:米粉を使い、蒸して作られる料理
  • Roti Jala:小麦粉を使い、ターメリックを加えて、焼いて作られる料理

…になります。

これらの違いがPutu Mayamをベースにマレーシアで加えられた独自のアレンジ&進化ポイントだと言われています。

ロティジャラの網目はどのように作られている?

網のパンという意味を持つRoti Jala(ロティジャラ)

網のパンと形容されるRoti Jala(ロティジャラ)。

網目のようになっているRoti Jala(ロティジャラ)

レースを思わせる網目のような生地は、押出し機のような道具を使ったり、複数の穴を開けた容器に生地のベースを入れて、生地を絞り出すようにして作られています

フライパンの上に生地ベースを縦横に絞り出し、丸くなるように形を整えて、焼いたら完成です。

お好み焼きのマヨネーズ

イメージとしては、お好み焼きにマヨネーズをかける時のような感じです。

2通りあるロティジャラの包み方

Roti Jala(ロティジャラ)の包み方は、

  1. ロール状に包む方法
  2. 扇状に包む方法

…の2通あります。

Roti Jala(ロティジャラ)の包み方

ロール状にする時は、焼き上げた生地の両端を中央で重ね合わせるように折りたたみます。

Roti Jala(ロティジャラ)を丸めているところ

折りたたんだ状態で下から上にコロコロ丸めていけば完成です。

折りたたんだRoti Jala(ロティジャラ)

扇状にする場合は、生地を半分に折りたたんで、両端を中央で重ねます。

クレープを作る時に似ています。

Roti Jala(ロティジャラ)の食べ方

Roti Jala(ロティジャラ)をカレーにつけているところ

Roti Jala(ロティジャラ)自体に強い味はなくプレーンな風味なので、ほぼ必ずカレーがセットになっています。

チキンカレーとの組み合わせが定番

ロティジャラと一緒に食べることが多いマレーシアのチキンカレー(Kari Ayam)

チキンカレー(Kari Ayam)が一般的で、甘辛いカレーにロティジャラをディップして食べます。

ロティジャラの柔らかい食感とカレーの旨味を楽しむ料理になります。

Roti Jalaはどこで食べることができる?

多くのお店でRoti Jala(ロティジャラ)が販売されているわけではないものの、クアラルンプールでは、割と有名なレストランやチェーン展開しているお店で食べることができます。

例えば、

  • Limapulo
  • Nyonya Colors
  • Ali, Muthu & Ah Hock

Limapuloはニョニャラクサが人気のお店で、各種ニョニャ料理を楽しむことができます。

クアラルンプールにあるニョニャレストラン(Limapulo: Baba Can Cook)

Nyonya Colorsは、Suria KLCCやPavilion KLなど、クアラルンプールの主要ショッピングモール内で営業しているので、アクセスが良好です。

Ali, Muthu & Ah Hockもチェーン展開しているので、チャイナタウンをはじめ色々な場所にお店がありますが、Nyonya ColorsのRoti Jalaの方が美味しいので、フランチャイズ系のお店で食べるなら、Nyonya Colorsをおすすめします。

クアラルンプールにあるNyonya Colors(ニョニャカラーズ)

個人的に特に美味しいと感じているお店は、Gerai Anna Sri Jala

カレーは割とあっさりしているものの、ロティジャラの食感が非常に柔らかく美味しいです。

住宅街のなかにある小さなお店で、あまり便利なロケーションにはないため、直接足を運ぶことはおすすめしませんが、foodpandaで注文できます。

まとめ

インドの料理にアレンジを加えて作られたマレーシアのRoti Jala(ロティジャラ)。

さくっと食べることができる美味しい食べ物です。

以上、マレーシアのRoti Jala(ロティジャラ)についての紹介でした!

シェアしてくれると嬉しいです↓↓↓

春休み&GW旅行に備えよう!

混み合う連休は早めのホテル予約がおすすすめです。