KLセントラル駅でKLIAエクスプレスから公共交通機関に乗り換える流れと切符購入方法

クアラルンプールのLRT

クアラルンプールの様々な公共交通機関が乗り入れる総合駅のKLセントラル(KL Sentral)

クアラルンプール国際空港からKLIAエクスプレスを利用し、クアラルンプール中心部にアクセスする場合の終着駅がKL Sentral駅になります。

この記事では、KLセントラル駅から各公共交通機関に乗り換える流れについて紹介します。

KLセントラル駅にある公共交通機関の種類

まずは、KLセントラル駅で利用できる公共交通機関の種類について紹介します。

KLセントラルにある公共交通機関の種類は以下の通り。

  • KLIA Ekspres/KLIA Transit
  • LTR
  • KL Monorail
  • KTM(Intercity/ETS、Komuter)
  • MRT(*駅名はMuzium Negara)
  • バス(Hop-On Hop-Off、GO KL City Bus、rapid KL、エアポートコーチ)

①KLIA Ekspres & KLIA Transit

KLIAエクスプレスはクアラルンプール国際空港とKLセントラル駅を繋ぐ空港線の特急電車です。

一方、KLIAトランジットも同じく空港とKLセントラル駅を繋ぐ乗り物ですが、こちらは各駅停車の普通電車になります。

KLIAエクスプレス(KLIA Express)

②LRT

LRTはLight Rail Transitの略で、日本語に訳すると軽量軌道交通

LRTには、

  1. Kelana Jaya Line
  2. Sri Petaling Line
  3. Ampang Line

…という3路線があり、KLセントラル駅で利用できる路線は①のKelana Jaya Line(クラナ・ジャヤ線)になります。

KLセントラル駅からKLCCにアクセスする時に便利な路線です。

③KL Monorail

KL Monorailはモノレール

モノレールはImbi、Bukit Bintang、Bukit Nanas、Chow Kitなどの駅があります。 

④KTM

マレー鉄道のKTM

KTMには以下の種類の電車があります。

  • Intercity / ETS
  • Skypark Link
  • Komuter

Intercity(インターシティ)は長距離電車、ETSは特急列車、Skypark Link(スカイパークリンク)はKLセントラルとスバン空港を繋ぐ電車、Komuter(コミューター)はクアラルンプール市内&近郊を中心に走る電車になります。

なお、スカイパークリンクについては、暫定的に運行が休止されています。

⑤MRT 

MRTはMass Rapid Transitの略で、大量高速輸送を意味します。

KLセントラルにあるMRTの駅はマレーシア国立博物館の近くにあり、駅名もKLセントラル駅ではなくMuzium Negara(マレーシア国立博物館)という名称になっています。

クアラルンプールの公共交通機関路線図

クアラルンプールの公共交通機関路線図

上記の路線図はKLセントラル駅にあるものですが、事前に確認したい時はrapidKLやKTMの公式サイトでチェックできます。

»rapidKL公式サイトはこちら

»KTMの公式サイトはこちら

LRTやKTMコミューターに乗り換える

ここからはクアラルンプール国際空港からKLIAエクスプレスでKLセントラル駅に到着、そこからほかの公共交通機関に乗り換える時の流れについて紹介します。

KLIAエクスプレスKLセントラル駅のプラットホーム

こちらがKLIAエクスプレスのKLセントラル駅。

電車を降りたら、到着フロアという表示を目印に進んで行きます。

KLセントラル

改札を出たところが到着フロアになっています。

KLセントラルにある乗り換え案内

到着フロアには各公共交通機関への乗り換え案内があります。

案内表示に沿って、KLIAトランジット、LRT、モノレール、KTMに乗る場合は左手側、MRTに乗車する場合は右手側に進んで行きます。

KLIAエクスプレスの改札口から公共交通機関に乗り換える道順

ここではLRTやKTMコミューターに乗り換えることを想定して、左側に曲がります。

KLセントラル駅にあるインフォメーションカウンター

角にインフォメーションセンターがあるので、これを目印にしてください。

KLIAエクスプレスの改札を出て、まっすぐ歩くと正面にスターバックスが見えるので、そのまま左に曲がる…という形で覚えておく形も○です。

KLセントラル駅の通路

通路をまっすぐ歩いて行きます。

KLセントラル駅のメインホール

通路を抜けると、大きなホールに出ます。

ここで左手側に曲がります。

KLセントラル駅と各種公共交通機関の乗り場

このエリアにKTMコミューターとLRT、KLIAトランジットの改札があります。

手前からKTMコミューター、LRT、KLIAトランジットの改札という位置関係になっています。

KLセントラル駅にあるKTMの改札

こちらはKTMコミューターの乗り場。

KLセントラル駅からバトゥ洞窟(Batu Caves)に電車でアクセスする時は、KTMコミューターを利用します。

バトゥ(バツー)洞窟(Batu Caves)
KLセントラルにあるLRT(Kelana Jaya線)の乗り場

KTMコミューターの乗り場からさらに奥に歩いていくと、LRT(Kelana Jaya線)の乗り場があります。

KLセントラル駅にあるKLIAトランジット乗り場

KLIAトランジットの乗り場は、さらに奥にあります。

KLセントラル駅にあるKLIAエクスプレス乗り場

KLIAトランジットの改札口はNu Sentralという駅直結型のショッピングモールに繋がるエスカレーター横にあります。

NU Sentralのモール内景観

また、Nu Sentralのエスカレーターの横にある通路を歩いて行くと、KLIAエクスプレスの出発ロビーがあります。(This way to KLIA ekspresという文字があるピンク色の案内表示があるので、KLIAエクスプレスに乗車する時はこの案内が目印になります)

モノレールに乗り換える

kLセントラル駅にあるモノレール乗り場への案内表示

モノレール乗り場は少し離れたところにあり、NU Sentral経由でアクセスします。

NU Sentralに繋がるエスカーレーターを登ると、CC(コンコース)と呼ばれるNU Sentralのフロアに到着します。

そこからエスカレーターを使って、一つ下にあるGF(グランドフロア)に行きます。

NU Sentralからモノレールに繋がる通路

モノレール乗り場に続く通路。

KLセントラル駅にあるモノレールの券売機

モノレールの券売機。

モノレールのKLセントラル駅の改札口

その先に改札口があります。

KTMインターシティに乗り換える

KLセントラル駅にある階段

KTMインターシティやETSに乗り換える場合は、NU Sentralと反対方向にある階段やエスカレーターを利用して、一つ上の階(Level 2)に行きます。

KLセントラル駅のKTMインターシティ乗り場があるフロア

このフロアに乗り場があります。

KLセントラル駅にあるKTMの切符売り場

KTMインターシティ(ETS)の切符売り場。

KLセントラル駅にあるKTMインターシティ乗り場

こちらが乗り場。

MRTに乗り換える

KLIAエクスプレスを降りてからモノレールに乗り換える場合は、改札口があるホールから、右手側に歩いて行きます。

KLセントラル駅にあるMRTの案内表示

MRTという表示がある方向に歩いて行き、エスカレーターやエレベーターに乗って、上の階に行きます。

KLセントラルにあるMRTに繋がる長いエスカレーター

こちらがエスカレーター。

KLセントラル駅からMRTに繋がる通路

ヒルトンクアラルンプール)やル・メリディアンクアラルンプールの前を通り過ぎ、表示に沿ってさらに歩いて行きます。

少し距離がありますが、単純に通路を歩いて行くだけなので、迷うことはないはずです。

MRT・KLセントラル駅の改札

MRTの改札口。

バスに乗り換える

KLセントラル駅のメインエントランス前にある道路

KL Hop-On Hop-OffやGO KL City Busに乗り換える時は、KTMインターシティの乗り場と同じLevel 2に行きます。

メインエントランスに面した道路沿いにバス停があります。

ヒルトンやル・メリディアンが道路の奥にあるので、これらのホテルを目印にしてみてください。

KLセントラル駅にあるKL Hop-On Hop-Offのバス停

KL Hop-On Hop-Offのバス停。

KLセントラル駅にあるGO KL City Busのバス停

GO KL City Busのバス停は、KL Hop-On Hop-Offと同じ並びにあります。

GO KL City Busは運賃無料のバスサービスです。

ちなみに…

クアラルンプール国際空港(KLIA)行きのバス(エアポートコーチ)の乗り場は別の場所にあります。

NU Sentralに繋がるエスカレーターの左脇にある通路からアクセスします。

KLセントラル駅にあるエアポートコーチ乗り場に続く通路

こちらがその通路。

KLセントラル駅にあるエアポートコーチ乗り場に続くエスカレーター

エスカレーターを使って下の階に行きます。

KLセントラル駅にあるエアポートコーチ乗り場

ここに空港行きのバス停があります。

LRTの切符(トークン)購入方法から乗車までの流れ

ここからは、切符の購入方法について紹介します。

RapidKLの券売機

こちらが券売機。

LRT・MRT・モノレール・BRTはrapidKLという公共交通システムによって運営されているため、切符の購入方法は同じです。

rapidKLの券売機の操作画面

メニューの操作言語はマレー語または英語。

英語表示に切り替えたい場合は画面の左上にある「English」のボタンをタップします。

ステップ①:乗車する電車を選択

rapidKL券売機の電車の種類を選択する画面

本記事ではLRTのKelana Jaya線に乗車することを想定しているので、「LRT Kelana Jaya Line」のボタンをタップ。

ステップ②:降車駅を選択

rapidKL券売機の降車駅選択画面

乗車駅であるKL Sentralが既に選択されている状態であるため、ここでは降車駅を選択します。

ステップ③:切符の枚数と支払い方法を選択

rapidKLの切符の枚数選択画面

「QUANTITY」の項目で切符の枚数を指定します。

切符の枚数を指定後、画面下部にある「CASH(現金)」のボタンをタップします。

ステップ④:支払い

rapidKL券売機の通貨と紙幣挿入指示画面

ここではRM10・20・50・100といった紙幣が使えないという表示があるので、RM1またはRM5の紙幣やコインを使って支払いします。 

rapidKLのコインと紙幣挿入部分

コインは上部、紙幣は下部にある挿入口にそれぞれ投入します。

rapidKL券売機の切符発行画面

支払いが終わると切符が発行されます。

これで切符の購入が完了です。

rapidKLのトークン(Single Journey Token)

rapidKLで使われている片道切符はトークンになっていて、Single Journey Tokenと呼ばれています。

Touch 'n Goカード

キャッシュレスで公共交通機関を利用したい時は、Touch ‘n Goの利用が便利です。

トークンを利用した時と比較して運賃が割引になります。

上記はドラッグストアのWatsonsで発行したTouch ‘n Go機能付きのカードになりますが、Touch ‘n GoカードはLRTの駅窓口やNu SentralにあるタッチアンドゴーのHubなどで購入できます。

マレーシアのTouch ’n Go(タッチアンドゴー)カード

旅行者向けにKL TravelPassというパスもあります。パス利用でキャッシュレスで旅行を楽しむことができます。

改札の通過方法

KLセントラル駅のLRTの改札

切符(トークン)を購入したら、改札口に行きます。

rapidKLの改札機のカードやトークン用のセンサー

トークンやカード類を「TOUCH CARD OR TOKEN HERE」という部分にかざします。

改札を出る時、カードは同じようにかざして通過、トークンは投入口に入れて回収される形になっています。

LRTのKLセントラル駅にあるプラットホームに続く階段とエスカレーター

エスカレーターや階段を使ってプラットホームに向かいます。

LRTのKLセントラル駅にはプラットホーム1と2があり、KLCC方面に行く時はプラットホーム1を利用します。

駅に乗り入れるLRTの車両

こちらがLRTの車両。

クアラルンプールのLRT

車内はエアコンが効いてかなり寒いので、冷え性の人は羽織ることができるものを一枚持っていくことをおすすめします。

LRT(Kelana Jaya線)の路線図

KLセントラル駅(KJ15)からKLCC駅(KJ10)は5駅です。

【補足①】MRTの切符購入方法

MRTのMuzium Negara駅にある券売機で切符を購入する際の補足情報です。

券売機が少し異なるため、フローも微妙に違います。

以下に切符購入フローを簡単に説明します。

クアラルンプールMRTのMuzium Negara駅にある券売機

こちらがMuzium Negara駅にあるMRTの券売機。

言語選択ができるので、画面左下にある「English」をタップ。

Muzium Negara駅にある券売機の操作画面

ここではトークンを購入することを想定しているので、「Buy Tokens」を選択。

Muzium Negara駅にある券売機の降車駅選択画面

「You are now at Muzium Negara. Type your desitination.(現在位置はマレーシア国立博物館です。目的地を入力してください。)」という案内が表示されるので、目的地の駅をタイプします。

Muzium Negara駅にある券売機で目的地の駅を入力しているところ

例えば、Bukit Bintang(ブキッビンタン)駅が目的地の場合、頭文字のBを入力すると、自動で候補の駅名がズラッと表示されます。

この時に目的地の駅名が表示されていない時は、画面下にある「NEXT」ボタンを押して、次の画面にいきます。

Muzium Negara駅にある券売機で降車駅を選択したところ

降車駅を選択すると、「Select number of tokens(トークンの枚数を選択してください)」という表示が出るので、必要な枚数を選び、最後に確認ボタンの「Confirm」を押します。

トークンの数を追加する時は「+」のボタンを押して、調整します。

Muzium Negara駅にある券売機のトークン購入画面

「Insert banknotes and/or coins(紙幣またはコインを入れてください)」という表示が出るので、お金を投入します。

画面に表示されている通り、一部利用できない紙幣もあるので注意してください。

クアラルンプールMRTの路線図

Bikit Bintang駅はMuzium Negara駅から3駅目にあります。

【補足②】KTMコミューターのチケット購入方法

KTMコミューターのチケット売り場

KTMコミューターに乗車する際は、改札の近くにあるチケットカウンター(窓口)で切符を購入します。

これまで、KLセントラル駅のKTM券売機は壊れていたり、修理中だったりで、使えないことが多く、色々問題がありました。

2023年10月末、マレーシア政府がKTMコミューターのキャッシュレス乗車の手段としてクレジットカードやデビットカードを採用する…と発表がありました。

タッチアンドゴーに加え、今後はクレジットカードおよびデビットカードも改札口で利用できるようになるため、便利になります。

まとめ

KLセントラル駅における各種公共交通機関の乗り換えは、導線がわかりやすいことから、それほど迷うことはありません。

KLIAエクスプレスを使ってKLセントラル駅に到着後、どの路線を使って目的地にアクセスすれば良いのか?ということを下調べしておくと、スムーズに行動できると思います。

以上、KLセントラル駅でKLIAエクスプレスから公共交通機関に乗り換える流れと切符購入方法についての紹介でした!

クアラルンプールにあるKLセントラル駅
クアラルンプール観光おすすめモデルコース
シェアしてくれると嬉しいです↓↓↓

夏休みはどこ行く?

もうすぐやって来る夏休み。

宿泊費が高騰する連休は、早めのホテル予約がおすすめです。



✔︎台湾旅行を計画している人へ↓


✔︎マレーシア旅行を計画している人へ↓