マジックキーボード(テンキー付き)のレビュー【メリット&デメリット】

アップルのテンキー付きMagic Keyboard(マジックキーボード)

オフィス勤務からテレワーク(リモートワーク)に変わり、在宅で効率的な仕事をするためにPCモニターとセットで使い勝手の良いキーボードを探しているという方が増えてきています。

職場などでテンキーに慣れ親しんでいると、自宅で使用するキーボードを購入する時に、テンキーなし・テンキーありで迷うことがあるかもしれません。

私自身、アップルのワイヤレスキーボードを長年愛用していましたが、半年ほど前にテンキー付きのMagic Keyboard(マジックキーボード)に買い替えました。

この記事では、テンキー付きのMagic Keyboard(マジックキーボード)を購入するべきか迷っている方向けに、商品レビューのほか、メリット&デメリットについてご紹介します。

アップル旧モデルのワイヤレスキーボードとの比較もしているので、旧モデルからMagic Keyboard(マジックキーボード)への買い替えを検討している方の参考になれば幸いです。

AppleのMagic Keyboard(マジックキーボード)

アップルのスペースグレイMagic Keyboard(テンキー付き)
  • 商品名:Magic Keyboard(テンキー付き)- 英語(US) – スペースグレイ
  • 価格:14,800円(税別)

上記のキーボードの言語は英語ですが、日本語(JIS)のものもあります。

カラーバリエーションはシルバースペースグレイ

スペースグレイの方が価格が高く、テンキー付きシルバーカラーのMagic Keyboard(マジックキーボード)の価格は12,800円(税別)になります。

 

テンキーなしとテンキー付きの大きさ比較

アップルワイヤレスキーボードとマジックキーボードの大きさ比較

テンキーなしとテンキー付き、並べてみると大きさの違いが一目瞭然です。

テンキーなしは横幅が27.9cm、テンキーありは41.87cm

13.97cmの差があります。

上の画像にあるテンキーなしのキーボードはアップルのワイヤレスキーボードですが、テンキーなしのMagic Keyboard(マジックキーボード)とほぼ同じサイズになるので比較に使ってみました。

 

テンキー付きMagic Keyboardのレビュー

アップルストアで実物を見て「これが良い」と納得した上で購入したものの、いざ自宅で使いはじめた当初は「失敗したかも…」と思うことがありました。

その理由は…

  • 「やっぱり大きい…」と感じるサイズ感
  • 普段と異なる距離感に戸惑い、タイプミスが増える 

アップルストアで商品を見た時はそこまで大きいと感じることはなく、むしろ「このくらいの大きさが良い」と思っていたものの、購入後自宅のデスクに置いてみると「な、長い…」というのが第一印象でした。

ただ不思議なもので、一旦慣れてしまうとテンキーがないものは不便だなと感じるようになります。

タイピングの感触に関しては購入当初から満足度が非常に高く、旧モデルのワイヤレスキーボードと比較して、Magic Keyboard(マジックキーボード)のタイピングの心地良さに感動しました。

 

テンキー付きマジックキーボードのメリット&デメリット

メリットは当然ですが、数字の打ちやすさ。

テンキーなしのキーボードを使う時とは比較にならないほど数字を早く打ち込むことができ、数字を多く使う事務処理や書類を作成する時に快適です。

逆にデメリットは作業スペースが狭くなるということ。

 

アップルのワイヤレスキーボードを使っているところ

テンキーなしのキーボードを使う時は、マウスを操作するスペースに余裕があります。

 

テンキーつきMagic Keyboard(マジックキーボード)を使っているところ

テンキー付きのキーボードを使うと、途端に右側のスペースが狭く感じるようになります。

この点が最も違和感を覚えた部分であり、テンキーを使っていない時はテンキーの部分が邪魔だな…と感じ、慣れるまでに少し時間がかかりました。

 

旧アップルワイヤレスキーボードとの比較

ここからはアップルの旧モデルのキーボード(ワイヤレスキーボード)とMagic Keyboard(マジックキーボード)との比較について紹介します。

 

浅くなったキーストローク

アップルワイヤレスキーボードのキーストローク

8年ほど前に購入したアップルのワイヤレスキーボード。

これはこれで使い心地が良いと思っていましたが、Magic Keyboard(マジックキーボード)を使ってみて「全然違う!」という驚きがありました。

 

Magic Keyboard(マジックキーボード)のキーストローク

Magic Keyboard(マジックキーボード)はキーストロークが浅くなり、長時間入力していても疲れません。

 

充電式内臓バッテリーでスリムになった外観

アップルのワイヤレスキーボードとマジックキーボード比較

ワイヤレスキーボードには電池が必要でしたが、Magic Keyboard(マジックキーボード)は充電式の内臓バッテリーが採用され、以前よりもスリムなデザインになっています。

ケーブルを使って充電し、一度充電すれば1ヶ月以上は持ちます。

見た目のデザインが洗練されただけではなく、電池が不要になったことも大きなメリットだと感じています。

 

まとめ:数字入力が多いならおすすめのキーボード

テンキー付きのMagic Keyboard(マジックキーボード)を購入した目的は、事務処理する時の半角数字の入力を少しでも効率化したいということであったので「購入して良かった?」と聞かれれば、迷うことなく「良かった!」と言うことができます。

半角数字の入力をすることが多い人には、本当に便利なキーボードです。

反対に、普段パソコンを使う中で数字入力はあまりしないという人には、全く不要なものになるので、普通のMagic Keyboard(マジックキーボード)で十分です。

 

Magic Keyboard(マジックキーボード)自体の使い心地が非常に良いので、アップルの古いキーボードを使っていたり、他社から買い替えを検討している時にもおすすめすることができます。

また、在宅勤務用のキーボードとしてもおすすめです。

以上、テンキー付きMagic Keyboard(マジックキーボード)についての紹介でした!

 

♥マジックトラックパッド2のレビューはこちら↓↓↓

AppleのMagic Trackpad 2(スペースグレイ)

Magic Trackpad 2(スペースグレイ)のレビュー【旧トラックパッドとの違いとは?】

 

♥マジックマウス2のレビューはこちら↓↓↓

AppleのMagic Mouse 2

【Magic Mouse 2】使いにくい?賛否両論あるアップルのマウスを私が愛用している理由

 

♥在宅ワークにおすすめIKEAで作るホームオフィスの詳細はこちら↓↓↓

IKEA(イケア)のパソコンデスクやワークチェアで作るホームオフィス

IKEAで作るテレワーク&在宅勤務環境【おすすめパソコンデスク&チェア】


運動不足が気になる人おすすめ!
便利なオンラインサービス

自宅でプロのヨガレッスンを受けることができるオンラインフィットネスのSOELU(ソエル)。
インストラクターとオンラインで繋がり、臨場感あるヨガレッスンを月額980円(税抜)から受けることができます。
100円で30日レッスン受け放題の詳細はこちら


ABOUT US

エル
海外在住歴約10年。 留学、海外インターンシップ、海外勤務で欧米やアジアなど数カ国に在住。国際結婚したのち台湾へ。 現在はマレーシアでの生活をメインに、マレーシアと台湾を行ったり来たりして生活しています。