9/15発売!Etvos(エトヴォス)のベストセラーがつまった新お試しセットの詳細はこちら

オーツミルクはオートリーが一番おすすめ?【海外人気ブランド比較】

植物性ミルクとおすすめオーツミルクブランド

ここ数年、Plant-based DietPlant-based Milkなど、植物性を意味する「Plant-Based プラントベース(プラントベースド)」という言葉を目にすることが格段に増えてきました。

カフェでも複数の植物性ミルクを牛乳の代替えとして提供するところが多くなり、プラントベースミルク(植物性ミルク)が以前よりも身近になってきていると感じています。

私も5年ほど前からアーモンドミルクやオートミルク(オーツミルク)を日々の食生活に取り入れるようになりました。

この記事ではおすすめのオーツミルク(オートミルク)と人気ブランド(メーカー)についてご紹介します。

植物性ミルクとは?その種類

本題であるオーツミルク(オートミルク)について触れる前に、植物性ミルクについて簡単に紹介します。

植物性ミルク

今注目を集めている植物性ミルクとは…

  • 豆乳
  • アーモンドミルク
  • オートミルク(オーツミルク)
  • ココナッツミルク
  • カシューナッツミルク
  • ヘーゼルナッツミルク
  • マカダミアミルク
  • ライスミルク
  • ヘンプミルク

…など。

これらの植物性ミルクは英語でplant-based milk、または乳成分を含まないという意味でnon-dairy milkと呼ばれています。

植物性ミルクに使われるナッツ
植物性ミルクの原材料

植物性ミルクには色々なものがありますが、代表的なものは豆乳、そして近年人気を集めているものがアーモンドミルクオートミルク(オーツミルク)

植物性ミルク商品(アーモンドミルク&オーツミルク)

欧米を中心に様々なメーカーから植物性ミルクが販売されています。

未開封であれば常温で割と長く保存できるものが多いので、買い置きしておくといざという時に便利です。

オートミルク(オーツミルク)とは

オートミルク(オーツミルク)とは、Oats(オーツ麦・燕麦)から作られているドリンクです。

基本的にはオーツ麦と水をブレンド、それを濾したものがオートミルクです。

ロールドオーツ
ロールドオーツ

オーツ麦(Oats)を加工したロールドオーツはミューズリーグラノーラをはじめとするシリアルの主材料として使われている素材になります。

オートミルク?それともオーツミルク?

日本語ではオーツミルクと呼ばれるケースが多い印象ですが、英語ではOats Milk(オーツミルク)ではなくOat Milk(オートミルク)と表記されることが一般的です。

ただ、原材料のオーツ麦に関しては、複数形でOats(オーツ)と記載されています。

オーツミルクは美味しい?

ナッツを使った植物性ミルクの中には、どうしても口に合わなかったものもあったのですが、オートミルクはクセが少なく優しい甘みを持つものが多く、飲みやすいと感じています。

無調整の豆乳が美味しく飲める人であれば、オートミルクは抵抗なく飲むことができるはずです。

ただ、オーツミルクは豆乳のような濃厚さはなく、もっとあっさりとしたテイストになります。

オートミルクの飲み方(使い方)&活用方法

  • そのまま飲む
  • シリアルにかける
  • コーヒーに入れる

…などなど。

オートミルクはそのまま飲んでも美味しいものの、私は朝食の時にミューズリーを浸して食べたり、オーツ麦を浸してオートミールにする、またはコーヒーに入れるという使い方をすることが大半です。

また、お菓子作りをする時に牛乳の代わりに使うこともあります。

おすすめオーツミルクメーカー

植物性ミルクを購入する時に、商品に記載されている成分表を見て「添加物が結構多いな…」と驚いた経験がある人は決して少なくないはずです。

私も商品を選ぶ時は…

  • オーガニック
  • 添加物が少ない(できれば無添加)
  • 砂糖不使用

…という基準で選びたいと考えています。

こんな条件をベースに、私がよく購入しているメーカーは…

  1. Oatly!(オートリー)
  2. Minor Figures(マイナーフィギュアズ)

…この2つのブランドです。

OATLY!やMinor Figuresのオートミルクは、海外のカフェで使われていることをよく目にする人気ブランドです。

おすすめ1位【オートリー】

Oatly!のオートミルク4種類

海外における数年前のオートミルクブームを引き起こした火付け役とも言えるブランドがスウェーデンのOATLY!(オートリー)

美味しい!飲みやすい!と言われている世間の評判通り、一番飲みやすいと感じているオートミルクがOATLY!(オートリー)で、個人的に一番おすすめのブランドです。

OATLY!(オートリー)のオートミルクにはオリジナルフレーバーからオーガニック版、チョコレートフレーバー、オレンジマンゴーフレーバー、バリスタシリーズなど様々な商品があります。

また、OATLY!(オートリー)が展開する商品ラインには料理用アイテムやアイスクリーム商品のほか、発酵させたオーツ麦を使ったヨーグルトのようなOatgurtというユニークな商品もあり、バラエティ豊かです。

オートリーのオーガニックオーツミルクの原材料

OATLY!(オートリー)のオーガニックオートドリンク

添加物なしのオーツミルクが欲しい時に、好んで購入しているものがOATLY!(オートリー)のOrganic OAT DRINK

Oatly!(オーガニック)の原材料表示

原材料はオーガニックのオーツ麦を使ったオートベース(水&オーツ麦10%)シーソルトのみ。

OATLY!のオーガニックオートミルク

ほのかに感じる優しい甘さがあるものの、これはオーツ麦由来の自然な甘みになります。

オートリーのオリジナルオーツミルクの原材料

グラスに注いだOatly!のオリジナルオートミルク

Oatly!(オートリー)のオリジナルオートミルク。

オーガニックオートドリンクとどう違うの?という疑問を持つことがあるかもしれません。

Oatly!のオリジナルオートミルクの原材料表示

OATLY!(オートリー)オリジナル版オートドリンクの原材料は、水とオーツ麦(10%)のほか、菜種油・炭酸カルシウム・リン酸カルシウム・食塩・ビタミンになります。

オーガニックとオリジナルの間で、テイストに関しては大きさ差はあまりないと感じていますが、オリジナルの方はカルシウムが添加されているところがポイントです。

ちなみに、グレーのパッケージはバリスタエディションのオーツミルクになります。

オートリーのポイント
自然なテイストのオーツミルクを堪能することができる。特にオーガニックのオーツミルクは添加物が使われていないため、添加物なしのオーツミルクを探している時におすすめ。

おすすめ2位【マイナーフィギュアズ】

オートミルクブランドとしては、スウェーデンブランドのOatly!(オートリー)に加え、UKブランドのMinor Figures(マイナーフィギュアズ)も非常に有名です。

マイナーフィギュアズオーガニックオーツミルクの原材料

Minor Figuresのオーガニックオートミルク

Minor Figures(マイナーフィギュアズ)のオーガニックオートミルク

Minor Figuresのオーガニックオートミルクの成分

成分は水・オーガニックオート麦(12%)、オーガニックサンフラワーオイル・食塩・ph調整剤(炭酸カリウム)

Minor Figuresのオーガニックオートミルクを注いだグラス

テイストに関してはOATLY!(オートリー)とほぼ同じですが、マイナーフィギュアズの方がオート麦の味がやや濃厚という印象です。

個人的にはナチュラルさはOATLY!(オートリー)の方が上だと感じています。

ただ、Minor Figures(マイナーフィギュアズ)のオーガニックオートミルクはほかのオートミルクよりもコーヒーとの相性が良いと感じているので、コーヒーに合わせる時によく使っています。

紅茶に入れても美味しいです。

マイナーフィギュアズオートミルクの原材料

Minor Figures(マイナーフィギュアズ)のオートミルク

マイナーフィギュアズのオーガニックではないオーツミルク商品。

Minor Figures(マイナーフィギュアズ)のオートミルクの成分

Minor Figures(マイナーフィギュアズ)のオートミルクの成分は、水・オーツ麦(10%)・低エルカ酸菜種油・リン酸三カルシウム・炭酸カルシウム・食塩

Minor Figuresのオートミルク

Minor Figures(マイナーフィギュアズ)の普通のオートミルクとオーガニックオートミルクでは、オーガニックオートミルクの方が美味しいと感じています。

また、Minor Figures(マイナーフィギュアズ)には、オートミルク商品のほか、窒素ガス入りの水出しコーヒーを使ったラテやモカドリンク、オートミルクを使ったラテドリンク商品もあります。

ピンクのパッケージがモカ、イエローのパッケージがラテになります。(どちらもオーツミルクを使った商品になります。)

マイナーフィギュアズのポイント
オートリーよりも濃厚なテイストで、コーヒーとの相性が良いオーツミルク。マイナーフィギュアズのオーツミルクを購入するのであれば、オリジナルよりもオーガニックがおすすめ。

オートリーとマイナーフィギュアズの原材料成分比較

人気2大ブランドであるオートリーとマイナーフィギュアズの間で、「どっちを購入すれば良いの?」と、迷うことがあるかもしれません。

成分を比較して決めたい…という場合に、それぞれの情報をまとめてみたものが以下の図になります。

オートリーとマイナーフィギュアズのオーツミルク(オーガニック&オリジナル)の成分比較

上述したように、オーガニックでごくシンプルな原材料にこだわりたい場合はオートリー、味の濃さを求める場合はマイナーフィギュアズのオーガニックオートミルクという使い分けをしても良いと思います。

その他のおすすめオーツミルクブランド

RUDE HEALTH(ルードヘルス)のオートドリンク

ロンドンベース・UKブランドのRUDE HEALTH(ルードヘルス)のオーツミルクも自然な味で美味しいです。

RUDE HEALTHのシリアル

ルードヘルスはミューズリーをはじめ、シリアルなどの商品も有名なメーカーです。

RUDE HEALTH(ルードヘルス)オートドリンクの成分

RUDE HEALTH(ルードヘルス)のオートドリンクの成分は、天然水・オーガニックオート麦(11%)・オーガニックコールドプレスひまわり油・シーソルト。

グラスに注いだRUDE HEALTH(ルードヘルス)のオートドリンク

オーガニック版のOATLY!(オートリー)のようにシンプルな成分で、テイストもよく似ています。

RUDE HEALTHの植物性ミルク

RUDE HEALTH(ルードヘルス)にはオートドリンクのほか、アーモンドドリンクやヘーゼルナッツドリンク、ココナッツミルクなどもあります。

全てオーガニックです。

Rude Healthのオーガニックアーモンドドリンク

RUDE HEALTH(ルードヘルス)のアーモンドドリンク。

原材料は天然水、オーガニックライス、オーガニックイタリアンアーモンド(1%)、オーガニックコールドプレスひまわり油、シーソルト。

お米が使われているところがポイントで、一般的なアーモンドミルクとは少し異なるユニークなテイストです。(アーモンドミルクよりもライスミルクの味に近いです。)

RUDE HEALTHのBarista Oat Organic

また、バリスタ向けのオーガニックオートミルクやアーモンドミルク商品も揃っています。

ルードヘルスのポイント
オートリーのオーツミルクに近いテイストのオーツミルク。ルードヘルスのオーガニックオートドリンクは飲みやすい。

alpro(アルプロ)

Aplroのオートミルク

alproのオートミルクも飲みやすいです。

そのほかの商品

コカ・コーラからオーツミルクが販売されています。

「こっくり濃いめ」、「なめらかプレーン」というフレーバーのほか、オーツカフェラテという商品があります。

マルサンにもオーツミルク商品があります。

植物性ミルクのバリスタシリーズ

オートミルクやアーモンドミルクなど、植物性ミルクを販売するブランドのなかには「バリスタシリーズ」「バリスタブレンド」「バリスタエディション」などのような名称でバリスタ向けに開発された商品を展開しているところが多くあります。

バリスタシリーズの商品は牛乳のような口あたりや風味に近づけたり、ラテアートがしやすいように、色々なものが加えられていることが多いので、添加物が気になる人にはあまりおすすめしませんが、植物性ミルクをラテ系コーヒーに使いたい人には便利なアイテムです。

ただ、カフェでバリスタがバリスタ向け植物性ミルクを使って作ったラテやカプチーノを飲んでも、牛乳を使った時のテイストや口あたりと同等ではない…と感じているので、過度な期待をせず購入する方がガッカリしないと思います。

Pacific FOODSのアーモンド&オートミルクや豆乳

Pacific Foodsの植物性ミルク。

一般的な商品に加え、Barista Series(バリスタシリーズ)の商品があります。

Pacific FoodsのBarista Seriesのアーモンドミルクはきめ細かいフォームを作ることができます。

CALIFIAのアーモンドミルク

CALIFIA FARMSのBarista Blend(バリスタブレンド)。

砂糖が使われていないCALIFIA FARMSのBarista Blend(バリスタブレンド)のアーモンドミルクを使ってみたことがありますが、そのまま飲むには非常に飲みづらいものがあり、コーヒー用に泡立てて使うにしてもあまり綺麗に泡立てることができなかったので、Pacific FoodsのBarista Seriesのアーモンドミルクの方が使いやすいと思います。

Califia Farmsのアーモンドミルク

CALIFIA FARMSであればバリスタシリーズではなく、普通のアーモンドミルク商品を購入する方が良いかもしれません。

オートミルクはコーヒーに合う?合わない?

カフェラテ用に泡立てたMinor Figuresのオートミルク
泡立てたMinor Figuresのオートミルク

植物性ミルクがコーヒーに合う・合わないかの判断は個人の好みにもよりますが、ソイラテが大丈夫…という人はオートミルクやアーモンドミルクを使ったラテは受け入れやすいはずです。

植物性ミルクには牛乳のような濃厚さはありませんが、ライトな口あたりで飲みやすいです。

植物性ミルクの価格

価格については各ブランドの原産国で購入する場合と輸入品として購入するケース、また在住している国でどれだけ植物性ミルクが流通しているのかということなど、様々な要因により異なります。

あまり参考にならないかもしれませんが、私は普段、マレーシアのスーパーやオンラインサイトで欧米ブランドの植物性ミルク(1Lサイズ)をRM20前後(日本円にすると500円〜600円程度)で購入しています。

Minor Figures(マイナーフィギュアズ)のオートミルクで比較してみると、Minor Figures公式サイトに掲載されている1Lx6本入りのオートミルク商品の販売価格は£10.80。

2020年12月3日の為替レート(1GBP<英ポンド>=139.89円)で日本円に換算すると、6本で1,510円、1本あたりの価格は252円になります。

私がマレーシアで購入している価格はオリジナル価格と比較して少し高めですが、輸入品として考えると妥当かな…と感じています。

植物性ミルクを選ぶ時のポイント【添加物あり&なし】

先述したように植物性ミルク商品のなかには、砂糖のほかカラギーナンや香料などの添加物が多いものもたくさんあります。

そのため、健康のために植物性ミルクを取り入れたいという場合は商品の成分をしっかりチェックすることをおすすめします。(ただ成分はシンプルでも味がダメ…ということもあります…。)

また、必ずしも…

植物性ミルク=ヘルシー

…というわけではなく、栄養価を考えた時に牛乳を選ぶ方が良い…というケースもあります。

植物性ミルクの成分を見ると、固形成分は数%だけであとは水…というものが多いので、栄養があるかどうか問われたら疑問に感じることもあります。

そのため、私はたまに牛乳を飲んだり、複数のドライフルーツ・ナッツ・シード・穀物をブレンドしたミューズリーに植物性ミルクを合わせて使うことで栄養バランスを補う形にしています。

❤︎ミューズリーの詳細はこちら↓↓↓

❤︎手作りミューズリーの詳細はこちら↓↓↓

【結論】オーツミルクのおすすめメーカーはこれ!

おすすめはオートリーとマイナーフィギュアズ

私自身、この2つのブランドを交互に購入することが多いです。

乳糖不耐症の人やヴィーガンの人をはじめ、様々な理由で牛乳が飲めない…という人にとって植物性ミルクは代替えになる便利な飲み物です。

私自身は乳糖不耐症とまではいかないものの、牛乳をたくさん飲むと消化不良を起こしたり、膨満感で気分が悪くなってしまうことがあるので、植物性ミルクを取り入れるようになりました。

以上、オーツミルクをはじめとする植物性ミルクについての紹介でした!

❤︎オーツ麦の詳細はこちら↓↓↓

オーツ麦(オートミール)の種類と違い、選び方のポイント

❤︎植物ミルクを活用するレシピの詳細はこちら↓↓↓

材料を混ぜて一晩寝かせるオーバーナイトオーツの作り方

❤︎ココナッツウォーターも人気のドリンクです↓↓↓

ココナッツウォーターとアレンジレシピ

運動不足が気になる人おすすめ!
便利なオンラインサービス

自宅でプロのヨガレッスンを受けることができるオンラインフィットネスのSOELU(ソエル)。
インストラクターとオンラインで繋がり、臨場感あるヨガレッスンを受けることができます。

❤︎トライアルレッスンの詳細はこちら↓↓↓