イポーホワイトコーヒー発祥地の新源隆茶室(Sin Yoon Loong)

イポーにあるホワイトコーヒー発祥地と言われる新源隆茶室(Sin Yoon Loong)

イポー名物のホワイトコーヒー

イポーにはホワイトコーヒーを提供するお店が色々なところにありますが、そのなかでも長い歴史を持ち、ホワイトコーヒーの発祥地と言われるコピティアムが新源隆茶室中国(Sin Yoon Loong)

この記事では新源隆茶室(Sin Yoon Loong)について紹介します。

イポーホワイトコーヒー発祥地の新源隆茶室(Sin Yoon Loong)

新源隆茶室(Sin Yoon Loong)の店舗外観

創業1937年

新源隆茶室(Sin Yoon Loong)はイポーで85年以上の歴史を持ちます。

新源隆茶室(Sin Yoon Loong)の店内

一見すると、どこにでもあるようなコピティアムになりますが、イポーホワイトコーヒーの生誕地として有名なコーヒーショップになります。

❤︎コピティアムの詳細はこちら↓↓↓

マレーシアのコーヒーショップのKopitiam(コピティアム)

海南島から移り住んだ2人の兄弟が立ち上げたコピティアム

新源隆茶室(Sin Yoon Loong)の創業者は、中国の海南島からイポーに移り住んだ2人の兄弟

イギリス統治下においてイポーが錫鉱業で栄えていた時代に、より良い機会を求めて、中国の海南島からマラヤに渡った王寶朝(Wong Poh Chew)さんは、料理人としてレストランで働きはじめます。

のちに独立を計画し、兄弟の王寶昌(Wong Poh Ting)さんとはじめたコピティアムが、新源隆茶室(Sin Yoon Loong)です。

王寶朝(Wong Poh Chew)さんが、より美味しいコーヒーを作るために試行錯誤を重ねたのち、独自の焙煎方法抽出方法で作り上げたコーヒーが、今あるイポーホワイトコーヒーになります。

上記の背景から、新源隆茶室(Sin Yoon Loong)がホワイトコーヒーをはじめて提供するようになったコピティアムであり、生誕地であると言われています。

新源隆茶室(Sin Yoon Loong)のホワイトコーヒー

新源隆茶室(Sin Yoon Loong)のホワイトコーヒー

新源隆茶室(Sin Yoon Loong)のホワイトコーヒー

新源隆茶室(Sin Yoon Loong)のKopi Ais

アイスのホワイトコーヒー。

新源隆茶室(Sin Yoon Loong)のKopi O Kosong(コピオーコソン)

Kopi O Kosong(コピオーコソン)。

❤︎ドリンクの詳細はこちら↓↓↓

マレーシアのドリンクのTeh Tarik(テータレ/テータリッ)

カヤトースト&半熟卵

新源隆茶室(Sin Yoon Loong)のカヤトースト

新源隆茶室(Sin Yoon Loong)のカヤトースト。

新源隆茶室(Sin Yoon Loong)のハーフボイルドエッグ

ハーフボイルドエッグ。

お皿に割ったハーフボイルドエッグ

カヤトーストにディップして食べます。

プリン

新源隆茶室(Sin Yoon Loong)のプリン

新源隆茶室(Sin Yoon Loong)のプリンも人気です。

家庭で作るプリンのような、素朴で優しい味がします。

そのほかの料理

新源隆茶室(Sin Yoon Loong)の店内で販売されているカヤパフ

新源隆茶室(Sin Yoon Loong)のコピティアム内には、カヤパフなどを販売しているお店があります。

新源隆茶室(Sin Yoon Loong)の豬腸粉

食事系のメニューだと、豬腸粉(チーチョンファン)があります。

付近にあるコピティアムの料理も注文できる

新源隆茶室(Sin Yoon Loong)の隣にあるコピティアムの新源豊茶餐室(Sun Yuan Foong)

新源隆茶室(Sin Yoon Loong)では、そのコピティアム内にあるお店だけではなく、隣や付近にあるコピティアムで注文した料理を食べることを可としています。

例えば、すぐ隣にある新源豊(Sun Yuan Foong)で料理を注文して、新源隆茶室(Sin Yoon Loong)内で食べることができます。(飲み物は新源隆茶室で注文する必要があります)

新源豊茶餐室(Sun Yuan Foong)で販売されているエッグタルト

ただ、外の料理を飲食する時は、店員さんに声をかけて確認した方が良いかもしれません。

新源隆と南香のホワイトコーヒー比較

新源隆(Sin Yoon Loong)の前にある南香(Nam Heong)の店舗

新源隆茶室(Sin Yoon Loong)の向かいには、南香茶餐室があります。

新源隆茶室と南香茶餐室、どちらのお店も複数回試してみた感想としては、南香のホワイトコーヒーの方がコクがあって美味しく、クオリティが安定しているという印象があります。

❤︎南香(ナムヒョン)の詳細はこちら↓↓↓

ホワイトコーヒーが有名なイポーの南香茶餐室(Nam Heong White Coffee)

新源隆茶室のロケーション

住所:15A, Jalan Bandar Timah, 30000 Ipoh, Perak

南香の向かい側にあります。

イポー駅から徒歩でアクセス可能で、10分程度の距離にあります。

まとめ

南香茶餐室の方が有名なので、イポーではじめてホワイトコーヒーを試してみる時は南香をおすすめしますが、ホワイトコーヒーを何度か飲んだことがあれば、新源隆茶室を試してみても良いかもしれません。

以上、新源隆茶室(Sin Yoon Loong)についての紹介でした!

❤︎オールドタウンホワイトコーヒーの詳細はこちら↓↓↓

マレーシアのOldTown white Coffee(オールドタウンホワイトコーヒー)

運動不足が気になる人おすすめ!
便利なオンラインサービス

自宅でプロのヨガレッスンを受けることができるオンラインフィットネスのSOELU(ソエル)。
インストラクターとオンラインで繋がり、臨場感あるヨガレッスンを受けることができます。

❤︎トライアルレッスンの詳細はこちら↓↓↓