【滷肉/卤肉】ローバッとは?五香粉で味つけしたサクサク&クリスピーな食べ物

マレーシアの滷肉/卤肉(ローバッ)

中国の福建省を起源とし、東南アジア諸国で食べられている滷肉(卤肉)

サクサク食感の滷肉(ローバッ)は、小腹が空いた時にパパッと食べることができるストリートフードであり、マレーシアの福建系の人々にとって、春節などの重要な祭事に欠かせない食べ物でもあります。

この記事では、マレーシアのローバッについて紹介します。

滷肉/卤肉(ローバッ)とは?

滷肉/卤肉(ローバッ)

滷肉(卤肉)は、五香粉(ファイブスパイスパウダー)で下味をつけた挽肉豆腐皮で巻き、油で揚げた料理です。

挽肉には豚肉を使うことが多いものの、挽肉に海老や魚のすり身を加えたり、鶏肉を使ったりするほか、肉を使わないベジタリアンの滷肉(卤肉)もあります。

挽肉には、Jicama(ヒカマ)シログワイを加えて、歯応えのアクセントにします。

マレーシアの飲食店で提供される滷肉/卤肉(ローバッ)

滷肉(卤肉)はメインの食事というよりも、前菜やサイドディッシュ的な位置づけで食べられています。

表記と呼び方(発音)

滷肉または卤肉と表記します。

滷肉と卤肉の違いは、繁体字か簡体字の違いで、繁体字表記は滷肉、簡体字表記は卤肉になります。

マレーシアでは福建語で呼ぶことが一般的で、発音はローバッです。

福建語で、滷はロー、肉はバッと発音します。

英語(アルファベット)表記はLor BakまたはLoh Bak

アルファベット表記は、Lor BakまたはLoh Bakが使われています。

国ごとに異なる呼び名がある

滷肉(卤肉)と同じものは、マレーシア以外の東南アジア諸国でも食べられていて、福建系の移民がいるシンガポール、インドネシア、タイ、フィリピンでも広く親しまれています。

ただ、国ごとに呼び名が異なり、シンガポールでは五香(Ngoh Hiang)と呼ぶことが一般的です。

Ngoh Hiangは、五香を福建語で発音した時の音になります。

マレーシアの滷肉/卤肉(ローバッ)に欠かせないソース

マレーシアの滷肉/卤肉(ローバッ)に添えられている2種類のソース

マレーシアの滷肉(卤肉)は、スイートソースとチリソースの2種類のソースが提供されることが一般的です。

ソースにディップして食べるマレーシアの滷肉/卤肉(ローバッ)

滷肉(卤肉)をソースにディップして食べます。

ローバッと一緒販売されていることが多い揚げ物

マレーシアの滷肉/卤肉(ローバッ)のお店で販売されている海老フリッターや揚げ豆腐

また、マレーシアにある滷肉(卤肉)を販売するお店では、ローバッ以外の揚げ物を一緒に販売していることが多く、海老のフリッター揚げ豆腐などがその代表です。

Lor Bak(Loh Bak)はマレーシアのどこで食べる?

マレーシアであれば、ペナンに美味しいローバッのお店が多いです。

クアラルンプールでも、ローバッを食べることはできるものの、お店の数自体が少なく、ペナンクオリティの美味しいものを探そうとすると難しいものがあるので、ペナンで食べる形がおすすめです。

ペナンのコピティアムやホーカーセンターに行くと、滷肉/卤肉(ローバッ)を販売しているお店を見つけやすく、ペナンのコピティアムであれば、群宾茶餐室(Kheng Pin Cafe)のものが美味しいです。

住所:80, Jln Penang, George Town, 10000 George Town, Pulau Pinang

まとめ

ペナンのグルメというと、福建麺、炒粿條、アッサムラクサが代表的なものになりますが、滷肉/卤肉(ローバッ)もペナンで食べるべきグルメの1つとして挙げることができます。

以上、マレーシアの滷肉/卤肉(ローバッ)についての紹介でした!

シェアしてくれると嬉しいです↓↓↓

夏休みはどこ行く?

もうすぐやって来る夏休み。

宿泊費が高騰する連休は、早めのホテル予約がおすすめです。



✔︎台湾旅行を計画している人へ↓


✔︎マレーシア旅行を計画している人へ↓