【駁二芸術特区】高雄で訪れるべきフォトジェニックなアートセンター

高雄の駁二芸術特区(The Pier-2 Art Center)にある鉄道の3Dアート

古い倉庫街に芸術の息吹を吹き込み、アートセンターとして再生した高雄の駁二芸術特区(駁二アート特区)

クリエイターたちの芸術魂溢れるアートに加え、飲食店やお買い物スポットがある複合センターであることから、様々な楽しみ方ができる場所です。

この記事では、高雄観光の際に訪れるべきフォトジェニックなアートセンターの詳細のほか、見所や行き方について紹介します。

台湾高雄の駁二芸術特区(ピア2アートセンター)とは?

高雄の駁二芸術特区(The Pier-2 Art Center)

正式名称は駁二藝術特區

台湾最大の港湾である高雄港に隣接した場所にあり、元々は倉庫街だった場所になります。

駁二芸術特区(The Pier-2 Art Center)にある展覧倉庫

駁二芸術特区(駁二アート特区)には、上記のような倉庫がたくさんあり、展示スペースとして活用されています。

古い倉庫街からの再生

倉庫街として使われるようになったのは、今から約四半世紀前の1973年

古い倉庫街が再び注目を集めるようになったきっかけは、2000年の国慶節を祝うための花火打ち上げ候補地を政府が探していた時。

2001年、台湾の芸術家たちが「駁二藝術發展協會」を立ち上げ、古い倉庫街をアートスペースに変革するプロジェクトが動き出します。

2002年に倉庫群のリノベーションが完了、アートセンターとしてのスタートを切ります。

2006年以降は経営主導が高雄政府文化局のもとに渡り、エキシビションなど様々なイベントが行われる台湾南部のアート発信地として発展を遂げます。

古びて埋もれかけていた場所に、高い志を持つアーティストと政府が手を組みアートの息吹を吹き込んで再生した、そんな場所が駁二芸術特区になります。

駁二芸術特区の由来

駁二は高雄港第三船渠(高雄港第3ドック)にある第二號接駁碼頭(第二埠頭)が語源になっている言葉です。

駁二芸術特区(The Pier-2 Art Center)から見える高雄港
高雄港

実際に駁二芸術特区(駁二アート特区)からは高雄港を見渡すことができます。

駁二芸術特区の読み方

「駁二」という文字を見ると、「何て読むの?」と疑問に持つ方が多いはずです。

中国語で駁二芸術特区はbóèr yìshù tèqū。現地の人は略して駁二(ボーアー)と呼んでいます。

日本語では駁二芸術特区駁二アート特区と表記され、「ばくに芸術特区」になります。

高雄の駁二芸術特区(The Pier-2 Art Center)にあるPIER2のオブジェ

ちなみに、英語ではThe Pier-2 Art Centerと表記されます。

駁二芸術特区の地図とエリア別の見所

駁二芸術特区(駁二アート特区)は大きく分けて3つのエリアで構成されています。

  1. 大勇區(大勇倉庫群)
  2. 蓬萊區(蓬莱倉庫群)
  3. 大義區(大義倉庫群)

それぞれのエリアには大勇路蓬萊路大義街という通りがあり、ストリート名が各エリアの由来になっています。

それぞれの倉庫群の位置関係をイメージマップ化してみたものがこちら。

駁二芸術特区(The Pier-2 Art Center)のイメージマップ
イメージマップ

上記イメージマップはMRT鹽埕埔駅側から見た図になります。

大勇倉庫群

駁二芸術特区(The Pier-2 Art Center)の大勇倉庫群のイメージマップ
大勇倉庫群のロケーションマップ

大勇倉庫群には様々なオブジェや展示場があるほか、お買い物スポットの誠品生活があります。

駁二芸術特区(The Pier-2 Art Center)にある誠品生活
誠品生活

誠品生活。

お土産にできるアイテムが揃っています。

大勇倉庫群にあるパブリックアート

駁二芸術特区(The Pier-2 Art Center)にあるパブリックアートの車站(3D Train Station)
作品名:車站 / 3D Train Station アーティスト名:蘇家賢

大勇倉庫群にあるパブリックアートの中でも一際目を引く「車站 / 3D Train Station」

横27メートル、高さ12メートルの建物(港湾局の独身宿舎)の壁に描かれた大型パブリックアートです。

台鐵(台湾鉄道)の車両が透視図法を用いて描かれた3Dアートになっています。

駁二芸術特区(The Pier-2 Art Center)にあるパブリックアートのトランスフォーマーの壁画
鋼鐵工人

建物の側面にはトランスフォーマーがデザインモチーフになった「鋼鐵工人」の壁画もあります。

よく見てみると、トランスフォーマーの側に複数の人の姿が描かれています。

中国語でトランスフォーマーは鋼鐵人 、「工人」は労働者という意味があり、トランスフォーマー(鋼鐵人)とそのメンテナンスをしている職人さん(工人)たちの姿が描かれている壁画は“アートと言葉遊び”を掛け合わせたパブリックアートです。

駁二芸術特区(The Pier-2 Art Center)にあるトランスフォーマーのレプリカ

ちなみに、駁二芸術特区(The Pier-2 Art Center)内にはトランスフォーマーのレプリカもあります。

駁二芸術特区(The Pier-2 Art Center)のパブリックアート「一起坐著,甚麼也不做」"Sit here, do nothing."
作品名:一起坐著,甚麼也不做 / Sit here, do nothing. アーティスト名:李紀瑩

こちらのオブジェも人気撮影スポットです。

月光劇場(ムーンライトシアター)の上に座っているかわいい二人。

帽子をかぶっている子の名前は圈圈寶、ブルーの服を着ている子の名前は太空寶

駁二芸術特区(The Pier-2 Art Center)にある圈圈寶と大空寶のオブジェ

作品タイトル一起坐著,甚麼也不做 / Sit here, do nothingの通り、二人ともリラックスした表情で、”ただ座って何もしない時間”を楽しんでいます。

駁二芸術特区(駁二アート特区)を訪れる人々にも同じようにゆるやかな時間を楽しんで欲しいという思いが込められています。

駁二芸術特区(The Pier-2 Art Center)のコンテナを使ったパブリックアート(巨人的積木 / Giant 's building blocks )
作品名:巨人的積木 / Giant ‘s building blocks アーティスト名:吳寬瀛

コンテナを巨大な積木に見立てたアート作品の巨人的積木

10mの高さがある大きなパブリックアートは迫力満点です。

駁二芸術特区(The Pier-2 Art Center)のパブリックアート(大紅人的雜務)
作品名:大紅人的雜務 アーティスト名:張乃文

正義の象徴である関羽とそれに対峙する赤色の獣

駁二芸術特区(The Pier-2 Art Center)の関羽と獣のパブリックアート

獣の体の”一部”には毛沢東の顔が描かれていて、それは権力の象徴を意味します。

関羽の手にある棒状のものは刀ではなくモップ

“悪”を武力(刀)で成敗できた昔と現在の対比としてモップが使われていて、このアートが意味するメッセージとしては、権力を前にして時に正義は無力であるという現代社会を揶揄した風刺の意味合いを持つものになります。

蓬萊倉庫群

駁二芸術特区(The Pier-2 Art Center)の蓬莱倉庫群のイメージマップ
蓬莱倉庫群のイメージマップ

MRT西子灣駅側にある蓬莱倉庫群。

駁二芸術特区(The Pier-2 Art Center)にある巨大オブジェ

大勇倉庫群と蓬莱倉庫群の間には道路を挟んで2つの巨大なオブジェがあります。

駁二芸術特区(The Pier-2 Art Center)の哈瑪星台湾鉄道館
哈瑪星台湾鉄道館

B7とB8の倉庫にある列車展示場の哈瑪星台湾鉄道館(はません台湾鉄道館)。

台湾の鉄道の歴史について学ぶことができる場所になっています。

駁二芸術特区(The Pier-2 Art Center)

哈瑪星駁二線(ハマセン駁二線)というものもあり、こちらは実際にミニ列車に乗車する体験ができます。

駁二芸術特区(The Pier-2 Art Center)にあるハマセン駁二線に乗車する人々

小さな子供だけではなく、大人たちがキャッキャッと童心にかえっている姿を見ているだけで和みます。

駁二芸術特区(The Pier-2 Art Center)にあるハマセン駁二線に乗車するスタッフ

料金などの詳細情報は哈馬星台湾鉄道館の公式サイトで確認できます。

哈瑪星(はません)という言葉の語源は、日本による統治時代の名残で日本語の「濱線」がもとになっているのですが、そんな歴史的背景についても公式サイトで丁寧に説明されているので、興味がある方はチェックしてみてください。

哈瑪星鉄道文化園区

鉄道館の奥には哈瑪星鉄道文化園区と呼ばれる屋外の展示スペースがあります。

MRT西子灣駅にほど近い場所にあるエリアになります。

駁二芸術特区(The Pier-2 Art Center)にあるCK58蒸気機関車
CK58蒸気機関車

こちらはCK58の蒸気機関車。

駁二芸術特区(The Pier-2 Art Center)にある巨大なラッパ
作品名:看!鋼鐵的聲音 アーティスト名:鄭宏南

巨大ラッパ。

その大きさは4m以上にも及びます。

駁二芸術特区(The Pier-2 Art Center)にある巨大なスーツケース
作品名:旅行箱 アーティスト名:陳右昇

スチールで作られた大きなスーツケース。

スーツケースは旅立ちに対する幸福感、未来への希望や期待の象徴である一方、鉄のスーツケースが意味することは旅や人生の”重み”。

スーツケースの上にとまっている鳥たちは故郷を思う寂しさを表現しています。

このアートが伝えたいことは、寂しくなったら“家に帰ろう”

大義倉庫群

駁二芸術特区(The Pier-2 Art Center)の大義倉庫群のイメージマップ
大義倉庫群のイメージマップ

大義倉庫群には飲食店やショップが多いエリアになっています。

サニーヒルズは大義倉庫群にあります。

駁二芸術特区(The Pier-2 Art Center)の大義倉庫群

このエリアにもフォトジェニックなスポットが満載です。

駁二芸術特区(The Pier-2 Art Center)にある虹のオブジェ
作品名:遇見彩虹 / Encountering a Rainbow アーティスト名:蔡潔莘

紙漿(Paper Pulp)を使って作られた虹のアート。

『遇見彩虹 / Encountering a Rainbow』という作品名の通り、大義倉庫群をのんびり歩いていていて何気なく虹を見つけて思わずハッとする、そんなさりげない魅力があります。

駁二芸術特区(The Pier-2 Art Center)の虹のアート作品の前にある黒い犬

虹の前には黒い犬がいます。

駁二芸術特区(The Pier-2 Art Center)の大義倉庫群にある虹と犬のアート作品

虹と犬、こんな風に少し遠くから2つのアートを眺める形もおすすめです。

駁二芸術特区(The Pier-2 Art Center)
作品名:小安─馬賽克環境創作計畫 アーティスト名:黃敬中

倉庫街の壁にある蛇口を活用しモザイクを使って仕上げたアート作品の小安

実際に一定の時間をおいて、蛇口から水が吹き出すようなつくりになっていて、目で楽しむことができるアートです。

ベルギーのブリュッセルにあるManneken Pis(小便小僧)のジュリアンをモチーフにしたもので、台湾版の愛称にして小安(シャオアン)と名づけられています。

かつて魚粉や砂糖の倉庫として使われていた駁二芸術特区(駁二アート特区)で最も恐れられていたことは、乾燥による火災の発生

そんな歴史的背景から倉庫エリアの壁にはたくさんの蛇口があります。

小安の製作者である黃敬中さんが大義倉庫群を歩いている時に蛇口の多さに気づき、そこからインスピレーションを得て作られた作品になります。

駁二芸術特区(The Pier-2 Art Center)の大義倉庫群にあるブランコ

大義倉庫群にあるブランコ

道のど真ん中にぶら下がっているブランコを見ると、思わずブランコで遊びたくなってしまう衝動に駆られます。

Wooderful Life

駁二芸術特区(The Pier-2 Art Center)にあるWooderful Lifeのお店
Wooderful Life

台湾の知音文創(Jean Cultural & Creative)が手がけるWooderful Life

オルゴールをはじめとした木のおもちゃを販売するブランドで、自分の好きなパーツを選んでオルゴールのDIYもできます。

駁二芸術特区(The Pier-2 Art Center)にある知音文創(Jean Cultural & Creative)のオルゴール商品

木のおもちゃ。

温もりを感じることができる、かわいいおもちゃが揃っています。

駁二芸術特区(The Pier-2 Art Center)にある森育森林
森育森林(The Wooderful Land)

森育森林(The Wooderful Land)はWooderful Lifeの子ブランドで、木製のゲームを通じ、森林や木に対する知識を深める教育の場として作られたものになります。

知音文創が手がけるものは全てクリエイティブで、感嘆せずにはいられない魅力があります。

Wooderful Lifeは木のおもちゃを販売するラインになりますが、知音文創(Jean Cultural & Creative)が手がける付箋やマスキングテープなどの文房具商品もとてもかわいいので、台湾でお土産に購入する形もおすすめです。

サニーヒルズ高雄駁二特区店

駁二芸術特区(The Pier-2 Art Center)にあるサニーヒルズ

大義倉庫群エリアにサニーヒルズのお店があります。

サニーヒルズの店舗は台北や南投にもありますが、駁二芸術特区(駁二アート特区)の店舗には独特の開放感があります。

サニーヒルズのパイナップルケーキ

サニーヒルズのお店では、試食用のパイナップルケーキをお茶と共に提供してくれます。

サニーヒルズのパイナップルケーキ

ピア2アートセンターのロケーションと行き方

住所:高雄市鹽埕區大勇路1號

バス利用も可能ですが、便利なMRTLRT利用がおすすめです。

公共交通機関情報

MRTであれば…

  • 鹽埕埔駅(オレンジライン)【1番出口】
  • 西子灣駅(オレンジライン)【2番出口】

LRTであれば…

  • 駁二蓬萊駅(C13駅)
  • 駁二大義駅(C12駅)

大勇倉庫群に直行したい時はLRTの駁二大義駅(C12駅)の利用が便利です。

駁二芸術特区(The Pier-2 Art Center)付近にあるMRTとLRTの駅
駁二芸術特区周辺にあるMRT&LRTの駅

オレンジ色のピンが立っているところがMRTの駅、淡いグリーンのピンが立っているところがLRTの駅になります。

駁二芸術特区(The Pier-2 Art Center)にあるLRTの駁二蓬莱駅
LRTの駁二蓬莱駅

アートセンターの敷地内にあるLRTの駁二蓬莱駅。

駁二芸術特区(The Pier-2 Art Center)内を走るLRT

LRTはこんな風にアートセンター内を走っています。

高雄のLRT

電車を間近で見ることができます。

LRTの乗車方法はこちら

高雄のライトレール(LRT)の乗り方

まとめ:高雄観光で訪れるべきアートセンター

ちょっとしたところに遊び心アート魂が溢れ、台湾のアーティストたちの粋な心意気を感じることができる駁二芸術特区。

非常にフォトジェニックな観光スポットであることから、写真が好きという方に特におすすめです。

また、駁二芸術特区のすぐ近くには、大港橋や大港倉などの新しいスポットもオープンしているので、一緒に足を運んでみてください。

回転する高雄の大港橋(グレートハーバーブリッジ)
高雄の倉庫群をリノベーションした棧貳庫KW2と大港倉410

以上、駁二芸術特区(駁二アート特区)についての紹介でした!

高雄観光に何日必要?おすすめモデルコース
シェアしてくれると嬉しいです↓↓↓

季節の変わり目、ゆらぎ肌に悩んでいませんか?

「使った瞬間に虜になる」

…ハッとするような優しい使い心地で、一度使ったらやめられなくなるエトヴォス


はじめてエトヴォスを使うなら、エトヴォスの人気商品を詰め込んだパーフェクトキットがおすすめです。