使わなきゃ損!台湾旅行にお得なサービスはこちら>>

【戴記福建涼麵】台湾で美味しいベーシックな涼麺を食べるならここ!

台北にある戴記福建涼麵の台湾冷やし中華

夏場の台湾で食べたくなるもの…それは涼麺。

台湾の涼麺は日本でいう冷やし中華ですが、麺の上にのせる具が日本の冷やし中華ほど多くなく、とてもシンプルな料理です。

この記事では台北の富錦街にある戴記福建涼麵というお店についてご紹介します。

台湾冷やし中華が美味しい戴記福建涼麵

戴記福建涼麵で食事をする人々

週末のお昼になると、店内で飲食する人、お持ち帰りする人で混み合う戴記福建涼麵。

 

戴記福建涼麵の店内

地元のお客さんでいっぱいのお店です。

混んでいる時はお店の外にある席も埋まっています。

戴記福建涼麵のメニュー

戴記福建涼麵のメニュー

涼麺とスープのメニュー。

 

戴記福建涼麵のスープ麺メニュー

温かいスープ麺もあります。

お店の入り口で注文をして、空いている席に座って食事をしたのち、会計は食後に行います。

戴記福建涼麵のリャンメン

戴記福建涼麵の冷やし中華

上記の画像は麻醬涼麺。大サイズで注文したものになります。

戴記福建涼麵で提供される涼麺は台湾の「ザ・涼麺」という典型的な涼麺です。

麺は硬めに茹でられているので、かなり歯応えがあります。

辛さは調整可能

涼麺を注文すると、辛さをどうするかお店の人に聞かれます。

よく使われるフレーズとしては以下の通り。

  • 要不要,辣(ヤオ ブーヤオ ラー)
  • 要辣嗎?(ヤオ ラー マ)

辛い涼麺が食べたい時は要辣(ヤオラー)で、辛くしたくない時は不要辣(ブーヤオラー)と注文します。

少しだけ辛くしたい場合は小辣(シャオラー)と言えばOKです。

ただ、戴記福建涼麵は小辣で注文しても結構辛いです。本当に少しだけ辛くして欲しい時は小小辣(シャオシャオラー)と言ってみてください。

湯麺(タンメン)も美味しい

戴記福建涼麵の湯麺

戴記福建涼麵はスープ麺も美味しいです。

上記の湯麺は肉骨麵

麺にコシがあって美味しいです。

ただ、食後にすごく喉が渇くので、全体的に塩分が多めです。

戴記福建涼麵のロケーション

住所:台北市松山區富錦街427號

日曜日はお休みです。また、営業時間も短めで午後遅い時間帯に行くと既に営業終了となっているので注意してください。

ちなみに、戴記福建涼麵がある通りを西方面にまっすぐ進んで行くと、富錦街の中でも有名な富錦樹353咖啡(Fujin Tree 353 Cafe)というカフェがあります。

❤︎民生社区の詳細はこちら↓↓↓

minshenshequ-guideIMG_2707

まとめ

富錦街には涼麺の美味しいお店がいくつかあります。

お店によりそれぞれの美味しさがあるため、色々なお店を訪れてみて味の違いを楽しんでみる形もおすすめです。

以上、戴記福建涼麵についての紹介でした!

❤︎涼麺特集はこちら↓↓↓

naliangmianIMG_1193

❤︎台湾グルメ特集はこちら↓↓↓

台湾ローカルグルメ
シェアしてくれると嬉しいです↓↓↓

春休み&GW旅行に備えよう!

混み合う連休は早めのホテル予約がおすすすめです。