使わなきゃ損!台湾旅行にお得なサービスはこちら>>

【マレーシアのお土産】これは買うべき!定番人気アイテム集めてみました

マレーシアのお土産特集(おすすめ&買うべき土産)

“マレーシアのお土産”と聞いて、

「マレーシアって何が有名?」
「マレーシアで何を買えばいいの?」

…という疑問を抱えている人は少なくないはずです。

この記事では、マレーシア現地在住者の私自身が実際に一時帰国の際にお土産用に購入しているもの、普段の生活の中で愛用しているものを厳選し、おすすめのお土産特集として紹介します。

ABOUT US
エル
海外在住歴10年以上。 留学、海外インターンシップ、海外勤務で欧米やアジアなど数カ国に在住。 台湾在住を経て、現在はマレーシアでの生活をメインにしています。

マレーシアのお土産【総合おすすめランキング】

マレーシアのお土産おすすめ総合ランキング

マレーシアで買う定番土産と個人的におすすめのアイテムをランキング形式にまとめてみたものがこちら。

定番土産は、

  • ホワイトコーヒー
  • Beryl’sのチョコレート
  • BOHの紅茶

…の3つです。

上記ランキング表にあるお土産アイテムは、全てクアラルンプールで購入できるものになります。

マレーシアのお土産【女子向けおすすめランキング】

女子向けのマレーシアのおすすめお土産ランキング

女性におすすめできる女子向け土産をセレクトしてみたランキングがこちら。

雑貨のおすすめはBingka、コスメのおすすめはTanameraになります。

以下に、カテゴリー別におすすめのマレーシア土産の詳細について紹介します。

1. 飲み物のお土産

マレーシアの飲み物のお土産

マレーシアで購入する定番の飲み物のお土産は、

✔️インスタントホワイトコーヒー
✔️BOHの紅茶

…この2つです。

100Plusはマレーシアで定番の炭酸飲料(スポーツドリンク)で、暑い時に飲むとすごく美味しいので、お土産にするというよりも現地で汗をかいた時に飲んでみてください。

オリエンタルコピのホワイトコーヒー

オリエンタルコピのインスタントホワイトコーヒー
  • 商品名:Oriental Kopi White Coffee(Classic)
  • 参考価格:RM19.50程度<約585円>
  • 販売場所:オリエンタルコピの店舗、セントラルマーケットなど

インスタントホワイトコーヒーには色々なブランドがありますが、最近「これ、美味しいな!」と感じたものは、オリエンタルコピのホワイトコーヒー

オリエンタルコピは、クアラルンプール国際空港ターミナル2、パビリオン、ミッドバレーメガモールなど、人が集まる場所に続々とお店をオープンしている勢いのあるコピティアムチェーンで、実店舗ではエッグタルトや菠蘿包が人気です。

オリエンタルコピのホワイトコーヒーは、下で紹介しているオールドタウンよりもコーヒーのコクがしっかりあります。

マレーシアのOriental Kopi(オリエンタルコピ)のインスタントホワイトコーヒー

オールドタウンホワイトコーヒー

マレーシアのインスタントホワイトコーヒーのお土産
  • 商品名:OldTown White Coffee
  • 参考価格:RM18程度<約540円>
  • 販売場所:スーパー、土産店、空港など

マレーシアで一番有名なインスタントホワイトコーヒーブランドのオールドタウンホワイトコーヒー

やや甘みが強めなので、好き嫌いが分かれますが、疲れた時に飲むと美味しく感じます。

フレーバーつきだと、ヘーゼルナッツソルテッドキャラメルが美味しいです。

マレーシアのOldTown white Coffee(オールドタウンホワイトコーヒー)

均記ホワイトコーヒー&コピオー

ペナンの均記(Koon Kee)のホワイトコーヒーとコピオー
  • 商品名:Koon Kee White Coffee
  • 参考価格:RM39(15パック入りセット商品)<約1,170円>
  • 販売場所:土産店、スーパー、空港など

ペナンの老舗、均記(Koon Kee)が手がけるホワイトコーヒーも美味しいです。

均記のホワイトコーヒーは、空港の土産店や一部のスーパーで取り扱いがあります。(クアラルンプール国際空港やスリアKLCCの伊勢丹スーパーで見かけたことがあります。)

均記のコピオー(砂糖入りブラックコーヒー)やコピオーコソン(ブラックコーヒー)は、クアラルンプールではほとんど販売されていない商品なので、ペナンのスーパーで購入する方が簡単です。

マレーシア・ペナン発祥の均記(Koon Kee)のコーヒー商品
一言メモ

マレーシアのコピやコピオーは好き嫌いが分かれる味なので、現地で飲んでみて、「この味好き!」という場合に、お土産用に購入することをおすすめします。

BOHの紅茶

マレーシアのBOHのお土産
  • 商品名:BOH キャメロニアンゴールドブレンド
  • 参考価格:RM5.50〜(20パック入り)<約165円>
  • 販売場所:スーパーや空港

マレーシアを代表する紅茶ブランドのBOH(ボー)

万人受けするおすすめ商品は、キャメロニアンゴールドブレンド

シンプルなブラックティーですが、紅茶そのものの美味しさを味わうことができます。

また、女性向けお土産として、フレーバーティーのライチ&ローズもおすすめすることができます。

缶入りのシングルオリジンシリーズは、パッケージデザインがおしゃれなので、見た目の良いお土産を探している時におすすめです。

詳細は以下の記事で紹介しています。

マレーシアの紅茶ブランドのBOH Tea(ボーティー)

2. お菓子&スナックのお土産

マレーシアのお菓子のお土産

マレーシアで買うお菓子の定番土産は、ベリーズのチョコレート

また、パイナップルタルトドドルムルクも人気です。

Beryl’sチョコレート

ベリーズのお土産
  • 商品名:Beryl’sのティラミスアーモンドチョコレート
  • 参考価格:65g入りRM6.50(約195円)/200g入りRM19.80(約594円)
  • 販売場所:Beryl’s直営店、スーパー、空港など

一番人気はティラミスアーモンドチョコレート

また、砂糖不使用ダークチョコレートやクッキー商品にも美味しいものがたくさんあります。

マレーシアのチョコレートメーカーのBeryl's(ベリーズ)特集

パイナップルタルト

マレーシアのパイナップルタルトとクッキー類のお土産
  • 商品名:パイナップルタルト
  • 参考価格:RM16〜<約480円〜>
  • 販売場所:ベーカリーやマラッカの土産店など

マレーシアの春節やハリラヤなどフェスティブシーズンによく食べるパイナップルタルト

マラッカに行くと、美味しいニョニャのパイナップルタルトを購入することができますが、パイナップルタルト自体はマレーシアのベーカリーや土産店でも購入可能です。

また、春節前になると、様々なクッキーやお菓子が登場するので、春節前後にマレーシアに遊びに来る予定がある時は現地でクッキーを購入する形がおすすめです。

マレーシアの春節(中国旧正月)チャイニーズニューイヤーに食べるクッキー

ムルク

マレーシアのムルクのお土産
  • 商品名:PoPo Fish Muruku
  • 参考価格:RM1.50〜RM6.50程度(複数のサイズ展開あり)<約45円〜195円>
  • 販売場所:スーパーや空港

インド式Muruku(ムルク)は、スパイシーなスナックが好きな人におすすめのお土産で、おつまみとして食べても美味しいです。

一方、赤ちゃんがデザインされたパッケージのPopo Fish Murukuは、インド式とは異なり全く辛くない味のムルクになります。

価格が非常に安く、ばらまき土産にも適しています。

インド式ムルクもPopoフィッシュムルクも、どちらも美味しいので、両方購入する形も○です。

マレーシアのPopo Ikan Muruku(ポポイカンムルク)
マレーシアで購入できるインドスナックのMurukku(ムルク)

ドドル

マレーシアのドドルのお土産
  • 商品名:MamamidahのDodol
  • 参考価格:RM15程度<約450円>
  • 販売場所:セントラルマーケット、土産店、スーパーなど

グラマラッカ(ココナッツパームシュガー)を使って作られるココナッツキャンディーのDodol(ドドル)

インドネシア発祥のお菓子ですが、マレーシアでも一般的です。

ドドルには美味しいものと美味しくないものがあり、おすすめのブランドはマラッカのMamamidahの商品。

セントラルマーケットや一部のスーアパーで取り扱いがあります。

なお、ドドル自体はブランドにこだわりがなければ、空港の土産店でも購入することができます。

マレーシアのDodol(ドドル)

そのほかのお菓子&クッキー

マレーシアのお菓子のお土産

ミロナゲッツヒマラヤソルトキャンディーJulie’sのクッキーマミーのビスケットは、どれもマレーシアのスーパーで買えるお菓子で、格安価格です。

マレーシアのスーパー

クッキー商品のおすすめはマミーJulie’s

マミーは日本円にして数十円という安さのクッキー商品があり、素朴な味で美味しいです。

Julie’sのおすすめ商品はLe-mondシリーズOAT 25シリーズ

OAT25はオーツ麦を使ったクッキーになります。

マレーシアのビスケットブランドのJulie's(ジュリーズ)

Lot100のフルーツグミも旅行者に人気のお土産商品で、マンゴー味が人気になっています。

マレーシアのLOT100のマンゴーグミ

3. 食べ物のお土産

マレーシアの食べ物のお土産

マレーシアで買う食べ物のお土産としては、カヤジャムがおすすめです。

また、ナッツ&グラノーラにも美味しいものがあります。

カヤジャム

カヤのお土産
  • 商品名:Kaya
  • 参考価格:RM5程度〜<約150円〜>
  • 販売場所:コピティアム、ベーカリー、カフェなど

マレーシアで食べたカヤトーストの味を自宅で再現したい時は、カヤをお土産に買っていくことをおすすめします。

カヤはスーパーでも買えますが、美味しいカヤを求めている場合は、カヤトーストが有名なコピティアムなど、購入場所を選ぶと満足度の高いカヤをゲットできます。

おすすめの購入場所詳細は、以下の記事で紹介しています。

マレーシアで購入するカヤ(ココナッツジャム)のおすすめのお店

ナッツ&グラノーラ

マレーシアのナッツやグラノーラのお土産
  • 商品名:Amazin’ Graze Pandan Coconut Nut Mix
  • 参考価格:RM13.90<約417円>
  • 販売場所:スーパー(Jaya GorcerやVillage Grocerなど)

マレーシアのAmazin’ Grazeが手がけるミックスナッツは、パンダン&ココナッツ風味やカレー風味など、アジアンテイストのミックスナッツ商品が充実しています。

Amazin’ Grazeにはナッツのほか、グラノーラやピーナッツバター商品があり、これらの商品も美味しいです。

Amazin' Grazeのアジアンフレーバーのナッツ商品

また、グラノーラに関しては、KINTRYというマレーシアブランドもおすすめです。

グラマラッカの甘みに、パンダンリーフの香りがアクセントになったPandan Gula Melaka Granola(パンダン グラマラッカ グラノーラ)がおすすめです。

ナッツ商品の場合、シンガポールブランドのTong Gardensも美味しいです。

どのマレーシアのスーパーでも大抵取り扱いがあります。

インスタント麺

マレーシアのインスタント麺のお土産
  • 商品名:Penang White Curry Instant Noodle
  • 参考価格:RM8.44程度<約253円>
  • 販売場所:スーパー

世界のインスタント麺の格付けを独自に行うThe Ramen RaterのHans Lieneschさんに取り上げられてから一躍有名になったPenang White Curry Instant Noodle

インスタント商品であるものの、割とホワイトカレーらしさが再現されています。

インドネシアの商品になりますが、ミーゴレン商品であれば、IndomieMi Sedaapが美味しいです。

Indomieの方が有名ですが、個人的にはMi Sedaapの方が美味しいと感じています。

どちらもマレーシアで安く購入できます。

インドネシアの人気インスタント麺のIndomie(インドミー)Mi Goreng(ミーゴレン)
インドネシアのMie Sedaap(ミースダップ)のミーゴレン

4. 調味料のお土産

マレーシアの調味料のお土産

料理が好きな人は、マレーシアで調味料や料理の素を購入することをおすすめします。

自宅でローカル料理を再現することができます。

サンバルソース

マレーシアのサンバルソースのお土産
  • 商品名:Village Park Restaurant Nasi Lemak Sambal
  • 参考価格:RM17.90<約537円>
  • 販売場所:Jaya GrocerまたはGrabMart

2023年に新商品として登場したVillage Park Restaurant Nasi Lemak Sambal

Nasi Lemakの名店として知られるビレッジパークが開発に関わったサンバルソースで、スーパーのJaya GrocerGrabMart経由で購入できます。

お店の味そのままの非常に美味しいサンバルです。

Jaya Grocerで販売されているVillage Park Restaurantのサンバルソース
一言メモ

辛いものが苦手な人にはサンバルは辛すぎるかもしれないので、そんな時はチリソース(スイートチリソース)の方が使いやすいかもしれません。揚げ物や目玉焼きに添えて食べると美味しいです。

チリソースは、マレーシアのスーパーで安く購入できます。

料理用ソースやスープの素

マレーシアのソースや料理の素のお土産

料理の素やソースは、ローカル料理を自宅でパパッと作りたい時に便利です。

Brahim’sのカリーチキンの素One Fine Shopのタマリンドカレーの素が特におすすめです。(One Fine Shopの商品は、スーパーのJaya Grocerで取り扱っていることが多いです。)

また、バクテーの素など各種薬膳スープの素を購入すると、自宅で簡単に身体に優しいスープを作ることができます。

マレーシアで購入できる肉骨茶の素の商品比較とおすすめ
マレーシアで購入するハーバルチキンスープ(薬膳スープ)の素
一言メモ

漢方素材を使った薬膳スープのなかには、日本への持ち込みができない素材が使われているものがあるかもしれないので、空港検疫所で確認するようにしてください。

肉骨茶の素を日本に持ち帰った時に空港の検疫所で確認したところ、肉が入っていないものであればOKと言われましたが、念のため持ち込む時は確認するほうが確実です。

5. 雑貨のお土産

マレーシアの雑貨のお土産

マレーシアには、かわいい雑貨がないように感じるかもしれませんが、探してみると素敵なモノがあります。

Bingkaのポーチ&コインケース

Bingkaのお土産
  • 商品名: Bingkaのポーチ/コインポーチ
  • 参考価格:RM45〜RM70程度<約1,350円〜2,100円>
  • 販売場所:Eslite Spectrum Malaysia、セントラルマーケットなど

マレーシアでかわいい雑貨を探している時のおすすめはBingka

マレーシアの食べ物や植物などをデザインモチーフにしたその商品は、思わず「かわいい!」と声が出てしまう素敵なものばかりです。

価格が少し高くなりますが、トートバッグ商品もあります。

マレーシアでかわいい雑貨を販売するBingka KL

Nala Designsのバッグ&ポーチ

Nala Designsのお土産
  • ブランド名:Nala Designs
  • 参考価格:-
  • 販売場所:Bangsar Village IIやセントラルマーケット

ライフスタイルブランドのNala Designs(ナラ デザインズ)

マレーシア育ちのオランダ人デザイナーのLisette Scheersさんが手がける、色鮮やかなテキスタイルが非常にかわいいいブランドになります。

クアラルンプールのほか、ペナンにも店舗があります。

マレーシアのライフスタイルブランドのNala Designs(ナラ デザインズ)

Earth Heirのかごバッグ&ケース

Earth Heirのお土産
  • ブランド名:Earth Heir
  • 参考価格:-
  • 販売場所:セントラルマーケット

社会事業に力を注ぐEarth Heir

恵まれない環境や僻地にいるマレーシアの職人を支援する事業を行い、手編みのかごバッグやポーチなどを販売しています。

Penanのかごバッグ

Penanのかごバッグのお土産
  • 商品名:Penan Bags
  • 参考価格:RM70〜RM100程度(かごバッグの場合)<約2,100円〜3,000円>
  • 販売場所:Verdant Hill Hotel Kuala Lumpurや不定期のバザーやポップアップショップ、クチン、ミリ、クアラルンプール、ペナンにある所定の店舗など

ボルネオ島の先住民、Penanの人々に代々伝わる編み物の技術を活かして作られたかごバッグ

Sarawak州に行くと色々な場所で販売されていますが、クアラルンプールでも購入することができます。

マレーシアのPenan Bag(かごバッグ)

APOMのパロディ雑貨

APOMのお土産
  • ブランド名:APOM(A Piece of Malaysia)
  • 参考価格:-
  • 販売場所:スリアKLCC、セントラルマーケットなど

マレーシアの文化を反映した面白い商品を販売するAPOM

パロディTシャツをはじめ、ユニークなお土産を買うことができるお店です。

ユニークで面白いお土産を販売するマレーシアのAPOM!

ニョニャの陶磁器

ニョニャの陶磁器のお土産
  • 商品名:プラナカンの陶磁器
  • 参考価格:-
  • 販売場所:マラッカ、ペナン、クアラルンプールにあるお土産屋さんや陶器を扱うお店など

マレーシアのマラッカやペナン、シンガポールに今なお残るプラナカン(ババニョニャ)文化

プラナカンに伝わる色鮮やかな陶磁器は、決して手頃な価格ではないものの、人気のお土産アイテムです。

クアラルンプールのセントラルマーケットに、ニョニャ陶磁器を取り扱っているお店があります。

セントラルマーケットのプラナカンヘリテージギャラリーで販売されているティーセット

6. コスメ&スキンケアのお土産

マレーシアのコスメ&スキンケアのお土産

有名なお土産は、なまこ石鹸

また、マレーシアのスキンケアブランドのタナメラも人気です。

タナメラ

タナメラのお土産
  • 商品名:TANAMERAのラベンダーフローラルウォーター
  • 参考価格:RM67.80<約2,034円>
  • 販売場所:TANAMERAの店舗(セントラルマーケットやミッドバレーメガモールの店舗など)

マレーシアの人気スキンケアブランドのTANAMERA(タナメラ)

ココナッツオイルのほか、ラベンダーウォーター/ローズウォーター、石鹸、フェイシャルマスクなど、使い心地の良いスキンケアアイテムが豊富です。

マレーシアのスパ&スキンケアブランドのTANAMERA(タナメラ)

なまこ石鹸

なまこ石鹸のお土産
  • 商品名:Sea Cucumber Soap(なまこ石鹸)
  • 参考価格:RM10程度<約300円>
  • 販売場所:ランカウイ島、クアラルンプールのセントラルマーケット、空港など

ランカウイ島で購入する定番土産のなまこ石鹸

人気のお店はGaya Minami(ガヤミナミ)。

ブランドに拘らなければ、クアラルンプールでもなまこ石鹸を買うことができ、セントラルマーケットにお店があります。

マレーシアのなまこ石鹸の販売店&価格情報

7. ファッション&アパレルのお土産

マレーシアのファション&アパレルのお土産

安いのに、「これは良い!」というお土産アイテムをピックアップして紹介します。

Fipperのサンダル

Fipperのサンダルのお土産
  • 商品名:Fipperのビーチサンダル
  • 参考価格:RM18.90〜<約567円〜>
  • 販売場所:Fipperの店舗(Pavilion、NU Sentral、Mid Valley、gateway@klia2など)

天然ゴムを使った、安くて履き心地の良いFipperのサンダル

私自身、15年以上愛用しているブランドで、サンダルはFipperのものしか買っていないくらいお気に入りです。

マレーシアのFipperのビーチサンダル

Vincciのミュール&バッグ

Vincciのお土産
  • 商品名:VINCCI
  • 参考価格:RM59〜RM109程度(ミュールの場合)<約1,770〜3,270円>
  • 販売場所:VINCCIの店舗(Suria KLCC、Pavilion、Mid Valleyなど)

お手頃価格のミュールを購入するならVINCCIがおすすめです。

ピンヒール部分の耐久性がやや弱いと感じていますが、デザインは良いので普段使いからちょっとしたパーティーまで活用できるものが揃っています。

Vincciの靴

Batikシャツ

Batikのお土産
  • 商品名:Batik(バティック)
  • 参考価格:RM160〜RM400<約4,800円〜12,000円>
  • 販売場所:Kapten Batik、Jadi Batek、セントラルマーケットなど

伝統ろうけつ染めのBatik(バティック)

バティックシャツは、男性向けのお土産におすすめです。

おしゃれなシャツを探している場合は、スリアKLCCなどにあるKapten Batikが使いやすいお店になります。

Jadi Batekは、バティック作りの体験レッスンを受けることができるほか、伝統的なバティック商品も販売しています。

マレーシアの伝統ろうけつ染めのBatik(バティック)

8. マレーシアの高級なお土産

ロイヤルスランゴールのピューター製品

マレーシアの高級なお土産
  • 商品名:Royal Selangor(ロイヤルスランゴール)
  • 参考価格:-
  • 販売場所:ロイヤルセランゴールビジターセンター、スリアKLCCやPavilionなどの店舗、空港など

創業1885年、世界的に有名なピューターブランドのRoyal Selangor(ロイヤルスランゴール)

マレーシアで購入するお土産としては少し高価なものになりますが、大切な人へのお土産に適したブランドです。(商品によって価格差が大きいため、参考価格に具体的金額を記載していませんが、定番商品のタンカードは目安としてRM390〜という価格帯になっています。)

主要なショッピングモールや空港などに店舗がありますが、時間に余裕があれば同社のビジターセンターに足を運び、センター内にあるブティックでお買い物する形がおすすめです。

ビジターセンターは無料でありながら、見所満載で一見の価値があります。

ロイヤルセランゴールビジターセンター(Royal Selangor Visitor Centre)

9. マレーシアで安く買えるお土産

マレーシアで安く買えるお土産

上記の商品は、全てマレーシアのドラッグストアで購入することができます。

マレーシアのドラッグストア

タイガーバーム

シンガポールに本拠を構えるタイガーバーム

マレーシアにはタイガーバームの工場があることから非常に安く購入することができます。

白のタイガーバームは日本にもありますが、マレーシアでは赤のタイガーバームも購入可能です。

赤と白のタイガーバームの違いと海外における値段&販売店情報

各種オイル

マレーシアブランドのオイルとしてはペナンのナツメグオイルが有名ですが、香りに少しクセがあるので、タイの上標油や香港の和興白花油あたりが使いやすいです。

また、白花油と似た使用感のオイルとして、斧標駆風油均隆のオイルもおすすめです。(白花油よりも安いです。)

マレーシアで購入したハッカオイル商品

10.少し変わったユニークなマレーシア土産

マレーシアの変わったお土産
  • 商品名:カップ&ソーサー
  • 参考価格:RM7.50程度<約225円>
  • 販売場所:陶磁器を扱うローカル店など

マレーシアのコピティアムでおなじみのハイビスカスがデザインされたカップ&ソーサー

インスタントホワイトコーヒーやコピオー、テータレッを入れてお湯を注げば、自宅でコピティアム体験ができます。

マレーシア伝統デザインの食器

クアラルンプールのどこでお土産が買える?

スーパーやショッピングモール、セントラルマーケットに行くとお土産を購入することができます。

スーパーやショッピングモール

旅行者の人が滞在することが多いエリアは、KLCCとBukit Bintang(ブキッビンタン)。

  • KLCC:スリアKLCC
  • ブキッビンタン:Pavilion KL

こららのショッピングモールの利用が便利です。

スリアKLCCには、伊勢丹のスーパーCold Storageがあり、食べ物のお土産が豊富です。

Pavilion KLにはMercatoというスーパーがあります。

クアラルンプールにあるSuria KLCC(スリアケーエルシーシー)
クアラルンプールのPavilion(パビリオン)

セントラルマーケット

マレーシア定番土産が揃うセントラルマーケット

“観光客価格”になっているものも一部ありますが、色々なお土産がある場所です。

特に雑貨のお土産が豊富なので、雑貨が好きな人は足を運ぶことをおすすめします。

マレーシアのクアラルンプールにあるセントラルマーケット

また、セントラルマーケット内にオープンしたPasar Besarは、食品やお菓子のお土産を買いたい時に非常に便利なスポットです。

セントラルマーケットにオープンしたPasar Besar

空港

選択肢がそれほど多いわけではありませんが、クアラルンプール国際空港のターミナル1およびターミナル2のどちらでもお土産を購入することができます。

おすすめは、スーパーのJaya Grocerがあるgateway@klia2(ターミナル2に隣接した非制限エリアにあるショッピングモール)。

gateway@klia2のJaya Grocerには、旅行者を意識したお土産品が多く揃っています。

クアラルンプール国際空港ターミナル2(KLIA2)に隣接したショッピングモールのgateway@klia2

まとめ:買うべきマレーシア土産

上記で紹介したお土産アイテムのなかで、個人的なおすすめは、

  • Fipperのサンダル
  • TANAMERAのコスメ
  • Bingkaの雑貨

…です。

また、食べ物のお土産であれば、

  • ホワイトコーヒー
  • ベリーズのティラミスアーモンドチョコレート
  • BOHのキャメロニアンゴールドブレンド

…が定番土産としておすすめです。

以上、マレーシアで購入するお土産特集でした!

KLOOK(クルック)を利用してマレーシア旅行をお得に楽しむ方法
シェアしてくれると嬉しいです↓↓↓

春休み&GW旅行に備えよう!

混み合う連休は早めのホテル予約がおすすすめです。