使わなきゃ損!台湾旅行にお得なサービスはこちら>>

【マレーシアのコンセント&プラグの形状】日本の電化製品を使う時に気をつけるべきポイントとは?

マレーシアのコンセントとプラグの種類

マレーシアに旅行する予定を立てたり、留学や在住することになった時に、

「マレーシアのコンセントやプラグってどんな形?」
「電圧はいくつ?」
「日本で使っている電化製品は使えるの?」

…など、色々な疑問が湧いてくることがあると思います。

この記事では、マレーシアのコンセントとプラグの形状と、マレーシア旅行に必要な変換プラグ、生活の中で便利な電源タップについて紹介します。

マレーシアで使われているプラグの形状

マレーシアで使われているBFタイプとCタイプのプラグ

マレーシアで使われているプラグの形状は、

  1. BFタイプ(Gタイプ)
  2. Cタイプ

…の2つで、主流はBFタイプになります。

BF(G)タイプのプラグ

3ピンのBFタイプのプラグ

マレーシアのほか、イギリスシンガポールなどで使われている、3ピンのBFタイプ

別名で、Gタイプ(Type G)と呼ばれることもあります。

水平になっている2つのピンに対して、残りの1つのピンが垂直に配置されている形状が特徴で、これがアース用になっています。

BFタイプのプラグは、大きくゴツゴツしていてかさばるものの、感電予防の面で安全と言われています。

Cタイプのプラグ

2ピンのCタイプのプラグ

BFタイプと比較すると、数はかなり少なめですが、2ピンのCタイプもマレーシアで使われています。

ただ、消費電力の大きい家電は、安全面からBFタイプのプラグが使われていることが一般的です。

マレーシアのコンセントの形状と電圧

マレーシアのコンセント

マレーシアのコンセントは、BFタイプに適した3つ穴になっています。

電圧は230V、周波数は50Hzになります。

スイッチをオンにすることを忘れずに!

マレーシアのコンセントに、電化製品のプラグを差し込んでみたものの、「使えない!」という時は、スイッチがオンになっているか確認してみてください。

マレーシアで使われているBFタイプのコンセントのスイッチを入れたところ

各コンセントの上部に小さなスイッチがあり、これをオンにすることで電流が流れるようになっています。

タイプCプラグの電化製品を使いたい時

マレーシア在住の人で、Cタイプのプラグが使われた家電を持っている場合、

Cタイプのプラグを3つ穴のコンセントに入れて使うことはできないの?

…こんな疑問を持つことがあるかもしれません。

結論から言うと可能です。

ただ、この場合、スクリュードライバーやペンなどの細長いものを使って、一番上の穴を押しつつ、下の2つの穴にプラグを入れ込むという荒技を使うので、安全性の面から推奨しません。

BFタイプのコンセントにかぶせて使う2ピンアダプタのPlug Key(プラグキー)

このようなシチュエーションで活用されているものが、2ピンアダプタのPlug Key(プラグキー)

アース用のピンがついているPlug Key

アース用のピンがついているアダプタになります。

BFタイプのコンセントでCタイプのプラグの製品を使っているところ

Plug Key(プラグキー)を3ピンのコンセントにはめることで、Cタイプのプラグが使われた電化製品が簡単に使えるようになります。

プラグキーは、マレーシアのMR.DIYなどで購入できます。

マレーシアで日本の電化製品は使える?変圧器は必要?

お使いの電化製品の仕様(電圧)によって、準備すべきものが異なり、変圧器が必要な場合と不要な場合があります。

日本の電圧に対応した製品を使う時

日本の電圧(100V)に対応した製品をマレーシアで使う時は、

  1. 変圧器
  2. 変換プラグ

…が必要になります。

変圧器のなかには、変換プラグをセットにして販売している商品が多いので、この場合は変圧器を1セット購入すれば事足ります。

ただ、消費電力の大きい家電を使うには、それに対応した変圧器が必要になるので、在住予定の場合、大型家電は現地で購入したものを使用する方が安全です。

マレーシアの電圧に対応した製品を使う時

世界の電圧に対応したユニバーサル仕様の電化製品を使う時は、変換プラグがあれば、変圧器なしでマレーシアで使えます

私は日本で購入した電動ブラシや炊飯器、MacBook Proなどのパソコン関連の電化製品を使っていますが、どれも240Vまで対応しているため、変換プラグだけで問題なく使用できています。

ヘアドライヤーについて

女性の場合、

日本で購入したこだわりのヘアドライヤーをマレーシアで使いたい

…こんな風に思うことがあるかもしれません。

これまでに、

  1. 日本の電圧に対応したヘアドライヤーを変圧器を使って使用
  2. 日本と海外両用のヘアドライヤーを使用

…の2パターンを試してみたことがありますが、①はドライヤーへの負担が大きいと感じ、故障の原因になったり、変圧器の質によりケースバイケースで危ないこともあると感じました。

②については、使用する場所によって電圧(100-120Vまたは200-240V)を切り替えることができるパナソニックのナノイーを長年使っていて、①と②の比較で言うと、海外でヘアドライヤーを使う時は②の方が断然おすすめです。

海外対応品でも、使用する場所によって、手動で電圧の切り替えが必要になるので、旅行先で使う時はドライヤーの設定電圧を忘れないように注意することが必要です。

【旅行者向け】マレーシアにはどの変換プラグを持っていく?

マレーシア旅行に持っていくべき変換プラグは、BFタイプになります。

ただ、マレーシアだけでなく、今後ほかの国にも行く予定がある場合は、どの国でも使えるマルチプラグを持っている方が断然便利です。

ユニバーサルコンセントがあるホテルも増えてきている

マレーシアのホテルで使われているユニバーサルタイプのコンセント
ユニバーサル仕様のコンセント

新しいホテルでは、どの形状のコンセントもそのまま差し込むことができるユニバーサル仕様のコンセントになっていることが多く、例えば、マレーシアの電圧に対応した日本製品(ユニバーサル電化製品)を持っている場合はそのままコンセントにさして使うことができます。

ユニバーサルコンセントに日本のコンセントを差し込もうとしているところ

上記画像は、日本のプラグ(Aタイプ)を、マレーシアのホテルにあるユニバーサルコンセントに差し込もうとしているところです。

マレーシアのホテルにあるユニバーサルコンセントに日本のコンセントを差し込んだところ

Aタイプのプラグがそのまま入ります。

この場合、変換プラグは不要になります。

ただし、全てのホテルがユニバーサルコンセントを採用しているわけではなく、従来のBFタイプのコンセントしかないケースもあるので、ホテルに泊まる時は変換アダプタ(変換プラグ)を持っていく方が安心です。

また、ユニバーサル仕様のコンセントを使う時は、お使いの電化製品の対応電圧を確認することを忘れないようにしてください。

ホテルによっては、ユニバーサルコンセントに加え、USB充電ポートがあるところも増えてきているので、iPhoneなどはケーブルがあればそのまま充電可能です。

【在住者向け】家にあると便利なユニバーサル電源タップ

ユニバーサル仕様の電源タップ

マレーシアに在住している場合、BFタイプとCタイプのプラグを使ったり、日本で購入したAタイプのプラグを持つ家電を使うことがあると思います。

こんな時に便利なアイテムは、ユニバーサル仕様の電源タップ。

ユニバーサル電源タップにBFタイプとCタイプのプラグを差し込んで使っているところ

ユニバーサルコンセントが複数ついているため、どのタイプのプラグにも対応していて、電圧の問題さえクリアになっていれば、そのまま使うことができます。

USBポートがあるユニバーサル電源タップ

USBポートがついた電源タップはデスク周りで便利です。

マレーシアでユニバーサル電源タップを購入する場合、LazadaやShopeeでオンライン購入する形がおすすめです。

まとめ

変圧器は重たいものが多いので、海外旅行に持っていく時に荷物に感じるアイテムになります。

そのため、海外旅行することが多い場合は、ユニバーサル仕様の電化製品を使い、交換プラグだけで対応できるようにする形が一番おすすめです。

変換プラグについては、旅行先のコンセントに対応したものを個別に持っていくよりも、マルチプラグを購入して、海外旅行に持っていく方が便利です。

以上、マレーシアのコンセント&プラグについての紹介でした!

❤︎マレーシア旅行の持ち物はこちら↓↓↓

マレーシア旅行の持ち物リスト
シェアしてくれると嬉しいです↓↓↓

春休み&GW旅行に備えよう!

混み合う連休は早めのホテル予約がおすすすめです。