WiseでTouch n Go eWalletにチャージする裏技

Wiseを使ってタッチアンドゴーeWalletにチャージする裏技

Touch n Go eWalletにチャージしたい。
でも、マレーシアに銀行口座はないし、マレーシアで発行したカードもない。

…こんな時に便利な方法は、Wiseを活用してチャージする方法

この記事では、Wiseアカウント(アプリ)とWiseデビットカードを使い、タッチアンドゴーeWalletにチャージする裏技について紹介します。

ABOUT US
エル
海外在住歴10年以上。 留学、海外インターンシップ、海外勤務で欧米やアジアなど数カ国に在住。 台湾在住を経て、現在はマレーシアでの生活をメインにしています。

WiseでタッチアンドゴーeWalletにチャージすることのメリット

タッチアンドゴーeWalletへのチャージ方法は、

  • マレーシア発行のクレカやデビットカードを使う
  • リロードPINを使う
  • DuitNow IDでマレーシアの銀行口座から送金

…が基本です。

タッチアンドゴーeWalletの登録にはマレーシアまたはシンガポールの電話番号が必要です。

TnG eWallet詳細はこちら

タッチアンドゴーeWalletの使い方

マレーシア発行のカードや銀行口座がない人にメリットがある

マレーシアのカード(クレカ/デビットカード)やマレーシアで開設した銀行口座を持っていない場合、マレーシアのコンビニなどでリロードPINを購入する方法が第1選択肢となります。

でも、わざわざ買いに行くのは面倒で、「オンラインでチャージできない」という不便さがあります。

そんな時に便利な方法が、

…の活用です。

厳密にはWiseアカウント(アプリ)だけでもチャージが可能ですが、

  1. Wiseアカウントから送金してチャージする方法(DuitNow Transfer利用)
  2. Wiseデビットカードでチャージする方法

…という2つのチャージ方法の詳しい手続き方法について以下に紹介します。

なお、Wiseアカウントにリンギット残高があるケースリンギット残高がないケースで試してみたので参考にしてください。

①Wise送金機能でチャージする方法

ここでの送金は、タッチアンドゴーeWalletのDuitNow IDを使い、eWalletにチャージする方法になります。

DuitNow Transferは送金先のIDが分かれば簡単に振込できる仕組みで、チャージ用のDuitNow IDはお使いのタッチアンドゴーeWalletから確認できます。

マレーシアのDuitNowとは?機能&特徴とQRコード決済方法
Wiseアプリの送金ボタン

はじめに、Wiseアプリを開き、「送金する」をタップ。

Wiseアカウントがない場合は、アカウントを開設し、まずは資金をチャージしてください。

例えば、日本でWiseアカウントを開設した場合は、日本の銀行からWiseに入金します。

Wiseアプリの送金元選択画面

ここでは、リンギット口座に残高がない状態なので、Wiseアカウントにある他の通貨から両替をして送金します。

Wiseアプリで両替金額を入力しているところ

ユーロからリンギットに両替する方法を選びました。

送金額に金額を入力します。

Wiseアプリで両替手続きをしているところ

送金額に入力すると、受け取ることになるリンギットの金額が表示されます。

2024年6月29日時点の為替レートが、1ユーロあたりMYR5.0517で、Wiseの交換レートはMYR5.0493。

Wiseの交換レートは悪くありません

Wiseアプリの送金機能で受取人を選択しているところ

「受取人を選択してください」と表示されるので、「受取人を追加する」をタップします。

Wiseアプリで銀行口座を入力をするを選択したところ

「銀行口座情報を入力する」を選択。

Wiseアプリで受取人に自分自身を選択したところ

自分のタッチアンドゴーeWalletにお金を送金する形になるので、受取人は「自分自身」を選択します。

Wiseアプリにある現地の銀行口座情報をのタブ

「現地の銀行口座情報」のタブを選択。

ここでDuitNowのタブを選択し、「DuitNow ID」の箇所にタッチアンドゴーアプリのDuitNow IDを入力するとエラーになってしまうので、現地の銀行口座情報を選択してください。

Wiseアプリの受取人の銀行名選択欄

「銀行名」の項目をタップします。

Wiseアプリの銀行検索窓

検索窓をタップ。

Wiseアプリの銀行名でタッチアンドゴーを検索しているところ

検索窓にTと入力すると、Touch n Goが表示されるので選択。

Wiseアプリの口座番号でタッチアンドゴーのDuitNow IDを入力するところ

口座番号には、タッチアンドゴーeWalletのDuitNow IDを入力します。

タッチアンドゴーeWalletのリロード

チャージ用のDuitNow IDは、タッチアンドゴーeWalletアプリのトップにある「Reload」から確認できます。

タッチアンドゴーeWalletにあるDuitNow Transfer ID

DuitNow Transferに記載されている番号をコピーして、Wiseの「口座番号」にペーストすればOKです。

Wiseアプリの口座番号にDuitNow IDを入力したら、最後に「確定する」ボタンを押してください。

Wiseアプリに表示された送金目的についての質問

「取引の目的を教えてください」と表示されるので、適した回答を選びます。

Wiseアプリに表示された送金内容確認画面

「送金内容をご確認ください」という表示が出るので、詳細を確認し、問題なければ「確認して送金」をタップ。

Wiseアプリで送金完了したところ

「完了しました」の表示が出ます。

Wiseアプリで送金し、タッチアンドゴーeWalletで受け取った通知

手続き完了と同時に、タッチアンドゴーeWalletから通知が来ました。

これでタッチアンドーゴーeWalletへのチャージが完了です。

瞬時に両替&チャージできます。

②Wiseデビットカードでチャージする方法

続いて、Wiseデビットカードを利用してチャージする方法について紹介します。

Wise口座にリンギット残高がある状態でチャージをしてみました。

リンギット残高がない場合は他の通貨からの自動両替になると思います。

タッチアンドゴーeWalletでRM20をチャージするところ

まず、タッチアンドゴーeWalletでReloadをタップし、チャージ金額を入力します。

ここでは試しにRM20と入力してみました。

金額を入れたら、Reload eWalletのボタンをタップ。

タッチアンドゴーeWalletでデビットカード情報を入力しているところ

クレジットカード/デビットカードの入力画面で、Wiseデビットカードのカード番号、有効期限、CVVを入力し、Nextボタンを押します。

なお、Wiseデビットカードのカード情報詳細は、カードの裏側に記載されているほか、Wiseアプリでも確認できます。

タッチアンドゴーeWalletでWiseデビットカード情報を入力した後に表示される支払い承認方法についての確認画面

支払いの承認方法についての確認画面に移動します。

  • Use the Wise App(Wiseアプリ)
  • Get an SMS Code(SMSコード)
  • Receive a Call(電話)

…という選択肢があるので、好きなものを選びます。

ここではWiseアプリでの承認を選択しました。

タッチアンドゴーeWalletでWiseデビットカードを使った時に表示される確認画面

「Wiseアプリで支払いリクエストを承認してください」というメッセージが表示されるので、一旦タッチアンドゴーeWalletを離れ、スマホのWiseアプリを開きます

Wiseアプリの決済承認確認画面

こちらがWiseアプリを開いた時の画面。

「この決済を承認しますか?」というメッセージが表示されるので、「Approve」をタップします。

WiseデビットカードでタッチアンドゴーeWalletにチャージ完了した画面

ここでタッチアンドゴーeWalletのアプリに戻ると、Reloaded(チャージできました)という画面が表示されます。

これでチャージ完了です。

タッチアンドゴーeWalletに登録しているメールアドレスにインボイスが届き、さらにWiseアプリ側にも取引記録が記載されます。

タッチアンドゴーe Walletに登録されたクレジットカードとデビットカード情報

Wiseデビットカードでチャージ後に、タッチアンドゴーeWalletを見てみたら、これまでチャージに使っていたクレジットカード情報に加え、Wiseカードがバンクカード(デビットカード)として登録されていていました。

裏技利用でタッチアンドゴーeWalletへのチャージが簡単に!

マレーシアで発行したカードや銀行口座がなければ、オンラインでのチャージは難しそうに思えますが、Wiseを利用すれば簡単にチャージ可能です。

裏技として、ぜひ活用してみてください。

以上、WiseアカウントWiseデビットカード使ったタッチアンドゴーeWalletにチャージする裏技についての紹介でした!

マレーシア旅行でWiseを利用することの理由とメリット
シェアしてくれると嬉しいです↓↓↓

夏休みはどこ行く?

もうすぐやって来る夏休み。

宿泊費が高騰する連休は、早めのホテル予約がおすすめです。



✔︎台湾旅行を計画している人へ↓


✔︎マレーシア旅行を計画している人へ↓