台湾で何する?台北旅行で体験したい10のやるべきこと

台北で体験したい10のこと

台湾旅行を計画している時、ガイドブックをパラパラめくりながら…

「結局、どこで何をすれば良いの…?」
「やりたいことが多すぎる…」

…と困ってしまうことはありませんか?

そんなあなたに向けて「台北でこれだけはやった方が良い!」と思うことを、グルメ+観光スポット+お買い物スポット情報を絡めつつ、10項目に絞ってまとめてみました。

満足度の高い旅にするための攻略ポイントも併せて紹介します。

台湾で何する?台北でやるべき&体験すべき10のこと

台北郊外に範囲を広げると10項目に収まりきらなくなるので、この記事では「台北市内中心部でできること」にフォーカスしています。(そのため、日本人に人気の九ふん観光は本記事では除外しています。)

具体的な内容は以下の通りです。

  1. 小籠包を食べる
  2. 牛肉麺や魯肉飯を食べる
  3. 黒糖タピオカミルク&水果茶を飲む
  4. 台北101に行く& 象山から台北101を眺める
  5. 迪化街に行く
  6. 永康街に行く
  7. パワースポット巡り(龍山寺・行天宮・霞海城隍廟)
  8. 中正紀念堂や國父紀念館に行く
  9. 夜市に行く
  10. 台湾土産を買う

想定としては2泊3日

この期間でこなすことができる内容にしてみました。

ただし、2泊3日で上記に記載した全てやろうとするとかなり疲れてしまうと思うので、興味と体力に応じてアレンジしてみてください。

各項目について、攻略ポイントを添えて紹介します。

①小籠包を食べる

杭州小籠湯包の小籠包

台湾旅行のテッパン中のテッパンである「台湾で小籠包を食べる」

台北には色々な有名店がありますが、攻略ポイントとしては以下の2つ。

小籠包の攻略ポイント!

  • 鼎泰豐の待ち時間を減らしたい時はバウチャーを利用する
  • 鼎泰豐以外の小籠包を食べてみたい時は杭州小籠湯包がおすすめ
鼎泰豐のA4店

鼎泰豐(ディンタイフォン)は台北市内にいくつか店舗があり、観光客が圧倒的に多い店舗は、台北101店新生店です。

また、大混雑を避けたい場合は、新生店と101店以外の店舗に足を運ぶという選択肢も一つの手です。

台湾のディンタイフォン の小籠包

鼎泰豐(ディンタイフォン)以外の小籠包を食べたいなら杭州小籠湯包

杭州小籠湯包2号店

台湾に来たら、鼎泰豐(ディンタイフォン)以外の小籠包を食べたい…

そんな時は杭州小籠湯包がおすすめです。

台北市内に2店舗あり、それぞれお店のコンセプトに違いがあります。

  • 本店:大衆的なレトロスタイル(ワイガヤ系)
  • 民生店:サービスが行き届いたレストランスタイル(洗練系)

本店は中正紀念堂近くにあるので、観光+食事のセットでスケジュールを組めるところがポイントです。

ただし、本店は混み合う上、お店の外で待つと夏場はかなり暑いので、ゆったりのんびりと食事したい場合は民生店の方がおすすめです。

杭州小籠湯包の2号店

②牛肉麺や魯肉飯を食べる

黃記魯肉飯

台湾グルメの中でもはずせない代表格は、牛肉麺魯肉飯

この2つは台湾グルメの「テッパン」なので、ぜひ食べてみてください。

牛肉麵や魯肉飯の攻略ポイント!

有名店ではないお店でも食べても「美味しい」と感じるものが多いものの、有名店のものは格別に美味しいです。

事前に下調べをして有名店に足を運ぶことで満足度がアップします。

黃記魯肉飯のルーローファン

③黒糖タピオカミルク&水果茶を飲む

珍煮丹の黒糖タピオカミルク

台湾はドリンクスタンド天国です。

日本にはないドリンクがたくさんある上、自分の好みに応じて甘さや氷の量、温度をカスタマイズできるので、カスタマイズにも挑戦してみてください。

イチオシのドリンクは黒糖タピオカミルク水果茶(フルーツティー)

珍煮丹(JENJUDAN)のお店のロゴと黒糖タピオカミルク
台湾の一芳(イーファン)のフルーツティー

④台北101に行く&象山から台北101を眺める

台北101

台北のランドマークと言えば、台北101

台北101の中には、アパレルをはじめとした一流ブランドの店舗、鼎泰豐(ディンタイフォン)などのレストラン、フードコート、スーパー、お土産屋さんなどが入っています。

展望台もあるので、台北の街を一望したい方におすすめのスポットです。

>>台北101展望台のお得なチケット詳細はこちら

台北101

象山もおすすめ

象山から見た台北101

象山から見る台北101とその景色もおすすめです。

象山は台北101の撮影スポットとして有名な場所で、無料で山の「展望台」から台北の景色を一望できます。

青空を背景にした台北101も、夕焼けに照らされた台北101も、日没後のライトアップされた台北101も、象山から見る台北101はどれもちょっとした感動を覚えるくらい綺麗です。(カップルの方はデートスポットとしてもおすすめです。)

象山は人気スポットなので、時間帯によりかなり混み合うことがあります。

台北101
こんな穴場も

台北の街を一望できるスポットとして、美麗華百樂園(Miramar)にある観覧車もおすすめです。夜はとってもロマンチックです。最寄駅はMRT劍南路駅になります。

劍南路駅近くには故宮博物院行きのバスがあります。

故宮博物館に行くことを予定している方は、観覧車とセットで旅程を組み立てるのも良いかもしれません。

⑤迪化街に行く

迪化街入り口

台北の問屋街、迪化街

台北観光の定番スポットです。

近年のめまぐるしい開発&リノベにより、レトロとモダンが融合した雰囲気に変化を遂げつつある迪化街は、乾物や漢方薬、お茶、カラスミを買うスポットだけにはとどまりません。

かわいい雑貨を販売するお店やリノベスポットが増え、それにプラスしてグルメありの色々な楽しみ方ができる楽しいスポットです。

迪化街の攻略ポイント

迪化街は基本的には一本道ですが、メイン通り以外にも面白いお店が点在しています。

事前に情報を集めて、行きたいお店のロケーションを把握しておくことをおすすめします。

台湾の台北にある問屋街(迪化街ディーホアジェ)

⑥永康街に行く

永康街にある思慕昔

迪化街とはまた違った魅力のある場所が永康街

永康街もグルメあり&ショッピングありの楽しい場所です。

永康街の攻略ポイント

色々なグルメがありますが、永康街に来たら絶対に食べたいグルメの代表格は天津蔥抓餅

永康街のテッパン食べ歩きフードです。

また、永康街でお土産を購入するなら、來好(ライハオ)という雑貨屋さんがおすすめです。

雑貨好きにはちょっとしたパラダイスのような場所です。

台北の永康街(ヨンカンジェ)

⑦パワースポット巡り

龍山寺

お参りするのであれば、龍山寺、行天宮、霞海城隍廟あたりがおすすめです。(女性に人気が高いのは、霞海城隍廟になります。)

日本とは少し違ったお参りスタイルなので、現地の人を見ながらお参りしてみてください。

龍山寺

龍山寺はパワースポットとして人気が高く、昼間だけではなく夜間もお参りする人が後を絶ちません。

ライトアップされた夜間は独創的な雰囲気が漂っていて趣がありますが、このエリア(萬華區)は治安が良いとは言えないので、夜間に参拝する場合は少し気をつけてください。

(普通に参拝する分には問題ありませんが、付近の小道を女性一人でふらふらするという歩き方はあまりおすすめしません。)

ライトアップされた龍山寺

行天宮

行天宮はとても綺麗で、心が洗われるような非常に心地良いスポットです。

行天宮では体から飛び抜けてしまった魂を体に戻す「收驚」を無料で施してもらえます。

ちょっと不思議な体験ですが、スッキリした気持ちになれます。

風傳媒(THE STORM MEDIA)という台湾のオンラインメディアに掲載されている記事の中に收驚の写真があります。

霞海城隍廟

霞海城隍廟は迪化街のメインストリートの中にあるので、観光がてらお参りできる場所としておすすめです。

恋愛成就の神様、月下老人が祀られていることから、とりわけ女性に人気のパワースポットです。

月下老人が祀られている台湾にあるパワースポットの台北霞海城隍廟(Taipei Xiahai City God Temple)

パワースポットの攻略ポイント

龍山寺、行天宮、霞海城隍廟は全て台北中心部にあり、いずれもMRT駅から徒歩でアクセスできる好ロケーションにあります。

各最寄駅は以下の通りです。

  • 龍山寺:MRT龍山寺駅
  • 行天宮:MRT行天宮駅
  • 霞海城隍廟:MRT北門駅

2泊3日のスケジュールで上記のスポットを全てまわることは可能ですが、気になるスポットを一つだけ選んだ方が体力を消耗しないと思います。

⑧中正紀念堂や國父紀念館に行く

中正紀念堂

衛兵を見ることができるスポットには、忠烈祠・中正紀念堂・國父紀念館がありますが、アクセスの良さと周辺の景観の良さで言えば、中正紀念堂がおすすめです。

衛兵交替式の攻略ポイント

衛兵交替式

忠烈祠・中正紀念堂・國父紀念館の衛兵交替は9時〜17時の1時間毎に行われます。(9:00、10:00という時間ピッタリに開始)

衛兵交替が見たいという場合は、タイミングを逃さないように気をつけてください。

ポイント

衛兵交替が始まる時間帯は場所により混み合うケースもあるので、写真撮影をしたい方は少し前からポジション取りをしていた方が確実です。

⑨夜市に行く

饒河街觀光夜市

夕方以降は、夜市に足を運んでみてください。

夜市によって規模やお店の充実度が異なるので、どの夜市を選ぶのか?ということもかなり大切です。

歩きやすい&美味しいものが多いという意味でのおすすめは、士林夜市よりも寧夏夜市と饒河街觀光夜市です。

ポイント

士林夜市はスケールが圧倒的に大きく、独特のワクワク感があります。「スケールの大きい夜市に行きたい!」という場合は士林夜市を選ぶのも、もちろんありです。

寧夏夜市

最寄駅はMRT雙連駅またはMRT中山駅。台北駅からも歩いてアクセスすることができます。

非常にコンパクトな夜市ですが、迷うことがないので歩きやすい夜市です。

台北市の中心部にあってアクセスしやすいこと、美味しいものが多いところが寧夏夜市の魅力です。

寧夏夜市

饒河街觀光夜市

MRT松山駅のすぐ側というアクセスが最高に良いロケーションにあります。

夜市の近くに洋服問屋街の五分埔があるので、ファッションに興味がある方はついでに足を伸ばしてみてください。(洋服は韓国製などの輸入品も多いです。)

饒河街夜市

夜市の攻略ポイント

それぞれの夜市に名物と言われる有名なお店があります。

昔ながらの歴史あるお店であったり、新しいお店でも口コミの評判で人気店になったお店など様々です。

夜市を歩きながら気ままに購入して食べるスタイルでも良いですが、事前にお店の情報をチェックして、ロケーションを把握・ある程度計画して夜市に行くと満足度が格段に高まります。

ミシュラン台北2018の中でビブグルマンやミシュランおすすめのお店に選ばれた夜市のお店がいくつかあるので、そのようなお店を狙って行く形も一案です。

点心

⑩台湾土産を買う

購入対象が誰であるのかにより選ぶアイテムが異なりますが、万人受けするテッパンのお土産であれば、パイナップルケーキと台湾茶がおすすめです。

台湾のサニーヒルズのパイナップルケーキ

パイナップルケーキを購入するのであれば、スーパーよりも専門店に足を運んでみてください。

専業のお店の方が断然美味しいです。

サニーヒルズ佳德(ChiaTe)がおすすめです。

サニーヒルズのパイナップルケーキ

台湾茶を買う

林華泰茶行の店内

質の良い茶葉を購入したい場合は、台北の大稻埕(ダーダオチェン)エリアがおすすめです。

お茶の問屋さんや長年商売を続けている老舗が多く、選択肢が豊富です。

台湾烏龍茶を注いだ茶器

台北お土産購入スポット攻略ポイント

迪化街や永康街などの観光スポットにお土産屋さんが多いので、雑貨類のお土産はこの2つのスポットで観光ついでに買ってしまう方が効率が良いです。

台湾土産にはどんなものがあるのかな?と疑問に感じたら下記の記事に目を通してみてください。

私自身が自宅用やお土産用に購入して、満足度の高かったものを紹介しています。

ランキングつき台湾のおすすめのお土産特集

台北観光スポット攻略ポイント

時間がない時は、台北市内中心部+MRT駅近く+並ばずに入ることができるスポットという条件に絞って集中的に攻める方がおすすめです。

体力と時間を消費することなく、効率良く動くことができます。

具体的にどんな場所にどのようなコースでまわるのが良いのか?

…というモデルコースについては、以下の記事で紹介しています。

台北観光2泊3日おすすめモデルコース

台北グルメ攻略ポイント

グルメに関わるキーワードで覚えておくと良い言葉は…

  • 招牌(zhāopái)
  • 排行榜(páiháng bǎng)

招牌(zhāopái)は中国語でお店おすすめの看板メニューという意味、排行榜(páiháng bǎng)は人気メニューランキングという意味があります。

メニューを見て、「どれがおすすめ?」と迷った時は招牌という文字がついているものや排行榜に記載されているものから選ぶと失敗しない確率が高めです。

台湾で食べるべきグルメ特集

まとめ:台湾でできることはたくさんある

この記事で紹介している内容は、行動範囲をほぼ台北中心部に限定したものになっているので、ガイドブックを見ながら興味・関心のあるスポットがあれば、好きなように追加して旅程を立ててみてください。

以上、台北でこれだけは体験したい10のこと&攻略ポイントについての紹介でした!

KLOOK(クルック)を利用して台湾旅行をお得に楽しむ方法
シェアしてくれると嬉しいです↓↓↓

夏休みはどこ行く?

もうすぐやって来る夏休み。

宿泊費が高騰する連休は、早めのホテル予約がおすすめです。



✔︎台湾旅行を計画している人へ↓


✔︎マレーシア旅行を計画している人へ↓