使わなきゃ損!台湾旅行にお得なサービスはこちら>>

【台湾の永康街】おすすめグルメ&買い物を楽しむためのモデルコース

台北の永康街(ヨンカンジェ)

台北に遊びに来る観光客の多くが訪れる永康街(ヨンカンジェ)

この記事では、永康街にある昔ながらの人気店から最新の人気スポットまで、カテゴリー別におすすめのお店をピックアップして紹介します。

台湾の永康街とは?

永康街は台北の大安区にあるグルメスポットありショッピングスポットありの活気溢れるエリアです。

かわいい台湾雑貨のお店が多いエリアでもあるので、雑貨好きの人におすすめのスポットです。

永康街の読み方

永康街の発音はYǒngkāng jiē

カタカナにするとヨンカンジェになります。

最寄駅情報

最寄駅はMRT東門駅

東門駅には…

  • 淡水信義線(レッドライン)
  • 中和新蘆線(オレンジライン)

…の2つの路線が乗り入れています。

台北駅からアクセスする場合、象山方面の淡水信義線に乗車、台大醫院駅→中正紀念堂駅→東門駅という流れで到着します。

台湾で電車(MRT)に乗る方法と路線図

永康街へのアクセス方法詳細

永康街(ヨンカンジェ)へのアクセスは非常に簡単です。

  1. MRT東門駅5番出口からまっすぐ歩く
  2. 進行方向1つ目にある角を右に曲がる

これだけです。

MRT東門5番出口を出たところ

こちらがMRT東門駅5番出口を出たところ。

まっすぐ歩いて行くと、角に聖瑪莉(sunmerry)というベーカリーがあるので、右手側に曲がります。

永康街のメインストリート

角を曲がったところにある通りが永康街になります。

ヨンカンジェの地図(観光イメージマップ)

台北の永康街の観光スポットイメージマップ(地図)

永康街にはたくさんのお店がありますが、代表的なお店をピックアップして、イメージマップ化してみたものがこちら。

一部、メインストリート外にあるお店もありますが、多くのお店が永康街のメインストリート内にあります。

そのため、永康街の観光は非常にシンプルで、MRT東門駅を出て、南にメインストリートを下っていく形が定番の観光モデルコースになります。

また、東門駅の一つ隣にある大安森林公園はリスや野生のトリが集まる自然溢れる場所になっています。

ちょっとした散策におすすめのスポットです。

daan-forest-parkIMG_4488

永康街のグルメスポット

永康街(ヨンカンジェ)のグルメスポットから紹介します。

レストランのほか、食べ歩きフード、ドリンクスタンドが揃っています。

鼎泰豊

MRT東門駅5番出口を出て、真っ直ぐ歩いたところにある鼎泰豊の本店(信義店)。

コロナ以降、本店はテイクアウトのみの対応になり、店内で飲食する場合は新生店に足を運ぶ形になっています。

鼎泰豊の新生店
鼎泰豊の新生店

新生店は大安森林公園に近い場所にあり、アクセスはMRT東門駅6番出口の利用が便利です。 (6番出口から徒歩3分くらいの距離にお店があります)

なお、新生店ではミールクーポン(お食事券)が利用できます。(優先案内してもらえることがあります)

>>鼎泰豊お食事券詳細はこちら

台湾のディンタイフォン の小籠包

天津蔥抓餅

天津蔥抓餅

メインストリートで一際賑わっているお店が天津蔥抓餅。(読み方はティエンジン ツォンジュアビン)

蔥抓餅のお店で、永康街(ヨンカンジェ)の食べ歩きフードの代表格、マストバイの一品です。

オリジナルの風味である「原味」のほか、卵、チーズ、台湾バジルなどのトッピングを加えたものもあります。

少し油っぽくてカロリーが気になりますが美味しいです。

好公道金雞園

好公道金雞園

ミシュランガイド台北2018のビブグルマンに認定されたお店の好公道金雞園

こちらもメインストリートにあります。

お手頃価格の小籠包をいただくことができるお店として人気があるものの、サービスに関しては正直「うーん…」と感じるものがあるお店です。

日本人のお客さんが非常に多く、混み合っていることが多いお店の一つになります。

点心

50嵐

50嵐

台湾のドリンクスタンドとして定番人気の50嵐

普通サイズのタピオカパールが使われたタピオカミルクティーは珍珠奶茶(zhēnzhū nǎichá、ジェンジューナイチャー)、 大きめのタピオカパールが使われたものは波霸奶茶(bōbà nǎichá、ボバナイチャー)と呼ばれています。

メインストリートの永康公園を越えたところにお店があります。

思慕昔

永康街の思慕昔本館

思慕昔(スムージーハウス)はマンゴーかき氷が有名なお店です。

天津蔥抓餅の斜め前にあるお店で、いつもすごい人集りができています。

永康街の雑貨店

かわいい雑貨屋さんが多い永康街(ヨンカンジェ)。

代表的なお店を紹介します。

來好

永康街にある来好の本店

雑貨を購入する一番のおすすめスポットは来好(ライハオ)

かわいい台湾雑貨が豊富なお店です。

雑貨のほかにもパイナップルケーキや台湾茶、ドライフルーツの取り扱いもしています。

來好(ライハオ)の店舗

Bao maison 宝物

Bao maison 宝物

来好の近くにあるBao maison 宝物にもかわいい雑貨があります。

厚里 HOLI

厚里 HOLI

来好やBaoの近くにある厚里 HOLI

こちらのお店もかわいいモノが多いです。

雲彩軒

永康街にある雲彩軒のお店

シノワズリ雑貨が豊富な雲彩軒

中山駅近くにも店舗があります。

シノワズリ雑貨がかわいい台湾の雲彩軒

永康街のお菓子屋さんや土産店

淡果香(From Nature)

淡果香(From Nature)

ドライフルーツを使ったデトックスウォーターなどを販売する淡果香(From Nature)

日本語が上手な店員さんがいて、とても丁寧な対応をしてくれます。

台湾の淡果香(From Nature)のデトックスウォーター

上信饌玉

永康街にある上信饌玉のお店

お菓子を販売する上信饌玉

永康及にある店舗は少し奥に入り込んだ場所にあるため、少し見つけにくいものの、永康公園の近くにある細道を入ったところに上信饌玉の店舗があります。

聖比徳

永康街にある聖比徳のお店

ヌガークッキーを販売する聖比徳

MRT東門駅6番出口すぐそばにお店があります。

韓国の旅行者に人気のお店で、店内には韓国からのお客さんが多いです。

試食が可能なので、店員さんに声をかけてみてください。

永康街のお茶屋さん

自宅で使う普段使いの茶葉を購入したい時は永康街(ヨンカンジェ)ではなく、大稻埕(ダーダオチェン)エリアに足を運ぶ方ことをおすすめします。

台湾茶を購入するおすすめスポットは以下の記事にまとめているので、興味がある方は目を通してみてください。

台湾烏龍茶を注いだ茶器

ただし、永康街(ヨンカンジェ)には小茶栽堂嶢陽茶行など、かわいいパッケージのお茶商品を販売しているお店があるほか、素敵な茶器を販売しているお店も多いので、興味がある方はこれらのお店をのぞいてみると面白いと思います。

ここではいくつかピックアップして紹介します。

沁園

永康街にある沁園

素敵な茶器を数多く取り扱っている沁園

メインストリートの永康公園の近くにあります。

沁園の花柄の茶器

小茶栽堂

小茶栽堂の永康店

化学肥料や除草剤を使わず、無農薬の自然栽培の台湾茶を販売している小茶栽堂

以前、ティーサロンが併設された小茶栽堂の店舗(Le Salon)がありましたが、ティーサロンは閉店、2017年10月中旬にフラッグシップ店として上記の新店舗がメインストリートにオープンしました。

素敵なパッケージのお茶があり、マカロンヌガーなど美味しくてかわいいお菓子もあるおすすめのお店です。

小茶栽堂

嶢陽茶行

嶢陽茶行

小茶栽堂と同じ並びにある嶢陽茶行

1842年に台湾の鹿港で創業した170年以上の歴史を持つお店です。

王德傳茶莊

王德傳茶莊

沁園のすぐ千成にある王德傳茶莊

長い歴史を持つ有名なお店です。

永康街にあるローカルコスメ店

天然素材を活用した使い心地の良いスキンケアアイテムが多い台湾のローカルコスメ。

永康街には定番人気のブランドが揃っています。

阿原肥皂

永康街にあるユアンソープの店舗

ハーブや天然素材をブレンドして作られたナチュラルソープが有名な阿原肥皂(ユアンソープ)。

永康街(ヨンカンジェ)の店舗は、店舗が大きく商品バラエティも豊富です。

テスターの石鹸を試すことができるスペースも広く、あれこれ試しながら商品を選ぶことができます。

日本にも進出していますが台湾で購入する方がお得なので、まとめ買いがおすすめです。

お店のロケーションは永康公園のすぐ側になります。

台湾の阿原石鹸(ユアンソープ)

薑心比心

永康街にある薑心比心(ジャンシンビーシン)の店舗

薑心比心(ジャンシンビーシン)も阿原と並び、自然派コスメとして有名なお店です。

生姜をメインとしたコスメ・スキンケアアイテムの販売しています。

ハンドクリームや入浴関連アイテムが人気です。

お店は好公道金雞園のすぐ近くにあります。

ジャンシンビーシンの石鹸

茶籽堂

永康街にある茶籽堂(cha tzu tang)の店舗

お茶の実を使ったスキンケアアイテムやヘアケアアイテムを販売する茶籽堂(cha tzu tang)

そんな茶籽堂(cha tzu tang)の概念店(コンセプトストア)が永康街(ヨンカンジェ)に新しくオープンしています。

お店は度小月の近くにあります。

ハンドクリームのほか、洗剤も人気アイテムになっています。

台湾の自然派コスメブランドの茶籽堂(cha tzu tang)

まとめ:永康街はグルメとお買い物が楽しめる場所

永康街(ヨンカンジェ)は日本人観光客が非常に多いことから、迪化街と同じく日本語を話すことができる店員さんが他の観光スポットよりも多く、観光客に慣れている方が多いので、とても買い物がしやすいエリアです。

台北に遊びに来たら、永康街で美味しいものを食べたり、お買い物を楽しんでください。

以上、永康街についての紹介でした!

台湾の台北にある問屋街(迪化街ディーホアジェ)
台北観光2泊3日おすすめモデルコース
シェアしてくれると嬉しいです↓↓↓

春休み&GW旅行に備えよう!

混み合う連休は早めのホテル予約がおすすすめです。