【台湾茶のガイド】基本情報&台北のおすすめ購入スポット特集

台湾烏龍茶を注いだ茶器

台湾茶をお土産に購入する時に、

「どのお茶が一番美味しいの?」
「どの茶葉を選べば良いの?」

…と迷ってしまうことがあると思います。

ちょっとした予備知識があれば、試飲をする時や実際に購入する場面で、よりスムーズなやりとりができるようになります。

この記事では「台湾ではじめて茶葉を購入する!」という方に向けて、お茶全般の基本情報・台湾茶の基本知識・実際に台湾で購入する時におすすめのお店について紹介します。

お茶全般の基本情報

台湾茶について紹介する前に、お茶全般の基本情報について簡単に触れます。

お茶自体には緑茶や烏龍茶、紅茶など色々な種類がある上、それぞれの違いを理解しておくと、台湾茶を選ぶ時に何かと役立つためです。

チャノキ(茶樹)

学名でcamellia sinensis(カメリア シネンシス)

一般的にチャノキ(茶樹)と呼ばれるツバキ科の植物がお茶の元になっています。

緑茶、紅茶、烏龍茶、全て異なるタイプのお茶に思えますが、基本的に元となるものは同じです。

茶葉の発酵

お茶について理解する上で重要となるキーワードは発酵度

  • 全く発酵させないもの
  • 完全に発酵させるもの
  • ある程度発酵させるもの

…こんな違いが緑茶、紅茶、烏龍茶という違いを生み出します。

緑茶、烏龍茶、紅茶の茶葉比較

茶葉はそれ自体に酸化酵素を持ち、茶摘み後に自然に発酵が進んでいきます。

加熱することで発酵を止めることができることから、火入れのタイミングが発酵度を決めるポイントになります。

中国茶の分類

以下の6つに分類されます。

  1. 緑茶【不発酵茶】
  2. 白茶【弱発酵茶】
  3. 青茶 (烏龍茶)【半発酵茶】
  4. 紅茶【完全発酵茶】
  5. 黄茶【弱後発酵茶】
  6. 黒茶【後発酵茶】

上記に加え、ジャスミンティーや菊花茶などの花茶もありますが、基本的には上記6カテゴリーに分類されることが一般的です。

発酵度の違いによる茶葉の比較

全く発酵させないものが緑茶、逆に完全に発酵させたものが紅茶です。

烏龍茶(青茶)はある程度発酵させた後に、火入れをして発酵度合いを調整したものになります。

黒茶カテゴリーにおける代表的なお茶は、普洱茶(プーアル茶)

プーアル茶は、微生物を用いて発酵させた独特の手法が用いられたお茶になります。

台湾茶について

台湾茶のカテゴリーを形成するものは…

  • 烏龍茶
  • 緑茶
  • 紅茶

この3つが主体になっています。

台湾烏龍茶の名前&銘柄

台湾烏龍茶の茶葉

台湾茶の中でも最も人気の高い烏龍茶

台湾烏龍茶と言っても、実際には色々なものがあります。

台湾でお茶を購入しようという時に、お店でよく目にする代表的な名前や銘柄は以下の通り。

  • 文山包種茶
  • 高山烏龍茶
  • 凍頂烏龍茶
  • 東方美人茶(白毫烏龍茶)
  • 木柵鐵觀音茶

それぞれ製茶の加工プロセスにおける発酵度や火入れ具合が異なり、緑茶に近いものから紅茶に近いものまで様々です。

文山包種茶

文山包種茶の茶葉
文山包種茶

細長い形状が特徴の包種茶

台北市の文山区で栽培されているものが有名であることから、文山包種茶として目にすることが多いお茶です。

烏龍茶のカテゴリーに属するお茶ですが、発酵度が低いことから緑茶に非常によく似たテイストを持っていることがその特徴になります。

台湾のドリンクスタンドでも包種茶を使ったフルーツティーを販売していることがあり、その名前をよく目にすることが多いお茶です。

高山烏龍茶

高山烏龍茶の茶葉
高山烏龍茶

台湾で購入する定番人気のお茶の高山烏龍茶

標高1,000m以上の茶園で栽培されたお茶が高山烏龍茶と呼ばれています。

東方美人茶

台湾産東方美人茶の茶葉
東方美人茶

白毫烏龍茶という名前で販売されていることもよくある東方美人茶

発酵度は60〜80%程度、紅茶に近いテイストを持ち、女性に人気のお茶です。

ウンカと呼ばれる虫を製茶の加工プロセスの中で使っていて、芳醇な香りを持つところがその特徴になります。

ちなみに…

台湾の紅茶に関しては日月潭紅茶も有名です。

日月潭は台湾の南投(ナントウ)という場所にあり、観光地としても非常に有名なスポットです。

台中観光とセットにして足を運ぶ方が多い場所になります。

発酵度や焙煎度の比較

茶葉は品種や産地の違いのほか、その加工プロセスによって、味や香りに差が生まれます。

それぞれの発酵度と焙煎度の違いをまとめたものが以下の図になります。(台北の有記名茶というお店にある分類表を参考情報としています。)

茶葉の発酵度と焙煎度の相関図
発酵度と焙煎度の相関図

イメージとして掴んでおくと便利な知識として…

  • 文山包種茶は緑茶に近い
  • 東方美人茶は紅茶に近い
  • 鉄観音の発酵度は中程度で、焙煎度が高い

ここで「高山烏龍茶と凍頂烏龍茶はどう違うの?」という疑問が湧いてくるかと思いますが、茶区がある産地や標高差など、茶葉が育つ環境が異なることから、その風味に違いが出ます。

標高(海抜の高い場所で育った茶葉は、香りが良く甘みが強くなる傾向にあります。

東方美人茶と蜜香紅茶、一般的な紅茶の茶葉比較

上記は台湾・新竹産の東方美人茶と花蓮産の蜜香紅茶、そして一般的な紅茶の茶葉を比較したものです。

蜜香紅茶は東方美人茶のように、ウンカを製茶プロセスに活用したお茶で、「蜜香」という名前の通り、味に尖りや渋みがなく、非常にまろやかなテイストを持つ紅茶です。

私自身が自宅で使っている蜜香紅茶の茶葉は台北にあるPEKOEで購入したものになります。

PEKOEは紅茶やドライフルーツなど、厳選したものを取り扱っているお店としておすすめです。

PEKOE食品雑貨鋪のドライフルーツのドライフルーツ

茶樹の品種

上記で紹介したものはお茶の名前になりますが、茶樹の品種に関わる知識も頭の片隅に入れておくと何かと役立ちます。

茶樹の品種には包種烏龍茶に適したもの、東方美人茶に適したものなど、様々なものがあります。

色々な品種がありますが、代表的な品種は以下の通り。

  • 青心烏龍
  • 金萱(台茶12號)
  • 四季春
  • 青心大冇
  • 青心柑仔
  • 鉄観音
  • 佛手
  • 翠玉(台茶13號)

それぞれの品種がどのお茶に適しているのかということをまとめたものがこちら。

台湾における茶樹の品種

青心烏龍は包種茶や烏龍茶に用いられることが多い品種で、最高品種に位置付けられています。

金萱もポピュラーな品種で、“ミルクのような、まろやかなテイスト”と形容されることが多いお茶です。

青心大冇は東方美人茶に適した品種ということでよく知られています。

青心柑仔は龍井碧螺春などの緑茶に適した品種になります。

紅茶に関しては、大葉種にあたる台茶18號、通称で紅玉と呼ばれる品種が非常に有名です。

高山烏龍茶の産地&茶区

台湾における高山烏龍茶が有名な茶区の地図
茶区のイメージマップ

高山烏龍茶の産地として有名な場所は台湾の中央部分、山が連なる中央山脈周辺にあります。

玉山、阿里山、杉林渓、梨山などが有名です。

高山烏龍茶以外の産地について

  • 文山包種茶:台北市文山区坪林石碇(新台北市)
  • 凍頂烏龍茶:鹿谷(南投)
  • 鉄観音茶:木柵(台北市文山区)
  • 東方美人茶:桃園、新竹、苗栗

鉄観音は中国福建省泉州安渓がその発祥地として知られていますが、台湾では台北市文山区にある木柵が有名で、中国の安渓から台湾に持ち帰った茶樹が起源になっています。

木柵は台北市立動物園や猫空の近くにあります。

産地と標高の比較

台湾茶の産地と標高を示す図
茶区と標高のイメージ図

茶区の中でも標高(海抜)差があるため、多少誤差はありますが、イメージとしては上記の通りです。

大禹嶺は茶葉が育つ限界と言われる茶区にあり、台湾高山茶の最高峰という位置付けになります。

その分、茶葉の価格が高く、ほかの茶葉と比較すると希少価値があるため、よく見る高級茶としては梨山のものが多いです。

台湾で購入するおすすめのお茶

どのお茶もそれぞれ特徴を持つことから、甲乙つけがたいものがあります。

お茶が好きな方は発酵度や焙煎度が異なるカテゴリーの茶葉をいくつか購入する形がおすすめですが、お土産用途で茶葉を購入する時のおすすめはやっぱり高山烏龍茶

そして、普段使いには凍頂烏龍茶もおすすめすることができます。

高山烏龍茶のおすすめポイント

高山茶の中でも「美味しいな…」と感じているものが梨山と大禹嶺

高地特有の甘みと澄んだ清涼感、口に含んだ時に広がる香りや後味など、その口当たりの良さと美味しさにやみつきになります。

台湾高山烏龍茶の最高峰、大禹嶺(だいうりょう)とは?

凍頂烏龍茶のおすすめポイント

凍頂烏龍茶は標高1,000m以下、500〜800m程度にある場所で栽培されるお茶で、発酵度は25〜30%程度です。

凍頂(ドンディン)は地名から取られた名前になります。

緑茶感が強い包種茶と比較して、適度なロースト感がある凍頂烏龍茶には「烏龍茶感」が適度にあり、お手頃価格で購入できる普段使いのお茶としておすすめです。

台湾のどこでお茶を購入する?

最も有名なエリアは台北の大稻埕(ダーダオチェン)

商業の場として栄えた古い歴史を持つ場所で、その歴史的背景から問屋が多いエリアとして知られています。

お茶を販売するお店が多く、50年・60年、長いものでは100年以上の歴史を持つお店もあります。

  • 茶葉の質にこだわりがある時
  • 自宅用にコスパの良いお茶を購入したい時

大稻埕(ダーダオチェン)はこんなシチュエーションで特におすすめの茶葉購入スポットです。

問屋街の迪化街(ディーホアジェ)がすぐ近くにあり、迪化街観光のついでに立ち寄る形がおすすめです。

迪化街にはMRT北門駅または大橋頭駅のどちらからでもアクセスできますが、大稻埕(ダーダオチェン)周辺にあるお茶屋さんに直接アクセスする場合は、MRT大橋頭駅の利用が便利です。

台湾の台北にある問屋街(迪化街ディーホアジェ)

台北で茶葉を購入したい時におすすめのお店

高山烏龍茶として販売されているもの全てが美味しいというわけではなく、お店によって「ここの茶葉は美味しくない…」というケースもあります。

また、高ければ必ず美味しいというわけでもなく、どのお店で購入するのかということがキーポイントの一つになります。

そこで、ここからは台北の大稻埕エリアにあるおすすめの茶葉購入スポットについて紹介します。

茶葉を選ぶ楽しさが体験できる林華泰茶行&林茂森茶行

林華泰茶行の店内
林華泰茶行

大稻埕エリアで最も有名なお店と言えば、130年以上の歴史を持つ林華泰茶行

昔ながらの問屋らしい雰囲気が漂い、茶葉を選ぶ楽しさを体験することができる場所です。

良心的な価格ながら、茶葉の品質が良いので、自宅用の茶葉を探している時におすすめです。

高い茶葉を勧められるということはなく、安いグレードのお茶でも「これ、美味しいよ」と勧めてくれます。

安くて美味しい凍頂烏龍茶がおすすめです。

問屋街で老舗の雰囲気を味わいつつ、茶葉を購入したい時におすすめのお店です。

台北にある老舗お茶問屋の林華泰茶行の凍頂烏龍茶の茶葉
林茂森茶行の店内
林茂森茶行

林華泰茶行のすぐ近くにあるお店が林茂森茶行

林華泰茶行と比較してモダンなつくりになっていて、観光客の方が非常に使いやすいお店です。

また、林茂森茶行ではクレジットカードでお買い物ができるので、旅行者によって便利なポイントになります。

台湾ではじめてお茶を購入する場合は、選択肢が豊富で茶葉を選ぶ楽しさが体験できる林華泰茶や林茂森茶行がおすすめです。

林茂森の店舗外観

大禹嶺の茶葉を購入したい時におすすめのお店

德芳茶業の店舗
德芳茶業(TEH HONG TEA)

德芳茶業(TEH HONG TEA)は一族数世代に渡りお茶の商売を続けている老舗の一つです。

一般的なお店と比較して、試飲のプロセスがすごく丁寧であるところがおすすめポイントです。

お店の方の対応も非常に親切である上、大禹嶺の茶葉が良心的な価格で購入できます。

観光客が多いお店のような派手さやおしゃれ感はありませんが、昔ながらの台湾らしさが色濃く残るお店で、サービス・お茶の質&コスパにおいておすすめのお店です。

德芳茶業(TEH HONG TEA)の大禹嶺高冷茶

梨山の茶葉を購入したい時におすすめのお店

王錦珍(WangJinJen)の店舗
王錦珍(WangJinJen)

大稲埕碼頭(埠頭)のすぐ近くにあるお店です。

高山烏龍茶に関しては、梨山、杉林渓、阿里山が揃っています。

商品の種類はそこまで多くありませんが、こちらのお店の梨山の茶葉はおすすめです。

王錦珍(WangJinJen)の店舗

お茶を楽しむ&台湾茶について学ぶスポット

南街得意のお茶セット(文山包種茶)
南街得意

南街得意は迪化街の中にある茶藝館で、日本人のお客さんが多い場所です。

茶葉の購入もできますが、お茶を飲みながら台湾茶についての理解を深める場所としておすすめです。

茶葉の種類が非常に豊富、メニュー表に記載されている説明書きが丁寧である上、茶葉のサンプルもあり、お茶を飲みながら台湾茶の特徴を学ぶことができます。

リノベスポットを活用した趣のある静かな空間で、落ち着いてお茶を楽しむ時間は格別です。

台北の迪化街にある茶藝館の南街得意(South Street Delight Tea House)
有記名茶の店舗
有記名茶

有記名茶は茶葉を購入する場所というよりも、茶葉の製茶プロセスについて学ぶ場所としておすすめのスポットです。

歴史ある焙煎室が中にあり、定期的に実施している工場見学で一般開放しています。

ちょっとした「お茶の博物館」のような位置づけです。

有記名茶(WANG TEA)にある茶葉の焙煎室

パッケージのかわいいお茶をお土産に購入したい時

茶葉の質とコスパにこだわる場合は、圧倒的に大稻埕にあるお店の方がおすすめですが、友達用のお土産にパッケージがかわいいお茶をお土産に購入したい…というケースもあると思います。

そんな時におすすめのお店がウルフティー小茶栽堂

大稻埕にあるお店ではありませんが、どちらも観光客が集まるスポットで販売されていることが多く、観光ついでにお土産を購入したい時に便利なブランドになります。

ウルフティー

ウルフティーの茶筒

渡辺直美さんの本の中で紹介されたこともあるウルフティー

デザイン性の高さはピカイチです。

ウルフティーにも、梨山、杉林渓、阿里山、金萱、紅玉、包種、東方美人、鉄観音など、色々なお茶が揃っています。

ほぼ全種類のお茶を飲んだことがありますが、一番のおすすめは梨山の梨緻烏龍

台湾のウルフティー(wolf tea)

小茶栽堂

永康街にある小茶栽堂の店内

小茶栽堂もパッケージがかわいいお店としておすすめです。

手頃な価格のお茶があり、女性向けのちょっとしたお土産にすると喜んでもらえると思います。

小茶栽堂

まとめ

台湾烏龍茶を注いだ茶器と茶壺

私自身、その日の気分に合わせて好みの茶葉を選び、テータイムを楽しんでいますが、台湾茶は毎日飲んでも飽きない奥深い美味しさがあります。

台湾には非常にたくさんのお店があるので、まだまだ紹介しきれていないものもありますが、私自身が利用して良かったなと感じたお店をピックアップして紹介してみました。

台湾でお茶を購入する際の参考になれば幸いです。

以上、台湾茶の選び方とおすすめスポットに関する特集でした!

台湾土産特集はこちら

ランキングつき台湾のおすすめのお土産特集
シェアしてくれると嬉しいです↓↓↓

季節の変わり目、ゆらぎ肌に悩んでいませんか?

「使った瞬間に虜になる」

…ハッとするような優しい使い心地で、一度使ったらやめられなくなるエトヴォス


はじめてエトヴォスを使うなら、エトヴォスの人気商品を詰め込んだパーフェクトキットがおすすめです。


ゴールデンウィークはどこに行く?

混み合う連休は早めのホテル予約がおすすすめです。


目的地を入力して、Booking.comでお得なホテルを検索↓↓↓