台湾旅行でUberX利用をおすすめする理由&使い方【ウーバータクシーとの比較つき】

台湾旅行でタクシーやUberTAXIよりUberX(ウーバーエックス)を使うことをおすすめする理由

台湾で車移動する時に便利な配車アプリのUber(ウーバー)

台湾旅行では、一般タクシーやウーバータクシーではなく、UberXを選択することを強くおすすめします。

この記事では、UberXのおすすめポイントと使い方について紹介します。

台湾旅行にUberをおすすめする理由

通称、小黃シャオフアンとして親しまれている台湾の黄色いタクシー

親切なドライバーさんもたくさんいますが、

  • 運転がすごく荒い人がいる
  • 車両が古い
  • 車両がタバコ臭いことがある
  • 車両にゴミが散らかっていることがある
  • 遠回りされたり、ぼったくりにあうこともある

…という面があり、正直なところハズレのタクシーに当たることの方が多いです。

また、行き先は中国語で伝える必要があるケースが大半で、ホテル名を中国語で言ったり、漢字表記のメモを見せたりする形になります。

一方、Uberを利用すれば、

  • 乗車時に行き先を伝える必要がない
  • 見積料金が事前にわかる
  • ぼったくり被害を防げる
  • クレジットカード決済にしておけば、キャッシュレスで乗車できる

…というメリットを享受することができます。

特に、車を手配する際に大体の料金が分かることが一番のポイントで、降車時にお金のことで揉めることがない点が最大のメリットです。

普通のタクシーを利用するより簡単&便利で、旅行者にはメリットしかありません

台湾のウーバーの種類

台湾のUberにはUber Greenやペットと乗車できるUber Petなどの選択肢もありますが、旅行中に使うことになる選択肢としては、

  • UberTAXI
  • UberX
  • UberXL
  • Uber Comfort

…になります。

UberTAXI、UberX、UverXLの違い

UberTaxi、UberX、UberXLの違い&特徴と比較

UberTaxiはUberアプリで手配するタクシー、UberXは4人まで乗車できる一般車両になります。

大人数で利用する時や複数の大きなスーツケースがある時は、UberXLの利用が便利です。

Uber Comfortは足元が広めの新しい車で、高評価のドライバーであったり、車内の温度調整や会話の有無など細かいリクエストができるワンランク上のサービスを提供する車両になっています。

料金の違い

台湾におけるUberの料金は、

Uber Comfort > UberXL > UberX > UberTAXIというイメージです。

Uberのアプリにある車種選択画面と料金の違い

上記スクリーンショットはプロモーション適用でUberXが安くなっていますが、大体はUberタクシーが一番安く、UberXは少しだけ高くなっていることが多いです。

ウーバータクシーよりUberXがおすすめな理由

台湾でUberTaxiとUberXの双方に何度も乗車してみて感じたことは、

「絶対にUberXがおすすめ!」

…ということです。

UberTaxiの運転手のなかには、ナビを使っているのに道を聞いてくる人や運転がかなり荒い人がいて、怖い思いをしたことがあります。

UberTaxiはアプリで手配できるだけで、基本的に普通のタクシーなので、古くて汚い車が多かったり、ドライバーの態度が悪いケースも少なくないです。

ウーバーXのメリット

  • ドライバーの運転が丁寧な傾向にある
  • 車内が綺麗

今まで乗車したUberXのなかには、レクサスやテスラなどもあり、どれも車内が綺麗でした。

また、使用する車両がドライバー自身の車であることから車を大事に扱いつつ、乗客からの評価を気にする人も多いので、運転が丁寧で態度も良い傾向にあります。(もちろん、無愛想な人もいますが、概ね対応が良いケースが多いです)

Uberタクシーより少し高いだけなので、おすすめは断然UberXです。

ウーバーXのデメリット

私が台湾で体験したことをベースにしていますが、

  • シートベルトのバックル部分がカチッと締めれないようになっている車がいくつかあった
  • ドアの開け方が分からない車種があった

…ということがあり、上記のケースにおいてUberXを使用して少し嫌だなと感じました。

シートベルトについては改造されていたのか壊れていたのかは不明ですが、おそらくダミーのものが使われていて、これは1回だけではなく何回か経験しました。

また、テスラに乗った時に、ドアの開け方が分からず少し戸惑いました。

ただ、シートベルトについては普通のタクシーでも壊れていて使えないことがあったりしたので、UberXだけに起こる問題ではないと思います。

Uberアプリの使い方&配車方法

台湾におけるウーバーの使い方

Uberを使ったことがない場合は、スマホにアプリをダウンロード。

氏名、電話番号、メアドなどの情報を入力します。

基本設定が完了したらアプリを開いて、「行き先を入力」をタップします。

ウーバーのアプリで行き先と目的地を入力するところ

「お迎えの場所」に乗車する場所、「行き先は?」に目的地を入力します。

Uberの車種選択画面

配車を希望する車の種類を選択します。

この時にピックアップまでのおおよその到着時間と見積料金が提示されます。

配車の選択が終わると、迎えに来てくれる車種&ナンバー、ドライバーの氏名などの詳細情報が確認できます。

あとは車の到着を待つだけで、手続きは完了です。

台湾でウーバーを使う時のよくある質問【Q&A】

どんな時に台湾でウーバーを使うべき?

旅行者の場合、スーツケースを持った移動時のほか、MRTでアクセスしにくい場所に行く時にウーバー利用が便利です。

台湾Uberの支払い方法は現金もOK?

台湾のUberでは現金支払いも選択できます。ただ、キャッシュレス乗車がUberを利用することのメリットでもあるので、クレジットカード登録をおすすめします。

Uberアプリのクレジットカード登録方法は簡単?

簡単です。

Uberの支払い方法設定画面

アプリの「アカウント」から「お支払い方法」を選択し、カード情報を入力するだけです。

Uberアプリのクレジットカード登録画面

クレジットカード番号、有効期限の日付、CVVとクレジットカードの発行国を選択すれば登録完了です。

なお、私は日本以外の国で発行したクレジットカードを登録していますが、問題なく使えています。

台湾ウーバータクシーの料金は安い?

台湾のバスやMRTと比較するとずっと高くなりますが、車で10分くらいの距離で平均してNT$200前後くらいのイメージです。ただ、雨が降ったりして利用者の数が増えると、料金がグッと高くなることがあります。(料金に関しては今後変わっていくことがあると思うので参考程度にしてください)

短距離でも使える?

私自身、車で5分の距離でもUberを使っています。特に荷物が多い時や雨の日は積極的に使っています。

台湾でUberを利用した時、チップを渡す必要がある?

任意です。乗車完了後にドライバーの評価を促すメッセージが届き、その際にチップを渡すか決めることができます。大きなスーツケースを持って乗車した時に荷物の上げ下げを手伝ってくれたドライバーや大雨の日に来てくれたドライバーにはチップを支払うようにしています。ただ、あくまで心づけです。

台湾でUberが利用できない場所はある?

台北、新台北市、台中、台南、高雄など主要都市では問題なく利用できます。ただ、郊外に行くと車がない/つかまりにくいケースがあります。また、雨が降ると、利用者が増えるので車がつかまりにくくなります。

台湾にはUber以外の配車サービスはある?

LINE GO(旧LINE Taxi)も利用できます。また、トヨタの台湾代理店である和泰グループyoxiもありますが、2024年2月にUberとyoxiは同盟関係を結んでいます。

台湾では配車以外にUber Eats(ウーバーイーツ)のデリバリー機能も使える?

同じアプリで使えます。旅行者はホテルで受け取る形になることが多いと思いますが、ホテルによってロビーにデリバリー置き配専用のテーブルを設置していることもあります。ただ、大体は自分で受け取りするケースが多いです。

まとめ

台湾旅行でUberを利用することのメリットは、

  • 言葉の問題に直面することなく、簡単に乗車できる
  • ドライバーの詳細が分かるので安心&安全

…ということで、行き先を言ったり、料金のやり取りをしたり、面倒なことが一切なくなることです。

また、一般タクシーとUberTAXIでは乗車体験自体はあまり変わらないので、台湾ではより快適に乗車できるUberXを選ぶ形がおすすめです。

以上、台湾旅行でUberXを利用する理由についての紹介でした!

台湾旅行に役立つ便利なアプリ
初めての台湾旅行のトータルガイド
シェアしてくれると嬉しいです↓↓↓

夏休みはどこ行く?

もうすぐやって来る夏休み。

宿泊費が高騰する連休は、早めのホテル予約がおすすめです。



✔︎台湾旅行を計画している人へ↓


✔︎マレーシア旅行を計画している人へ↓