【年会費永年無料でお得!】台湾旅行におすすめのクレジットカード特集

credit-cards

海外旅行に必須のクレジットカード

数万円・数十万という単位のお金を使う海外旅行はポイントをしっかり貯めることができる絶好の機会であり、カードを活用しないのは非常に損です。

この記事では、台湾旅行におすすめのカードブランドについて紹介します。

本記事のポイント
  • 台湾旅行に持っていくべきカードブランドはJCBVISA
  • 2枚持ちを推奨

台湾旅行におすすめのカードブランド

クレジットカードの国際主要ブランドには、以下のものがあります。

  • VISA(ビザ)
  • Mastercard(マスターカード)
  • JCB(ジェーシービー)
  • American Express(アメックス)
  • Dinars Club(ダイナース)

一般的に海外で利用することを考えた場合、汎用性という意味においてVISAまたはマスターのいずれかのカードがあれば十分です。

しかしながら、台湾旅行の場合は、

  • 台湾旅行にお得なカードブランドはJCB
  • バックアップとしてVISAもあると便利

このように言えます。

JCBのメリット

台湾においても、VISAやマスターが使える店舗の方が全体的に多いです。

しかしながら、日本人観光客が多い台湾では、JCBを利用できる場所がほかの海外と比較すると圧倒的に多く、現地で利用できるサービスが充実しています。

JCBのメリットは、

  • JCB優待特典の充実度
  • JCBプラザラウンジ利用
  • 各種トラベルサービス

…です。

以下は台湾でJCB優待が使えるお店の一部ですが、人気店がたくさんあります。(2024年7月時点の情報に基づきます)

特典が利用できるおすすめスポット詳細および特典内容は以下の記事にまとめています。

台湾旅行で使えるJCBカードの優待特典

VISAのメリット

台湾ではJCBカードの加盟店が多いと言ったものの、使えない場所も当然あります。

使えるお店の多さという意味においては、VISAが一番安心感があります。

また、台湾以外の海外でもクレジットカードを使うことを考慮すると、その網羅性において一番はじめにカードを作るならVISAをおすすめします。

VISAが1枚あれば、大抵どこでも使えるので便利です。

台湾で利用できるVISAの優待内容はJCBほど充実していませんが、ヌガーが美味しい糖村誠品書店松山文創園区で利用できる優待があります。

詳細は以下の記事にまとめています。

台湾で使えるVISAカードの優待特典

クレジットカードは2枚持ちが旅の基本

海外旅行をする場合、クレジットカードは2枚持ちが基本です。

磁気不良など何らかのトラブルでメインカードが使えなくなった時に「予備のカードを持っていて良かった!」というケースがあるためです。

私自身、海外のホテルで清算する時にメイン使いしていたクレジットカードが磁気読み込み不良になり、ホテルのスタッフから「このカードは使えません。」と言われて焦った経験があります。

その時は予備として持っていたクレジットカードで宿泊費を支払い事無きを得ましたが、もし予備のカードがなかったら…と考えると今でもぞっとします。

「盗難が心配だしクレジットカードは一枚でいっか」と思ってしまいがちですが、2枚持ちは重要です。

年会費永年無料のおすすめクレジットカード

複数のクレジットカードを保有する場合、年会費というコストが気になることがあるかもしれません。

そんな時は年会費無料のクレジットカードの申し込みを検討してみても良いと思います。

VISAブランドのおすすめはエポスカード

海外旅行におすすめする年会費永年無料のクレジットカードはエポスカード

マルイのカードでVISAブランドのみの選択肢になりますが、特典・優待の充実さゆえ普段マルイを利用しない方でもメリットを感じることができるカードです。

エポスカードのメリット
  • 年会費が永年無料
  • 海外旅行時に緊急デスクが24時間、日本語でサポート
  • 海外旅行で高額の買い物をする予定がある時に一時的にショッピング利用枠を増額できるサービスがある

エポスカードは普段の買い物や生活の中で「ここでも使えるんだ!」というちょっとした驚きがあるくらい、優待の内容が豊富です。

また、エポスにはちいかわデザインのクレジットカードがあるところもポイントです。

台湾にはちいかわ系のかわいいデザインが好きな人が多いので、台湾でちいかわカードを使うと、お店の人に「かわいい!」と言われることがあるかもしれません。

すでにエポスカードを持っている人は料金を支払うことで、ちいかわデザインカードに切り替え可能です。

JCBもVISAも選択できる楽天カード

年会費無料の代表的なクレジットカードと言えば、楽天カード

楽天カードのメリット
  • 年会費が永年無料
  • 楽天ポイントが貯めやすい

また、入会ポイントが多めにもらえる上、ポイントが貯めやすいカードであるため、一枚持っていて損はありません。

楽天プレミアムカードという選択肢

海外旅行によく行く方は、年会費がかかるものの楽天プレミアムカードという選択肢もあります。

一番の目玉はプライオリティ・パスが無料で利用できる点です。

プライオリティ・パスは、世界1,300カ所以上の空港ラウンジが利用できる会員制のサービスで、割とよく海外旅行する人で、世界および日本各地の空港ラウンジを使いたいという場合に便利なカードです。

2025年1月1日以降は、海外ラウンジの利用が年間5回までという制限がつくため、楽天プレミアムカードのプライオリティパスのメリットはかなり薄れることになる点に注意してください。

なお、台湾ではプライオリティパスで台湾旅行で桃園国際空港にあるプラザプレミアムラウンジが利用できます。

桃園空港のラウンジ情報はこちら

桃園国際空港のプラザプレミアムラウンジの雰囲気と食事

まとめ:台湾旅行にはJCB+VISAがおすすめ

台湾で利用できる各クレジットカードの優待割引は購入金額の5%〜10%程度で、数字だけ見るとそれほどお得感がないように思えるかもしれません。

ただし、カード利用自体でポイントが溜まることに加え、台湾でたっぷりお土産を購入すると、少額の割引でも積もり積もると結構な金額になります。

また、海外ATMを使って現地通貨を引き出すことができるなど、「ここぞ!」という時にクレジットカードがあると安心です。

以上、台湾旅行におすすめのクレジットカード特集でした!

初めての台湾旅行のトータルガイド
シェアしてくれると嬉しいです↓↓↓

夏休みはどこ行く?

もうすぐやって来る夏休み。

宿泊費が高騰する連休は、早めのホテル予約がおすすめです。



✔︎台湾旅行を計画している人へ↓


✔︎マレーシア旅行を計画している人へ↓