使わなきゃ損!台湾旅行にお得なサービスはこちら>>

【印花楽@台湾】そのかわいいテキスタイルにときめきを覚えずにはいられない

テキスタイルがかわいい台湾の印花楽(inBlooom)

台湾の印花楽(inBlooom)

一度見たら忘れないその特徴的なテキスタイルやファブリック雑貨は、ときめきを覚えずにはいられない不思議な魅力を放っています。

ただ単純にかわいいブランド…というだけではなく、そのブランドコンセプトには社会的意義があり、それはデザインにも反映されています。

この記事では同ブランドの概要に触れた上で、おすすめのアイテムや台北の店舗情報について紹介します。

台湾の印花楽(inBlooom)

台湾の印花楽(inBlooom)のファブリック商品

印花楽(inBlooom)のはじまりは2008年

大学で芸術を専攻した3人の友人同士が、共同創業者として立ち上げた台湾のローカルブランドです。

inBlooomが意味するもの

印花楽の英語のブランド名であるinBlooom。

花が咲き誇る時に用いられる満開の意味を持つ英語表現、“in full bloom”が由来になっていますが、本来の”bloom”ではなく、3つの”o”を使った“blooom”という言葉が使われている点にも意味があります。

  • 3人の創業者
  • 英語の”o”の形が漢字の「口」の形に似ていることから、起業プロセスにおいて3人が熱心に討論しているさま
  • オリジナルの意味

3つの”o”には、上記3つの意味が込められています。

また、印花(yìn huā)という中国語は、布地に模様(パターン)を印刷する「テキスタイルプリンティング」という意味を持ちます。

ものづくりに対する考え方

環境を考慮したエコフレンドリーなものであること

…これが印花楽(inBlooom)が手がけるデザインの根底にある考えです。

布という繰り返し何度も使える素材にこだわってものづくりを続けている理由もここにあります。

現代社会において、廃プラスチックの問題は世界的な社会問題として深刻化していますが、印花楽(inBlooom)はプラスチックの代替え品となる商品を作り続けることで、この問題に立ち向かっています。

まさに、サステナビリティを考慮したブランドであると言えます。

印花楽と台灣八哥(ハッカチョウ)

印花楽(inBlooom)のハッカチョウのデザインモチーフ

印花楽(inBlooom)の商品には鳥・モザイクタイル・窓ガラス・花火など定番のデザインパターンがあり、それぞれ作り手の思いが込められています。

その中でもブランドのトレードマーク的存在になっているものが台灣八哥(ハッカチョウ)

なぜ、デザインパターンにハッカチョウを採用しているのか?

これにも理由があります。

台湾在来のハッカチョウは外来種の侵入が原因となり数が減少し続けているという問題を抱えています。

ハッカチョウのパターンを使い続けることで、ハッカチョウが絶滅の危機に瀕しているというメッセージを社会に対して発し、問題提起を行っています。

印花楽(inBlooom)の商品

印花楽(inBlooom)には非常にたくさんの商品がありますが、ここではその一部について紹介します。

台湾の印花楽(inBlooom)のドリンクホルダー

ドリンクホルダー。

デザインモチーフは烏秋(オウチュウ)という鳥。

烏秋が連なって円形状を形成していることから、烏秋圈圈(Black Drongo Circles)と呼ばれるデザインパターンになります。

台湾の印花楽(inBlooom)のボトルホルダー

ボトルホルダー。

台湾の印花楽(inBlooom)のがま口財布

がま口財布。

台湾の印花楽(inBlooom)の革財布

革製品のお財布。

前列の右側にあるデザインパターンは、台湾伝統の古い建物に使われているモザイクタイルがモチーフになっているものになります。

台湾の印花楽(inBlooom)のペンケース

ペンケース。

台湾の印花楽(inBlooom)のパソコンケースとバッグ

パソコンケースやバッグ。

台湾の印花楽(inBlooom)の洋服

洋服もあります。

台湾の印花楽(inBlooom)のベビー用品

スタイなどのベビーグッズ。

台湾の印花楽(inBlooom)のマスキングテープと付箋

マスキングテープや付箋。

付箋はNT$50程度で購入可能です。

台湾の印花楽(inBlooom)で販売されているテキスタイル(布)

テキスタイル。

台湾の印花楽(inBlooom)の本店で販売されているテキスタイル商品

裁縫が好きな方は印花楽(inBlooom)で布地を購入して、DIYする方法もおすすめです。

印花楽の一番人気はランチョンマット

台湾の印花楽(inBlooom)のランチョンマット

印花楽(inBlooom)の一番人気商品はランチョンマット

価格はスプーンとフォークがセットになってNT$390。

ランチタイムに活躍するアイテムです。

黒猫デザインの印花楽(inBlooom)のランチョンマット

色々なデザインのランチョンマットがあります。

マレーバクデザインの印花楽(inBlooom)のランチョンマット

気がつくと新商品が出ているので、お店に足を運んで最新のデザインをチェックしてみてください。

台北にある印花楽の店舗情報

2019年末時点では台北の大稻埕に3店舗(本店・2号店・3号店)ありましたが、2021年8月の時点で、本店と3号店のみ営業しています。

2023年11月現在、印花作夥のみが営業している状態です。

今後も変化があるかもしれないので、最新情報は印花楽(inBlooom)公式サイトで確認することをおすすめします。

印花作夥(inBlooom Together)

台北の迪化街にある印花作夥

住所:台北市大同區迪化街一段248號

印花作夥へのアクセスは、MRT大橋頭駅利用が便利です。

台湾の台北にある問屋街(迪化街ディーホアジェ)

日本からオンライン購入が可能

Pinkoiを利用することで、日本からオンライン購入が可能です。

>>Pinkoiで印花楽の商品を見てみる

まとめ:台湾でファブリック雑貨を購入したい時におすすめ

何度お店に足を運んでも飽きないくらい、かわいいものがいっぱいの印花楽(inBlooom)。

印花楽(inBlooom)はどの店舗を訪れても、店員さんがとっても優しく、感じの良い人が非常に多いです。

それゆえ、店内がとても心地良い空間になっているので、ゆっくり店内を見て回ってお気に入りのものを探してみてください。

以上、印花楽(inBlooom)についての紹介でした!

ランキングつき台湾のおすすめのお土産特集
シェアしてくれると嬉しいです↓↓↓

春休み&GW旅行に備えよう!

混み合う連休は早めのホテル予約がおすすすめです。