台湾のプリペイドSIMをお得に予約&購入する方法【旅行者におすすめ!】

台湾で使えるおすすめプリペイドSIMカードの購入方法

海外旅行中のデータ通信に便利なプリペイドSIMカード

台湾でも旅行者向けのプリペイドSIMカードが充実しています。

そんな便利な台湾のプリペイドSIMカードは、日本で予約して現地でバウチャーを提示するだけで簡単に購入できるほか、近年はSIMの入れ替えが不要で現地に着いたらすぐ使えるeSIMのサービスも開始しています。

この記事では台湾のプリペイドSIMカードを簡単に購入する方法について紹介します。

注意事項

プリペイドSIMカードを使う大前提として、SIMフリーまたはSIMロックが解除されたスマホが必要になります。

台湾プリペイドSIMカードをネットで購入する方法

台湾のプリペイドSIMを購入したい場合は、KLOOKを使ってネット購入する形が便利です。

具体的な予約ステップは以下の通り。

  1. KLOOK公式サイトにアクセス
  2. パッケージを選択
  3. 支払い&バウチャー受け取り

…これだけです。

①Klook公式サイトにアクセス

Klook公式サイトで、台湾4G SIMカード(空港受取/中華電信提供)を選択。

②パッケージを選択

「受取場所」で、希望するロケーションを選択。

  • 桃園国際空港
  • 高雄国際空港
  • 台中国際空港
  • 中華電信/神脳国際ショップカウンター
  • 台北松山空港

…から選択することが可能です。

「SIMカード使用可能期間」では、旅行期間に適した日数を選択します。

日数に応じて、相応の無料通話がついてきます。

利用規約をチェックして、「予約手続きへ」のボタンをクリックします。

③支払手続き&バウチャー受取

選択した商品に間違いがないことを確認、数量を選択して、「予約手続きへ」のボタンを押します。

「利用予定日」で具体的な日にちを選択し、連絡先情報に詳細を入力します。

最後に「支払い手続きへ」のボタンを押して、クジレットカード情報を入力すれば、予約が完了します。

予約が確定すると、バウチャーが届きます。

プリペイド物理SIMカードの受け取り方法

ここでは、台湾の桃園国際空港(第1ターミナル)でプリペイドSIMカードを受け取る流れについて紹介します。

基本的な流れは以下の通りです。

  1. 指定カウンターでバウチャーとパスポートを提示
  2. 必要書類にサイン

外国人旅行者は、パスポートのほか、入国スタンプなどを提示する必要がありますが、カウンターのスタッフにパスポートを渡すと入国スタンプがあるページをチェックしてくれるので、基本的には、

バウチャーを見せる+パスポートを渡す

…これだけでOKです。

カウンターが混み合っていなければ5分程度で手続きが完了します。

①到着ロビーにあるカウンターへ行く

受け取りカウンターの場所は、

桃園国際空港の場合
  • ターミナル1:到着ロビー6番カウンター
  • ターミナル2:到着ロビー2番カウンター

…になっています。(2023年12月時点の情報に基づきます)

*受け取りカウンターの場所は変更されることがあるかもしれないので、最新情報はKlook公式サイトで確認するようにしてください。

桃園国際空港ターミナル1の到着ロビー

第1ターミナルの場合、到着ロビーを出たら、右手側に歩いて行きます。(北のミーティングポイント方面)

桃園国際空港ターミナル1にあるKlookのSIMカード受け取りカウンターがある方面

Klookのカウンターは、まっすぐ先にあります。

台湾の桃園国際空港第1ターミナルにあるKlookのプリペイドSIM受け取りカウンターの場所

こちらが6番カウンター

台湾の桃園国際空港にある中華電信のカウンター

6番カウンターに向かう途中、中華電信やそのほかの通信会社のカウンターがありますが、KlookでSIMカードを注文した場合の受け取りカウンターとは異なるものになるので注意してください。

桃園国際空港ターミナル2にあるKlookのSIM受け取りカンター

ターミナル2の場合は、到着出口の近くにカウンターがあるのでわかりやすいと思います。

②スマホにSIMを入れる

バウチャーとパスポートを提示し、必要書類にサインすると、すぐに手配しておいたSIMカードを取り出してくれます。

お使いのスマホを渡すと、SIMをセットの上、開通確認までスタッフの人が行ってくれます。

私はiPhoneを使っていますが、SIMの入れ替えをしたらすぐ繋がりました。

スタッフの人とは簡単な英語のやりとりだけで、特に難しいことはありません。

悠遊カードとSIMがセットになったプランもある

Klookには悠遊カード+SIMカードがセットになったプランがあります。

はじめての台湾旅行で悠遊カードを持っていない場合は、悠遊カードとSIMカードをセット購入する形がおすすめです。

それぞれ単体で購入するよりも、少しだけお得になることに加え、一度に手続きが完了するので、とても便利です。

桃園国際空港第1ターミナルで悠遊カードとSIMを受け取る場合、游客邦カウンターで受け取ることになっています。

SIM単体で購入した時のカウンターと異なる場所にあるので、その点に注意してください。

詳細はこちら

Klookで購入した悠遊カードを台湾の桃園国際空港で受け取る方法

SIMの入れ替え不要なeSIMの選択肢もあり!

近年のトレンドである、eSIM

物理SIMのように、空港に着いてから所定のカウンターで受け取ったり、SIMの入れ替えの必要がなく、台湾に着いたらすぐに使えるところがメリットです。

>>KlookでeSIM商品を見てみる

ただし、eSIMはデータ通信のみになっています。

現地の電話番号が欲しい場合や無料通話を利用したい場合は、物理SIMを選択するようにしてください。

まとめ

Klookを利用することで、スマートにプリペイドSIMの購入ができるため、台湾を訪れる旅行者の方におすすめの購入方法です。

以上、台湾のプリペイドSIMをお得に予約&購入する方法についての紹介でした!

>>Klookで台湾SIMカードを購入してみる

台湾のインターネット
シェアしてくれると嬉しいです↓↓↓

夏休みはどこ行く?

もうすぐやって来る夏休み。

宿泊費が高騰する連休は、早めのホテル予約がおすすめです。



✔︎台湾旅行を計画している人へ↓


✔︎マレーシア旅行を計画している人へ↓