充実したおうち時間を過ごすための【オンラインフィットネス特集】>>

雙連企鵝文肉羹店|素朴で優しい味!台北で食べるとろみスープとビーフン炒め

台北の雙連企鵝文肉羹店のビーフン

安くて美味しい台湾のB級グルメ。

台湾B級グルメと言っても多岐に渡りますが、あっさりとした味でサラサラっと楽しむことができるグルメに肉羹炒米粉があります。

どちらも色々な場所で普通に食べることができるローカルグルメですが、地元の人に愛されているお店の一つがMRT雙連駅のすぐ近くにある雙連企鵝文肉羹店

安くて美味しい肉羹と炒米粉を食べることができるお店です。

この記事では同店の詳細についてご紹介します。

台北の雙連企鵝文肉羹店

雙連企鵝文肉羹店の店舗外観

MRT中山駅の一つ隣、雙連駅のすぐそばにある雙連企鵝文肉羹店。

一族3代、30年以上の歴史を持つお店です。

 

民生西路という大通りから一本入った細道にあるお店で、同じ並びにはいくつか飲食店が連なっています。

一見、普通のお店に見えますが、地元の人の間では名の知れた有名店です。

 

雙連企鵝文肉羹店のメニュー

メニューのカテゴリーは大きく分けて4つ。

  1. 麺類 
  2. 羹湯類(焿湯類)
  3. 羹麵類(焿麵類)
  4. 小菜類

②はとろみスープ類、③はとろみスープの麺料理、④はサイドディッシュになります。

価格は一つあたりNT$55前後で食べることができるものが多く揃っています。

 

とろみスープの肉羹(肉焿)

雙連企鵝文肉羹店の肉羹(ロウガン)

豚肉入りとろみスープの肉羹。

一般的に肉羹は豚肉に魚漿と呼ばれる魚のすり身を加えて作られています。

肉羹のピンインはròu gēng

肉羹ではなく肉焿という表記が使われることもよくあり、雙連企鵝文肉羹店では肉焿の表現がメニュー表に使われています。

あえてカタカナベースの発音にするとロウガンに近い音になりますが、gangという音ではなくgengという音で、日本語にはない特別な発音になるので、正しい音を聞きたい時はグーグル翻訳の音声機能などを使ってチェックしてみてください。

 

選べる肉羹(肉焿)の種類

肉羹(肉焿)にはいくつかメニューがあり、イカ入りのとろみスープの魷魚焿や豚肉とイカをミックスした綜合焿もあります。

また、スープ麺にしたい時は焿麺類から好きなタイプの具材と麺の種類を選ぶことができます。

 

炒米粉(ビーフン炒め)がおすすめ

雙連企鵝文肉羹店の米粉(ビーフン)

雙連企鵝文肉羹店は店名に肉羹とあるように、肉羹(肉焿)が看板メニューになっているお店ですが、炒米粉(ビーフン炒め)も非常におすすめです。

シンプルな料理ですが、雙連企鵝文肉羹店の炒米粉(ビーフン炒め)はピカイチに美味しいです。

「chǎo mǐfěn(チャオミーフェン)」と言えば注文できます。

 

雙連企鵝文肉羹店の炒麵

こちらは炒麵。

chǎomiàn(チャオミェン)と発音します。

 

肉羹(肉焿)も炒米粉&炒麵もあっさりした味なので、テーブルにある調味料を使って自分の好きな味にアレンジしてみてください。

 

イカ料理も人気

小菜のカテゴリーに当たるイカを湯がいた燙魷魚も人気メニューです。

多くのローカルの人が注文しているので、小腹が空いている時は注文してみてください。

 

雙連企鵝文肉羹店のロケーション

住所:台北市大同區民生西路59號

最寄駅はMRT雙連駅の2番出口。

MRT雙連駅2番出口を出て右手側、民生西路に沿って歩いて行きます。(ちなみに、MRT雙連駅2番出口の左側には老董牛肉麺という牛肉麺の名店があります。)

 

雙連企鵝文肉羹店がある通りで食事をする人々

MRT雙連駅2番出口から2本目の通り、ファミリーマートの手前にある細道を右に曲がったところにお店があります。

ファミリーマートが見えたら、右に曲がる…と覚えておくと迷うことがないはずです。

またお店の看板にペンギンのロゴがあるので、それも目印にしてみてください。(店名の企鵝は中国語でペンギンという意味があります。)

 

雙連企鵝文肉羹店で食事する時の注意点

その場で食べる(内用・ネイヨン)お客さんとお持ち帰り(外帶・ワイダイ)をするお客さんがいます。

お持ち帰りする時は「外帶請排隊」というサインがある場所に並んで注文します。

店内で飲食する場合は空いてる席に座って注文する形になりますが、混み合っている時は席取りが必要になります。

食べている人の後ろに立って席が空くことを待って席を確保、それから注文します。

混んでいる時は少し慌ただしく相席も当たり前ですが、みんなパパッと食事をして帰っていくお客さんが多いので、回転率は悪くないです。

 

まとめ:安くて美味しい台湾ローカルグルメが楽しめる場所

ローカルのお客さんで混み合うことが多い雙連企鵝文肉羹店ですが、地元のお客さんが並ぶ=安くて美味しいというサインでもあります。

台湾の昔懐かしの伝統の味である「古早味」を味わい、台湾らしいローカル体験する場所としては旅行者の方にとっても面白い場所です。

台北で肉羹(肉焿)や炒米粉が食べたいという時は、是非足を運んでみてください。

 

以上、雙連企鵝文肉羹店についての紹介でした!

 

台北であっさりしたものが食べたい時はキャベツご飯のお店もおすすめです。

♥キャベツご飯が美味しいお店の詳細はこちら↓↓↓

高麗菜飯・原汁排骨湯のキャベツご飯

孤独のグルメ感あり!キャベツご飯&スープが美味しい台北のローカル店


運動不足が気になる人おすすめ!
便利なオンラインサービス

自宅でプロのヨガレッスンを受けることができるオンラインフィットネスのSOELU(ソエル)。
インストラクターとオンラインで繋がり、臨場感あるヨガレッスンを月額980円(税抜)から受けることができます。
>無料体験レッスンの詳細はこちら