【藍家割包】行列ができる台湾バーガーの名店で食べるふかふかグアバオ

藍家割包の台湾式ハンバーガー

台湾を代表する小吃(スナック)の一つ、割包(グアバオ)

日本語で台湾式ハンバーガーと呼ばれるB級グルメです。

台北で最も有名な割包(グアバオ)のお店と言えば、藍家割包

行列ができる人気店として知られています。

この記事では藍家割包の詳細と注文のポイントのほか、藍家割包以外の台北にあるおすすめ割包店情報についてご紹介します。

台湾バーガーの割包(グアバオ)とは?

割包(グアバオ)は饅頭(マントウ)と呼ばれる白いふかふかの生地に五花肉(脂身の多い豚肉)や酸菜香菜(パクチー)砂糖入りのピーナッツパウダーなどを挟んだ食べ物です。

グアバオは台湾語の音が元になっていて、グアという音に近い中国語の「割(ge)」という文字が充てられ、割包(グアバオ)となっています。

ただし、刈包と表記されることもあり、こちらの表記の方が正確だと言われています。

割包は縁起の良い食べ物

小銭入れのようなお財布の形を思わせる割包(グアバオ)。

縁起が良いものとして、台湾では新年前に職場で開催される「尾牙(ウェイヤー)」という従業員を労うパーティーで定番の食べ物としても知られています。

中華圏では東坡肉と呼ばれる脂身の多い豚肉を饅頭にサンドして食べたり、長崎でも豚の角煮まんじゅうとして似たような食べ物がありますが、台湾の割包(グアバオ)は独自の進化を遂げ、とてもユニークなものになっています。

行列ができる有名店の藍家割包

台北の公館にある藍家割包の店舗

藍家割包はランジャーグアバオと発音します。

いつも行列ができている有名店です。

割包(グアバオ)だけがフォーカスされがちですが、肉粽四神湯大腸麺線などの販売もしています。

藍家割包で台湾式ハンバーガーを購入するお客さん

お店の人が忙しく手を動かしています。

2種類の行列に並び間違えないように注意

藍家割包にあるお持ち帰りと店内飲食の行列を示すサイン

お店の前にできている行列には2種類あります。

一つはお持ち帰り専用の「外帶(ワイダイ)・TAKE OUT」の列、そして店内で飲食専用の「内用(ネイヨン)・EAT IN」の列。

目的に応じて並ぶ列を間違えないように気をつけてください。

割包(グアバオ)は食べ歩きができるB級グルメであることからお持ち帰りにする人の方が多いものの、割包以外にもローカルグルメを楽しみたいという人は店内での飲食がおすすめです。

藍家割包のメニュー

藍家割包のメニューと注文票

メニューのカテゴリーは以下の通り。

  1. 割包類(グアバオ類)
  2. 肉粽類(ちまき類)
  3. 湯類(スープ類)
  4. 大腸肉羹麵線(とろみスープの麺線)

店内で飲食する時は、席に案内された後に注文票の内用の欄に欲しいものを「正」の字で記入、また「桌號」にはテーブル番号を記入して注文します。

好みに応じて選べる割包(グアバオ)のお肉

割包(グアバオ)には数種類あり、好みのものを選ぶことができます。

  1. 肥肉(féi ròu)
  2. 瘦肉(shòu ròu)
  3. 綜合半肥半瘦(zònghé bàn féi bàn shòu)
  4. 綜合偏肥(zònghé piān féi)
  5. 綜合偏瘦(zònghé piān shòu)

①は脂身が多いお肉、②は脂身の少ない赤身のお肉、③は①と②のミックス、④はミックスで脂身がやや多め、⑤はミックスで赤身のお肉がより多めという違いがあります。

③の綜合半肥半瘦でオーダーする人が多いものの、好みに応じて注文してみてください。

藍家割包の台湾式ハンバーガー

綜合半肥半瘦の割包(グアバオ)。

ホロホロの豚肉に、酸菜の酸っぱさ、ピーナッツパウダーに加えられた砂糖の甘み、とっても不思議な組み合わせです。

色々な具材が絡み合って独特のハーモニーを生み出しています。

四神湯(スーシェンタン)

藍家割包の四神湯

台湾で定番の四神湯(スーシェンタン)。

四神湯にも種類がいくつかあります。

  1. 四神(腸)湯
  2. 四神豬肚湯
  3. 四神綜合湯(腸+肚)

腸は十二指腸、肚は胃で、上の画像にあるものは③の四神綜合湯になります。

クセや臭みがなく、美味しいスープです。

肉粽(ちまき)

藍家割包の肉粽(ちまき)

中華風ちまきの肉粽。

専用のソースをつけて食べる形が定番です。

向かいにあるタピオカミルクの有名店「陳三鼎」

台北の公館にある陳三鼎(チェンサンディン)

藍家割包の向かいには、タピオカミルクで有名な陳三鼎(チェンサンディン)があります。

青蛙撞奶と呼ばれているものが、一番人気の商品です。

こちらのお店も、常に行列ができています。

陳三鼎(チェンサンディン)の黒糖タピオカミルク

タピオカに黒糖が使われていること、そしてそのもちもちさが人気の秘密です。

藍家割包も陳三鼎も、どちらもとても有名なお店なので、割包(グアバオ)とタピオカミルクの両方を購入して食べ歩きすることもおすすめの過ごし方です。

【2019年12月3日更新】陳三鼎(チェンサンディン)の営業について

2019年11月末に、台湾メディアが「陳三鼎が閉店している」というニュースを取り上げていました。

一時的なものかと思っていたのですが、現在も閉店状態になっています。

2019年10月にちょっとしたスキャンダルが発生していたので、それが関係しているのかもしれませんが、陳三鼎のタピオカミルクを目的にお店に足を運ぶことを予定している場合は閉店している可能性があることに留意してください。

藍家割包のロケーション

住所:台北市中正區羅斯福路三段316巷8弄3號

最寄駅はMRT公館駅(4番出口)。

徒歩で4分程度です。

すぐ近くに公館夜市や国立台湾大学があるので、夜市のお店を覗いてみたり、台湾大学の敷地内を探索してみたり、ぶらぶらしながら過ごす形もおすすめです。

台北にある藍家割包以外のグアバオおすすめ店

藍家割包以外にも、美味しい割包(グアバオ)をいただくことができるおすすめのお店が台北にあります。

おすすめのスポットは以下の通り。

  1. 台北橋頭魯肉飯(最寄駅:MRT大橋頭駅)
  2. 松山割包(最寄駅:MRTまたは台鐵の松山駅)

①は台北の問屋街、迪化街(ディーホアジェ)の近くにある延三夜市の中にあるお店です。
焢肉飯(コンローファン)が人気のお店ですが、煮込んでトロトロになった豚肉を使った割包(グアバオ)も絶品です。

②は饒河街夜市や洋服の問屋街である五分埔(ウーフェンプー)の近くにあるお店です。
割包(グアバオ)のテイストは藍家割包とほぼ同じで、藍家割包ほど混雑していない穴場になります。

おすすめは①の台北橋頭魯肉飯。

お肉のトロトロ感と蒸し立ての饅頭(マントウ)のふかふか感がたまりません。

個人的には藍家割包や松山割包よりもおすすめです。

❤︎台北橋頭魯肉飯の詳細はこちら↓↓↓

台北橋頭魯肉飯の焢肉飯

❤︎松山割包の詳細はこちら↓↓

台北にある松山割包の台湾バーガー(グアバオ)

B級グルメの台湾バーガーは試してみる価値あり

小腹が空いた時に手軽に食べることができる割包(グアバオ)。

食べ歩きフードとしておすすめすることができます。

是非、藍家割包で台湾式ハンバーガーを試してみてください。

以上、行列ができる台湾バーガーの名店、藍家割包についての紹介でした!

❤︎台湾グルメ特集はこちら↓↓↓

台湾で食べるべきグルメ特集

♥台北観光を満喫するためのトラベルガイドはこちら↓↓↓

台北観光2泊3日おすすめモデルコース
シェアしてくれると嬉しいです↓↓↓

夏休みはどこ行く?

もうすぐやって来る夏休み。

宿泊費が高騰する連休は、早めのホテル予約がおすすめです。



✔︎台湾旅行を計画している人へ↓


✔︎マレーシア旅行を計画している人へ↓