【ジョホールラクサとは?】ユニークな歴史と味を持つ食べ物

Johor Laksa(ジョホール ラクサ)の特徴

Laksa Johor(ラクサジョホール)と呼ばれるユニークなラクサがあるジョホール州

この記事では、ジョホールラクサの特徴と歴史、クアラルンプールでジョホールラクサが食べたい時におすすめのお店について紹介します。

Laksa Johor(ラクサジョホール)とは?

ジョホールラクサとは?

ジョホール州を起源とするLaksa Johor(ラクサジョホール)

数多くのスパイスとハーブ、ココナッツミルクや魚を使って作られるラクサの1種になります。

ジョホール州でラクサジョホールが誕生した歴史的背景

ジョホールラクサ誕生のキーパーソンとなるのが、ジョホール州の君主(スルタン)であったSultan Sir Abu Baker

1885年、ヨーロッパを訪問した際に、イタリアで食べたスパゲティの虜になります。

ジョホールに戻った後にも、食事にスパゲティを準備するようにシェフたちに要求したことで、パスタにマレーシア伝統料理のラクサのソースをかけたLaksa Johorが誕生しました。

いわば、フュージョン料理として誕生したものが、ラクサジョホールになります。

ジョホールラクサのユニークな特徴

ラクサジョホールには、非常にユニークな特徴があります。

特徴①:アッサムラクサとカレーラクサをミックスした味

ジョホールラクサの特徴と具材

ジョホールラクサには、

  • スープベースに魚を使う
  • ココナッツミルクやKerisikを加える
  • Asam Gelugor(Asam Keping)の酸味がある
  • トーチジンジャーフラワーやラクサリーフを加える
  • ロングビーンやもやし、きゅうりを加える

…などの特徴があります。

アッサムラクサのようなジョホールラクサのスープ

味はアッサムラクサによく似ていますが、ココナッツミルクを加えることからカレーラクサの風味もあるユニークなものになっています。

ラクサジョホールに添えるサンバルブラチャン

また、ジョホールラクサはSambal Belacan(サンバルブラチャン)を添えて提供されます。

さらに、カラマンシーも添えられていることが定番で、食べる前に絞って、料理に爽やかな酸味を加えます。

マレーシアのCalamansi(カラマンシー)

特徴②:パスタが使われている

スパゲティが使われるジョホールラクサ

麺にスパゲティを使っていることも、ジョホールラクサの大きな特徴になります。

クアラルンプールでも食べることができる

ジョホール州を起源とするジョホールラクサは、クアラルンプールでも食べることができます。

Cafe Chef Wan

Cafe Chef  Wan

クアラルンプールで美味しいジョホールラクサが食べたい時におすすめのレストランは、Cafe by Chef Wan

スープが濃厚、スパイスやハーブの香りがしっかりあり、美味しいです。

マレーシアで最も有名なシェフが経営するレストランのChef Wan

D’Cengkih

D'Cenkih

クアラルンプールのTTDIにあるD’Cengkih

ジョホール料理を食べることができる有名なレストランです。

D'Cenkihのラクサジョホール

D’Cengkihのジョホールラクサはややあっさりとしています。

Cafe by Chef Wanのような濃厚さはないので、しっかりした味つけが好みの場合はCafe by Chef Wanのジョホールラクサの方がおすすめです。

住所:6, Jalan Tun Mohd Fuad, Taman Tun Dr Ismail, 60000 Kuala Lumpur, Wilayah Persekutuan Kuala Lumpur

以上、ジョホールラクサについての紹介でした!

ラクサとは?地域によって異なるマレーシアのLaksaの種類と特徴
シェアしてくれると嬉しいです↓↓↓

夏休みはどこ行く?

もうすぐやって来る夏休み。

宿泊費が高騰する連休は、早めのホテル予約がおすすめです。



✔︎台湾旅行を計画している人へ↓


✔︎マレーシア旅行を計画している人へ↓