9/15発売!Etvos(エトヴォス)のベストセラーがつまった新お試しセットの詳細はこちら

マレーシアで購入するおすすめのテンペ【Wendee’s Tempeh】

マレーシアで購入するおすすめのテンペ(Wendee's Tempeh)

腸内環境を整えるために役立つ発酵食品。

大豆を使った発酵食品には納豆・味噌・醤油などがありますが、インドネシア発祥のTempeh(テンペ)も大豆ベースの発酵食品として知られています。

この記事ではTempeh(テンペ)の詳細とマレーシアで購入するおすすめのTempeh(テンペ)商品についてご紹介します。

インドネシア発祥のTempeh(テンペ)とは?

インドネシア発祥の発酵食のTempeh(テンペ)

納豆は納豆菌を使って作られていることで知られていますが、Tempeh(テンペ)はテンペ菌と呼ばれる菌を使っています。

主に大豆を使って作られていますが、大豆以外の素材を使って作られるTempeh(テンペ)もあります。

世界のベジタリアンやヴィーガンに注目されるTempeh(テンペ)

Tempeh(テンペ)はインドネシア(ジャワ)発祥ではあるものの…

✔︎発酵食品であること
✔︎植物性のタンパク源となること

…という点から欧米を中心とした一部のベジタリアンやヴィーガンの人にも人気の食品になっています。

また、最近増えているプラントベース(植物性)食品は加工が多く加えられているものもたくさんありますが、Tempeh(テンペ)は余計な加工を加えず、自然な形で作られている植物性食品であるところも魅力です。

私も納豆のような感覚でTempeh(テンペ)を日々の食生活に取り入れています。

Tempeh(テンペ)は冷凍すれば割と長く保存できるので、すぐに食べない分は冷凍庫のなかに入れておき、食べたくなった時に調理できる点も便利だなと感じているポイントです。

テンペの栄養

タンパク質のほか、食物繊維のほか、ミネラルやビタミンが豊富です。

大豆が丸ごと使われているため、割と食べ応えがあり、お肉に置き換えて食べることもあります。

テンペの発酵臭は臭い?どんな味と香り?

Tempeh(テンペ)の味を一言で表すと、優しい味

素材(大豆)そのものの味を楽しむことができます。

ただし、テンペ自体は淡白な味であるため、下味をつけたり、調味料を加えて調理すると食べやすくなります。

発酵が進んだものは発酵臭が強くなり、商品によって「これは発酵が強めだな…」「これは無臭」など、ちょっとした違いはあるものの、臭豆腐や腐乳などのインパクトが強烈な発酵食品とは全く異なり、Tempeh(テンペ)はかなり食べやすい発酵食品であると言えます。

マレーシアで購入するテンペ商品

マレーシアにおいて、Tempeh(テンペ)はスーパーなどで購入することができるほか、マレー系の飲食店や健康志向のカフェで提供されていることがあります。

マレーシアのスーパーで販売されているTempeh(テンペ)

マレーシアのスーパーで販売されているTempeh(テンペ)。

数十円から100円ちょっとで購入できます。

Vandatempeのテンペ

上記画像のTempeh(テンペ)は、少し発酵臭があります。

マレーシアのスーパーでよく見かける商品です。

EDSAMのTempeh(テンペ)

こちらのTempeh(テンペ)はBen’s Independent Grocerなどで見かける商品です。

開封したEDSAMのTempeh(テンペ)

ほぼ無臭です。

Rasamasaのオーガニックテンペ

オーガニックのTempeh(テンペ)を販売しているお店もあります。

上記画像のTempeh(テンペ)はrasamasaというブランドのもので、自分でTempeh(テンペ)を作りたい人向けにテンペスターター(テンペ菌)やテンペスターターキットの販売もしています。

rasamasaのオーガニックテンペ菌

rasamasaのテンペ菌はオーガニックなので、完全オーガニックのTempeh(テンペ)を作りたい時におすすめです。

私も自宅でTempeh(テンペ)を作る時はrasamasaのオーガニックテンペスターターを使っています。

おすすめはWendee’s Tempeh

Wendee's Tempeh

マレーシアでは色々なTempeh(テンペ)を購入することができるものの、私が「すごく食べやすい」と感じているものはWendee’s Tempeh

くせがないので、はじめてTempeh(テンペ)を食べてみる…という時におすすめです。

Wendee’s Tempehはカンボジアに拠点があるものの、マレーシアでも一部のお店で購入できます。

私はQraで購入しています。

❤︎Qraの詳細はこちら↓↓↓

マレーシアのTaman TunkuにオープンしたQra@The Stories

価格はRM8.50程度(日本円にして200円ちょっと)で、定番の大豆を使ったTempeh(テンペ)のほか、Chickpea(ひよこ豆)やキヌア、ミックスビーンの商品があります。

大豆のテンペ

Wendee's Tempeh(オリジナル)

大豆のTempeh(テンペ)。

Wendee's Tempehの大豆を使ったTempeh(テンペ)

定番のTempeh(テンペ)です。

ひよこ豆のテンペ(Chickpea)

Wendee's Tempeh(ひよこ豆)

Chickpeas(ひよこ豆)を使ったTempeh(テンペ)。

Wendee's Tempehのひよこ豆を使ったTempeh(テンペ)

大豆を使ったTempeh(テンペ)と比較すると、少しだけクセがあります。

ミックスビーンのテンペ(Crunchy)

Wendee's Tempeh(Crunchy)

大豆に加え、黒豆や小豆が入ったミックスビーンズのTempeh(テンペ)。

Wendee's TempehのCrunchy Tempeh(テンペ)

Crunchy(クランチー)というステッカーが貼ってあるように、ちょっとした歯応えを楽しむことできるTempeh(テンペ)になっています。

Wendee's Tempehの3種類のテンペスライス

どれも美味しいですが、大豆100%とミックスビーンのTempeh(テンペ)が美味しいと感じています。

Wendee's TempehのKerepek Dough

Wendee’s Tempehにはテンペ商品のほかに、Kerepek Doughというクラッカー商品もあります。

スライスしたWendee's TempehのKerepek Dough

Kerepek Doughの断面。

薄くスライスして油で揚げて食べます。

油で揚げたWendee's TempehのKerepek Dough

豆煎餅のような感覚で食べることができます。(ただ、普通の豆煎餅のような塩気はなく、あっさりとした味です。)

テンペの食べ方(調理方法)

Tempeh Goreng(テンペゴレン)
Tempeh Goreng

テンペの定番の調理方法は油で揚げる形です。

油で揚げたTempeh(テンペ)

油で揚げるほかにも、焼いたり、茹でたり、色々な調理方法がありますが、フライパンに多めの油を入れて揚げ焼きにして食べる形が簡単でおすすめです。

Tempeh(テンペ)に合うソース

Tempeh(テンペ)自体に強い味があるわけではないので、どんなソースも大抵合います。

例えば、チリソースのほか、テリヤキソースなど醤油系の甘辛ソース。

マレーシアやインドネシア風に仕上げたい時はSambal Belacan(サンバルブラチャン)Kecap Manis(スィートソイソース)を使うことが多く、韓国風に仕上げたい時はコチュジャンも使っています。

チジミのタレも合うので、チジミを作ってタレが余った時に、残ったタレをTempeh(テンペ)に和える…という使い方もしています。

ウスターソースとバルサミコ酢
ウスターソースとバルサミコ酢

Tempeh(テンペ)をサンドイッチやハンバーガー、サラダに加える時は、BBQソースやテリヤキソースのほか、ウスターソースバルサミコ酢で味つけしても美味しいです。

ウスターソースとバルサミコ酢で味つけした手作りテンペ

Tempeh(テンペ)をフライパンで焼いたあと、少量のウスターソースとバルサミコ酢を入れて味つけした簡単なものですが、サンドイッチに合います。

ウスターソースとバルサミコ酢でマリネしたテンペ

油を使いたくない時はマリネしてオーブンで焼くこともありますが、油で揚げる&焼く方が美味しいと感じています。

ウスターソースはイギリスのLEA&PERRINS(リーペリン)を愛用しています。

日本のウスターソースとは少し異なるものですが、ハンバーガー用のパティを焼く時の味つけなど肉料理に使えるほか、Tempeh(テンペ)にも合います。

Sambal Belacan(サンバルブラチャン)を添えたTempeh(テンペ)
サンバルソースとテンペ

Tempeh(テンペ)本来の味を楽しみたい時はそのまま焼いて、あとはディッピングソースを添える…という形にしています。

サンバルソースと一緒に炒める形も美味しいです。

黒カビ?!テンペが黒くなる?

はじめてTempeh(テンペ)を購入した時に、Tempeh(テンペ)の表面に黒や灰色になった部分を見つけて、びっくりすることがあるかもしれません。

テンペの表面にできた黒い胞子

これはカビではなく発酵により形成された胞子で、害はないと言われています。(異臭もありません。)

ただ、黒や灰色以外の変色が見られたり、異臭がする時は腐っている可能性があるので、色や臭いを確認してみてください。

まとめ

植物性のタンパク質を摂取したい時にTempeh(テンペ)はおすすめです。

以上、マレーシアで購入するTempeh(テンペ)についての紹介でした!

❤︎手作りテンペの詳細はこちら↓↓↓

自家製テンペの作り方(手作り)

❤︎マレーシアのスーパーの特集はこちら↓↓↓

マレーシアのスーパー

運動不足が気になる人おすすめ!
便利なオンラインサービス

自宅でプロのヨガレッスンを受けることができるオンラインフィットネスのSOELU(ソエル)。
インストラクターとオンラインで繋がり、臨場感あるヨガレッスンを受けることができます。

❤︎トライアルレッスンの詳細はこちら↓↓↓