自宅で簡単に取り組める!【オンラインフィットネス特集】>>

【天后宮】壮大で華麗!クアラルンプールにある媽祖廟の参拝ガイド

提灯が吊るされた春節の時期のクアラルンプールのある天后宮(Thean Hou Temple)

クアラルンプールの高台にそびえ立つ天后宮(Thean Hou Temple)

その壮大さ、そして思わず引き込まれる鮮やかな色づかいや精巧な彫刻など、圧倒的な存在感を放っています。

この記事では道教・仏教・儒教のエッセンスを取り込んだ天后宮(Thean Hou Temple)の概要のほか、参拝方法やおみくじの引き方、アクセス方法、開放時間についてご紹介します。

クアラルンプールの天后宮(Thean Hou Temple)

クアラルンプールにある天后宮(Thean Hou Temple)の全体像

マレーシアの海南(ハイナン)コミュニティによって建立された天后宮。

雪隆海南會館(The Selangor & Federal Territory Hainan Association)によって管理されている宮廟です。

天后宮の建立は1987年、雪隆海南會館の創立100周年にあたる1989年に一般開放となりました。

建立後30年ほどの宮廟であるため、何百年という歴史を持つ廟と比較すると、古い建築物が持つ厳かな雰囲気というよりは真新しさが目立ちます。

 

天后宮で祀られている神様

天后宮で祀られているメインの神様は天后

クアラルンプールの天后宮(Thean Hou Temple)に祀られている媽祖

媽祖のほか、天妃や天上聖母などと呼ばれることもある天后は、海岸に面した中国南部や台湾、東南アジアの一部の国で深く信仰されている航海や漁業の神様(女神)です。

 

媽祖以外の神様も

道教(Taoism)の守護神として知られる媽祖ですが、天后宮には観音菩薩のほか、海南の人々に信仰される水尾聖娘も祀られています。

 

クアラルンプールの天后宮(Thean Hou Temple)に祀られている観音菩薩

観音菩薩。

 

クアラルンプールの天后宮(Thean Hou Temple)に祀られている水尾聖娘

水尾聖娘。

 

また、敷地内には縁結びの神様として知られる月下老人(月老)の像もあります。

 

婚姻の登録もできる天后宮

クアラルンプールの天后宮(Thean Hou Temple)にある婚姻登録するオフィス

天后宮には婚姻の手続きを執行するオフィスがあり、ROM(Registration of Marriage)を終えたローカルのカップルを見かけることがあります。

家族や親しい友人に囲まれ、とても幸せそうな姿を見ることができる、とっておきの瞬間です。

 

天后宮の内部

クアラルンプールの天后宮(Thean Hou Temple)の入口

かなり大きな天后宮。

まずは正面にある階段を登って行きます。

 

クアラルンプールの天后宮(Thean Hou Temple)内にある階段

「THIS WAY TO TEMPLE」という表示に沿って歩いて行きます。

本堂に続く階段があるので登ります。

 

クアラルンプールの天后宮(Thean Hou Temple)の本殿

こちらがご本尊がある本堂。

 

クアラルンプールにある天后宮(Thean Hou Temple)

本堂の上部にはブリッジで繋げられたエリアがあり、一帯を歩くことができるようになっています。

 

クアラルンプールの天后宮(Thean Hou Temple)の本殿を見下ろしたところ

こんな風に階段や道があります。

 

クアラルンプールの天后宮(Thean Hou Temple)にある建築物

高台にあることから見晴らしが非常に良く、クアラルンプールの街を見渡すことができます。

 

クアラルンプールの天后宮(Thean Hou Temple)から見えるPNB118とKLタワー

上記画像の一番右端にある建物が2020年現在建設中のPNB118

マレーシアで最も高い建物になる予定のビルです。

その隣に見えるものがKLタワー

 

クアラルンプールの天后宮(Thean Hou Temple)のメインゲート

本堂前にあるメインゲート。

 

クアラルンプールの天后宮(Thean Hou Temple)のメインゲート正面からみた風景

メインゲートの前にはさらに広大なエリアが広がっています。

まさに壮観の一言です。

 

精巧な彫刻と装飾

クアラルンプールの天后宮(Thean Hou Temple)の龍の彫刻

装飾にも目を奪われるものがあります。

 

クアラルンプールの天后宮(Thean Hou Temple)の鳳凰の彫刻

鳳凰。

色鮮やかであることに加え、精巧なつくりになっています。

 

クアラルンプールの天后宮(Thean Hou Temple)に施された装飾

じっくり見てみると、「なんかかわいいな…」とほっこりする装飾も施されています。

 

クアラルンプールの天后宮(Thean Hou Temple)の本殿内にある天井

こちらは本殿の天井部分。

見応えがあります。

 

提灯がいっぱい!鮮やかな春節の天后宮

提灯が吊り下げられたクアラルンプールの天后宮(Thean Hou Temple)のメインゲートエリア

春節の時期になると、赤い提灯が吊り下げられ、一層華やかな雰囲気になります。

 

本堂前に吊り下げられたクアラルンプールの天后宮(Thean Hou Temple)

普段の天后宮も綺麗ですが、春節の時期の天后宮はハっとする美しさを放ちます。

 

上階から見える赤い提灯

ぎっしりと提灯が吊るされています。

 

子(ねずみ)の提灯

提灯をじっくり見てみると、干支が描かれています。

 

天后宮の参拝方法

お線香を使わない場合は本殿にそのまま入り、それぞれの神様の前で参拝する形になりますが、ここではお線香を使って参拝する方法について紹介します。

*参拝方法は雪隆海南會館の公式Facebookで紹介されている動画をもとにしています。

 

ステップ①:お線香を取り火をつける

クアラルンプールの天后宮(Thean Hou Temple)の本殿前にあるお供え物を置く台とお線香

本殿前にお線香が入った箱があります。

 

クアラルンプールの天后宮(Thean Hou Temple)にあるお線香置き場

お賽銭を箱の中に入れたのち、4本のお線香を取ります。(全部で4箇所にお参りをする形になるため、4本のお線香を使います。)

 

お線香に火をつけているところ

お線香4本全てに火をつけます。

 

火をつけた4本のお線香

お線香に火をつけたら、準備完了です。

 

クアラルンプールの天后宮(Thean Hou Temple)の本殿前でお参りをしている人々

まずはメインの神様である天后聖母に参拝。

赤いクッションの上にひざまずいてお参りしているローカルの方もいますが、立ったままお参りする形でも大丈夫です。

 

クアラルンプールの天后宮(Thean Hou Temple)の本殿前でお線香を持ってお参りしている男性

お線香を両手で持ち、顔の位置に持ち上げてお参りする形が一般的ですが、このあたりはローカルの人を参考にしてみてください。

媽祖(天后聖母)への参拝が終わったら、向かって右側の観音菩薩、左側の水尾聖娘にも同じように参拝します。

 

クアラルンプールの天后宮(Thean Hou Temple)の本殿前にある香炉

媽祖(天后聖母)、観音菩薩、水尾聖娘への参拝が終わったら、本殿前にある香炉に行きます。

ここに3本のお線香を差します。

 

クアラルンプールの天后宮(Thean Hou Temple)の本殿前から見えるメインゲート

その後、残り1本のお線香を持って、メインゲートに体を向けます。

 

クアラルンプールの天后宮(Thean Hou Temple)のメインゲートの方向にお参りしている人々

本殿を背にして、メインゲート側がある方向に向かってお参りします。

 

クアラルンプールの天后宮(Thean Hou Temple)のメインゲート近くにある香炉

最後に残り1本のお線香を外側にある香炉に差します。

これでお線香を使った参拝が完了です。

 

参拝にかかわる注意事項

クアラルンプールの天后宮(Thean Hou Temple)の参拝に関わる注意事項

いくつか注意事項があります。

本殿内では飲食禁止や適切な服装と行動を心がけるという基本事項に加え…

お線香を持って本殿内に入らないこと

この点に注意してください。

 

土足厳禁になっているクアラルンプールの天后宮(Thean Hou Temple)の本堂エリア

また本堂のエリアは土足厳禁になっているので、靴を脱ぐことを忘れないように気をつけてください。

階段より上のエリアが土足厳禁エリアになります。

 

天后宮のおみくじ(求籤)

クアラルンプールの天后宮(Thean Hou Temple)の本殿内にあるおみくじ、求籤(Kau Chim)

天后宮を訪れる人に人気のおみくじ。

本殿内におみくじコーナーが設置されています。

正確には求籤、広東語の発音でKau Chim(カウチム)と呼ばれるものになります。

伝統的な求籤(Kau Chim)はおみくじの棒とおみくじを入れる筒(籤筒)が竹で作られているものの、天后宮で使われている求籤(Kau Chim)は少し異なります。

 

おみくじ・求籤(Kau Chim)の引き方

クアラルンプールの天后宮(Thean Hou Temple)の本殿内にあるおみくじの棒

求籤(Kau Chim)は神様にアドバイスを求める時に使います。

例えば、学業やキャリアなど人生の岐路で迷いを感じた時、どうしたら良いの?と悩んだ時に答えを求めて、求籤(Kau Chim)を使い質問をして回答を得る…という使い方をします。

そのため、具体的に神様に聞きたいことを念じた上で、おみくじを引く形になる点が日本の一般的なおみくじとは異なります。

 

ステップ①:全てのおみくじの棒を取り出し両手で抱える

おみくじの棒を全て取り出し両手で抱えます。

この時に占いたいことを心の中で唱えます。

伝統的な求籤(Kau Chim)では籤筒を両手で抱えて筒を振る形になりますが、天后宮の求籤(Kau Chim)は籤筒がないため、おみくじの棒を両手で抱えて行います。

 

ステップ②:おみくじの棒を落とす

おみくじの棒を元々入っていた穴の中にドサっと落とします。

この時に1本飛び出した棒があれば、それを引きます。

(おみくじの棒が飛び出していない時は上記の動作を繰り返し行います。)

 

ステップ③:おみくじの棒に書かれた番号を確認

クアラルンプールの天后宮(Thean Hou Temple)の本殿内にあるおみくじに記載された番号

引いたおみくじの棒に書かれた番号をチェック。

 

ステップ④:結果を確認

おみくじの紙を取り出しているところ

該当する番号が記載された引き出しを開けて、中に入っている紙を取り出します。

 

クアラルンプールの天后宮(Thean Hou Temple)のおみくじ

内容は中国語と英語で表記されています。

内容を確認したあと、紙を元の場所に戻します。

これがおみくじを引く一連の流れになります。

 

動画で見る天后宮とおみくじの引き方

雪隆海南會館の公式Youtubeチャンネルに天后宮の動画がアップされています。

以下の動画を見ていただくと、天后宮の全体像や春節の時期のデコレーション、おみくじの引き方がわかるようになっています。

おみくじの引き方については動画開始から38秒〜1分程度のあたりで再現されています。

中国語の動画ですが、パパッと天后宮がどんな場所であるのかを把握したい時に非常に有益な内容になっています。

 

天后宮にある干支のオブジェ

クアラルンプールの天后宮(Thean Hou Temple)の敷地内にある十二支のオブジェ

天后宮の敷地内には十二支をモチーフにしたオブジェがあります。

 

クアラルンプールの天后宮(Thean Hou Temple)の敷地内にある寅

寅。

 

クアラルンプールの天后宮(Thean Hou Temple)の敷地内にある申

申。

 

クアラルンプールの天后宮(Thean Hou Temple)の敷地内にある狗

狗。

 

クアラルンプールの天后宮(Thean Hou Temple)の敷地内にある亥

亥。

各干支のそばに、それぞれの特徴を示した説明書きがあるので、興味がある方は自分の干支の説明に目を通してみてください。

また、天后宮の敷地内にはお土産屋さんやちょっとしたフードコート、庭園などがあります。

 

ロケーション&行き方

住所:65, Persiaran Endah, Taman Persiaran Desa, 50460 Kuala Lumpur

Grabなど車でのアクセスをおすすめします。

 

イメージマップで見る天后宮の位置と付近にある駅の情報

クアラルンプールの天后宮(Thean Hou Temple)と駅の位置を示す地図
天后宮と付近にある公共交通機関の駅を示すイメージマップ

イメージマップにある赤丸が天后宮(Thean Hou Temple)。

付近にある公共交通機関の駅としては、KL Setnral(KLセントラル)駅、 Bangsar(バンサー)駅、Mid Valley(ミッドバレー)駅があります。

ただし、どの駅からも車で10分程度かかり、歩いていくことは厳しいため、車利用を推奨します。

 

旅行者の方はKLセントラル駅周辺に滞在する方も多いと思うので、その場合はKLセントラル駅でGrabを使い直接アクセスする形がおすすめです。

♥KLセントラル駅の詳細はこちら↓↓↓

クアラルンプールにあるKLセントラル駅

【KLセントラル駅】構造マップと画像で解説するステーションガイド

 

天后宮(Thean Hou Temple)までの道のりにあるJalan RobsonとPersiaran Endahが交わる場所

上記の画像はJalan RobsonPersiaran Endahが交わる場所になります。

赤い看板を目印にPersiaran Endahを登っていくと、その先に天后宮があります。

Jalan Robsonの近くにバス停もありますが、勾配のあるPersiaran Endahを歩くことは大変なので、徒歩でのアクセスはおすすめしません。

 

駐車場

クアラルンプールの天后宮(Thean Hou Temple)の駐車場

Grabやタクシーではなく、自分で車を運転してアクセスする方は、天后宮の駐車場に車を停めることができます。

駐車料金は値上がりしていて、2019年に利用した時はRM5の支払いでした。

今後も値上げとなる可能性があるので、参考情報としてください。

 

天后宮の開放時間

通常は8:00〜22:00です。

ただし春節の時期は通常とは異なるスケジュールになっています。(参拝客が増えるため、通常よりも朝早くから深夜まで開放されています。)

 

2020年春節の開放時間について

2020年は1月25日が春節の第1日目になりますが、大晦日の1月24日から時間が変更されています。

春節期間の開放時間は以下の通り。

  • 1/24→8:00am〜2:00am 
  • 1/25〜1/26→6:00am〜1:00am
  • 1/27→7:00am〜1:00am 
  • 1/28〜2/1→7:00am〜12:00am  
  • 2/2〜2/7→7:00am〜11:00pm  
  • 2/8→7:00am〜12:00am

春節の期間は全15日間。

参拝客が増える3日目までは開放時間が長く設定されています。

最終日(15日目)も参拝する人が増えるため、朝から夜遅くまで開放しています。

 

詳細は雪隆海南會館公式Facebookでも確認できます。

 

まとめ

交通の便が良くない点がデメリットですが、寺廟に興味がある方は訪れてみても良い場所です。

ただし、個人旅行ではじめてのクアラルンプール観光というケースでは、KLCCエリアやブキッビンタンエリア、あとはチャイナタウンエリアに絞った方が良いと思うので、リピーターの方や旅程に余裕がある方におすすめする観光スポットです。

 

以上、天后宮についての紹介でした!

 

♥クアラルンプール観光ガイドはこちら↓↓↓

【クアラルンプール観光】市内中心部おすすめ厳選スポット&モデルコース


おうち時間を楽しみたい人におすすめ!
便利なオンラインサービス

自宅でプロのヨガレッスンを受けることができるオンラインフィットネスのSOELU(ソエル)。
ヨガ初心者にも経験者にもおすすめすることができる充実した内容になっています。
月額480円(税抜)からはじめることができる新コースが登場しています!
>無料体験レッスンの詳細はこちら


カテゴリーで検索