【Smart Keyboard Folio】11インチiPad Pro用キーボードのレビュー

Appleの11インチ用Smart Keyboard Folio

iPad Proのキーボードとして、またカバー(ケース)としても使うことができるSmart Keyboard Folio(スマートキーボードフォリオ)

1台2役の優れものです。

ただし、タブレット用のキーボードとしては決して安いものではないため、アップルの純正品を購入すべきか、ネットで安いものを購入すべきか迷うことがあるかもしれません。

この記事ではSmart Keyboard Folio(スマートキーボードフォリオ)のレビュー、メリット&デメリット、どんな人におすすめなのかというポイントについてご紹介します。

スマートキーボードフォリオのスペック

Smart Keyboard Folio(スマートキーボードフォリオ)の外観
  • 商品名:11インチiPad Pro用Smart Keyboard Folio

私が使っているSmart Keyboard Folio(スマートキーボードフォリオ)は2018年秋販売の11インチiPad Proに対応した商品です。

2020年に販売された11インチiPad Proに対応した新商品の11インチiPad Pro(第2世代)用Smart Keyboard Folioの価格は18,800円(税抜)

また、互換性として第1世代のiPad Proにも対応しています。

12.9インチiPad Pro(第4世代)用Smart Keyboard Folioの価格は20,800円(税抜)。

こちらの新商品も第3世代のモデルとの互換性があります。

【参考】11インチiPad Pro第2世代用(第1世代互換性あり)↓↓↓

【参考】12.9インチiPad Pro第4世代用(第3世代互換性あり)↓↓↓

【参考】11インチiPad Pro第1世代用↓↓↓

【参考】12.9インチiPad Pro第3世代用↓↓↓

iPad Pro用のMagic Keyboardとの価格比較

ちなみに…2020年に新しく販売されたiPad Pro用のMagic Keyboard

タブレットが宙に浮くフローティングデザインやiPad用のキーボードでトラックパッドが使えるようになったことが話題になっているので、Smart Keyboard Folio(スマートキーボードフォリオ)とどっちにしようか迷っている人がいるかもしれません。

価格は以下の通り。

  • 11インチiPad Pro(第1&第2世代)用:31,800円(税別)
  • 12.9インチiPad Pro(第3&第4世代)用:37,800円(税別)

税込価格にすると、それぞれ34,344円(11インチ)40,824円(12.9インチ)になるので、iPad Pro用のキーボードにしてはかなり高いな…という印象を抱く人は少なくないはずです。

私がSmart Keyboard Folio(スマートキーボードフォリオ)を購入したのは2019年になりますが、その時でも2万円ほどするスマートキーボードは決して安くはない買い物であったため、それ以上の価格となると「新商品はやっぱり高いな…」と感じてしまいます。

スマートキーボードフォリオの使い方&レビュー

Smart Keyboard Folio(スマートキーボードフォリオ)を開いたところ

使い方は簡単。

お使いのiPad Proをカバーになっている部分にのせるだけで取り付け完了です。

カバー部分がマグネットになっていて、iPad Proがピタッとくっつきます。

Smart Keyboard Folio(スマートキーボードフォリオ)のiPad Proをのせる部分

矢印の部分にiPad Proをのせます。

iPad ProをセッティングしたSmart Keyboard Folio(スマートキーボードフォリオ)

あとはお好みの角度にiPad Proを立てて、固定するだけです。

スマートキーボードフォリオの角度について

角度は2段階の調整が可能です。

Smart Keyboard Folio(スマートキーボードフォリオ)の角度

シャープな角度の場合がこちら。

テーブルやデスクに置いてiPad Proを使う時は、ほぼこちらのシャープな角度で使っています。

Smart Keyboard Folio(スマートキーボードフォリオ)の緩やかな角度

やや緩やかな角度。

キーボードの打ち心地

Smart Keyboard Folio(スマートキーボードフォリオ)のキーボード

パソコンのキーボードとは異なり、若干ふにゃっとした柔らかい感触です。

キーボードの幅やキーの間隔の違い

Smart Keyboard Folio(スマートキーボードフォリオ)とMacBook Proのキーボード比較

上記の画像は13インチのMacBook ProとSmart Keyboard Folio(スマートキーボードフォリオ)のキーボードを比較したものになります。

ご覧の通り、キーボードの大きさがパソコンよりもやや小さめです。

そのため、パソコンを使う時と比較するとタイピングする時に指がつまるような、ちょっとした打ちにくさがあります。

機能の違い

Smart Keyboard Folio(スマートキーボードフォリオ)に興味を持っている人は、ノートパソコンを使っている時のように自在にショートカットキーを使いたいと考えている方もたくさんいると思います。

Smart Keyboard Folio(スマートキーボードフォリオ)を使っていて、一番違和感を覚えた部分はアプリケーションを終了する「Command+Q」の使い方

アプリケーションを開いている画面で「Command+Q」を押しても何も変化がありません。

パソコンのキーボード操作とは少し違う使い方が必要です。

iPad ProでCommand+Tabでアプリケーションの終了をする画面

アプリケーションの終了をキーボード上で行いたい場合は「Command+Tab」を押してホームのアイコンを選択し、一旦ホームに戻ります。

ホーム画面上で改めて「Command+Tab」を押すと、起動している全てのアプリケーションが表示されるので、終了したいアプリケーションのアイコンを選択し「Command+Q」を押せば終了できます。

iPad Proのホームボタンでアプリケーションの終了をする画面

もちろん、タブレット上でホームボタンをタップして、アプリケーションを終了する一般的な方法も使えるので、お好きな方法を選ぶ形で良いと思いますが、キーボードを使って操作する方が楽です。

ちなみに、新しいタブを開く「Command+T」と、タブを閉じる 「Command+W」はSmart Keyboard Folio(スマートキーボードフォリオ)でもパソコンのキーボードと同じ感覚で使うことができます。

メリット

  • キーボードの充電が不要
  • ペアリングの必要がない

メリットはやはり充電なしペアリングすることなく使うことができるキーボードの機能。

iPad Proをくっつければ、キーボードがすぐ使えるという便利さが最大のメリットです。

パソコンのキーボードを使う時より打ちにくいものの、それでもタブレット上で入力する時と比較して、やっぱり楽です。

デメリット

  • コスパ
  • アップルペンシルを収納する部分がないところ

①コストパフォーマンスについて

普段、アップルのMagic Keyboard(スペースグレイ)を使っていますが、テンキー付きのキーボードでも価格が14,800円(税抜)です。(シルバーカラーであれば税抜12,800円。)

テンキーがないキーボードになると9,800円(税抜)で購入できます。

Magic Keyboardの使い心地が最高に良いので、そう思うと2万円台のSmart Keyboard Folio(スマートキーボードフォリオ)は少し高いな…と感じてしまうのが正直な感想です。

♥Magic Keyboardのレビューはこちら↓↓↓

アップルのテンキー付きMagic Keyboard(マジックキーボード)

マジックキーボード(テンキー付き)のレビュー【メリット&デメリット】

②アップルペンシルの持ち運びについて

アップルペンシルとSmart Keyboard Folio(スマートキーボードフォリオ)

自宅で使っている分にはアップルペンシルをいれるスペースがなくても大丈夫ですが、外に持ち出す時に剥き出しの状態になってしまい困ることがあります。

対策として、別途ケースを購入して使っています。

♥ペンシルホルダーつきケースの詳細はこちら↓↓↓

Ztotopの11インチiPad Pro(第1世代)用ケース

【11インチiPad Pro用ケース】アップルペンシルも収納できるおすすめカバー

重量はデメリットに感じていない

Smart Keyboard Folio(スマートキーボードフォリオ)は重たいという口コミも一部であります。

iPad Proの軽さと薄さが気に入っていることもあり、Smart Keyboard Folio(スマートキーボードフォリオ)を装着すると、重さが気になることがあります。

そこで、Smart Keyboard Folio(スマートキーボードフォリオ)と手持ちのiPad Pro用カバーの重量比較をしてみました。(*自宅にある秤を使っているので、多少誤差があるかもしれません。)

Smart Keyboard Folio(スマートキーボードフォリオ)の重量

Smart Keyboard Folio(スマートキーボードフォリオ)の重量は299g。

普通の11インチiPad Proカバーの重量

アップルの純正品ではなく、ネットで安く購入した11インチiPad Pro用カバーの重量は291g。

Smart Keyboard Folio(スマートキーボードフォリオ)はカバー+キーボードの機能があるということを考慮すると、軽量であると言うことができます。

まとめ:Smart Keyboard Folioはこんな人におすすめ

どんなシチュエーションで、どんな使い方をするのかにより、おすすめできる人とそうではない人がはっきりと分かれるSmart Keyboard Folio(スマートキーボードフォリオ)。

私自身は、シチュエーションに応じてSmart Keyboard Folio(スマートキーボードフォリオ)と普通のカバーを使い分けるという方法を選択しています。

iPad Proを使う場所が自宅メインであれば、ネットで普通のカバーを安く購入して、ワイヤレスキーボードをBluetooth接続して使う形でも十分だと思います。(私はiCleverのBluetoothキーボードも使っています。)

ただ、タブレットの使用が外出先がメインという場合で、ぱぱっとタイピングしたい時はSmart Keyboard Folio(スマートキーボードフォリオ)は非常に便利なツールです。

何よりも、充電&ペアリング不要でキーボードが使えると手軽さは大きな魅力です。

以上、Smart Keyboard Folio(スマートキーボードフォリオ)についての紹介でした!

♥iCleverキーボードのレビューはこちら↓↓↓

iClever 折りたたみ式BluetoothキーボードはIC-BK06

折りたたみ可能!iClever BluetoothキーボードIC-BK06をレビュー

♥Magic Keyboard 2のレビューはこちら↓↓↓

AppleのMagic Mouse 2

【Magic Mouse 2】使いにくい?賛否両論あるアップルのマウスを私が愛用している理由

♥IKEAで作るホームオフィスの詳細はこちら↓↓↓

IKEA(イケア)のパソコンデスクやワークチェアで作るホームオフィス

IKEAで作るテレワーク&在宅勤務環境【おすすめパソコンデスク&チェア】


運動不足が気になる人おすすめ!
便利なオンラインサービス

自宅でプロのヨガレッスンを受けることができるオンラインフィットネスのSOELU(ソエル)。
インストラクターとオンラインで繋がり、臨場感あるヨガレッスンを月額980円(税抜)から受けることができます。
100円で30日レッスン受け放題の詳細はこちら


ABOUT US

エル
海外在住歴約10年。 留学、海外インターンシップ、海外勤務で欧米やアジアなど数カ国に在住。国際結婚したのち台湾へ。 現在はマレーシアでの生活をメインに、マレーシアと台湾を行ったり来たりして生活しています。