充実したおうち時間を過ごすための【オンラインフィットネス特集】>>

気分すっきり!マレーシアで購入するインヘラー(ヤードム)

マレーシアで購入したInhaler(インヘラー・嗅ぎ薬)

マスクする機会が格段に増え、ちょっとしたリフレッシュによく使うようになったアイテムがあります。

それはInhaler(インヘラー)

鼻でにおいを嗅いで使うことからNasal Inhalerと呼ばれることもありますが、タイ語のヤードムという言葉の方が親しみを感じる人の方が多いかもしれません。

この記事ではマレーシアで購入できるインヘラー(ヤードム)についてご紹介します。

マレーシアで販売されているインヘラー

タイで購入する定番のヤードムと言えば、POY-SIAN(ポイシアン)が有名です。

一方、マレーシアのドラッグストアでよく見かけるインヘラーは…

VICKS・Siang Pire・Hurix'sのInhaler(インヘラー・嗅ぎ薬)
  1. SIANG PURE
  2. VICKS
  3. HURIX’S

…このあたりです。

ほかにも複数のブランドからインヘラーが販売されていますが、どのドラッグストアにも大抵置いてあるものが上記3つのインヘラーになります。

以下にそれぞれの特徴について簡単に紹介します。

SIANG PURE(上標油雙料薄荷鼻通)

Siang PureのInhaler(インヘラー・嗅ぎ薬)

タイブランドの上標油(Siang Pure Oil)のインヘラー。

メントール、樟脳、ペパーミントオイル、ボルネオール、ユーカリプタスオイルなどが使われています。

分解したSiang PureのInhaler(インヘラー・嗅ぎ薬)

上標油(Siang Pure Oil)のインヘラーは、上記画像のように分解することができます。

SIANG PUREの他商品との比較

Siang PureのInhaler(嗅ぎ薬)・オイル・バーム

上標油(Siang Pure Oil)ブランドを代表する看板商品はオイル。

私自身、普段から上標油(Siang Pure Oil)のFormula I(レッド)シリーズを愛用しているので、インヘラーとFormula Iのオイルがどう違うのか?という点について簡単に紹介します。

まず香りについて。

Formula Iのオイルにはメントール、ペパーミントオイル、樟脳のほか、クローブオイルやシナモンオイルが使われていて、Siang Pureのインヘラーとは異なる香りがします。

インヘラーはちょっとした甘さを持つ香りがあり、ここがFormula Iとは異なると感じている点です。

オイル自体の刺激という点においては、Formula Iの方が上です。

Formula Iのオイルはヒリヒリしますが、インヘラーに使われているオイルはそこまで刺激を感じません。

以下に紹介するVICKSとHURIX’Sのインヘラーは香りの系統が似ているものの、Siang Pureのインヘラーはスースーする香りの中に独特の甘みを持つユニークな商品になっています。

VICKS(ヴィックス)

VICKSのInhaler(インヘラー・嗅ぎ薬)

スッとする清涼感が強く、今回紹介するインヘラー商品の中で最もクセがない香りを持つVICKS(ヴィックス)

マレーシアで販売されているVICKSのインヘラーはインド産(Made in India)で、商品に記載されている成分は「Menthol 197 mg, Camphor 197 mg」。

VICKSのインヘラー商品でも製造国や販売国によってMentholやCamphorに加え、添加物としてMethyl SalicylateやFir Needle Oil Siberianが含まれていると明記しているものもありますが、私がマレーシアで購入した商品の成分表記はメントール(Menthol)と樟脳(Camphor)のみです。(そのほかの添加物があるのかどうかは明記されていないのでわかりません…。)

補足
一部のVICKS(ヴィックス)インヘラー商品の中には日本に持ち込みが禁止されている薬の成分(L-デソキシェフェドリン、商品成分表記はLevmetamfetamine)が使われていたものがあったため、その昔問題になっていたことがあります。念のため海外でVICKS(ヴィックス)のインヘラーを購入して日本に持ち帰る時は成分に注意してください。

HURIX’S

Hurix'sのInhaler(インヘラー・嗅ぎ薬)

マレーシアのローカルブランドであるHURIX’S

生薬を活用した薬を手がけているJIN BIN Corporation(仁敏)という企業のブランドで、HURIX’SのインヘラーにはRadix Angelica Dahurica(白芷・びゃくし)などハーブが使われていることが特徴です。

スッとする感じはVICKSに似ているものの、VICKSとは異なる清涼感があります。

インヘラーの販売場所と価格

上記で紹介した商品はWatsonsやguardiansなどマレーシアにあるドラッグストアで購入できます。

チェーンつきのVICKSのインヘラー

プロモーションをしていることがよくあるので価格はその時々によって異なりますが、VICKSはRM7程度、Siang PureはRM5.78〜RM5.25程度、 HURIX’SはRM4.85程度で購入できます。

日本円にして1本あたり123円〜177円程度で購入可能です。(2020年10月14日の為替 1MYR=25.38円で日本円に換算した場合)

また、VICKSのインヘラーにはチェーン付きの商品があり、チェーンなしと同じ価格になっています。

マレーシアのドラッグストアで販売されているInhaler(インヘラー・嗅ぎ薬)

Eagle Brandのインヘラーを販売しているお店もあります。

メンソレータムのInhaler(インヘラー・嗅ぎ薬)

メンソレータムのインヘラーもあります。

まとめ

インヘラーはクセになる爽快感があり気がつくと多用していることがあるので、使い過ぎないように注意していますが、ぱぱっと気分転換したい時に便利なアイテムです。

海外だけではなく、日本でもアマゾンや楽天市場経由で購入できるアイテムがたくさんあるので、気になるものがあれば試してみてください。

以上、マレーシアで購入するインヘラー(ヤードム)についての紹介でした!

❤︎マルチなシチュエーションで使えるハッカオイルもおすすめです↓↓↓

マレーシアで購入したハッカオイル商品

プチプラで使える!マレーシアで購入するハッカオイル&軟膏を集めてみました

❤︎マレーシアのドラッグストア詳細はこちら↓↓↓

マレーシアのドラッグストア

マレーシアのドラッグストアで購入するお土産アイテム


運動不足が気になる人おすすめ!
便利なオンラインサービス

自宅でプロのヨガレッスンを受けることができるオンラインフィットネスのSOELU(ソエル)。
インストラクターとオンラインで繋がり、臨場感あるヨガレッスンを月額980円(税抜)から受けることができます。
>無料体験レッスンの詳細はこちら