【デカトロンの防水ポーチ】タオル&水着の持ち運びに便利なバッグ

デカトロンのNABAIJI (ナバイジ) 水泳 プール用防水ポーチ

マリンアクティビティをする時に便利な防水ポーチ

小物の持ち運びのほか、濡れたタオルや水着を持ち帰る時に便利なアイテムです。

この記事ではデカトロンの防水ポーチのレビューについて紹介します。

デカトロンの水泳&プール用防水ポーチ

デカトロンのNABAIJI (ナバイジ) 水泳 プール用ポーチ 防水 3L
デカトロンのNABAIJI (ナバイジ) 水泳 プール用ポーチ 防水 3Lカラー

基本カラーはブルーになり、それ以外のデザイン&カラー入りのものは価格が少しだけ高くなっています。

例えば…

椰子の木がデザインされた蛍光ピーチ の防水ポーチ。

レモンがデザインされたパステルイエローの防水ポーチ。

シンプルなデザインから、かわいいものまで色々な防水ポーチがあります。

サイズ

容量別のサイズは以下の通り。

  • 3L容量のサイズ→ 幅:17cm 、高さ:30cm、マチ:6cm
  • 7L容量のサイズ→幅:21cm 、高さ:38cm、マチ:9cm

7Lの防水ポーチにはどれだけ入る?

デカトロンのNABAIJI (ナバイジ) 水泳 プール用防水ポーチ7L

私が購入したNABAIJI (ナバイジ) の防水ポーチは、容量7Lのものになります。

当初、3Lと7Lのどちらにするか迷いましたが、大きい方が何かと役立つと思い、7Lを購入してみました。

水泳セット

7Lサイズの防水ポーチの使用感がイメージできるように、ここでは水泳をする時のスイミング基本セット(スイムタオル・ゴーグル・スイムキャップ、水着)を入れてみます。

デカトロンのデカトロンのNABAIJI (ナバイジ) 水泳 プール用ポーチ 防水 7Lにタオルや水着などを入れたところ

全てのアイテムが防水ポーチにすっぽり収まります。

ちなみに、上記画像で使用しているタオルは、デカトロンのNABAIJI (ナバイジ) 水泳 マイクロファイバータオル ウルトラコンパクト Lサイズ 80 ×130CMになります。

スイムタオルではなく、普通のバスタオルやハンドタオルを入れる場合は、もう少しボリュームが出ると思います。

デカトロンのNABAIJI (ナバイジ) 水泳 プール用防水ポーチを持ち運んでいるところ

7Lサイズはポーチというよりも、スイムバッグのような大きさです。

1人分の水泳セットを入れた時は、容量の半分ほどを使用するイメージで、まだまだ余裕があります。

7Lは2人分の荷物も入る

デカトロンのNABAIJI (ナバイジ) 水泳 プール用ポーチ 防水7Lに2枚のタオルを入れたところ

7Lサイズは1人で使用するには大きめの容量であるため、2人で使用する時に便利なサイズ感です。

コンパクトなスイムタオルであれば、2つ並べて収納できます。

デカトロンのNABAIJI (ナバイジ) 水泳 プール用ポーチ 防水7Lに2人分の荷物を入れたところ

2人分の水泳セットを入れてみると、防水ポーチがちょうどいっぱいになります。

家族で使用する時は、この大きさが便利です。

プールや海水浴以外のレジャーや旅行にも便利

デカトロンのNABAIJI (ナバイジ) 水泳 プール用ポーチ防水7Lにペットボトルを入れたところ

デカトロンの防水ポーチは、マリンアクティビティ以外のシーンでも活躍します。

旅行のパッキングをする時に、小分けケースや収納ポーチとして使う形も便利です。

デカトロンの防水ポーチは完全防水ではない?

デカトロン公式サイトには、同商品に関わる注意事項として、

『耐水仕様ではありません。ポーチが水中に浸かった際には、ポーチ内に水が入り込むことがあります。

…という表記があります。

実際に完全防水ではないのか?…について検証してみました。

水を入れたデカトロンの防水ポーチ

防水ポーチに水を入れてみたところ(ファスナーの下の部分まで)、水漏れはありませんでした。

ファスナー部分から水が漏れる

ファスナー部分から水が漏れているところ

ただ、防水ポーチを横にして水がファスナー部分に触れた時に、水漏れがありました。

本体自体は水漏れの心配はなさそうですが、ファスナー部分が耐水仕様になっていないという点に注意が必要です。

普通に使う分には問題ない

ファスナーの部分が水で滲みているデカトロンの防水ポーチ

実際は、使用したタオルや水着の水気をある程度絞ってから、ポーチのなかにものを入れることが多いはずなので、ファスナー部分の耐水について、そこまで気になることはないと思います。

ただ、びしょ濡れになった状態のタオルや水着の水気をほとんど絞らず、そのまま防水ポーチのなかに入れ、ファスナーを下にして放置すると、ファスナー部分が滲みてきます。

デカトロンの防水ポーチのデメリット

ファスナー部分を下にせず、縦置きにして持ち運ぶのであれば、ファスナーからの水漏れは、ほとんど気にならないはずです。

ただ、完全防水にこだわる場合は、他社の完全防水のポーチを購入する方が良いかもしれません。

まとめ

安くて、使い勝手が良い、デカトロンの防水ポーチ。

マリンスポーツをする時に役立つアイテムです。

以上、デカトロンの防水ポーチについての紹介でした!

>>デカトロン公式サイトで防水ポーチ商品一覧を見てみる

デカトロン

運動不足が気になる人おすすめ!
便利なオンラインサービス

自宅でプロのヨガレッスンを受けることができるオンラインフィットネスのSOELU(ソエル)。
インストラクターとオンラインで繋がり、臨場感あるヨガレッスンを受けることができます。

❤︎トライアルレッスンの詳細はこちら↓↓↓